片岡礼子(かたおか れいこ)さんには結婚した夫との心温まるエピソードがあると言われていました。病気療養で活動休止もしていましたが、家族の支えがあって乗り越えられたそうです。今回は片岡礼子さんの夫や子供、演技の評判についても見て行こうと思いま 片岡礼子 出演映画 ベスト10 大病を克服して、その後もコンスタントに活躍している実力派の女優さんです。 1 愛がなんだ本当にダメダメな男女ばかりなのですが、… さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。, 今、活躍されているあの人が実は仮面ライダーだった!!他の歴代仮面ライダーのキャストが気になる方はこちらの記事もご覧ください↓↓, 仮面ライダー朱鬼(しゅき)の俳優さんは片岡礼子(かたおかれいこ)さんです。過去作から数えて3人目(公式)となる、当時としては特に珍しい女性ライダーとして登場しました。, Shuki #kamenriderhibiki #kamenridershuki #kamenrider #hibiki #shuki #仮面ライダー響鬼 #仮面ライダー朱鬼 #仮面ライダー #響鬼 #朱鬼 #maskedriderhibiki #maskedridershuki #maskedrider #hibikikamenriderlord, A post shared by 仮面ライダー / Kamen Rider / 假面騎士 (@kamenriderlord) on Jun 16, 2015 at 12:29am PDT, 上の動画は仮面ライダー朱鬼に変身するシーン。なんだかいつも見ている仮面ライダーとは様子が違うことに気付きましたか?ド派手な演出もポップな音楽もなく、和をイメージした音楽と稲妻を纏って変身する様子はどこか物々しさを感じさせます。, 変身後の姿や朱鬼という名前。”鬼”を強く連想させる本作品は仮面ライダー響鬼という仮面ライダーシリーズの中でも異彩を放つ作品なのです!当時のプロデューサーは仮面ライダー響鬼を平成の仮面ライダーアマゾンだと言っていたのだとか。, ライダーを”鬼”と呼ぶ点も変わった点ですよね。修行によって自らの肉体を変容させ”鬼”となる能力を得た者が”変身音叉”と呼ばれるアイテムを使うことで変身できるので、アイテムだけ持っていても仮面ライダーには変身できません!, #仮面ライダー響鬼 仮面ライダー朱鬼の片岡礼子さん誕生日ですおめでとうです! ✨✨ 朱鬼さんって何歳だったんでょうね? #仮面ライダー朱鬼 #朱鬼 #朱鬼さん #片岡礼子 #女性ライダー #鬼 #ハープ #弦楽器 #斬鬼さん #斬鬼 #師匠, 通りすがりの仮面ライダーファン(戦隊も)さん(@ranger_rider_time9_00)がシェアした投稿 – 2018年12月月19日午前9時28分PST, 片岡さん演じる朱鬼は第36話、第37話に登場してくるライダーで仮面ライダー斬鬼の元師匠です。本名は品川栞(しながわしおり)。達人クラスの呪術を使って見た目を若く保っており、普段は隅沢流華道教室の講師をしています。, 元々は猛士(たけし)という鬼とそのサポーターで成り立つ組織に所属していましたが、弟子の斬鬼もろとも敵を倒そうとしたため破門されたんだとか……なんだか物騒な役柄ですね。, ノツゴとは全長7メートル、体重5.6トンもある大型の魔化魍。サソリのような体にクワガタムシのような大アゴを持ち、糸を吐いて人間を捕食する。体表が硬く装甲響鬼でも苦戦するほど強力な魔化魍です。, ノツゴ他の魔化魍と比べで大きい気がする。大昔「山の神」として伝承されていたんだとか…#仮面ライダー響鬼 pic.twitter.com/n99SV0a0fz, — Nくん @特撮垢 (@Nkunnrider071) April 22, 2018, ノツゴに対する憎しみが強すぎた朱鬼は再び現れたノツゴを倒すため、自分の体ごと攻撃し最後は命を落としてしまいます。, 今週の響鬼泣けた特に斬鬼さんと朱鬼さんのところが#仮面ライダー響鬼 #仮面ライダー斬鬼 #仮面ライダー朱鬼 pic.twitter.com/00Uysnl3ls, — シークレット・トイレット (@izumi_izumiiiii) April 28, 2018, 最後は元弟子の斬鬼に看取られるのですが、「死に顔を誰にも見られたくない」と花を摘んで顔を隠してもらったため素顔は分からないままとなりました。, 仮面ライダー朱鬼は悲劇的な最後を遂げましたが、そもそも歴代の女性ライダーはどうだったのでしょうか?, このように朱鬼含めて過去の女性ライダーは悲劇的な最期だったようです。また、結婚詐欺師、自ら辞職した女性、破門された女性と一癖も二癖もある人物でした。, しかし朱鬼の登場以降、清楚系や明るい女性もライダーとして登場するようになり、現在では20名以上のライダーが登場しています。, #松山シネマルナティックにて!映画#望郷 が本日も18時20分から上映致します。, 今回の松山での舞台挨拶で観に来て下さった皆さんから、たくさんのパワーをいただきました!それを胸に頑張ります!望郷をたくさんの方に観ていただけると嬉しいです!感想も教えていただけると航の母役としても嬉! pic.twitter.com/a9WLHe1nPU, — 片岡礼子 Reiko Kataoka (@jour_r) November 15, 2017, 映画デビュー2年目にして、映画「愛の新世界」で鈴木砂羽(すずきさわ)さんとの競演で日本映画史上初のヘア・ヌードへチャレンジし、その体当たりな演技で強い存在感を示しました。, そして翌年、映画「KAMIKAZE TAXI」でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を、その2年後には同映画祭で助演女優賞を受賞しました。そして、2001年に公開された主演映画「ハッシュ!」ではキネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞とすごい経歴をお持ちの方です!, こちらは片岡さんがヨコハマ映画祭最優秀新人賞を獲得した「KAMIKAZETAXI」の映像です。二十年以上前の作品ですが今でも名作として映画ファンから高い評価を受けています。, そしてこちらがキネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、片岡さんの演技力を世間に認めさせた「ハッシュ!」の映像です。, 「21世紀的、子作り宣言。」という鮮烈なメッセージとともに発表された作品で、ゲイカップルに子供が欲しい独身女性の朝子がそのカップルに精子を要求する所からストーリーは始まります。, 「人生を諦めたくない」と自殺未遂に2回の堕胎を経験した片岡さん演じる朝子がゲイカップルの二人を見て、寂しさに諦めていた自分を省みるシーンは圧巻の演技でした。, キャッチコピーとは裏腹に家族の在り方について考えさせられる映画として、この作品も高い評価を得ています。, 女優の道を駆け上がるかと思われた片岡さんでしたが、主演女優賞を受賞前、片岡さんは脳動静脈奇形による脳出血で入院していて、受賞の知らせを病院のベッドで聞いていたのだとか……。この病気は、非常に危険な病気であり、少しでも治療が遅れていたら命は無かったとも言われています。, 一命をとりとめた片岡さんですが、芸能界での激しいポジション争いと、舞台を降板して迷惑をかけたことに対する自責の念から気持ちが焦り空回りしていたそうで、そんな様子を見かねた旦那さんが一度東京を離れ夫の実家の四国の島に帰るように勧めてくれたそうです。, 四国では半農半業の生活をしていて体を動かしていたのが良いリハビリにもなったそうです。2年ぶりに映画「帰郷」で女優業に復帰しましたが、最初はこの映画のオファーを断ろうと考えていたとのことで、その時の心情を次のように語っています。, (利重剛監督が)島にも会いに来てくださいましたし、私にやって欲しいと言ってくださるその気持ちが本当に嬉しかった、でも自分に自信が持てず、心配ごともたくさんあった。, 思い切って家族に相談してみたんです。そうしたら脚本が素晴らしいので『これは絶対にやるべきだと』。それで最終的にお引き受けさせていただくことになったんです。, もしあのときに利重さんが声をかけてくださらなかったら、そして家族の後押しがなかったら今の自分はいなかったと思います。, そしてその数年後、仮面ライダー響鬼へ出演されました。大病を患ったことがきっかけで弱者の繊細な心の動きも表現できるようになった片岡さんだからこそ、朱鬼の憎しみ、悲しみが観ている人に強烈に伝わるのかもしれません。, そんな片岡礼子さんが出演した仮面ライダー響鬼の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓, 片岡さんは幼い頃からジャッキー・チェンにあこがれて女優業を目指していたそうで、「大学4年間で女優になるチャンスがつかめなければ、愛媛に帰って就職する」という強い思いを抱いて上京。, 20歳で橋口亮輔監督の「二十歳の微熱」という映画への出演をきっかけに見事女優デビューを果たしました。, この映画では何週間にもわたるリハーサルでしごかれながらも、記憶がないくらい無我夢中に頑張ったとのこと。今でも女優を続けられている原動力はこのときの体験で培われたものだとおっしゃっています。, 病をきっかけに家庭と仕事を両立を真剣に考えられており、そのためには「正直×少しの笑い」が重要と考えて日々の生活を過ごしているそうです。, もともと力強い演技が魅力だった彼女ですが、大病を乗り越えた経験と母親としての包容力のある一面から弱者の繊細な心の動きも表現できる役者として活動の場を広げているようです。2019年4月からはドラマ「あなたの番です」で児嶋佳世役として出演しています。, とあるマンション、よくある住民会での話。冗談とも取れる会話の中で、ゲームのつもりで書いた”死んでほしい人の名前”。それが殺人ゲームの始まりとなる……。, 恐ろしいキャッチコピーとイントロダクションのドラマ。片岡さん演じる児嶋佳世は自宅で英会話教室を営む面倒見の良い女性役で、夫(児嶋俊明)がほとんど家に帰ってこないというちょっとワケあり家庭の設定となっています。, まだあまり詳しいことは明らかになっていませんが、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」と同じ”日テレの日曜10:30枠”なので、毎週ハラハラ、ドキドキするに違いありません!, その中で実力派女優片岡礼子がどのような演技を見せるのか……気になった人は今からチェック!!, ここまで片岡礼子さんのことを調べて色々調べてきましたが、様々な経験を役者の糧だと捉える逞しさと母親としての優しさを合わせ持つ方で、これからテレビで拝見する機会が増えそうです!!, 久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓, 実際は親をノツゴという敵に殺されて、そのノツゴを倒すために弟子もろとも……だったみたい, 「仮面ライダー龍騎」に登場。仮面ライダーシリーズで初めて女性が変身した仮面ライダー(公式)です。, 、本物の真司(仮面ライダー龍騎)によって救い出されるもののそのまま力尽きてしまいました。, 自ら辞表を叩き付けるという強気な性格の役柄。仮面ライダーとして受け入れてくれたことをきっかけに, キネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、片岡さんの演技力を世間に認めさせた「, 鮮烈なメッセージとともに発表された作品で、ゲイカップルに子供が欲しい独身女性の朝子がそのカップルに精子を要求する所からストーリーは始まります。, 仮面ライダージオウの動画まとめ一覧!本当にDailymotionやフリドラ大丈夫?安全に無料視聴するには?, 【仮面ライダーストロンガー】第1話から最終話の再放送をフル動画で無料視聴する方法!, 【仮面ライダー(スカイライダー)】第1話から最終話の再放送をフル動画で無料視聴する方法!, 【仮面ライダーBLACKRX】第1話から最終話の再放送をフル動画で無料視聴する方法!, 【仮面ライダーオーズ/OOO】第1話から最終話の再放送をフル動画で無料視聴する方法!, 仮面ライダービルドの動画まとめ一覧!Dailymotionやフリドラより安全に無料視聴するには?, 【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!, 【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】, 【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!. 片岡礼子演じる久子は、佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる女性です。 久子役を演じるにあたり片岡は、現場で迷い、考え過ぎる自分をやめたい日々だったと語っています。 途中から久子の家族や善次郎との未来を信じることだけに集中していたそうです。 デビューのきっかけは? 引用元:interview. 片岡礼子は1971年生まれの女優。映画『ハッシュ!』の出演で有名になった。 片岡礼子は映画『武曲 MUKOKU』に出演。同作で綾野剛、前田敦子と共演。 片岡礼子は2002年に脳内出血に襲われ、その後、夫の故郷の四国の島で 上野樹里(うえのじゅり)は、日本で活動する役者。兵庫県出身の1986年5月25日生まれ。アミューズ所属。 200... 中村倫也(なかむらともや)は、日本で活動する役者。東京都出身の1986年12月24日生まれ。トップコート所属。 ... 飯豊まりえ(いいとよまりえ)は、日本で活動するモデル・女優。千葉県出身の1998年1月5日生まれ。エイベックス・マ... 綾野剛(あやのごう)は、日本で活動する役者。岐阜県出身の1982年1月26日生まれ。トライストーン・エンタテイメン... 新妻聖子は愛知県稲沢市祖父江町出身の歌手・女優である。 倍率5000倍のオーディションを勝ち抜きミュージカル『レ... 山口智子(やまぐちともこ)は、日本で活動する役者。栃木県栃木市出身の1964年10月20日生まれ。研音所属。 大... 風間俊介(かざましゅんすけ)は日本で活動する俳優、タレント。1983年6月17日生まれ。東京都墨田区出身。ジャニー... 小野賢章(おのけんしょう)は、日本で活動する声優・役者。福岡県出身の1989年10月5日生まれ。アニモプロデュース... 多部未華子(たべみかこ)は、日本で活動する女優。東京都出身。 2002年に女優デビューし、2005年には「第48... 玉木宏(たまきひろし)は、日本で活動する役者・歌手。愛知県名古屋市出身の1980年1月14日生まれ。アオイコーポレ... 山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)は、日本のミュージカル役者・歌手。東京都出身の1986年1月18日生まれ。研音所... 古川琴音(ふるかわことね)は、日本で活動する役者。神奈川県出身の1996年10月25日生まれ。ユマニテ所属。 中... 西島隆弘と重本ことりの関係は?重本ことりが自分の恋愛事情をテレビで暴露して炎上。AAAメンバー... ダウンタウン・浜田雅功の幼少期から学生時代をまとめてご紹介。父親が連帯保証人になり一気に貧乏に... 松本人志と浜田雅功のお笑いコンビ「ダウンタウン」のコンビ愛エピソードをまとめてご紹介!お互いを... 『女優・片岡礼子が語る舞台『サナギネ』の魅力と復帰までの壮絶な半生。(2)ライフスタイル(カルチャー・旅行・インテリア)』(VOGUE JAPAN), 『NEWS 片岡礼子 オフィシャルサイト』(REIKO KATAOKA OFFICIAL WEBSITE), 『森下能幸、風間トオル…「深夜食堂 -Tokyo Stories-」胸アツのゲストを一挙紹介!』(シネマトゥデイ). そんな片岡礼子さんが出演した仮面ライダー響鬼の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓ 仮面ライダー響鬼を1話から全話をまとめて無料で視聴する. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 片岡礼子さんの脳出血のあとに夫の実家のある四国の島へ家族で引掛したりするところから、家族愛、夫婦愛をひしひしと感じます。夫や子供のことは公表していないけれど、それだけプライベートを大切にしているということですよね。 All Rights Reserved. 「片岡礼子」の記事一覧です。芸能人アイドルグラビア女優ヌード画像お宝セクシー動画を掲載TV番組での女優やアイドルのちょっとエッチな番組動画や映画・ドラマでのお宝ヌード濡れ場ベッドシーン動画など掲載。 本当にダメダメな男女ばかりなのですが、そのダメさがほっとけなくて、なんとか応援したくなっちゃいました。特に岸井ゆきの演じる主人公は、男にとっては都合のいい女で、それに気づきながらも、好きさのあまりに自分の中で納得させてずるずると振り回され続けるのですが、それがいじらしいのです。そのいじらしさは、岸井ゆきのの演技によるところが大きいのでしょうが、だめだめであるほど彼女が可愛らしく見えてしまうのです。その好きな相手に振り回される構図が、この作品では他にもあって、計3組の男女が似たような状況にあるから、まあ結局人のことは客観的に見えても、自分のこととなると、みんなダメになってしまうのでしょうね。江口のりこ演じるたばこプカプカの、観ていていかにも痛そうな女性に振り回されるマモルくんを観ていると、特にそう思いました。そんなだめだめ恋愛にはまってしまう彼女たちですが、そこが人間らしくて、この映画を好きになりました。岸井ゆきの演じる上司を片岡礼子が演じています。, とにかく終始息苦しさを感じる作品で、このあたりはいかにも瀬々監督。解明されない少女失踪事件に関わる人々のその後の人生、だれをも幸せにすることのない事件はそれだけにとどまらず、関わった人々の生活にも影を落とし、時間がいくら経過してもそれは消えることなく、それぞれの人にのしかかってくるのです。一方で異質なものを排除しようとする昔ながらの凝り固まったコミュニティでは、個人での行動や新しく変えようとする意見は徹底的に叩き潰しにくるため、ちょっとしたことで独り孤立してしまいます。周囲の目が常に光る小さい限定されたコミュニティに戻ってきた男が、その孤立から起こした惨劇。冒頭の事件も明確な真実が明かされるわけでもなく、終盤の連続殺傷もその描写を最低限に抑え、犯行がどのような経緯で行われたかを明確には見せません。ただただ重く人々の心にのしかかり、なかなか人生を前へ進めることができない人々の胸の中の葛藤だけが伝わってくるのです。周りの人々の誰もが自分を知っているような濃密で狭い社会では、よいこともちろん沢山あるのでしょうが、この映画ではその生きにくさのようなものがよりクローズアップされ、重たい気持ちになるばかりでした。そんな地元を抜け出したくて東京へ出ていく若い女性を演じた杉咲花が好演。出戻りの子持ち女性の役で片岡礼子は出演。, 木村多江の表情が素晴らしいこの作品、1組の夫婦の10年を描いた家族ドラマです。子供ができて結婚を決め、その子供を失ったことから徐々に妻の心理状態が崩れ始め、そしてまた希望が差し込むまでの夫婦の物語。その時々で木村演じる妻の心理状態の浮き沈みが大きいわけですが、その場面場面でまったく別人のような表情を見せる木村の様子だけで、すべてを物語っているようです。とにかく前半、中盤、終盤とまるで別人を演じているような雰囲気なのです。一方彼女を支える夫の役がリリー・フランキーというわけなのですが、これがまた対照的で、いつでもどんな場面でも飄々とした変わらないペースなのです。妻がどんな心理状態でいようと、そのまま受け入れる姿勢は終始一貫して、客観的に見ればすごく懐の深い夫といえるのでしょう。しかしその夫の終始一貫として変わらない態度は、妻の方の心理状態によって、とても頼りなく見えたり、或いは自ら気持ちをぶつけてこないことに対し冷たく感じたり、とっても暖かくて優しい思いやりに感じたり。とにかく変わり続ける妻の心理状態に対し、まったく変わらない夫の対応、それこそがこの映画で描かれている夫婦関係のポイントといえるかもしれません。園児殺人事件の被告として片岡礼子は出演。, 過去に起こした自分の罪とどう向き合って、その後の人生を生きていくのか。あるいは身内が起こした罪をどこまで背負っていくべきなのか。そんなテーマのもと、かつて児童殺人を犯したあと名前を変えて更生の道を探る元殺人犯、いじめにあう友人を見捨てて自殺させてしまった元記者、東京に出てきたものの思うようにいかず流されるままにAV出演をしてしまった少女、息子が交通事故で幼い命を奪ったことで一家離散してしまったタクシー運転手。それぞれが罪を抱え、そしてこれからどう生きていくかを探りながらの群像劇は、非常に重たくのしかかってくるものがあります。そしてそれぞれが自分なりの答えを見つけ、あるいは見つけられず、この作品は多くの問いかけを残したまま、終わっていくのでした。片岡さんは村上淳と夫婦を演じています。, 単なるいじめの映画かと思いきや、強烈な殺し合いに物事は発展していきます。田舎の中学校が舞台とは思えないほどの強烈な展開に、戦慄が走るといっても言い過ぎではないほど。可愛らしい女子中学生が残酷な殺し方で同級生を殺していく。雪景色の中に飛び散る赤い血。しかも味方だと思っていた男子生徒がとんでもない裏を抱えてたり、逆に最も対立している相手と思った金髪の女子生徒が、実はかつての親友だったということが判明したりと、展開の構図も激しく変化。意外な結末を迎え、とにかく驚きの連続でした。片岡礼子は主人公の中学生の母親役を務めています。, 片岡礼子の好演が光ります。また田辺誠一もそれまでとは違う魅力を見せるなど、俳優陣の奮闘で興味ある作品になっていました。しかしながらどことなく完結していないような、すっきりしないような感覚が残るのもまた事実で、人間関係の「なぜ」という部分が、もうひとつピンときません。どうして彼等ではないといけないのか、朝子と若者はどうなったか、勝裕と同僚のナガタさんとはどうなったか、朝子の父親は、などなど結末を見せていないエピソードがいくつかあって、その行方も気になったまま終わってしまっていることが原因なのですが…。でも当時としてはやはり斬新な作品であることには違いないでしょう。, 夏帆もお母さんの役を演じるようになったんだねと、どこか感慨深い思いを持ちながら観ていましたが、作品自体はそんなのんびりしたものではなく、かなり濃密な不倫ドラマです。生活には何一つ困らない裕福な家庭に嫁ぎながらも、心が満たされない様子を冒頭で見せておいて、いきなり不倫中のふたりの様子に切り替わっていきます。夫やその親に対しては、心の内を言葉にせずに従う日々に対する限界と、命がそう長くはないであろう愛する思いが、同じペースで高まっていった結果が、強い意志を持って一人娘と別れるこの結末に至ったのでしょう。出張先の大雪の際に無茶を言う夫に対しする彼女の口調の変化が、意志の変化を表しているようでもあります。確かに妻の気持ちを読み取れない夫ではあったのですが、実は妻の異変に気付いていてもそれを口に出せない気の弱さも持ち合わせていたのには驚きましたが、やはりそれ以上に、泣いてすがる娘より、骨になっても愛する相手を選んだことはかなりの衝撃でした。, その病院の患者たちはみんな重いものを抱えながら、それでも生きている。そんな傷を抱えたもの同士が、時にいたわり合い、時にぶつかり合い、時に傷をなめあいながらも、寄り添って暮らしているのです。帰る場所がある者、帰りたい場所があっても帰れない者、自らの意思で身を寄せている者、それぞれ背景は違いますし、症状も違いますが、それまでに何があったのか、家族や親せきはどう彼らに接していたのか、そんな隠された部分を想像すると、重い気分にもなります。そしてそこで起きた犯罪…いったい何が正義で何が罪なのか、考えさせられる部分も多い作品になっています。それでも退院して働くようになったり、ひどい目にあっても自立して生活できるよう前に進む姿に、希望のようなものは見える気もします。そしてラストシーン。結局、人間に生きる力を与えるものは、周りの人たちの支えであり、優しさなんだでしょう、そんなことを思いながら作品は終わっていきました。小松菜奈演じる患者の母親を片岡礼子が演じています。, 橋口監督らしいテーマと長回しをたびたび使った会話シーンの組み合わせで、なんでもない会話のやりとりの塊の中にここぞというセリフを紛らせて繋いでいくスタイルを創り上げています。男とか女とかそういう区別を越えた次元での不思議な感覚での好きな気持ちが交錯し、実に繊細で気持ちの汲みとりの難しい関係性が築かれていました。男性と寝ながら先輩の女性にもどこかで惹かれていく大学生の主人公、その彼に憧れる気持ちがありながらも自ら踏み込むことにためらう高校生の少年、そんな彼の思いを知りながらも好きで居続ける幼なじみの女子高生、そして主人公を訪ねたり招き入れたりと気になりながらも恋愛とは違う感情であることを自覚している先輩女子。結局は何一つすっきりとした形で決着することはないのですが、それがまたこの作品足らしめているようでもあり、とにかくこんな感情もあるのだということを思い知らされる作品でした。片岡礼子は主人公に想いを寄せる大学の先輩役。, 地味なタイトルで地味な題材ですが、なかなか深く一筋縄ではいかない物語。男の気持ちは単純で分かりやすい。かつて愛し、一度だけ関係した女性(片岡礼子)に再会し思いが戻ります。その娘が自分の子供でないかと思い出し、父親になる決心までするのですが、最後は透かされてしまいます。一方女の気持ちがまったく分かりません。自分が男だからだけでしょうか。思わせぶりに自宅へ呼んだり、娘があたかも男の子供であるかのように話しながら、自分は姿を晦まし、そして男が決心した途端に、何事もなかったような顔で父親であることを否定するのです。ある意味性悪女にも見えるし、別の見方をすれば素直になれず自分だけで問題を抱え込む真面目な女にも見えます。そして映画では結局最後まで答えを明かさないのでした。, 本当にダメダメな男女ばかりなのですが、そのダメさがほっとけなくて、なんとか応援したくなっちゃいました。特に岸井ゆきの演じる主人公は、男にとっては都合のいい女で、それに気づきながらも、好きさのあまりに自分の中で納得させてずるずると振り回され続けるのですが、それがいじらしいのです。そのいじらしさは、岸井ゆきのの演技によるところが大きいのでしょうが、だめだめであるほど彼女が可愛らしく見えてしまうのです。その好きな相手に振り回される構図が、この作品では他にもあって、計, 過去に起こした自分の罪とどう向き合って、その後の人生を生きていくのか。あるいは身内が起こした罪をどこまで背負っていくべきなのか。そんなテーマのもと、かつて児童殺人を犯したあと名前を変えて更生の道を探る元殺人犯、いじめにあう友人を見捨てて自殺させてしまった元記者、東京に出てきたものの思うようにいかず流されるままに, 地味なタイトルで地味な題材ですが、なかなか深く一筋縄ではいかない物語。男の気持ちは単純で分かりやすい。かつて愛し、一度だけ関係した女性. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 片岡礼子(かたおかれいこ)は日本で活動する女優。1971年12月20日生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身である。最終学歴は明星大学理工学部土木工学科。カクト エンタテインメントに所属する。A型である。, https://twitter.com/MUKOKU_movie/status/857109083735953409/photo/1, 片岡礼子は2017年6月3日公開の映画『武曲 MUKOKU』に羽田希美役で出演。[出典1], 同作は藤沢周の手がけた小説を綾野剛主演で映画化した作品だ。現代の鎌倉を舞台に、綾野剛が自堕落な剣士を演じた。[出典1], https://twitter.com/MUKOKU_movie/status/853175846806339584, 同作では剣の才能がある高校生・羽田融役として村上虹郎が、綾野剛の恋人役として前田敦子が出演。[出典1], https://twitter.com/MUKOKU_movie/status/855678884523552768, 片岡礼子は1971年12月20日生まれの女優。愛媛県出身。橋口亮輔が監督を務めた映画『ハッシュ!』で知名度を上げた。[出典2], 片岡礼子は脳内出血について、育児や家事に加えて睡眠時間を減らして仕事を行い、慢性的な睡眠不足になっていたことを明かし、, 舞台が決まって『よしやるぞ!』と意気込んでいたら、その翌日に倒れたんです。[出典3], 片岡礼子は退院後、夫の実家のある四国の島で過ごし、そこで“半農半業”の生活を送ったという。[出典3], 片岡礼子は、Netflixオリジナルドラマ『深夜食堂』の第1話に出演した。[出典4], @ marco_pagot18がシェアした投稿 - 3月 30, 2018 at 4:53午後 PDT, 片岡礼子は同作で昔戦隊モノ番組にも出演したタクシードライバーを演じ、ラジオ局のアナウンサーを演じた近藤公園と共演した。[出典5], 隣のホワイトステージで、グループ魂始まった! そう言えば、この間、大人計画の近藤公園君が、店に来てフジロックのメニュー・汁なし坦々麺の試食をしてくれました!美味しい!頂きました! 大人計画の先輩!公園くんお墨付きでっす! ライブ後食べに来て欲しいーーー! #fujirock #フジロック #フジロック17 #フジロック2017 #frf2017 #frf2017 #fujirockfestival #フジロックフェスティバル #大人計画 #近藤公園 #fujirockers#naeba #苗場 #fujirock2017 #fuji #フジごはん, nano食堂さん(@nano_syokudo)がシェアした投稿 - 7月 27, 2017 at 7:37午後 PDT, 片岡礼子はテレビドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)の第8話に出演した。[出典4], 同作はアドラー心理学を平易に説明したベストセラーを意外にも刑事ドラマという形で映像化した作品だ。[出典6], https://twitter.com/cinematoday/status/826386051136499712, 片岡礼子はテレビドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)の第5話に出演した。[出典4], https://twitter.com/franken_koi/status/857805914325123072, 1993年第6回PFFスカラシップ作品『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。『愛の新世界』で鈴木砂羽と共演し、注目を集める。その後も、力強い演技を売りに個性派女優として映画を中心に活動。現在は3児の母でもあり、母親として包容力のある一面や、大病を乗り越えた経験から弱者の繊細な心の動きも表現出来る役者として活躍の場を広げている。, タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。生い立ちや芸能活動情報から、SNSでの発言や私生活の様子まで、タレントの情報をどこよりも詳しくお届けします。詳しくはこちらから, 片岡礼子の最新情報を見るためにタレント辞書の公式ツイッターをフォローしてチェックしよう!, タレント辞書は有名人のさまざまな情報をどこよりも「事実(ファクト)」にこだわってまとめたタレント情報サイトです。. 片岡礼子(かたおか れいこ)さんには結婚した夫との心温まるエピソードがあると言われていました。, 高校卒業後は東京の明星大学理工学部へ進み、在学中に女子大生モデルとして「週刊朝日」の表紙を飾っていました。, 大学卒業後の1993年に映画「二十才の微熱」で芸能界デビューしますが、意外な事にデビューから4年後の1997年に結婚されていました。, 気になるお相手ですが、一般男性であった事から名前どころか顔写真も公開されていませんでした。, 夫の出身地が四国らしいので、もしかすると片岡礼子さんと同じ愛媛県出身で昔からの知り合いの可能性もありますよね!, 片岡礼子さんは2002年1月5日の舞台の稽古中に「脳動静脈奇形による脳出血」を発症して救急搬送されました。, 退院後から2年程度を夫の実家で療養したと言われており、農業をするなど都会のストレスから解放された事も良い結果となったそうです。, 退院した後は、舞台も降板して迷惑かけたことに対する自責の念に駆られましたし、声をかけてくださるみなさんの心配に打ち勝てるだけの自信が、体力的にも気力的にもなかったんでしょうね。「頑張らなくちゃ、頑張らなくちゃ、早くもとに戻りたい」と焦る私の姿を見た夫が、「完全に空回りしているな」と感じたそうで、このままではダメだと、一度東京を離れて家族で夫の実家の四国の島に帰ることにしたんです, ちなみに草抜きなどの農作業はリハビリに良いらしく、食事だけでなく生活全体がリハビリに繋がった珍しいケースでした。, その後、2004年に公開された映画「帰郷」で女優として復帰し、症状も現在のところ安定しているそうです。, この映画では今までの活発なキャラとは違い、大人しい感じの役柄で新境地を拓いたと評判になっていました。, 片岡礼子さんには3人のお子さんがいるとインタビューや公式サイトに掲載されていました。, 片岡礼子さんは1995年にヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を、2001年公開の映画「ハッシュ!」でキネマ旬報賞とブルーリボン賞で主演女優賞を獲得していました。, 2012年頃から本格的に女優活動を再開させ、有名ドラマ「相棒」や映画などに多く出演されていました。, iPhoneのCM(2017年)でいちごケーキを撮影している女性役で注目を集めていました!, 商品や片岡礼子さんだけでなく、一緒に登場している人形とのやりとりも話題になっていました。, CMの映像は残っていませんでしたが、SNSに載せている方がいましたので紹介させていただきます。, 橋口亮輔監督の初期作品に出演されてから、ずっと、その存在感、佇まいが大好きな、片岡礼子さんがCMに出ておられ、なんだか、ドキッとする。, 片岡礼子さん、また、良い作品を作ってくださいね。期待。期待。期待。#片岡礼子 pic.twitter.com/cPw9nS1Nuy, — OMI_ 臣 _JIN (@hideomi_ishida) 2017年9月3日, 今後はますます円熟味を増し、大人の女性としての演技を見せてくれる事を期待しています!, 雛形あきこ、元彼が大物芸人と告白。村上信五と似てる?加藤浩次&岡村隆史との関係とは, 平田裕香の現在!女優に転向&結婚した?ゲキレンジャーや仮面ライダーに出演&声優としても活動!, 女優・片岡礼子が語る舞台『サナギネ』の魅力と復帰までの壮絶な半生。 | VOGUE JAPAN. 片岡礼子 出演映画 ベスト 10 大病を克服して、その後もコンスタントに活躍している 実力派の女優さんです。 1 愛がなんだ 本当にダメダメな男女ばかりなのですが、そのダメさがほっとけなくて、なんとか応援したくなっちゃいました。 ヒロインの母・片岡礼子に注目 ここで、ヒロインの母を演じているのが片岡礼子。ハネっ返りの娘に手を焼きながらも明るく接する。自分も米兵を恋人にしたり、若いころからそれなりに奔放な人生を送って来たと察せられる。こういう含みのある役 片岡 礼子(かたおか れいこ、1971年12月20日 - )は、愛媛県伊予郡松前町出身の女優。身長は160cm。血液型はA型。カクト エンタテインメント所属。 片岡 礼子(かたおか れいこ、1971年12月20日 - )は、愛媛県伊予郡松前町出身の女優。身長は160cm。血液型はA型。カクト エンタテインメント所属。, 愛媛県立伊予高等学校を経て明星大学理工学部土木工学科[1]卒業。大学在学中の1991年に民社党4代目のキャンペーン・キャラクターに選ばれる。また、女子大生モデルとして『週刊朝日』の表紙(撮影:篠山紀信)を飾った。, 1994年、高橋伴明監督の『愛の新世界』で鈴木砂羽と競演し、体当たりの演技で注目を集める。, 1995年、『KAMIKAZE TAXI』の演技が認められ、第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。, 1997年の『鬼火』の演技でも高い評価を受け、第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。, 2001年の『ハッシュ!』では、キネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。, 1996年頃よりラジオドラマにも積極的に出演、1999年のFMシアター『スモーキング・タイム〜煙の行方』は、第37回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞。後に映画化される『ヴァイブレータ』、オーディオドラマ奨励賞を受賞した『月の記憶』など話題になった作品も多い。, 2002年1月5日、舞台での稽古中に「脳動静脈奇形による血管出血(脳出血)」で倒れ、一時生死をさまよっていたが、脳の出血部分にできたかさぶたを除去する手術を行い奇跡的に回復した。キネマ旬報の主演女優賞の受賞の知らせもベッドの上で聞いたという。その後、自宅で治療しながら通院するなど懸命にリハビリに励み、『帰郷』で2年ぶりに女優業に復帰した。インタビューでは、「この映画を復帰作に選んだというより、映画に選んでもらったという感じ。現場に入るのがすごく不安だったんですが、スタッフや家族が温かく応援してくれて何とかやれました。これまでの私には、アクションでドンパチやったり、周囲を引っかき回したりする片岡さんというイメージがあったと思うんだけど、こういう繊細な役で声をかけてくれた萩生田監督に感謝してます。以前は肩に力が入りすぎていた。映画に追いつけ追い越せっていう感じで。今は少しゆったり構えられるようになったと思う。」 と答えた[2]。, 2003年、片岡礼子 公式ホームページ開設。2006年1月よりブログもスタートした。, 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=片岡礼子&oldid=79376662. ©Copyright 2020 Carat Woman. 映画『楽園』で久子役を演じる片岡礼子は1971年12月20日生まれの女優。 愛媛県出身。 カクトエンタテインメント所属。 片岡礼子さんは、ドラマ「相棒」でセリフが棒読みだったとネットの意見もありました。1997年に結婚され、お子さんが3人います。2002年に脳出血で倒れ、一時は生死をさまようほどでしたが、現在では映画やドラマで活躍しています。そんな片岡さんについまとめてみました。, 女優の片岡さんは、1995年に「KAMIKAZE TAXI」で、第17回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されています。, また、2001年映画「ハッシュ!」では、主演を務め、キネマ旬報賞主演女優賞やブルーリボン賞主演女優賞を受賞するなど、その演技力で多くの賞を受賞しています。, 片岡礼子さんは、1971年12月20日生まれ、愛媛県伊予郡松前町出身の女優です。現在「カクト エンタテインメント」に所属しています。, 片岡さんは、明星大学理工学部土木工学科を卒業しています。大学在学中の1991年に民主党4代目のキャンペーン・キャラクターに選ばれ、1993年に橋口監督の「二十才の微熱」で映画デビューしています。, 1994年には、高橋伴明監督の「愛の新世界」で鈴木砂羽さんと共演し、体当たりの演技をしたことで注目されるようになりました。, 片岡礼子さんは、俳優のジャッキー・チェンさんに憧れて幼い頃から、将来は女優になると決めていたそうです。, 「あなたの番です」は、2019年4月14日から放送されているテレビドラマで、マンションに引っ越してきた新婚の夫婦が、そこの住人達の交換殺人ゲームに振り回されるというミステリーです。, 企画と原案は秋元康さんで、原田知世さんと田中圭さんが主演を務め、片岡礼子さんは、102号室の住人小嶋佳世役を演じています。, 小嶋佳世は、子供向けの英会話教室を自宅で営んでいますが、夫との関係は冷え切っていてマンションの子供を見つけては、自分の部屋に連れ込もうとするといった異常な行動をしています。, ドラマスペシャル「疑惑」は、2019年2月3日に放送されたテレビドラマで、2018年8月4日に亡くなられた津川雅彦さんの遺作でもあります。, 「黒革の手帳」をはじめ、数々の松本清張作品で悪女を演じてきた米倉涼子さんが今回は、悪女に手を差し伸べる弁護士役を演じています。, 片岡礼子さんはクラブのママ役で出演し、他の出演者に黒木華さん、余貴美子さん、板尾創路さん、長谷川朝晴さん、YOUさんらがいます。, 愛媛毎日テレビのドラマ「オカンは俺より野球が好き」は、2019年2月18日に放送されたドラマで、2017年に愛媛朝日テレビが、永野朝日放送と共同でドラマ「りんごとミカン」を制作し好評になりました。, そのことで、今回同作を同局で単独のドラマ制作をしました。野球好きの母親・真由美と野球部に所属する息子の翔太の親子の物語で、片岡礼子さんは村上花役を演じています。, ドラマ「のの湯」は、久住昌之さんの漫画「日々のの湯」を原作としたドラマで、2019年4月14日から放送されています。主演を奈緒さんが務め、湯毛凛子役を片岡礼子さんが演じています。, このドラマは、銭湯が好きな浅草の人力車の車夫である鮫島を中心とする3人の女性が様々な人と出会って、銭湯を堪能するという物語です。, 片岡礼子さんは、ツイッターとインスタグラムをやっていて、最新情報をチェックすることができます。, 自身が出演しているドラマドラマ「あなたの番です」やドラマ「のの湯」の紹介など、主に仕事に関する記事を動画などで配信されています。, 片岡礼子さんは、1997年に結婚されていますが、夫は芸能人なのか一般の方なのかを調べてみました。また、子供さんが3人いるようですが性別などについても紹介します。, プライベートでの片岡礼子さんは、1997年に結婚されています。気になる旦那さんのことですが、情報公開はされていないようでが一般の方のようです。子供さんに関してですが、子供は3人いるようです。, 片岡礼子さんの長男は、1998年にお産婆さんの自宅でなんと水中出産されたそうです。水中出産は通常の出産よりも痛みが少ないといわれますが、水中出産を選択する人はまだ少ないようです。, 片岡礼子さんは、1998年に長男を水中出産していますが、その後の2人のお子さんに関してはどんな出産だったのか、性別も公開されておらず、明らかになっていません。, 片岡礼子さんの子供さんたちの画像も、公開されていないようです。片岡礼子さんはインスタもやられていますが、子供さんの画像などプライベートの画像はアップされていないようです。, 片岡さんは、子供を出産してから2年ほど経った時に、睡眠時間を削って自分の仕事をしていたそうです。, 昼間は母親として子供の世話や家事をやり、夜は本を読んだりしていたため、慢性的な睡眠不足になり頭痛に悩まされていたそうです。, 片岡礼子さんは2002年1月5日、舞台の稽古先で倒れた時に、その様子を見たスタッフが病院につれて行ったそうです。病院で検査を受けると、脳出血を起こしていました。, 病名は、「脳動静脈奇形による血管出血」で、一時は生死をさまよっていたそうですが、脳の出血部分のかさぶたを取り除く手術によって奇跡的に回復されています。, 片岡礼子さんは、キネマ旬報の主演女優賞の受賞の知らせも、ベッドの上で聞いたそうです。, 片岡礼子さんは、入院先から退院後は片岡さんの身体の事を考えて、夫の実家がある四国の島で過ごしたといいます。, 片岡礼子さんは、その後自宅で治療を続けながら、通院してリハビリに励みついに映画「帰郷」で女優復帰を果たしました。, この映画「帰郷」について、片岡礼子さんは「この映画を復帰作として選んだというより、映画に選んでもらったという感じだ」と語っています。, 片岡礼子さんは、「相棒」で出演したとき、セリフが棒読みだったことで、大根役者ではないかとネット上で悪い評判がありました。, テレビドラマ「相棒」Season13の第3話「許されざる者」で、片岡礼子さんは、女性弁護士・永井多恵役を演じています。, ネット上での片岡礼子さんの演技について、表情は素晴らしかったけどセリフが全体的に棒読みだったという意見もありました。, iPhoneのCMに出演している、ショートケーキを撮影している女性は誰だ?と話題になっていましたが、その女性が片岡礼子さんでした。, このCMはどうやら賛否両論あって、好きな人とそうでない人がいるようですが、人形が本人に似てなくてちょっと変だという意見から、片岡礼子さんの演技が下手だという噂になってしまったようです。, 片岡礼子さんは、明星大学在学中に民社党のキャンペーン・キャラクターに選ばれています。また、女子大生モデルとして「週刊朝日」の表紙にもなりました。, 片岡礼子さんは、1993年に映画「二十歳の微熱」で、映画デビューしています。映画「二十歳の微熱」は、橋口亮輔監督の映画で、片岡さんは鈴木頼子役を演じています。, 1995年には、「KAMIKAZE TAXI」に出演し、その演技力が評価され、第17回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されています。, 片岡礼子さんは、第17回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されたあと、2001年映画「ハッシュ!」で主演を務め、キネマ旬報賞主演女優賞とブルーリボン賞主演女優賞を受賞するなど、多くの賞を手にしています。, そんな片岡礼子さんは、2002年に脳動静脈奇形による血管出血で倒れ、一時は生死を彷徨う状況にもなりました。, 片岡礼子さんは、病気で入院されていましたが、退院後も自宅で治療しながら通院するなど懸命にリハビリに励み、現在は女優に復帰されています。, ドラマ「京都一条戻り橋殺人事件」は、1996年7月12日に放送されたテレビドラマで、原作は山村美紗さんです。, 出演者には他に、斉藤慶子さん、美木良介さん、中谷昇さん、秋本奈緒美さん、早乙女愛さん、山村紅葉さんらがいます。. 片岡礼子さんは、ドラマ「相棒」でセリフが棒読みだったとネットの意見もありました。1997年に結婚され、お子さんが3人います。2002年に脳出血で倒れ、一時は生死をさまようほどでしたが、現在では映画やドラマで活躍しています。そんな