Posted at 13:45 on 2020-05-25 by . あくまで個人的な見解だが、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチなら、キャプテンの長谷部誠を挙げるのではないだろうか。 というの サッカー日本代表のキャプテンである長谷部誠は、チームの精神的支柱であり、強いリーダーシップを発揮しています。常にチームメイトや監督、スタッフとコミュニケーションをとる姿勢が高い人気を得ています。 フランクフルトは22日、元日本代表MF長谷部誠(36)との契約を2021年6月30 ... 頑張れキャプテン. 長谷部誠選手は言わずと知れた日本を代表するサッカープレーヤーで、長い間日本代表のキャプテンをしています。 そんな長谷部選手はいつからどうしてキャプテンになったのでしょうか。 そして、長谷部選手の後のキャプテンは誰がするの …  |  「MRのための読書論」一覧 バイエルンに大敗で待望論も! 長谷部誠. 【日本代表】長谷部誠が語ったキャプテン論。「権限は何もない。大事なのはまず監督の考え」 トピックス・ニュース, Jリーグ. 長谷部が初めて日本代表のキャプテンマークを巻いたのは、 2010 年 5 月のイングランド戦だった。当時の監督、岡田武史がチームの連敗を止めるためのカンフル剤として、キャプテンに長谷部を選んだ。それ以来、長谷部は日本代表のキャプテンに定着。 サッカー日本代表のキャプテンである長谷部誠。チームをまとめて引っ張っていくので天才な人なのかと思いきや、実は彼はとても真面目で努力家だったのです。 どんな努力をしてきたか見ていきましょう。  |  トップページ, (1)メール・アドレスを記入し、「購読」ボタンをクリックしてください。(2)届いたメールの「フォローを確認」をクリックしてくださると、登録完了です。, ブッダが後世の仏教を知ったなら、びっくり仰天することだろう・・・【MRのための読書論(66)】, 意志力=筋肉だ、使い過ぎると疲労するが、鍛えることができる・・・【MRのための読書論(91)】. たちまち、長谷部誠という人間の熱烈なファンになってしまった。著者のこの本の印税の全額が東日本大震災支援のために寄付されるというのも、いかにも長谷部らしい。これからは、ピッチの内外の長谷部の動向から目が離せなくなりそうだ。 浦和レッズ日本代表ブンデスリーガ岡田武史長谷部誠浦和ユース西野朗アイントラハト・フランクフルトコパ・アメリカ浦和ジュニアユースアルベルト・ザッケローニヴァヒド・ハリルホジッチ, 長谷部誠と浦和の下部組織の選手たち。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI, アイントラハト・フランクフルトに所属する元日本代表の長谷部誠が5月26日に埼玉スタジアムでブンデスリーガとの共同企画として、浦和ユースと浦和ジュニアユースの選手たち前に講話会を行った。そのなかで子どもたちからの質問コーナーが設けられ、次のような興味深い問いが出た。, 「長谷部選手は日本代表でずっとキャプテンをやってきましたが、様々なクラブからとても個性のある選手が集まってきていたと思います。そういった選手たちを一つにまとめる時、どういったことを大切にしていたのでしょうか」, 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)から2018年のロシアW杯まで、通算9年にわたり日本代表で腕章(キャプテンマーク)を巻いてきた。そこで、長谷部が実践してきたこととは――。, 「キャプテンというのは、別に何か権限があるわけではありません。何か偉いわけでもない。チームの中で、何か方向性を決める時、そこで大事なのはまずやはり監督です。監督がどういうことをしたいのか。そこでキャプテンは、選手と監督の間に立つ。自分は監督とも、いろいろな選手ともコミュニケーションを取ってきました。日本代表という場所になれば、本当に自分の強いサッカー観を持った選手たちが多い。でも、別にそれを一つにまとめようとは思わなかったです」, 監督がある決断を下す。一つにベクトルを向ける。それを限られた活動期間のなかでチームに浸透させる。そこで長谷部はコミュニケーションをとることで、監督から現場で戦う選手たちへ伝えるフィルターのような役割を担ってきたという。, 「まず、監督がどう考えているか。日本代表は選ばれてくるチームで、監督と考え方が合わない、それを理解できない、であれば外されていくべき場所。だから、(監督の考えを理解するためにも)もちろんディスカッションはしたほうがいい。自分の意見と監督の考えが違っていても、話はしていくべき。ただ最終的なところでは、監督のやり方があるなかで、自分の色をどれだけ出せるか。そこを選手としては、考えるべき。ずっとキャプテンをやってきて、それは感じてきたことです」, 無論、長谷部も日本代表で安泰などと思ったことは一度もなかったはず。そのなかで、岡田武史、アルベルト・ザッケローニ、ヴァヒド・ハリルホジッチ、西野朗……4人の監督のもと、キャプテンを任されてきた。もちろん、それはまず何より、監督の求める役割をピッチで実行してきてきたことで、指揮官からも、選手からも「信頼」を得てきた。そこも押さえておきたい重要な点だ。, そして現在、フランクフルトでもゲームキャプテンを務めることがある。ただ、その腕章の有無にかかわらず、クラブの誰もがピッチのリーダーと認める存在となっている。, 長谷部が明かしたキャプテンとしてのスタンスと考え方。集団生活のいろいろなシチュエーションで参考になりそうだ。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, もちろんディスカッションはしたほうがいい。自分の意見と監督の考えが違っていても、話はしていくべき。ただ最終的なところでは、監督のやり方があるなかで、自分の色をどれだけ出せるか。そこを選手としては、考えるべき。ずっとキャプテンをやってきて、それは感じてきたことです」. 長谷部が初めて日本代表のキャプテンマークを巻いたのは、 2010 年 5 月のイングランド戦だった。当時の監督、岡田武史がチームの連敗を止めるためのカンフル剤として、キャプテンに長谷部を選んだ。それ以来、長谷部は日本代表のキャプテンに定着。 正直言って、長谷部というサッカー選手のことは、何も知らなかった。南アフリカ・ワールドカップやカタール・アジアカップの試合をテレビで一緒に見ていた女房から「長谷部という選手は感じがいいわね」と話しかけられ、初めて長谷部の名前と顔を覚えたぐらいで、本当に何も知らなかったのだ。ところが、『心を整える。――勝利をたぐり寄せるための56の習慣』(長谷部誠著、幻冬舎)を読んで、びっくりしてしまった。たちまち、長谷部誠という人間の熱烈なファンになってしまった。著者のこの本の印税の全額が東日本大震災支援のために寄付されるというのも、いかにも長谷部らしい。これからは、ピッチの内外の長谷部の動向から目が離せなくなりそうだ。, 著者の子供時代から現在に至るまで、そして未来に向けて、サッカーを中心に彼の考え方と行動が気負うことなく綴られている。「これといった長所もなく、華麗な経験もない僕がここまで生き残ってこられたスキルと概念です」、「強がってばかりいてもすぐに一杯いっぱいになってしまいますし、自分の弱さを知ってこそ、人は他人に優しくなれるのではないでしょうか」―― 一歩一歩実績を積み重ねてきた著者の思いが詰まったこの本は、常に実績を求められるMRに多くのヒントや気づきを与えてくれることだろう。, 「プロサッカー選手は外から見ると華やかな職業に見えるかもしれないけれど、当然楽しいことばかりではない。ケガ、レギュラー争い、メディアからの批判、選手寿命との戦いなど、精神的に追い詰められる要素がたくさんある」と、著者は自分の置かれた状況を大局的に把握している。, 「整理整頓は心の掃除に通じる」、「過度な自意識は必要ない」、「恨み貯金はしない」、「お酒のチカラを利用しない」、「孤独に浸かる――ひとり温泉のススメ」。特に、「マイナス発言は自分を後退させる」の「愚痴だけでなく、負の言葉はすべて、現状をとらえる力を鈍らせてしまい、自分で自分の心を乱してしまう。心を正しく整えるためにも愚痴は必要ない」という指摘が心に残る。, 「苦しいことには真っ向から立ち向かう」、「頑張っている人の姿を目に焼きつける」、「グループ内の潤滑油になる」、「注意は後腐れなく」、「偏見を持たず、まず好きになってみる」、「常にフラットな目標を持つ」、「情報管理を怠らない」、「群れない」。「集団のバランスや空気を整える」の「試合に出られなかった選手は、チームが勝ったことを喜びながらも悔しくないはずがない。少なくとも僕は試合に出られず、複雑な思いをしたことが何度もある」という正直な述懐が印象的だ。, 「監督の言葉にしない意図・行間を読む」、「競争は、自分の栄養になる」、「努力や我慢はひけらかさない」。「組織の穴を埋める」の「焦らず我慢して継続すれば、いつか『組織の成功』と『自分の成功』が一致する。それを目指しているのであれば、組織のために自分のプレーを変えることは自分を殺すことではなくなる」、「運とは口説くもの」の「さぼっていたら、運なんて来るわけがない。それにただがむしゃらに頑張っても運が来るとは限らない。普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、運が巡ってきたときにつかむことができる。多分、運は誰にでもやってきていて、それを活かせるか、活かせないかは、それぞれの問題なのだと思う。・・・逆に『運が悪かった』とも思わない。結果が悪かったときには、『運』を味方につける努力が足りなかったのだと思っている」という言葉は、胸に染みる。, 「読書は自分の考えを進化させてくれる」、「読書ノートをつける」、「夜の時間をマネージメントする」、「遅刻が努力を無駄にする」、「ネットバカではいけない」、「常に最悪を想定する」、「指揮官の立場を想像する」、「勝負所を見極める」、「他人の失敗を、自分の教訓にする」、「変化に対応する」、「迷ったときこそ、難しい道を選ぶ」、「指導者と向き合う」――私が特に感銘を受けた言葉を挙げてみたが、それぞれに付されている彼の体験談抜きにこれらの言葉を見ただけでも、長谷部誠が只者ではないことが分かるだろう。, 戻る 522384 ※522292 各国でチャイナ系が感染症で問題になってる中、ドイツだけは日本人を差別迫害したんだよな。 ドイツはキリスト教 …