jra日本中央競馬会の公式ホームページです。出馬表、オッズ、払戻金、レース結果などの確認やインターネット投票が行え、また、全国の競馬場、ウインズのイベント情報など中央競馬に関することを掲載 … JRAライブ競馬中継スマホやネットで見る方法【映像・動画・音声】 最終更新日:2019/11/02 こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。 JRAライブ、競馬中継をスマホやネットで見たり聴いたりする方法は主に7つ。 ダンジョンの中でしかできないんでしょうか?, パズドラで、炭治郎テンプレを作りたいんですけど、何をどう組めばいいのか分からないので、誰か組んでいただきです。よろしくお願いします。, パズドラのことについて質問させていただきます。現在開催されている鬼滅コラボキャラは、それぞれ何体ずつ確保すべきでしょうか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1052329130. ありがとうございました。, 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 もうデジタル時代なんですね。 ラジオnikkeiの競馬中継やレース実況が電話で聴けます。外出先でレースの模様や結果が知りたい時など、どうぞご利用ください。 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス. テレ玉やテレビ神奈川などで放送している。『中央競馬ワイド中継』が年内で終了してしまうそうなのですが…。もう競馬中継番組をやらなくなってしまうのでしょうか? ご存知の方お願いします。 「中央競馬 … 競馬中継をテレビ、ラジオ、アプリ(ラジオ)、インターネットで見る(聴く)方法を全てまとめました。無料で競馬中継を楽しめるおすすめな方法もご紹介しているので、ぜひ自分のスタイルにあったものを見つけてください。 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 高知競馬がJRA勝馬… >> ケータイで競馬中継を聴くには? ~サービス一覧~ [お知らせ] 2013/03/25(月) 12:00. 『中央競馬ワイド中継』(ちゅうおうけいばワイドちゅうけい)とは関東のテレビ埼玉(テレ玉)、千葉テレビ放送(チバテレ)、テレビ神奈川(tvk)、群馬テレビ、とちぎテレビで毎週土曜日と日曜日の午後に1985年4月7日から(土曜日は1987年1月10日から)2010年12月26日まで放送されていた中央競馬の実況中継番組である。本項では『中央競馬ハイライト』についても記述する。 妻の嘘に気づいてしまった。追及すべきかどうか悩んでます。結婚2年目の夫婦子無しです。お互いフルタイムで仕事をしています。 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? 年内最後の放送ではパート2終了の際にその年に起きた主な出来事を映像で振り返り、最後にその日のメインレースの有馬記念のゴール前リプレイの映像(実況は長岡キャスター)が流される。BGMは通常のエンディングテーマとは異なる。, なお2006年は有馬記念の後にディープインパクトの引退式があったため、「ディープインパクトメモリアル」が流された。最後にディープインパクトの引退レースとなった第51回有馬記念の映像が流された。, 2010年12月25日(土曜日最後の放送)では最後の提供読みの間、この日が最後の出演で翌26日のワイド中継には出演しない渡辺・目黒・星野・宮崎がエンディングで司会席に整列して手を振った。その後、細江とワイド中継終了を惜しむ沢山のファンの姿が映し出され番組が終了した。翌日の最終回は長岡・宮嶋以外の出演者もウイナーズサークル前に集まり最後の挨拶を行い[注 33]。恒例の2010年回顧 → 第55回有馬記念のゴール前の映像をバックに「25年間ご支援頂きありがとうございました」とスタッフからの感謝のコメントを字幕表示して大団円となった。パドック前にはワイド中継終了を惜しみ、また番組の長年にわたる功績をたたえる垂れ幕・横断幕をカメラに向かって見せたファンもいた。, 東京競馬場からの中継時のパドック解説においてパドック解説者はパドック席から解説をしていたが、東京競馬場が現在の新スタンドに改修される以前は当番組には中継用のパドック席が割り当てられずパドック解説者はMC席からパドック解説を行っていた。, いずれもテレビ東京・フジテレビと連携・提携しているわけではない。ほとんどの競馬中継にはJRAから放送に対する資金が出ており(番組冒頭、最後での「主催はJRA日本中央競馬会」にはそういう意味がある)、単にその時間帯で放送しないだけである。, JRAのCMなど一部全局共通で流れるCMに関しても適用されるが、各局ローカルセールスのCMは除く。, 尚、当番組の終了については2010年4月の時点で決定していた。番組のスタッフにとっても突然の通告であった(参考:, 実際、番組冒頭の挨拶でも、中山非開催のときは「パークウィンズ中山からお送りします」との旨の挨拶がある。, 映像・実況がつくのは東日本主場(中山、東京、夏競馬の福島・新潟)の平地全レース及び西日本主場・第3場の一部レース(特別競走、新馬戦等)のみ。障害は基本的に重賞及びJ・GIの前哨戦(, そのため、出演陣の顔ぶれも通常放送時とは異なるイレギュラーパターンとなっていて珍しい組み合わせが多くあった。通常では「穴党専科」のみの出演である阿部がスタジオ解説として1日通しで出演したり、宮崎がパドック解説(7~9R、10~12Rは松本→及川)をすることがあった。更に司会・小林でメイン実況・長岡と言う、普段の放送では見られなかった小林と長岡の共演なども見られた。, 提供クレジットがなくなり主催読みも長岡担当のものに統一される。またEDの主催読みのバックの映像は中継している競馬場の生の映像ではなく、事前に用意した, 青森放送・青森テレビのみ16:00まで放送。競馬中継の放送日を両局で調整しているため、どちらの局がネットするかは毎回異なる。, 池田の出演はおよそ半年振りであったが、なぜ半年もの間出演を見合わせたのかについては番組内で正式な説明はされなかった。, 松本が実況席解説担当時も不定期であったが特に日曜のような明確なルールがあるわけではなく、松本、もしくは柏木のどちらかが行っていた。, 松沢が実況席解説担当時はメインレース展望担当は松沢と柏木であった。及川は原則メインレース展望は担当しないが、GIレース時のみOPで予想を簡単に披露していた。, 松沢が実況席解説担当時は関東メインを松沢、関西メインを柏木と担当を分担しており、GIレース時は松沢・柏木のダブル解説となった。, その前にテレビ東京「土曜競馬中継」(現:ウィニング競馬)に出演していた事もあった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=中央競馬ワイド中継&oldid=79028947, パート2:16:00-16:35(例年3月下旬-10月上旬は16:00-17:00(tvkは16:55に飛び降り放送)), パート2:16:00-16:35(例年3月下旬-10月上旬は16:00-17:00), 7月中旬〜下旬にかけては各局とも高校野球の県予選を中継するため、基本的に『ワイド中継』は放送されない。ただし、高校野球が雨天中止や予備日などで最初から開催予定のない日は通常通り放送される。また、高校野球中継が予定終了時刻よりも早く終了になった場合は飛び乗りで途中から中継されるときもある。その際には各局ともOP・EDが短縮され, 天候不良などの理由により競馬開催が中止となった場合は他の競馬場で開催されているレースを中継するが、それもできない場合は過去に放送した企画などを放送する。, 長岡一也(2002年よりメインキャスター・実況席兼務。東京・中山でGI開催時は、表彰式の司会の為2部の前半は欠席。このときは宮嶋1人が司会を務める), 宮嶋千佳子(1992年4月 - 2000年3月、2002年4月 - 2010年12月), LIVE & REPORT 中央競馬中継に移行→長岡一也、柏木集保、飯田正美、及川勉(長岡、飯田は更に左記番組の後継『, BSイレブン競馬中継に移行→星野英治、細江純子、吉岡哲哉、宮崎秀一(夏の新潟開催のみ), 制作:関東独立UHF各局(TVKテレビ、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、群馬テレビ)※開催毎に持ち回りでテロップされ、東京MXTVは制作に加わっていない。, 先週の新馬戦(全レースの全国発売が始まる前にあったコーナーであり、前週に関西、および第3場で行われた, 宮崎秀一の注目馬(「明日の重賞展望」の前身にあたる。土曜ワイド中継第1部のラストのコーナーに位置されており、宮崎が翌日のメインレースを含めた3レースの予想と見解を述べた。宮崎がパドック解説担当になりコーナー名が「明日の重賞展望」になってからは担当が松本に変更されたが、松本のレギュラー降板に伴いコーナー名は当時とは異なるものの宮崎が事実上担当に復帰する形となった。また当コーナーを放送していたころは土曜ワイド中継では「注目馬」というのが中継のキーワードになっており宮崎以外の松本、柏木、吉岡の3人についてはパート1のオープニングで当日開催のレースの中で自信のある本命馬を「今日の注目馬」としてそれぞれ1頭ずつ挙げていた), サクッと最終3連単(旧・サクッと最終穴馬券。最終レースを対象にした予想コーナーだが、視聴者から送られてきた予想を司会者がセレクトするのが特徴だった。第1部のED前にコーナーが始まり、結果は第2部のED前に発表されていた。夏の新潟開催時は休み。ただし最終年の2010年は休み期間が短縮され新潟夏の後半4週も実施), メインレース展望(原則として関東メインは柏木と宮崎、関西メインは柏木と星野であるが、重賞が関西メインのみで関東メインが非重賞の場合はこれが逆転する。また、関西メインが非重賞の場合は展望そのものがない, アベコーの穴党専科(解説:阿部、阿部が当日のメインレースを中心に3レースの予想と見解を述べた。このことから、土曜の「宮崎秀一の注目馬」と対をなすコーナーでもあった。日曜ワイド中継女性キャスターを北野が担当していたときは阿部、北野とさらに当時の日曜リポーターであった目黒の3人で進行しており、コーナーが始まる直前のCM前にはこの3人でショートコントのような掛け合いをしていた。また、第2部のエンディングでは毎週阿部と目黒が競馬場内のどこかの場所から当コーナーの予想結果を振り返った。なお、「今日の丹券」以降のコーナーでは予想結果は翌週のコーナー冒頭で振り返るようになっている。阿部の「ホースニュース・馬」退社と同時に当番組のレギュラーを降板し、コーナーも終了した), 丹下日出夫の今日の丹券(「アベコーの穴党専科」の後継として始まった。ただし前コーナーとは異なり予想レースは基本的に東西メインレースの2レースであり、たまに丹下が東西のメインレース以外で予想に自信のあるレースがあった場合のみ1レース追加で予想するコーナー形式であった。この予想形式は「4人の名探偵今日の狙い馬」でもそのまま継承された。クラシックレースのシーズンが近づくと丹下が, 4人の名探偵今日の狙い馬!(探偵:池田、黒津、桧原、吉岡の4人の中から毎回1名がスタジオ出演。探偵担当と女性キャスターの2名で進行。コーナー形式は『今日の丹券』に近いが、上記2コーナーの違いは予想家を毎週固定せず、週替わりで4人の予想家が登場する。メインレースの予想に関しては出演しない他の3人の予想も含め、4人全員の予想が公開される。ただし、最終回のみ探偵担当として吉岡・池田の2名が出演した), 正式なコーナー名はないが、かつては日曜ワイド中継第2部のエンディングで翌週の重賞出走予定馬の一覧を見ながら柏木が翌週の展望を一言触れていた。柏木が実況席解説を担当することになってからは翌週の重賞展望はなくなり出走予定馬の一覧を出すだけになった。, レース結果(関東主場のレースを最優先にして流れるがGIレースがあった場合はGIレース、次いでGIレースが行われた競馬場の結果から最初に流す), ハイビジョン化以前は、解説者の予想テロップが表示される際に土曜の解説者は柏木を除いて「○○の印」、日曜の解説者は「○○の見解」として印上位3頭が表示されていた。ハイビジョン化以降も印上位3頭の表示はそのまま原則解説者の予想テロップは土日関係なく「○○の印」で統一されたが、柏木のみ「柏木の見解」となった。予想テロップの色は柏木が青、パドック解説者の宮崎と及川は紫、星野と日曜日の準レギュラー4人は緑となっている。, メインレース展望の際、土曜日のワイド中継では通常の予想テロップで表示されるが日曜日のワイド中継では「柏木集保の推奨馬」「及川勉の推奨馬」という特別の画面が使用され印上位3頭の下部に本命馬の馬連、馬単の組み合わせが表示される。また日曜日のワイド中継の「4人の名探偵今日の狙い馬」のメインレース展望では最初にその週に担当する探偵の印上位4頭まで表示され、その後4人の探偵の印すべてが馬柱とともに紹介される(この表示は原則関東のメインレース展望時、および東西問わずGIレース展望時。関西、および第3場のメインレース展望時は通常予想テロップで表示され、ほかの3人の予想は表示されない)。土曜日のハイライトのメインレース展望では飯田、星野の順で最初にそれぞれの本命馬と本命にした根拠を表示し、その後印上位6頭が表示される。, 2005年度から実施される薄暮レースの場合は提供クレジット終了の挿入位置が変更となり、出演・スタッフのテロップが終わった後に「, 2007年10月より、チバテレビの主催表示のJRAのマークとロゴがカラー表示になった。. 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。 『中央競馬ワイド中継』(ちゅうおうけいばワイドちゅうけい)とは関東のテレビ埼玉(テレ玉)、千葉テレビ放送(チバテレ)、テレビ神奈川(tvk)、群馬テレビ、とちぎテレビで毎週土曜日と日曜日の午後に1985年4月7日から(土曜日は1987年1月10日から)2010年12月26日まで放送されていた中央競馬の実況中継番組である。本項では『中央競馬ハイライト』についても記述する。, 中継対象となる競馬場で行われるレースの展望や解説を重点に放送。同時開催されている他の競馬場のレースについても中継を行っていた。番組の制作(制作著作)はテレ玉が福島・新潟開催分、チバテレビ放送が中山開催分、tvkが東京開催分をそれぞれ担当していた[1]。制作協力はマイプラン。レース実況部分の映像は日本中央競馬会(JRA)公式映像[注 2]が使用され、音源はラジオNIKKEIから提供を受けていた。ただしスタート前のゲート入り、及びゴール後は実況放送席の解説者・キャスターが実況していた。全国全レース発売が実施された2000年ごろ、KBS京都の競馬中継で最終競走に限りその実況が放送されたことがあった。, 土曜日・日曜日ともキー局(土曜日はテレビ東京、日曜日はフジテレビ)が競馬中継を行う時間帯を除いて放送する、一種のリレー形式が取り入れられていた[注 3][注 4]。そのため、キー局が中継を担当するメインレースについては特別編成時をのぞいて生中継されることはなかった。, 2009年6月20日放送の福島競馬開催分(テレ玉制作)よりハイビジョン制作となり、GI開催日のハイライトで最初に流れるBGMを除いて字幕スーパーやBGMなどさまざまな部分が一新され、音声もステレオ放送になった。なおハイビジョン制作となって以降は、アナログ放送では番組中常時レターボックス放送になっていた[注 5]。, 2011年1月5日からBS11で『BSイレブン競馬中継』が開始されることに伴い、『ワイド中継』・『ハイライト』共に2010年12月26日放送を以って終了[注 6][注 7][2]。なお『BSイレブン競馬中継』は『JRA競馬中継』のタイトルで、土日共14時台のみネットする[3][注 8]。, また『ウイニング競馬』、『みんなのKEIBA』終了後の16時からは『BSイレブン競馬中継』をネットせず『LIVE&REPORT 中央競馬中継』というタイトルのチバテレビ放送単独制作での中継番組を2011年1月5日から2012年5月27日の期間中に17:00まで放送することとなった。 ご存知の方お願いします。, 競馬・653閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, そうですか…。中央競馬ワイド中継が大好きだったんで残念です。 尚、この『LIVE&REPORT 中央競馬中継』は制作局のチバテレビとtvk、テレ玉の3局のみで放送され、群馬テレビ、とちぎテレビはネットしない他、実質的な制作を担当していた制作会社のマイプランはBS11・東名阪ネット6の放送に移行した(代わって『LIVE&REPORT 中央競馬中継』では、これまで中継技術のみを担当していたテレビアルファが、番組制作自体にも関わることとなり、制作協力とクレジットされることとなった)。また、次番組は基本的に開催競馬場に関係なく原則として中山競馬場(中山以外で開催する場合は「パークウィンズ中山」として[注 9])の会場から生放送されるため、制作はチバテレビ単独となった。しかし、『LIVE&REPORT 中央競馬中継』も、編成上の都合で打ち切りとなり、27年続いた関東独立U局制作の競馬実況中継が消滅となり、2012年6月1日より金曜に移動し、競馬予想に変更した現在の『金曜競馬CLUB』に至っている[注 10]。, 中継については局によって競輪、競艇のビッグレースやJリーグ、高校サッカーや高校野球予選の試合中継などで時間移動(パート2を録画中継することも)や休止となる場合があるので新聞、ならびにホームページ(外部リンク)を参照されたい。, 2009年から従来の夏季薄暮開催[注 12]に加え例年3月下旬-6月中旬までの3開催分、9月中旬-10月上旬の1開催分は西日本主場[注 13]最終レースの発走時刻が16:40(一部のGIレース当日を除く)になったため当該期間中、原則パート2は17:00まで放送される。2006年度からは東京優駿開催当日にも薄暮競走を実施しているが、このときは17:30まで延長される。, tvk(当時:TVKテレビ)では1996年前後の数年間、11月から翌年1月の冬季開催期間中にはパート2を16:30で飛び降りしていた。, 土曜日の放送では群馬テレビに配慮して13:01頃にいったん中継競馬場の映像を映し、群馬テレビが飛び乗ったところで再び競馬場のコンディション情報を流し「群馬テレビをご覧の皆様、お待たせしました。今日もワイド中継でお楽しみください」と挨拶を入れる。, 土曜・日曜とも23:00-23:30に放送。当日に行われたレースの結果を映像、実況を交えて案内する[注 14]。土曜日の番組の後半には解説者が出演し、日曜日のメインレースの展望をする。, 番組の収録は放送当日の夕方ごろに完パケ(撮って出し)で行われる。前日発売をしているレースのオッズが出る際、17時台(おもに17:30)現在と表示されていることで確認ができる。冒頭には司会者がその日のレースの傾向などについて簡単にコメントを述べ「今日のレースを振り返ってご案内しましょう」と挨拶するのが恒例だった。また主要レースについては、関東主場はワイド中継第2部の録画素材、他はラジオNIKKEI(2004年3月までラジオたんぱ)の音源を利用して中継録画を放送していた。, 1986年には金曜日にも放送されていた[5]。土曜日の放送においては皐月賞、天皇賞・春、オークス、日本ダービー、菊花賞、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の前日に1時間の拡大版で放送していた時期がありアシスタントとして日曜ワイド中継の女性キャスターも出演していた。尚、土曜ハイライト1時間拡大版は2001年をもって終了し2002年より年間通じて30分放送に固定された。, 現在のBS11「うまナビ!イレブン」はほぼこのスタイルを踏襲しているが、土曜日は主に主要重賞の展望に時間を割いている。また競馬場での生放送・収録ではなく、BS11のスタジオからの生放送であるといった相違点がある。, キー局の競馬中継が放送休止となったり代替開催があった場合には、通常のネット局以外でもネットされることがある。, 当番組の解説者を務めるのは、日本競馬新聞協会に加盟した競馬新聞に所属するトラックマンである。ただし丹下日出夫は2008年2月19日に『ホースニュース・馬』が休刊したあとも、同年3月30日まで肩書きなしのフリーの評論家として出演した。, 黒津、桧原、池田、吉岡は当初週代わり交代制でそれぞれ月1回出演であったが2010年は池田の出演が極端に減り、2010年の出演は6月6日[注 26]と最終回の12月26日の2回のみとなった(尚、最終回は吉岡とのダブル出演)。そのため2010年の本コーナーでは、黒津・桧原・吉岡のうち1人は月に2回出演した。ただし、池田のメインレースの予想やクラシックレースの注目馬については他の3人同様に番組内で紹介されていた。, ちなみに当番組にレギュラー出演している解説者は「時計班」と呼ばれる調教取材が主体のトラックマンを中心に構成されているが本コーナーに出演している4人のうち黒津、桧原、吉岡の3人は「想定班」と呼ばれる厩舎取材を主体とするトラックマンを中心に構成されているのが特徴的である(池田は編集業務)。, 最終回の2010年12月26日放送分にて、当番組を草創期から長い間にわたり支えてきた功労者として小林、松本、松沢がコメントを寄せた。, 以下のホースニュース・馬のトラックマンも当番組に出演実績があるが、担当や詳細期間は不明。, 『ハイライト』に関しては長年、土曜は司会:小林、解説:松沢・阿部、日曜は司会:長岡、解説:松本(中山および新潟)・柏木(東京および福島)の体制であった。この体制はちょうど『ワイド中継』の体制と逆になっている。つまり土曜ハイライトは日曜ワイド中継のレギュラー陣であり、日曜ハイライトは土曜ワイド中継のレギュラー陣であり、昼と夜の放送で体制が交互となっていた。ちなみに解説者の所属も土曜は競馬研究とホースニュース・馬、日曜は競馬ブックと日刊競馬とこちらも交互となっていた。, 『みんなのKEIBA』や『ウイニング競馬』と異なり、当番組にゲストが出演するのは大変まれなことである。芸能人ゲストは当然のことながら、競馬関係者のゲスト出演についてもほとんどない。当番組に出演した数少ないゲスト出演者としては加藤みどり(ハイライト第1回)、北野ミヤ(当時メジロ牧場オーナー)、松永幹夫(第52回オークスをイソノルーブルで制した直後に出演)、佐々木竹見(騎手引退直後に出演)、2005年[7]と2009年[8]の2度にわたり出演した棋士の渡辺明らがいる。, 以下の3コーナーは日曜ワイド中継第1部のちょうど中盤の時間帯に位置されていることや男性キャスターが出演しないというコーナー形式も一貫して継承している。また阿部・丹下が担当していたことからもわかるように、「ホースニュース・馬」の予想家が長年担当していた単独予想コーナーであった。, 実況音源はラジオNIKKEIと同一のものであるが、レース前後のアナウンス(出走馬の枠入りの状況など)は極力使用されない。, 特別編成により15時台に放送される場合、東日本主場のメインレース実況についてはラジオNIKKEIの音声を使用せずに日曜中継司会の長岡が実況した。2006年からは薄暮競走として目黒記念が、また2009年からは土曜日のパート1が15:00までの放送となったことで東日本主場の障害重賞競走(J・GII、J・GIII)が放送時間内に行われるようになったがこれらの実況も長岡が担当した。, JRA及び番組スポンサー[注 32]のコマーシャルのほか、通常放送時は各解説者が所属する競馬新聞のコマーシャルが流れる。1990年代にはホースニュース・馬のコマーシャルは当番組だけでなくフジテレビの『スーパー競馬』でも放映され競馬ブックのコマーシャルは『スーパー競馬』とテレビ東京の『土曜競馬中継』でも放映されていたが、2000年代以降は競馬エイト含めフジテレビ・テレビ東京の競馬中継において競馬新聞のコマーシャルは放映されなくなり2010年現在ではこれら競馬新聞のコマーシャルを関東地上波テレビ中継で視聴できるのは当番組のみである。2009年ころよりtvkでは、地元の川崎競馬開催週は川崎競馬場のCMが流されるようになった。同競馬場の直轄場外勝馬投票券発売所ジョイホース横浜のCMも流される。チバテレビでは地元の船橋競馬場のCMが1年を通じ流されていた。, 2000年代のパドックで使用されていたBGMはカシオペアの「メッセンジャー」。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, テレ玉やテレビ神奈川などで放送している。『中央競馬ワイド中継』が年内で終了してしまうそうなのですが…。もう競馬中継番組をやらなくなってしまうのでしょうか? ただその行動と私に対して報告してくれた内容に違いがあ... パズドラについて質問です。炭治郎2体目と、無惨2体目と、煉獄1体目どれがいいですかね?やっぱり持ってるキャラによりますか?, パズドラ初心者です。