(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 主な英語の不規則動詞の一覧と、不規則動詞の覚え方、まぎらわしい不規則動詞についてまとめました。, 不規則動詞には過去形・過去分詞でも変化しないA-A-A型、原形と過去分詞が同じA-B-A型、過去形と過去分詞が同じA-B-B型、原形・過去形・過去分詞形が異なるA-B-C型があります。, 一見不規則に変化するように見えますが、ある程度パターンに分類することもできます。こういうパターンがあるんだと一度覚えられれば、より不規則動詞が覚えやすくなるでしょう。, 不規則動詞は原形、過去形、過去分詞が変化しないA-A-A型、原形と過去分詞が同じで過去形が変化するA-B-A型、過去形と過去分詞が同じ形のA-B-B型、原形・過去形・過去分詞すべてが異なるA-B-C型があります。, 不規則動詞は上の一覧で紹介したようにA-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型などに分けられます。, さらにA-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型にはそれぞれ特徴やある程度決まったパターンがありますので、それらを頭に入れておけばより不規則動詞の活用が覚えやすくなるでしょう。, 上で紹介したいものでも、cut、hit、hurt、let、put、set、quit、spread、split…、すべてtやdで終わっています。, ただしtやdで終わる動詞すべてがA-A-A型とは限りません。buildやgetはA-B-B型ですし、visit、twistは不規則動詞ではなく規則動詞です。, come、become、overcomeのように「come」を含んでいると過去形はcomeがcameに、過去分詞は原形と同じです。, feel、keep、sleepなどの「ee+子音」で終わる動詞は、felt、kept、sleptのように母音を1つ減らして最後に「t」がつきます。, 「ea+子音」⇒「ea+子音+t」のように語尾にtがつくタイプです。(leaveはveがfに変化しますが), go-went-goneのように原形から想像できない過去形があったりしますが、wentの場合wend(行く)という別の単語の過去形があてられています。, drawは過去はdrewですが、過去分詞はdrawnとなります。drownは「おぼれる」という意味の規則動詞です。, 過去分詞が2パターンありますが、「gotten」はアメリカ英語で使われています(最近はイギリス英語でも)。, ただしI’ve got ~(~を持っている)というときは、gottenはあまり使われません。, 「lay」は横たえるという意味の動詞ですが、lie(横たわる)の過去形も「lay」になります。このような同じつづり、あるいは似たつづりのまぎらわしい不規則動詞・規則動詞を紹介します。, lie(横たわる)はABC型の不規則動詞、lie(嘘をつく)は規則動詞、lay(横たえる)はABB型の不規則動詞です。高校英語以上の範囲ですが、私立の高校入試でも出題されることがあります。, 不規則動詞は(例外もありますが)A-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型に大まかに分けられます。, A-A-A型、A-B-A型の不規則動詞は少ないので覚えやすいですが、A-B-B型、A-B-C型は一覧を見てもかなり数が多いのがわかります。, しかしA-B-B型、A-B-C型の中でも、一定のパターンで過去形・過去分詞が変化しているものもあります。, まずは一定のパターンのものを覚えてしまい、その他のものを覚えるというのも一つの手段でしょう。あとはまぎらわしい不規則動詞(規則動詞)にも注意してください。. 不規則動詞活用表 【A-B-B型】は過去形と過去分詞形が同じ形をしている。過去形の語尾が,‐t,‐d,-deである動詞 は,ほとんど【A-B-B型】である。規則動詞(play-played-played)も,このルールにあ … ポルトガル語の動詞(verbo)の原型の語尾には-ar、-er、 -irが付き、さらに規則動詞(verbos regulares)と不規則動詞(verbos irregulares)に分類することができます。動詞ser&estarでも言いましたが、ポルトガル語を話すうえで動詞の活用を覚えることは最も重要な要素のひとつです。 ; 現在完了(過去分詞): I have played the piano for 10 years. 動詞の主な意味 原形 過去形 過去分詞形 来る come came come 走る run ran run ~になる become became become 克服する overcome overcame overcome 動詞の主な意味 原形 過去形 過去分詞形 持ってくる bring brought brought 建てる build built built 買う buy bought bought つかまえる … 現在(原形): I play the piano. ポルトガル語の動詞(verbo)の原型の語尾には-ar、-er、 -irが付き、さらに規則動詞(verbos regulares)と不規則動詞(verbos irregulares)に分類することができます。動詞ser&estarで ; 過去形: I played the piano yesterday. 不規則動詞の活用は、ネイティブも練習します。何度も音読して、自分のものにしてください! 意味 動詞の原形 過去形 過去分詞形 読み 読み 読み A B B 1 ~に言う ~を伝える 《道を》~に教える … 「 play 」の場合は、過去形・過去分詞は「 played 」のように「原形 + ed」というスペルになり … 今回は私が授業で使っている中学生用の不規則動詞一覧プリントをご紹介します。 見てみたい・使ってみたいという方は下記より印刷またはダウンロードして下さい。 私のサイトの本館はこちらになります。お仕事の依頼などはこちらからどうぞ。 フランス語の動詞の90%以上を占める第一群規則動詞er動詞と、第二群規則動詞ir動詞、不完全規則動詞re動詞の活用を早見表にまとめました。それぞれの動詞の頻出一覧(日本語・英語対訳つき)と合わせて覚えよう。 英語の不規則動詞一覧と覚え方、まぎらわしい不規則動詞についてまとめました。A-A-A型、A-B-A型、A-B-B型、A-B-C型の不規則動詞、A-B-B型、A-B-C型によく出るパターン、layとlieのようなまぎらわしい不規則(規則)動詞などについて知りたい方におすすめ。 そもそもドイツ語の動詞ってどんな形してるの?適当に動詞を並べてみました。 そう、語尾のすべてに「n」があり、ほとんどの語尾には「en」がついています。この形を動詞の原形といいます。 今回勉強する現在人称変化では、語尾の「en」または「n」が、「わたし」や「わたしたち」といった人称代名詞によって決まった変化をします。 赤の「en」の部分を語尾、その他の黒い部分を語幹(Wortstamm)といいます。 フランス語の動詞の活用を、最も効率的に覚える方法を解説しています。覚え方にはコツがあります。 このページでは、主な不規則動詞の現在形と過去分詞を取り上げます。 表の上に「不定詞」と「過去分詞」を載せてから、表の中に「直説法現在」の活用を記載します。 規則動詞と不規則動詞. スペイン語の動詞の活用について:規則動詞(-ar動詞/-er動詞/-ir動詞)は活用ルールを覚えておきましょう:不規則動詞は、残念ながら暗記あるのみです:また、英語のbe動詞と同じ役割のserとestarの違いについて詳細を紹介しています。 英語では時制によって動詞が変化します。 規則動詞. 「play」の場合は、過去形・過去分詞は「played」のように「原形 + ed」というスペルになります。, このように「原形 + ed」という形式の動詞のことを「規則動詞(regular verbs)」と呼びます。, 「go」の場合は、原形は「go」なのに、過去形は「went」、過去分詞は「gone」というスペルになります。, また、「buy」の場合は、原形「buy」に対して、過去形は「bought」、過去分詞形も「bought」です。, これらのように複雑な変化をする動詞のことを「不規則動詞(irregular verbs)」と呼びます。, しかし、不規則動詞とはいいつつも、実はある程度パターンが決まっています。 今回は不規則動詞をパターン別で分類し、覚えやすいように整理してみましょう。, 末尾のtが重複します。 「原形 + ing」ではなく、「原形 + t + ing」です。, 「read」は原形・過去形・過去分詞ですべてスペルが同じです。 ただし、発音に注意。, しかし、過去形・過去分詞の「read」は「red」と読みます。 「赤」を意味する「red」と同じ発音です。, 「原形・過去分詞」が同じスペル。 真ん中の「過去形」だけ変化するパターンの動詞です。, 現在分詞は、「com + ing」や「becom + ing」のように、原形末尾の「e」がなくなります。, 不規則動詞のA・B・B型は、英語の動詞変形における基本原則にのっとっているといえます。, 「br」「b」「f」「s」「th」など先頭の子音部分だけを残して後半は「ought」に変化します。, learnの過去形・過去分詞形は 「learn・learnt・learnt」のように不規則動詞になる場合と 「learn・learned・learned」のように規則動詞になる場合があります。, イギリス英語では「learnt」が好んで使われる傾向にありますが、イギリス人が「learned」の方を使わないというわけではありません。 また、アメリカ英語では「learned」が好んで使われる傾向にありますが、アメリカ人が「learnt」の方を使わないというわけではありません。, たとえば、「日本」という漢字は「ニホン」と「ニッポン」どちらの読み方の方が正しいのかというと、どちらも正しいです。 英語にもこういう「どちらも正しい」ケースがあります。, 「feel」「keep」「sleep」など動詞の中に「ee」が含まれるシリーズです。 「ee」を「e」に短縮、末尾に「t」がつきます。, spillは、規則動詞として使われるときと、不規則動詞として使われるときがあります。, つまり、同じ動詞なのに spill-spilled-spilled spill-spilt-spilt の2パターンがあります。, 末尾に「t」を付け足すシリーズの系譜ですが、末尾の「e」取り除いたり細かい語形の変化があります。, しかし、「heard」の発音は「híɚd」ではなく「hˈɚːd」です。 「ヒアード」ではなく「ハード」です。, 規則性は違いますが、雰囲気が「sell・sold・sold」系に似ています。 「sell・sold・sold」「tell・told・told」の親戚として覚えてしまいましょう。, ほぼ原形をとどめつつ、母音だけ変化します。 しかも母音の形が「i → a → u」という規則性があります。, 原形・過去形は1人称・2人称・3人称、単数・複数などの条件で違いますが、過去分詞は「been」で共通しています。, 「am、are、is」の原形は「be」なので、「be + en」という形になっています。, 「go」から「went」への変化は何の脈略もなさ過ぎて笑っちゃいますね。 1文字も共通点がない。, 過去形は「fl + ew」、過去分詞は「fl + own」です。 もしも原形が「flow」だったら「flow・flew・flown」となり、前述の「draw・drew・drawn型」とまったく同じですね。, しかし、「flow」は規則動詞なので「flow・flowed・flowed」と変化します。, 過去分詞は、発音に注意。 「write」の発音は「rάɪt」。 「written」の発音は「rάɪtn」ではなく「rítn」になります。 (ライトンではなくリトン), 「eat → ate」の変化は謎ですね。 英語ネイティブのアメリカ人に聞いてみましたが 「知らない。そういうもんだと思ってきたから調べたこともない」 だそうです。, 意味が似ているうえに、「自動詞lieの過去形としてのlay」と「他動詞layの原形」でスペルが同じです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 英语中为什么有那么多烦人的不规则动词 读 可视化未来 月旦评 不規則動詞チェックシート 平成28年度版 one world に登場する不規則動詞を学年ごとにチェックできるよう一覧にまとめました 1年.