まぁこれは、「長距離戦が荒れやすい」ということでもあるんですが、それにしても牝馬の人気薄はなかなか活躍できていません。 中長距離g1では長らく不遇だった牝馬だが、 バブルガムフェロ ―を交わしたその瞬間、 エアグルーヴ が扉を開いたといえる。g1はこの2タイトルだけだが、インパクトはそれ以上のものがあった。 マイラーズカップ着順, 先週の日曜日に開催されたフローラS(GⅡ)はほぼ人気通りの結果となりました。1着に2番人気のシングウィズジョイ、クビ差の2着に1番人気のディアマイダーリン、そしてさらにクビ差の3着がマキシマムドパリで, http://valuability.info/keibalog/tennoushouhinba-357/, 「皐月賞男」デムーロが、ドゥラメンテを「皐月賞馬」へと導くか?! | 競馬予想ブログ「ウィニング」重賞レースの予想が無料!, 【皐月賞枠順】サトノクラウン5枠8番絶好枠。 | 重賞レースを毎週予想する競馬予想ブログ「KEIBALOG」, 【桜花賞】チューリップ賞組の3頭で決まりか? | 重賞レースを毎週予想する競馬予想ブログ「KEIBALOG」, 【大阪杯】ラキシスがキズナを破り圧勝! | 単勝で当てる競馬ブログ「KEIBALOG」. つまり、牝馬牡馬混合レースで、距離が1,600m以下であればオッズと能力を考察し狙ってみるのもありというのが結論ですね。 しかし、最近では血統の影響なのか、長距離でも活躍する牝馬は増加傾向にあ … トラックバイアスと血統を通じて予想支援します。, 【ノヴェリスト】種牡馬の特徴 芝の中長距離が得意で晩成型が多い(2020,6,11更新), 【オルフェーヴル】種牡馬の特徴 芝ダート兼用の中長距離血統!?(2020,6,5更新), 【ヴィクトワールピサ】種牡馬の特徴 1800mが得意で異系や和風血統との相性○(2020,7,8更新…, 【ハーツクライ】種牡馬の特徴 芝の中長距離と渋った馬場が得意(2020,6,26更新), 2020,11,8 日曜日 トラックバイアス予想 (東京競馬場、阪神競馬場、福島競馬場), 2020,11,7 土曜日 トラックバイアス予想 (東京競馬場、阪神競馬場、福島競馬場), 2020,10,31~11,1 トラックバイアス結果 (東京競馬場、京都競馬場、福島競馬場), 2020,11,1 日曜日 トラックバイアス予想 (東京競馬場、京都競馬場、福島競馬場), 2020,10,31 土曜日 トラックバイアス予想 (東京競馬場、京都競馬場、福島競馬場). 勝率4.3% 近年は長年破られることが無かった記録がどんどん更新されていっていますし、そろそろ牝馬の優勝があってもおかしくないかもしれませんね。まだ出走は確定はしていませんが、レースに出るとなれば応援したいと思います。, 今年で第10回目をむかえるヴィクトリアマイル(GⅠ)だが、ハープスターも引退し、ラキシスも出走回避となった今、登録メンバーを見る限りでは昨年のオークス馬であるヌーヴォレコルトの1強となった。 ▼ジェンティルドンナなどもそうですが、今や、2400mのクラシックディスタンスでも、牝馬は牡馬に見劣りしなくなりました。 などなど。 競馬統計学~牝馬長距離不利論 ここしばらく「ご無沙汰気味だが、いろいろ事情があり記事の更新ができにくくなっている。 オッズマスターズも早々にやる気がない状態で過ごしてきたのだが、少し色気のある商品を見つけてしまった。 ▼それでは最後に、皆さんがよく馬券購入されるであろう、「重賞レース」について見てみましょう。 中長距離で最もスタンダードな距離は2400m (12ハロン)であり、この距離を クラシックディスタンス と呼びます。. 単勝回収率70% (あくまで私ブエナの見解です) 1924年、イギリス産。小岩井農場が繁殖牝馬として輸入した。産駒は4頭がG1級競走を優勝。なかでもセントライトは初の三冠馬として、トサミドリは競走馬・種牡馬ともに傑出した成績を残し、それぞれ顕彰馬として選出されている。, (番外編その2) ▼例えば、「牝馬限定戦でのみ強い牝馬」を考えてみると、 一般的に、「牡馬の方が強い」と考える人が多いので、短距離での期待値は牝馬の方が上になることもある。 勝率6.9% ◆2500m以上 では次に、「長距離戦」を見てみましょう。 勝率2.9% が、馬券というのは長期的な期待値によって収支が決まるため、長い目で見ると、上述した判断方法が馬券利益に貢献することが多い印象です。 牝馬は牡馬に比べると体力や能力の消耗が激しいとされています。牝馬限定ならまだしも、牡馬相手に長距離で競うのは体力的に厳しいのでしょう。優秀な牝馬が出てきても後世に産駒を残す事が求められるため、早い歳で引退して種牝馬として活躍することが多いのです。, 【理由3】中距離が得意な血統が多い。 主にセレクトセールで高額取引される、国内国外のG1馬や産駒がG1を勝った …, 生まれた仔馬すべてがセレクトセールの舞台に立つわけではありませんが、上場されるや目玉の存在となる母馬がいます。今回は落札総額を繁殖牝馬ごとに …. ブエナビスタが出てきた頃から、明らかに馬券の傾向が変わりました。 ▼少し前までは、「牡馬・牝馬混合の重賞レースで、距離1800m以上なら牝馬は切り」 「特に、距離が長くなればなるほど、牝馬の期待値は下がるように思う」 ▼私(ブエナ)の経験則で書けば、 牝馬 長距離の重賞レースでは、牝馬はお手上げ状態です。 産駒の重賞勝利数を基準に、繁殖牝馬をランキング形式で紹介していきます。繁殖牝馬の血統や産駒の成績についてもあわせて書きました。, では、勝利数の多い順に紹介していきます。勝利数が変動すれば追記します。基準には満たないが名牝と言われる繁殖牝馬や、まだ現役産駒が走っている繁殖牝馬については基準外の項目にまとめて記載してあります。, 1981年アメリカ生まれ、父ノーザンダンサーと同じE.P.テイラー氏の生産。母パシフィックプリンセスはアメリカのG1勝ち馬。イギリスで競争生活を送るも目立った成績はない。種付け料が50万ドルともそれ以上とも言われたノーザンダンサーの晩年に種付けされている。, 1989年、早田牧場が繁殖牝馬のセリで約520万円で落札し輸入。安価だったのは、無名種牡馬シャルードの仔を宿していたのが一因とされる。その仔がのちの年度代表馬ビワハヤヒデとなるのだから、競馬はおもしろい。, ナリタブライアンは「シャドーロールの怪物」との異名をとった三冠馬。兄ビワハヤヒデは王道路線を歩み続け、G1を3勝。全16戦で連対を外したのはわずかに1回と抜群の安定感を誇った。その強さは古馬での全5戦がすべて1.5倍以下の1番人気に支持されたことからもうかがえる。, 2頭は1歳違いであり活躍の時期がかぶる。ビワハヤヒデの故障引退で夢と消えたが、有馬記念での兄弟対決に向けて勝ち進む両馬は大いに競馬界を盛り上げた。, 早田牧場と社台グループが対抗関係にあったため、パシフィカスはすでに日本競馬界を席巻しつつあったサンデーサイレンスと交配されることはなかった。, パシフィカスの半妹キャットクイル(父ストームキャット)から桜花賞馬ファレノプシスとダービー馬キズナ。ラストインパクトなど孫世代の活躍も見られ、名牝系として血脈をひろげている。, 1977年、社台白老ファーム生産。競争成績は条件戦を3勝。3勝はいずれもダートで、代表産駒の主戦も務める池添謙一が騎乗している。, オリエンタルアートの2代前母グランマスティーヴンスは社台グループが輸入した繁殖牝馬。グランマスティーヴンスの父はLt. アパパネ ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。 近代競馬では、短距離~中距離のレースが中心となって運営されているため、長距離のレース自体見なくなりました。重賞レースで盛り上がるのは中距離のレースがほとんどです。, 【理由2】牡馬に比べて能力の消耗が激しい。 (ブエナ調べ) 【牝馬データ】 ▼要するに、「女の子同士なら強いけど、男の子の中に混ざると、実力を発揮できない」 1885. ある意味では、可愛らしい女の子と言えます。 ▼ということで本日は、牝馬は弱いか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。 単勝回収率78% ▼それでは、実際のデータも見てみましょう。 言い切ってしまうと語弊があるのですが、人間と同じで、サラブレッドもやはり身体能力だけで言えば、男の方が上だと思う。 今まで春の天皇賞を制したことがある牝馬は1頭のみです。レダという牝馬で1953年のレースを優勝しました。今年牝馬が春天を優勝すれば実に62年ぶりの牝馬優勝となります。 「2500m以上の長距離戦」では、牝馬は買わなくてもいいくらいの期待値の低さです。 (夏競馬でも、同様の傾向が見られます) ▼ただ、本質的には、やはり「牡馬の方が強い」と、私は思います。 単勝回収率104% こういうタイプの牝馬が意外と多い気がする。 ジェンティルドンナ 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/09/06(日) 20:46:46.23 ID:cSlGLrVn0 長距離GⅠ勝つ産駒が出た種牡馬 平均勝ち距離が長い種牡馬は 現役時代スタミナがある種牡馬とみなしていいのか? 「牝馬限定戦でのみ強い馬」 ▼牝馬は弱いのか? 牝馬 Carbine. とにかく、牝馬には過酷と言われている長距離をリスクを負ってまで使うメリットがそこまで無いので単に使わないだけの事でしょう。長距離のレースが人気が出て今後重宝されるようになればそういった牝馬も出てくるかもしれませんが、近代競馬では考えにくいことですね。, しかし、最近は牝馬の活躍も昔に比べたらかなり目立ってきましたね。近年は牡馬よりも多いのではないでしょうか?昨年は有馬記念でジェンティルドンナが優勝しましたし、凱旋門賞やドバイでは牝馬のハープスターが頑張っていますし、何かと話題になるのは牝馬が多い気がします。, 今年の天皇賞(春)には牝馬の登録もあります。デニムアンドルビーとフーラブライドです。, デニムアンドルビーは前走阪神大賞典(GⅡ)で2着と好走しています。阪神・芝3000mで牡馬相手にこれだけ走れるなら天皇賞(春)を狙う意味は十分あると思います。フーラブライドも同じく前走阪神大賞典を出走し、5着に健闘しています。 ショウナンパンドラ はい。 「牝馬より、牡馬の方が儲かる」 急激に期待値が低下してしまいます。 牝馬は「一瞬のキレ」と言われるように、瞬発力において牡馬よりも優れているからです。 近代競馬では、短距離~中距離のレースが中心となって運営されているため、長距離のレース自体見なくなりました。. 「ただ、2キロ差あっても牝馬は不利な印象。よって牝馬は基本的にはあまり儲からないと思う」 タフなコースや重いコースだって距離短ければ牝馬立って、改修直後の阪神をニシノフラワーは大得意だったし、シンコウラブリだってこなしてたよね . 中長距離 (2200~2800m未満) 2200m (11ハロン)から2700m (13ハロン)までのレースを中長距離戦といいます。. 私の考えで言えば、 そして、この傾向は、距離が長くなればなるほど顕著になる印象。 「この牝馬は、牡馬に混じっても力を発揮できるタイプか?」 私ブエナの独断と偏見ですが、牝馬を見る時は、 「牝馬は牡馬より弱い。だからこそ、2キロの斤量差が設定されている」 スティルインラブ 牝馬は弱い? ブエナビスタ メイショウマンボ はい。 ▼逆に、「牡馬・牝馬混合でも強い牝馬」を考えてみると、 「あと夏の重賞レースでも、牝馬は期待値が上がる印象」 2013年のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSで2秒以上もレコードを更新して優勝したノヴェリスト。引退後は"新車"として社台スタリオンステーションに種牡馬入りし、流行血統やサンデーサイレンスの血を含まないことからかなりの数の繁殖牝馬を集めている。 ▼それと牝馬には「タイプ」があります。つまり、 牝馬クラシックでは、最上級の強さを誇った彼女たちも、牡馬に交じると、花も恥らう乙女。 ですので、牝馬を狙う場合、特に、2000m以上で牝馬を狙う場合は、過去の成績を見て、 というか、特別戦の長距離戦で「牡馬」の単勝だけ、ひたすら購入していると、利益が出てしまう。 近年の過去5年間では、「ジェンティルドンナの有馬記念」以外は、牝馬は勝っていないと思われます。 という感じで、私の場合は馬券を構成しています。 単勝回収率32% (ウェブ上には掲載しません). | きまぐれ競馬予想@20140802 », ここしばらく「ご無沙汰気味だが、いろいろ事情があり記事の更新ができにくくなっている。オッズマスターズも早々にやる気がない状態で過ごしてきたのだが、少し色気のある商品を見つけてしまった。ちょっとだけやる気を出してみようかと思う。, さて本題に入る。少し気になったことがあったのでtargetを使って調べものをしていたらひっかかったことだ。牝馬の長距離というテーマだ。ご存じのとおり牝馬限定戦というのは芝なら2000、ダートなら1800までがその大部分を占める。それを超える限定戦はオークスとエリ女だけだ。なぜなのか、私なりに推測してみた。, まず2500m以上の重賞で牝馬が勝ったことがあるか調べてみた。すると直近がダイワスカーレットの有馬記念で、それ以前は92年の鳴尾記念のタケノベルベットまで遡ることが判った。それ以前はデータのある1986年までに6頭いるにもかかわらずだ。ではこの92年以降で何が起こったかだ。考えられるのは冬場の洋芝のオーバーシード・サンデーサイレンスの隆盛・コース改修による直線の延長といったところだろう。オーバーシードはともかく後の2つが生み出したのは鋭い末脚勝負が増えたことだろう。芝2000以上の距離で上り3F33秒台が初めて出たのは94年の10月だ。この年はそのレースで2頭で見られただけであった。それが翌年には8頭表れ、その次の年には26頭と増えてくる。これはサンデー産駒が増えていったのと時期を同じとする。もちろん初期の馬がサンデー産駒だったというわけではない。だがサンデー系の台頭につれ競馬自体が末脚重視な傾向が出てきたのではなかろうか。特に中長距離に於いてである。サンデー的な競馬を騎手や調教師も意識するようになり速い上がりを求めるようになったのではなかろうか。私が上がり33秒台を強く意識したのは96年のダンスインザダークの菊花賞だ。結果これが引退戦となったのだがこの上がりにびっくりした記憶がある。それから97年には4頭と減少したのだが98年には12頭、99年には15頭、2000年には24頭、01年には43頭、02年には71頭と増え続け昨年は294頭になるに至った。2000m以上で上がりの速いレースが増えてきたのがこれで見て取れる。, さてこれがどうして牝馬の長距離重賞馬が出ないことと関係あるかだ。一般に牝馬はキレるイメージがある。だから末脚勝負になればなるほど優位になるよう感じるかもしれない。だが調べてみると判るが逆なのである。私はサンデーサイレンスが最初の産駒を出した1994年から現在までの2000m以上の距離での牝馬の勝利占有率を全性のレースのみ(つまり牝馬限定は含まない)で集計してみた。その結果を下に示す。, 芝2000以上   1255      8673      14.5%芝2100以上    346      3251      10.6%芝2500以上    122      1257       9.7%, 芝2000以上    151      1504      12.0%芝2100以上     58       597       9.7%芝2500以上      7       114       6.1%, となる。上がりの速いレースになった途端2000m以上のどの距離でも牝馬の占有率が低下することが示されている。とくにその差が大きいのが2500m以上だ。3分の2まで低下する。これが牝馬の特質なのだと思う。ちなみにマイルで同様の検索をすればこうなる。, 芝1600(全レース)      1068      4361      24.5%芝1600(上がり35秒以上)  294      1247      23.5%, 占有率自体が高いことはもちろん上がりの速さがあまり牝馬の占有率を低下させないことがわかるはずだ。ここでひとつの仮説が生じる。牝馬は距離が長くなるとスタミナの消費によって瞬発的な脚を生み出すのに必要なパワーを削がれるのではないかということだ。瞬発的な加速は強い脚力を加えることで生じる。そこに求められるのはパワーである。このパワーは急坂を速く登るときにも求められる。私がよく例に出すのは自転車だ。坂を上ったりいきなり加速するには漕ぎ手のパワーが求められるのと同じだ。ということでこれを検証するために2000m全体の牝馬占有率と急坂がゴール前にある阪神・中山2000に限定した牝馬占有率を比較してみた。, 距離                   牝馬勝利数  該当レース数  牝馬占有率, 芝2000(全レース)           1450      6009      24.1%芝2000(上がり35秒以上)       382      1774      21.5%芝2000(中山・阪神・全)         203      1391      14.6%芝2000(中山・阪神・35秒以上)     20       186      10.7%中山・阪神がいずれの場合よりも占有率が下がることが判る。つまり牝馬は距離が長くなり最後にパワーを要するような条件では牡馬に対して不利であるということだと私は考える。パワーを出すにはスタミナが残っている必要があることは想像に難くない。このスタミナの差が牡馬と牝馬なのではなかろうか。距離が短ければ道中のスタミナの減りも少なくパワーを発揮するためのスタミナを温存できる。だが距離が長くなればスタミナをそれだけ消費し瞬発力勝負や急坂を速く登るパワーを出すだけのスタミナが失われる。さらにサンデーサイレンスの登場や直線の長い競馬場の増加で最後の上がり勝負がこの分野でも増えた。これが牝馬の2500m以上の重賞勝ち馬を出していない理由だと思うのだ。, メールアドレス: 昔のマイルこなせれば中長距離こなせるのが今ということでしかないよ . この理由が、調教技術の進歩なのか、血統の進化なのかはわかりませんが、とりあえず現代競馬は、牝馬でも十分勝負になる時代になりました。 これをチェックすることが、私の場合は多いですね。 「私ブエナは、上記条件以外は、牝馬は期待値が低いと感じるので、あえて狙っていくという事はない」 Copyright (C) 2020 ブエナの競馬ブログ〜馬券で負けないための知識 All Rights Reserved. Stevensで、これは世界的名牝Thongの全兄にあたる。(Thongから派生する一族にはサドラーズウェルズやエルコンドルパサーなど), 父メジロマックイーンは3000mを超えるG1を3勝した最強ステイヤー。ラストランの京都大賞典では2分22秒7のレコードで駆けており、スピードも兼ね備えていた。, G1勝ちはドリームジャーニーとオルフェーヴルを合わせて9勝。これはスカーレットブーケと並ぶJRA最多勝。, ドリームジャーニー、オルフェーヴルの兄弟に加え、同時期に活躍したゴールドシップも父ステイゴールド、母父メジロマックイーンの掛け合わせであったことから、ニックス(相性のいい配合)といわれた。, 1993年生まれ。カーリアン産駒の持ち込み馬で、母アグサンは英国で4戦0勝。Slip Anchor(英ダービー)、ザグレブ(愛ダービー)やSagace(凱旋門賞)などが出ている牝系。, G1でエアグルーヴ相手に逃げ切りを決め、最優秀3歳(現・2歳)牝馬に輝く。有力馬としてクラシックを迎えるも桜花賞は15着と惨敗。次走、果敢にもダービーに挑戦するが13着に終わる(勝ち馬はフサイチコンコルド)。その後は故障もあり、古馬G3を1勝するに留まった。, 生まれ故郷の早田牧場新冠支場で繁殖生活を送るが、2002年に早田牧場が倒産したことからノーザンファームに移る。アドマイヤオーラ以降の産駒はノーザンファーム生産である。, 重賞勝ち馬を6頭も輩出した。それだけで十分賞賛に値するが、種牡馬を選ばず結果を残した点をもっとも評価したい。サンデーサイレンス産駒(アドマイヤジャパン)、アグネスタキオン産駒(アドマイヤオーラ)、スペシャルウィーク産駒(ブエナビスタ)、ディープインパクト産駒(トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴィル)、ゼンノロブロイ産駒(サングレアル)。, 代表産駒はブエナビスタ。デビューから19戦連続の1番人気(海外を除く)、G1連対13回は戦慄。, 母アグサンの半妹サトルチェンジも輸入されている。こちらには年度代表馬マンハッタンカフェがいる。, 1988年、社台ファーム生産。日本にノーザンダンサー系をひろめたノーザンテースト。, 母のスカーレットインクはアメリカで1戦未勝利ながら、社台ファームがYour Hostessにつながる牝系に注目して購入した繁殖牝馬。Your Hostessの兄はYour Hostで、その産駒にはアメリカで5年連続(1960-194)年度代表馬になった伝説的名馬Kelsoがいる。, スカーレットブーケの競争実績は重賞4勝。G1こそ手が届かなかったが、牝馬三冠はいずれも掲示板に乗るなどクラシック戦線を沸かせた。同世代はシスタートウショウ、イソノルーブルなど。, G1を計9勝した代表産駒の2頭は有馬記念で顔を合わせている。引退レースのダイワメジャーが6番人気で3着。3歳下の半妹ダイワスカーレットが5番人気で2着。直線入り口で3歳牝馬ながら果敢に先頭に立つスカーレットを兄メジャーが追いかける展開が懐かしい。, スカーレットインク系は、その繁栄ぶりから別称「スカーレット一族」と呼ばれる。スカーレットインクをさらに遡っていくと、英ダービー馬Secretoやアメリカ二冠馬Real Quietなどの名をみることができる。, 1974年浦河生産。競走成績は地方競馬・笠松で8戦4勝。産駒はすべて地方競馬・笠松でデビューしているという、この繁殖牝馬ランキングの中では異色の存在。, 父であるシルバーシャークは、フランスのムーランド・ロンシャン賞などを勝ったトップホースで1973年に種牡馬として輸入された。供用されていた明和牧場では毎年50頭前後の種付けをしており、一定の人気があったことがうかがえる。, 牝系は天皇賞馬クインナルビーから派生する系統で、1930年に輸入されたシユリリーまでたどることができる。クインナルビー牝系からは桜花賞馬キョウエイマーチもでており、筋の通った血統である。, ホワイトナルビーの産駒は全15頭が地方競馬でデビューし、そのすべてが勝ち上がっている。相手も選ぶことなく13種の種牡馬で結果を残した。その類まれなる繁殖成績から、1996年に地方競馬全国協会(NRA)から特別表彰を受けている。, 代表産駒は稀代のアイドルホース、オグリキャップ。この馬なくして今の日本競馬は語れない。種牡馬として後世に影響を残したわけではないが、競馬人気、認知のあり方を変えた馬。, 6歳下の半妹オグリローマンも中央に移籍し、桜花賞を勝っている。追加登録制度がなくクラシック出走を断念した兄の無念を晴らした。ちなみに兄とは異なり中央移籍後も小栗孝一氏が馬主であり、勝負服のデザインが少し異なる。ピンクの袖がかわいらしい。, 地方競馬ではあるが、ホワイトナルビーの孫にあたる世代も複数の馬が重賞を制している。, 1983年アメリカ産。競争成績はなく繁殖入り。同じニジンスキー産駒の姉がアメリカG2勝利。社台ファームに購入されるまでに3頭の産駒がいる。日本ではリローンチ産駒のラップスターが2戦未勝利の戦績。日本競馬を賑わす存在となるのは、その次の産駒であるエアダブリンからである。, 代表産駒はいずれも「ダンス」と呼称されたが、アメリカで残した産駒は、いずれも馬名の頭に Key がつく(Key Launch – Key Recognition – Key Island)のは興味深い。, いずれもG1を勝ったダンス3兄弟が代表馬。3頭とも父はサンデーサイレンスで、武豊鞍上でクラシックを勝利しているという共通点がある。牝馬のダンスパートナー、ダンスインザムードは産駒も重賞勝ちを収めており、次なるダンスと呼ばれるG1馬の誕生が待たれる。, 少し遠いが、2歳馬ながら欧州年度代表馬に輝いたアラジが近親としての代表馬。牝系をさかのぼるとダービー馬バンブーアトラスの父ジムフレンチの名も。スズカマンボのマンボもおそらくはダンスつながり。, 1993年生まれ。社台が導入した牝馬パクロサイドにガーサント、ノーザンテースト、トニービンと社台ファームが誇る種牡馬が重ねられている。母のダイナカールはオークス馬。, エアグルーヴはオークスで母子制覇を決めるのだが、特筆すべきは天皇賞秋の勝利。中長距離G1では長らく不遇だった牝馬だが、バブルガムフェロ―を交わしたその瞬間、エアグルーヴが扉を開いたといえる。G1はこの2タイトルだけだが、インパクトはそれ以上のものがあった。, 華麗な血統と年度代表馬の実績、さらに産駒成績まで優秀と非の打ちどころがない日本競馬を代表する名牝。, サンデーサイレンスを配合された初仔アドマイヤグルーヴは、牝馬三冠をいずれも1番人気に推されるほど大きな期待を背負った。三冠こそスティルインラブに敗れたが、直後のエリザベス女王杯で雪辱を果たしG1馬となった。, 牡馬の代表はルーラーシップ。国内のG1ではあと一歩届かずのレースが続いたが、香港でG1の称号を手にした。種牡馬としても産駒がクラシックを制するなど成功を収めている。, エアグルーヴ系はすでにひろがりをみせており、孫の代にはダービー馬ドゥラメンテが誕生した。セレクトセールでも一族は高額で落札され、勢いは増すばかり。日本競馬界でもっともホットな牝系のひとつといえる。, エアグルーヴの半姉カーリーエンジェルの産駒からもG1馬が誕生しており、非常に活力のあるファミリーである。遠くない将来、ダイナカールやエアグルーヴのクロスをもつ名馬の誕生も十分あり得る。, 1978年生まれ。中央競馬で24戦1勝の戦績。父は日本で7度のリーディングサイヤーに輝いたヒンドスタン。戦後初の三冠馬シンザンの父のほうが理解が早いでしょうか。, 牝系は小岩井農場の基礎輸入牝馬の一頭アストニシメントにたどり着くファミリー。メジロオーロラの祖母アサマユリは、メジロ牧場の基礎ともいえる牝馬。多くの子孫が活躍した。, 代表馬は2頭のG1馬。両頭とも夏場から頭角を現し菊花賞を制している。しかし、対照的なのはその人気。メジロデュレンは2頭ともに6番人気、10番人気と低評価だったのに対して、メジロマックイーンは全21戦中18回まで1番人気を背負った。, ベガと同世代。クラシックのトライアルレースを走ったが、掲示板に乗ることはできなかった。戦績は7戦3勝。, 母クラフティワイフも優秀な繁殖牝馬で、特にノーザンテーストとの相性が良かった。産駒は12頭が勝ち上がり、JRA勝利は驚異の計55勝。ビッグショウリ(マイラーズC-G2)を筆頭に、ビッグテースト(中山グランドジャンプ)、バトルバニアン(小倉記念2着-G3)、キョウエイフォルテ(シリウスS3着-G3)、クラフティゴールド(小倉3歳S3着-G3)など多くの馬を重賞戦線に送り出した。, 産駒はいずれも晩成傾向にあり、とくに父ミラクルアドマイヤのカンパニーは8歳になってからG1を勝ってみせた。東京に滅法強かったウオッカに連勝しており、フロックの勝利ではない。, 近親に活躍馬多数。甥に天皇賞馬のトーセンジョーダン。姪にあたるアドマイヤキラメキの産駒は、セレクトセールでも注目の的。トーセンスターダムは2億5000万円、ジョンドゥが2億2000万円で取引された。, 1998年生まれ。競争成績は43戦7勝。古馬になってから重賞に顔を出すが、連には絡めず。6歳ではじめてG1エリザベス女王杯に出走し、アドマイヤグルーヴの4着となった。, 父は80年代欧州最強ダンシングブレーヴ。母のエリモシューティングは3戦2勝、忘れな草賞(OP)を勝ったのちに引退している。2着トップコートがオークス5着、エリザベス女王杯3着の成績を残していることから、エリモシューティングにも世代上位の力があったものと推察される。, 重賞を賑わした面々が並ぶが、G1タイトルには縁がない。重賞6勝をあげている代表産駒のクラレントはG1出走が12回に及ぶが、掲示板にのったのはわずかに2回。一族の悲願は孫の代に持ち越しか。, 輸入牝馬Depgleefは、旧えりも牧場の基礎牝馬ともいえる存在。全姉のエリモシックはエリザベス女王杯を勝っている。, なんであの馬は入っていないのかという声を戴きそうなので、基準には満たないが名牝と名高い馬を並べてみます。おまけに、これから産駒の成績次第で条件を満たしそうな馬をメモ用にピックアップ。, ウインドインハーヘアの祖母にあたるハイクレアはエリザベス女王の生産・所有馬にして英オークス馬。ハイクレア系を確立させるほどに子孫が活躍している。, 三冠馬の全兄として種牡馬入りを果たしたブラックタイドだったが、キタサンブラックの活躍により人気種牡馬に。もはやウインドインハーヘアはディープインパクトの母だけでは語れない馬となった。, レディブロンドの仔ラドラーダからはダービー馬レイデオロが誕生。一族は我が世の春を謳歌しており、セレクトセールではディープインパクトの近親を金看板に多くの高額落札馬が誕生している。, イギリスで11戦4勝。2歳のスプリントG1チェヴァリパークSを制した。イギリスの繁殖牝馬セールにおいて約1億2000万円で落札され、ノーザンファームで繁殖入りした。, 産駒では上記2頭以外は目立つ馬はいないが、近親のロジャーバローズがダービーを勝ち牝系の優秀さを示した。産駒に牝馬が多く、孫世代の活躍も期待される。, 6戦5勝。桜花賞はラインクラフトに届かず2着に敗れる。続く距離延長となるオークスでは人気に応え、強い内容で差し切った。その後は長期休養とならず、当時国際招待競走であったアメリカの芝G1アメリカンオークスに出走する。3コーナーから進出を開始し、直線では突き放す一方の完勝だった。アメリカのダービー馬サンデーサイレンスの孫として現地でも話題に。しかし、レース後に故障が判明し引退の運びとなった。, 産駒の活躍は現役時代を凌駕する。すでに3頭がG1馬となり、指折りの名牝といえる存在に。エピファネイアは種牡馬としても成功し、シーザリオの血は加速的にひろがりをみせている。牝馬の産駒も4頭いて、牝系も発展も約束されている。, フランスで8戦1勝。社台グループにより日本に輸入される。2代前母リバークイーンが仏1000ギニー勝ちの血統。, ローザネイ(Rosa Nay)の名前から、産駒や孫たちには薔薇に関する馬名がつけられることが多い。別称は薔薇一族。, イギリスで2戦未勝利。キャットクイルが輸入されたのは1994年、この年は半姉の仔ナリタブライアンがクラシック三冠を達成している。, 初仔のファレノプシスと末仔キズナは15歳違いの姉弟。3番仔サンデーブレイクはアメリカでデビュー。日本産馬として重賞を勝ち、引退後はアメリカで種牡馬となった。代表産駒にNever on Sunday(イスパーン賞-仏)がいる。, 芝2700mのフランスG2勝ちの実績。イギリス生まれのアサクサデンエン(父シングスピール)は〇外登録であった。ホワイトウォーターアフェアは輸入されたことから、2番仔のスマイルサポート(父ホーリング)は持込馬、3番仔のスウィフトカレント(父サンデーサイレンス)からが内国産となっている。, 凱旋門賞馬トニービンの初年度産駒。桜花賞、オークスの二冠を達成したが、牝馬三冠のかかったエリザベス女王杯は後にダートで無類の強さを誇るホクトベガの前に3着に敗れた。, 1頭の死産を除けば、ベガの産駒は表中の5頭のみ。唯一の牝馬で未出走のヒストリックスターは桜花賞馬ハープスターを生んだ。別系統から母アンティックヴァリューの血は継続しているものの、ハープスターには名牝ベガの血をひろく伝える役目を期待したい。, 22戦5勝、勝利は1000万下条件まで。ハルーワスウィートは先天的に尾骨がなく尻尾のない馬として有名だった。なお産駒にはいずれも尻尾がある。, 名牝グロリアスソングの牝系。グロリアスソングは、走っては米G1を4勝、母としてもシングスピール(エクリプスS-英,ジャパンC,ドバイワールドC)やラーイ(産駒にG1を米11勝のセレナーズソングやファンタスティックライト)を生んだ。ヴィルシーナ、ヴィブロス姉妹から、日本で一大牝系に発展する可能性も十分。, 母スキーパラダイスは武豊騎乗で仏G1ムーランドロンシャン賞を勝った欧州の一流マイラー。エアトゥーレも5歳(当時は6歳表記)時に欧州遠征し、フランスG1モーリスドゲスト賞で2着となった。, サンデーサイレンス系種牡馬とばかり配合され、3頭が重賞を勝った。代表産駒の皐月賞馬キャプテントゥーレはアグネスタキオン産駒。これだけの良血にもかかわらず2017年のオルフェーヴル産駒にはナムアミダブツの名がつけられている。, オークス、秋華賞で1番人気に支持されるなど能力の高さは疑いなかったが、オークスでウメノファイバーの2着など勝ちきるまでには至らなかった。その後も重賞を勝てどもG1には届かない。5歳(旧6歳)ではダート戦に挑戦し、フェブラリーSでノボトゥルーの3着、ドバイワールドカップでキャプテンスティーヴの2着と健闘する。ようやく念願叶ったのは帰国初戦のエリザベス女王杯。これまでとは変わって差す競馬での戴冠となった。, トゥザヴィクトリーのファミリーもセレクトセールでは高額馬の常連。アゲヒバリの2019は2億1000万円の値が付いた。, 10戦1勝2着6回。主にフランスで走りG1サンタラリ賞を勝った。ジャパンCにも出走し、テイエムオペラオーの7着。, 産駒の活躍は目覚ましく、10頭すべてが勝ち星をあげ、8頭までもがオープン競走で結果を残している。さらに繁殖の優秀さを示すのが、配合された種牡馬がすべて異なる点である。ただ一族には脚元が悪い産駒が多く、早い時期での引退が多い。, (番外編その1) つまり、牝馬牡馬混合レースで、距離が1,600m以下であればオッズと能力を考察し狙ってみるのもありというのが結論ですね。 しかし、最近では血統の影響なのか、長距離でも活躍する牝馬は増加傾向にあ … 牝馬の長距離というテーマだ。 ご存じのとおり牝馬限定戦というのは芝なら2000、ダートなら1800までがその大部分を占める。 それを超える限定戦はオークスとエリ女だけだ。 以前にも、当ブログで書いたと思いますが、夏競馬の重賞レースだけは、牝馬が鬼強なので、私は牝馬を狙うことが多いです。 「短距離戦」では、牝馬でもそれほど差はないのが分かります。 カーバイン. &nb, 天皇賞(春)の前哨戦として有名な日経賞(GⅡ)。今回は日経賞と天皇賞(春)の関係について考察してみたいと思う。今年も日経賞からのローテーションで天皇賞(春)に挑む馬も多く、過去に好走している馬に日経賞, 5/3(日)はいよいよ天皇賞・春が開催される。今年はダービー馬のキズナや、GⅠ5勝のゴールドシップ、天皇賞春2連覇のフェノーメノといった猛者達が揃っている。名前だけ聞くと豪華な顔ぶれだが舞台は京都の3, 日曜日に開催されたマイラーズカップ(GⅡ)を勝ったのは単勝8番人気のレッドアリオン(川須騎手)でした。これで重賞初勝利となります。