第05回(1960年) スターロツチ 第38回(1993年) トウカイテイオー 勝ったマツリダゴッホは9番人気と人気がなく、3連単で80万円を超える中波乱の結果となった。, 国際競走指定前: 第11回(1966年) コレヒデ 第47回(2002年) シンボリクリスエス 第31回(1986年) ダイナガリバー 第56回(2011年) オルフェーヴル 着順 枠 馬番 馬名 性 齢 騎手 タイム 着差 調教師 単勝 人気 ; 1: 5: 8: ダイユウサク: 牡: 7: 熊沢 重文: 2:30.6: レコード: 内藤 繁春 1991年12月22日 中山 gi 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気158ダイユウサク牡656熊沢重文2:30.6レコード35.3490(0) 第25回(1980年) ホウヨウボーイ 第03回(1958年) オンワードゼア 1991年12月22日 5回中山8日目 4歳以上オープン (混)(馬齢) 単勝5230円は1991年 ダイユウサクの13,790円に続く有馬記念史上2位の高額配当。 馬単・3連単・3連複は有馬記念史上最高配当。ただし、3連複と3連単は2008年に更新された。 gi連対経験の無い馬の優勝は1991年ダイユウサク以来16年ぶり。 第58回(2013年) オルフェーヴル そのままレースは進み、第3コーナー直前でウオッカが、さらにメイショウサムソンが仕掛けるも、外を回らされて、前と差を詰めきれないまま失速。ダイワスカーレットが失速したチョウサンに代わって先頭に立ち、そのまま押し切ろうとするも、伏兵マツリダゴッホが内側の経済コースを通ってスルスルと進出。先頭に立つとそのまま押し切りゴールイン。2着に最後まで粘っていたダイワスカーレット、3着にこれまた前でレースを進めたダイワメジャー。4着にロックドゥカンブ、5着にポップロックとなり、ほぼ道中のポジション通りの結果となった。後方から追いこんできたのはドリームパスポートだけであり、後ろで控えた有力馬は、1番人気のメイショウサムソンが8着、ウオッカが11着と惨敗した。 第49回(2004年) ゼンノロブロイ 第29回(1984年) シンボリルドルフ 第14回(1969年) スピードシンボリ 第07回(1962年) オンスロート 第36回(1991年) ダイユウサク 第04回(1959年) ガーネツト 第01回(1956年) メイヂヒカリ 単勝5230円は1991年 ダイユウサクの13,790円に続く有馬記念史上2位の高額配当。 馬単・3連単・3連複は有馬記念史上最高配当。ただし、3連複と3連単は2008年に更新された。 gi連対経験の無い馬の優勝は1991年ダイユウサク以来16年ぶり。 第28回(1983年) リードホーユー 第39回(1994年) ナリタブライアン 1991年有馬記念 この年は湾岸戦争勃発、雲仙普賢岳噴火・火砕流、ソ連邦消滅、バブル崩壊、証券金融不祥事続発、南アのアパルトヘイト撤廃など、世界的にも大事件が多く、大波乱を予感させたのである。 第13回(1968年) リュウズキ 第24回(1979年) グリーングラス 第34回(1989年) イナリワン 第59回(2014年) ジェンティルドンナ 2007年の秋古馬3冠レースは、すべて内側のロスの少ない経済コースを比較的前目でレースをした馬が勝つ結果となった。 第19回(1974年) タニノチカラ 第43回(1998年) グラスワンダー 第32回(1987年) メジロデュレン 有馬記念(グランプリ)[1991年12月22日中山9r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。 第62回(2017年) キタサンブラック 第02回(1957年) ハクチカラ 第18回(1973年) ストロングエイト 第50回(2005年) ハーツクライ 9 R 第36回有馬記念(G1) 芝右2500m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:20 過去の有馬記念. 第26回(1981年) アンバーシャダイ 第12回(1967年) カブトシロー 第63回(2018年) ブラストワンピース 第22回(1977年) テンポイント, 第23回(1978年) カネミノブ 第16回(1971年) トウメイ 第57回(2012年) ゴールドシップ 第10回(1965年) シンザン 第35回(1990年) オグリキャップ 第41回(1996年) サクラローレル 第33回(1988年) オグリキャップ 第53回(2008年) ダイワスカーレット 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第64回: 2019年: リスグラシュー: 成績: レース映像: 第63回: 2018年: ブラストワンピース: 成績 第51回(2006年) ディープインパクト 1991.12.22 @ @ n N b N ƁA ̔n ̑S т ɂȂ ܂ B @ F N \ L ͖ N i V \ L j ɓ ꂷ B 国際競走(G1)指定後: 第15回(1970年) スピードシンボリ 第20回(1975年) イシノアラシ 第17回(1972年) イシノヒカル 第27回(1982年) ヒカリデユール 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第64回: 2019年: リスグラシュー: 成績: レース映像: 第63回: 2018年: ブラストワンピース: 成績 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第64回(2019年) リスグラシュー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第52回有馬記念&oldid=75421908, 馬単・3連単・3連複は有馬記念史上最高配当。ただし、3連複と3連単は2008年に更新された。, マツリダゴッホの馬主高橋文枝が体調不良であったため、夫の福三郎も中山競馬場に向かわず. 第30回(1985年) シンボリルドルフ 第08回(1963年) リユウフオーレル 第60回(2015年) ゴールドアクター 以下、プリンセスルシータ、アルーリングボイス、アドマイヤフジ、レゴラス(いずれも賞金順)の4頭が、ファン投票選出馬及び地方馬及び収得賞金上位馬の回避待ちとなった。その後、プリンセスルシータは阪神カップ、アドマイヤフジは中山金杯出走を表明して当レースを回避したため、除外対象馬は最終的にアルーリングボイスとレゴラスの2頭となった。, 12月20日に出馬投票が行われ、出走馬と枠順が確定し、収得賞金上位5頭内のシルクネクサスが中山金杯への出走を理由に回避した。それにより除外対象馬が繰り上がりで出走することになり、アルーリングボイスが同日の尾張ステークスに出走を決定したため、レゴラスが出走に至った。, 馬券は12月21日から発売され、前々日最終オッズ時点ではメイショウサムソンが3.0倍で1番人気、ロックドゥカンブが4.4倍で2番人気、ポップロックが6.0倍で3番人気、ダイワスカーレットが6.1倍で4番人気、ウオッカが8.3倍で5番人気と5頭が10倍以内で続いた。, なおフサイチパンドラは12月22日に左寛跛行の為、出走を取り消した。同馬はこのレースを最後に引退する予定だったが、レースに出走することなく引退が決定した。同日確定した前日最終オッズ時点では、前々日最終オッズに続きメイショウサムソンが2.4倍で1番人気、ポップロックが5.9倍で2番人気、ウオッカが7.3倍で3番人気、ロックドゥカンブが7.5倍で4番人気、ダイワスカーレット8.1倍で5番人気で続き、5頭が10倍を切るオッズとなった。, 負担重量は4歳以上牡馬57kg、4歳以上牝馬及び3歳牡馬55kg、3歳牝馬及び南半球産3歳牡馬53kg。, ハナを奪ったのはダイワスカーレット。そのあとをマツリダゴッホ、サンツェッペリン、チョウサン、ロックドゥカンブ、ダイワメジャー、ポップロックなどが続き、ウオッカや、比較的前からレースをすると思われていたメイショウサムソンも後ろ目を通らされることとなった。レースはスタンド正面前に入るコーナーでチョウサンがダイワスカーレットに変わってハナに立ち、レースは1000m通過が60秒台と、スローペースとなる。 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 第52回(2007年) マツリダゴッホ 第44回(1999年) グラスワンダー 第42回(1997年) シルクジャスティス 第06回(1961年) ホマレボシ 第37回(1992年) メジロパーマー 第52回有馬記念とは、2007年12月23日に中山競馬場で施行された競馬競走である。, 11月7日から12月3日までファン投票が行われ、11月22日に第1回中間発表、11月29日に第2回中間発表、12月6日に最終発表が行われた。最終の有効件数は15万4448件、有効投票総数は148万2941票だった。, 11月26日、出走予定馬の1頭、ダイワメジャーが、このレースを最後に競走馬を引退することがオーナーより表明された。, ファン投票20位以内の馬のうち、5位のアドマイヤムーンはすでに競走馬登録を抹消されていたため、8位のアサクサキングスと10位のヴィクトリーは放牧に出されたために回避した。また、12位のアイポッパーは馬インフルエンザ感染に伴い調整が遅れたために回避した。地方からはコスモバルクが出走を表明していた。, 12月9日に発表された最終登録時点では、出走可能頭数(フルゲート)16頭に対し21頭の特別登録があり、ファン投票上位馬で最終登録を行った15位のチョウサンまでの10頭はファン投票選出馬となった。同年から国際競走となっていたが、外国馬の登録はなかった。地方馬枠ではコスモバルクが出走可能となっていた。, 残りの出走枠について、収得賞金上位5頭のフサイチパンドラ、マツリダゴッホ、シルクネクサス、アドマイヤジュピタ、サンツェッペリン(いずれも賞金順)までが出走可能となっていたが、アドマイヤジュピタが日経新春杯に向かうため、回避を表明し、ハイアーゲームが繰り上がりで出走可能となった。 有馬記念(g1)1991の出馬表です。枠順、人気順やオッズ、騎手、前5走までを掲載。横並び形式の新聞風に再現。懐かしの馬柱と共に当時の記憶が蘇ります。 B, 84”NA1”Ԑl‹CƒVƒ“ƒ{ƒŠƒ‹ƒhƒ‹ƒti‚P’…j¢B, 85”NA1”Ԑl‹CƒVƒ“ƒ{ƒŠƒ‹ƒhƒ‹ƒti‚P’…j~B, 87”NA3”Ԑl‹CƒƒŠ[ƒiƒCƒXi’†Ž~j~Bi“¯E, 88”NA1”Ԑl‹Cƒ^ƒ}ƒ‚ƒNƒƒXi‚Q’…j¢Bi“¯E, 91”NA9”Ԑl‹Cƒ_ƒCƒ^ƒNƒwƒŠƒIƒXi‚T’…j~B, 92”NA1”Ԑl‹CƒgƒEƒJƒCƒeƒCƒI[i11’…jB˜g˜AB, 93”NA4”Ԑl‹CƒgƒEƒJƒCƒeƒCƒI[i‚P’…jB, 94”NA1”Ԑl‹CƒiƒŠƒ^ƒuƒ‰ƒCƒAƒ“i‚P’…j¢B, 95”NA5”Ԑl‹Cƒ^ƒCƒLƒuƒŠƒU[ƒhi‚Q’…j›B, 96”NA3”Ԑl‹Cƒ}[ƒxƒ‰ƒXƒTƒ“ƒf[i‚Q’…jB, 97”NA4”Ԑl‹CƒVƒ‹ƒNƒWƒƒƒXƒeƒBƒXi‚P’…jB, 99”NA2”Ԑl‹CƒXƒyƒVƒƒƒ‹ƒEƒB[ƒNi‚Q’…j¢B, 01”NA3”Ԑl‹Cƒ}ƒ“ƒnƒbƒ^ƒ“ƒJƒtƒFi‚P’…j~B, 02”NA2”Ԑl‹CƒVƒ“ƒ{ƒŠƒNƒŠƒXƒGƒXi‚P’…j~B, 03”NA3”Ԑl‹Cƒ[ƒ“ƒmƒƒuƒƒCi‚R’…j‚R˜A•¡B, ’PŸ@13790‰~@@•¡Ÿ@1390‰~@120‰~@220‰~, ’PŸ@4940‰~@@•¡Ÿ@1590‰~@350‰~@190‰~. 第40回(1995年) マヤノトップガン 第54回(2009年) ドリームジャーニー 第09回(1964年) ヤマトキヨウダイ 1991年12月22日第36回有馬記念 1992年12月27日第37回有馬記念: 馬柱をクリックすると別ウインドウで開き大きな馬柱を見ることができます。 釣り逃した大魚ダイユウサク 小心の小魚メジロパーマー 恥ず … 1991 有馬記念 レース結果 全着順 1991年12月22日(日) 5回中山8日 天候 : 晴 馬場状態 : 良 【9R】 第36回有馬記念 3歳以上・オープン・G1(馬齢) (混) 芝 2500m 15頭立 第21回(1976年) トウショウボーイ 第61回(2016年) サトノダイヤモンド 第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ