返信 リツイート いいね 2018.03.18 07:31:44. 火災が発生している、川崎市高津区溝口4丁目の場所はこちらです。 東急田園都市線の高津駅付近で火災が発生しています. 宮城県の火災・火事に関する治安情報をまとめたページです。火災・火事・放火に多い体格・風貌・服装などの特徴、最新の事件一覧などが確認できます。また、地図・マップでの表示に切り替えることも … 【火事】神奈川県川崎市 高津区溝口で火事発生!「高津警察署のあたりか」 2020/8/31 神奈川県川崎市 高津区溝口で火事が起きたとの情報がありました。それに関するツイッター上のユーザから複数の情報、感想、画像などをまとめました。

返信 リツイート いいね 2018.03.18 03:53:17. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 遠くからでよく分からないけどサイレン鳴ってるあたり溝の口で火事っぽい . ご近所の方、火事のお家の方、安否が心配です 川崎市高津区にある「溝口」は「みぞのくち」と読む。ここには、東急田園都市線の「溝の口駅」と、JR南武線の「武蔵溝ノ口駅」があって、「の」「ノ」と、表記が違っている。なかなかややこしい。 そして、このややこしい「みぞのくち」には、異彩を放つディープスポットがいくつもある。特に昭和のムードを色濃く残す「溝の口駅西口商店街」は独特の雰囲気でファンも多い。 そこで、今回は溝の口駅西口商店街と、街で見かけた「みぞのくち」表記の混乱ぶりをご紹介。 ディープな溝の口駅西口商店街へ, いきなり「みぞのくち」の表記がややこしいことになっているが、表記問題は後回しにして、商店街でお話を伺うことに。 まず、キニナルにあった「パンやお菓子まで販売しているクリーニング屋さん」だが、現在は場所が変わっていた。, 見回してみると、少し東に「クリーニング」の看板があった。以前はキオスクくらいの大きさの店舗前面にパンやお菓子が所狭しと並び、奥にクリーニング済でビニールがかけられた衣類がズラリと下がっているというカオスでディープな店構えだったが、今はポップな黄色で真新しく広い建物になっていた。, 看板代わりに巨大な昔のアイロンオブジェが飾られている。「お店の名前がどこにもないですね」と伺うと、「駅前のクリーニング屋でわかるから。お店の名前は、鈴屋っていうんだよ」と笑顔で教えてくれた。, お話を伺うと、昨年の11月、こちらの店舗に移られたそう。「動いたのはほんのちょっとだけど、パンなんかを買ってくれる方はかなり減ったね」とのこと。 それまでクリーニング店があった線路脇は農業用水路だった場所。昔はズラリと店が並んでいた。, 地元の方、何人かに伺ってみたのだが、その話を総合すると、西口商店街の水路上にあった店については以下のような経緯があったらしい。 終戦後、西口周辺は食品などを売る100軒ほどの店が並ぶ闇市だった。 この闇市では、線路脇の用水路の上にも店が建ち並んでいた。その部分は市が保有する公有地なのでいわゆる不法占拠だが、闇市自体が非合法に設けられた市場。 物資不足で餓死者も珍しくなかった時代、闇市は必要なものとして警察にも多くが黙認されており、まして私有地ではない用水路の上だったので、特に問題視されるようなことではなかった。, 1983(昭和58)年に、川崎市は用水路上にある店に建物の取り壊しを求めた。ただし、地元に根を張って長く商売を続けている店ばかりということもあり、強く立ち退きを迫られることはなかったらしい。 しかし、6年前の火災をきっかけに状況が変わる。 2007(平成19)年2月4日未明、不審火による火災が発生し、8店舗、約390平方メートルが全焼した。 再建許可を求める署名活動も行われたそうだが、用水路上は再建を認められなかった。クリーニング店は一番入口側にあったため、焼け残った。その後も営業を続けていたが、昨年11月に現在の場所に移転した。, 今は居酒屋や立ち飲みの店が目立つので、近寄らない女性もいるそうだが、以前はレコード店、菓子店、乾物店、青果店などがあって買い物客が多く訪れていたそう。 「昔のことなら、そこの本屋さんが古いから聞いてみたら?」と教えてくれた。, ご夫婦がここで書店を始めたのは約40年前だが、日出子さんは、この商店街にあった豆腐店に生まれた。 「もともと大山街道の宿場町で栄えた場所で、戦後、最初に賑やかになったのはこのあたり。その頃の駅向こう(丸井がある側)は田んぼで、その周辺も畑が広がっていたわねえ」とのこと。 なるほど、この西口商店街は、旧大山街道と駅をつなぐ立地。とても便利な場所だったのだ。, ステッカーの制作現場に潜入! TDS @TDNTDS0128. 焼肉takeyanは無事です‼️ ️. 【8月31日】神奈川県川崎市高津区溝の口4丁目の火災現場の画像動画 . 羽生市南で火事が発生 落雷による火災の情報も 9/4 厚木市寿町・本厚木駅付近で火事の情報 周辺に煙が充満 10/20 諫早市日の出町で火事 火災情報 1/19 今日は当直です。 今朝、職場に出勤して仲間との会話・・・ 『Dadチャン、あのヤミ市が今朝火事だったって!』『ウソ~ もしかして、定食屋とそば屋は?それと床屋も?』 職場に近い東急溝の口駅西口にある『溝の口西口商店街』火災に? バラック建築、闇市あがりの商店街は、当ブログの定番ネタであるが、まだひとつ“大物”を紹介していなかった, というのもこの物件は、もろに地元なので、見馴れているため地元ぶらぶら歩きのような記事に、ちらっと何度も出てきており、わざわざ単独で取り上げる気が起きなかったからだ, しかし、あらためて第三者的な視線でこの場所を見ていると、やっぱりちょっと凄いな……, と思ったので、気合いを入れて撮影してみた。前述のとおり、日常的に通り過ぎている場所なので、駅を利用したついでなどに撮影した。それを取材と見なすと、7回ぐらい取材したことになる, この場所は、徹底的な再開発によって、まるで都会のように変身してしまった溝の口に、奇跡的に残された昭和の残滓と言えよう, バラック街は、溝の口駅の西側から線路の脇を、矢倉沢往還(大山街道)の踏切まで続いており、歩行者が途切れることがない。上の写真の右側に見えている歩道の色が違う部分は、二ヶ領用水の支流・根方十三ヶ村堀の暗渠である, 上から見ると、いかにもバラックといった低層の建物に、ぐねっと右に湾曲しながら屋根が架けられ、アーケード状になっていることがわかると思う, 僕が高校生のころは、もっとカオスな雰囲気で、まさに闇市そのものようだったが、次第に整備され、7年ほど前の火災を期に、当局によって、線路脇の部分が排除されてしまった, 現在は無駄な空間になっているその部分には、昭和30年代の地図を見たら果実店、時計店、洋品店、帽子店などがあった。洋品店は、僕も見た記憶があるので、火災まで営業していたようだ, 根方十三ヶ村堀は、線路に沿って流れていた。よく見ると、なにやら不思議な構造物(すっかり灰皿置場と化しているが)の痕跡があるのは、用水路が現役時代の名残だろうか?, 根方十三ヶ村堀は、ほぼ全域が暗渠化されている。この暗渠のコンクリート蓋の上には、倉庫や自転車などが置かれ、夜になると……, ここは水路敷なのでもちろん違法だが、それを言ったら、この商店街そのものが、戦後のドサクサで根方十三ヶ村堀の周囲を不法占拠した闇市が母体なので、これらの商店は、かぎりなくグレーゾーンなのだ, その証拠に、2007年に商店街の半数を焼失した火事のあと、一部を川崎市が封鎖して再建できない措置をとり自転車置場にしてしまった。線路の脇のオレンジのバリケードは、再び不法占拠されないために、川崎市が設置したものである, そのとき残念ながら、奇跡的に開渠のまま残っていた根方十三ヶ村堀にも蓋をしてしまい、水路好きの僕は怒りに震えた記憶がある, もっとも、ずいぶん以前からまともに通水されていなかったので、すっかりドブ化していたから、しかたないと言えばしかたないのだが……, この商店街のユニークなところは、こうした闇市あがりの場所は、たいてい飲み屋街になるのがデフォルトだが、このように、古書店や和菓子屋、八百屋などの店があることだろうか, 現在は、すっかり飲み屋街になっているが「商店街」と標榜されていることからもわかるように、昔の地図を見ると書店やレコード屋など、ふつうの業種が多かった, 念のため言っておくと和菓子屋は、夜だから閉まっているだけで、廃業してしまったわけではない, 踏切のほうから見ると、まさにバラック以外のなにものではないが、そうした場所にありがちな危険な香りは一切なく、通勤通学、買い物のルートになっており、夜でも小学生が安心して通行できる珍しい飲み屋街である, このアーケードは、Y字型になっており、溝の口駅からの入り口は1ヶ所だが、ご覧のように出口は2ヶ所あって、左にゆくと踏切の真横に出られる, かつては、川崎市中部の田畑に水を供給する主要な用水路だったが、都市化にともない昭和40年代後半には、水量も少なく、ほとんど用水として役に立っていなかったそうだ, 水路はこの先で、右に向かう溝の口駅の真下を抜ける流れと、左に曲がり、溝の口の繁華街に向かう流れとに分岐していた, 繁華街に向かう流路は、駅前からもっとも賑やかな通りを直進して、ドンキの前から巨大なイトーヨーカ堂に続いている(痕跡はまったくない), かつてはサンマルクカフェの真ん前、この横断歩道のあたりを用水路が通っていたわけだ。この少し手前には、南田の堰という分水地点があったが、駅の目と鼻の先で、まったく想像もつかない, マンション群の前にある歩道の脇に、なぜか水門だけがポツリと残されている。このエア水門は、何度か記事で取り上げたので、ご記憶の方もおられるだろう, 暗渠沿いに飲み屋街が続いているが、矢倉沢往還に面した側は住宅と土蔵、商店が数軒残っているだけだ。といっても、この細い路地と街道のあいだには、家一軒ぶんの隙間しかないが……, ちなみに、川筋が付け替えられてしまう以前は、信号待ちしているハリヤーの奥に見えている真っ暗な場所の先を、かつて平瀬川が流れていて、現在も道路にはっきりと痕跡が残っている, 溝の口西口商店街《溝の口に残る闇市商店街》上 | †PIAS† isn't anything. 2020年8月31日に、神奈川県川崎市高津区溝口4丁目で、火災が起きているとの情報が入っています。, ツイッターなどのSNSには現地のユーザーと思われる方々から、火事の状況を撮影した画像や動画が多数投稿されています。, 溝口1丁目で火事大山街道一部通行止め(高津交差点から多摩川近くまで)その影響で府中街道一部渋滞, — ヒゲを剃ったヒゲメガネ@UberEATS桝形山攻略隊長 (@Uber_HIGEMEGANE) August 31, 2020, — Agent.tanuki (@Aranokaga) August 31, 2020, 起きたらサイレンがうるさいなと思ったら煙がスゴくて火事になってました。となりの人大丈夫かな、大事に至らないように無事を祈ってます。#火事 pic.twitter.com/QY7ZunBAzb, — ちゃびまち (@yoshimachi0929) August 31, 2020, 溝口4丁目で火災火が見えます! pic.twitter.com/Uven8jLZjy, — フルティカナオキ@N’z factory最高責任者 (@N_F44) August 31, 2020, 高津の火事黒煙が出始めました pic.twitter.com/lDvgRPqZS0, ヘリコプターが飛んでる相当すごい火事のようです pic.twitter.com/jsjzgHeynV, 会社のすぐ近所で大火事や恐ろしや pic.twitter.com/2wtIKDVNHs. ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」, 横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」, 通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」, 看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」, 横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館, 糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」, 老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」. 今日昼過ぎに川崎市高津区溝口四丁目で火事が有りました.

バラック街は、溝の口駅の西側から線路の脇を、矢倉沢往還(大山街道)の踏切まで続いており、歩行者が途切れることがない。上の写真の右側に見えている歩道の色が違う部分は、二ヶ領用水の支流・根方十三ヶ村堀の暗渠である . なんかサイレンでうるせえなと思ってたら近所で火事があった. 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート! そこで、今回は溝の口駅西口商店街と、街で見かけた「みぞのくち」表記の混乱ぶりをご紹介。 ディープな溝の口駅西口商店街へ 「溝の口駅西口商店街」なのに、「溝口駅近道」 いきなり「みぞのくち」の表記がややこしいことになっているが、表記問題は後回しにして、商店街でお話を伺う 人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上! バラック街は、溝の口駅の西側から線路の脇を、矢倉沢往還(大山街道)の踏切まで続いており、歩行者が途切れることがない。上の写真の右側に見えている歩道の色が違う部分は、二ヶ領用水の支流・根方十三ヶ村堀の暗渠である . 本文中「椿が丘」とあるが「錦が丘」の間違いではないか。ところでこのロータリーの西の方からから踏切を挟... 林さん懐かしい。この人のお仲間が秋葉原のジャンクを供給していた。もとは千石にあった新東電気に集った人... 家系総本山「吉村家」創業者、吉村実氏にインタビュー。今の家系ラーメン業界について何を思う?, 川崎市高津区にある「溝口」は「みぞのくち」と読む。ここには、東急田園都市線の「溝の口駅」と、JR南武線の「武蔵溝ノ口駅」があって、「の」「ノ」と、表記が違っている。なかなかややこしい。, いきなり「みぞのくち」の表記がややこしいことになっているが、表記問題は後回しにして、商店街でお話を伺うことに。, お話を伺うと、昨年の11月、こちらの店舗に移られたそう。「動いたのはほんのちょっとだけど、パンなんかを買ってくれる方はかなり減ったね」とのこと。, 地元の方、何人かに伺ってみたのだが、その話を総合すると、西口商店街の水路上にあった店については以下のような経緯があったらしい。, 1983(昭和58)年に、川崎市は用水路上にある店に建物の取り壊しを求めた。ただし、地元に根を張って長く商売を続けている店ばかりということもあり、強く立ち退きを迫られることはなかったらしい。, 今は居酒屋や立ち飲みの店が目立つので、近寄らない女性もいるそうだが、以前はレコード店、菓子店、乾物店、青果店などがあって買い物客が多く訪れていたそう。, ご夫婦がここで書店を始めたのは約40年前だが、日出子さんは、この商店街にあった豆腐店に生まれた。.