「新しい靴を買わなくちゃ」に関するTwitterユーザーの感想。満足度60%。総ツイート14,065件。妹に付き添って、パリ観光にやって来たカメラマンのセン(向井理)は、パリに着くなり、単独行動をしたいと言う妹スズメ(桐谷美玲)に置き去りにされてしまう。 脚本は後者のがよりいっそうひどいのだが、どっちも何で今わざわざつくったのよ?と不思議な作品。 お金払ってたら暴れたわ。, 『新しい靴を買わなくちゃ』中山美穂演じるパリ在住のフリーライターが自分のことを「私はただの”女”です」と敢えて(”おばさん”)ではなく”女”と称するところは失笑ものだったけれど、草食男子風向井理は気にもしていないようだったので、彼のなかで彼女は最初から恋愛対象内だったのかな…?笑, 観光映画なのだから、おいホテルの予約どうなってんだとか、女の一人暮らしにしてはいい部屋住んでんなとか、こんなに無防備なのによく悪い現地人にからまれたりしないなとか、など小さいことはこの際気にしないで、画面の2人をあたたかく見守ってあげましょう、という風情である。, 『新しい靴を買わなくっちゃ』について言えるのは、出来が良さそうに見えるところは、監督の手柄ではなく、恐らく岩井・坂本の両氏の手腕、ということ。(太陽光の使い方、船上からの風景、やりすぎない音楽など。)寧ろ脚本の手数の多さが、映像のテンポ・演出の悪さを招いていた。, 「新しい靴を買わなくちゃ」あとフラフラした手持ち風のカメラワークもつかみ所の無さを助長してしまっている。中身の無い話なんだからせめてカメラが語ってる様に見せなきゃいけないだろう。もう全てが無意味、安直に感じてしまう残念な映画だった。ポイント鑑賞だったのが救い。, 「新しい靴を買わなくちゃ」更に問題なのは感情が繋がって無い事。向井理は終始何考えてるのか不明だし、ミポリンもなぜ急に彼に惹かれたのか謎。感情の裏付けの無いお洒落っぽいセリフは小手先の言い回しでダラダラ流れるだけ。これほど役者が下手に見えてしまう映画は珍しい。, 『新しい靴を買わなくちゃ』ぶっちゃけ、たいして愉快になるわけでもなく、しみじみするわけでもなく、面白い映像表現があるわけでもなく、「ああ、そういう旅行だったんですか、よかったですね、それじゃ」って言いたくなる映画だった。で、ラストに、タイトル思い出したかのように……. 妹に付き添って、パリ観光にやって来たカメラマンのセン(向井理)は、パリに着くなり、単独行動をしたいと言う妹スズメ(桐谷美玲)に置き去りにされてしまう。泊まるはずのホテルもわからず途方にくれるセンだが、落としたパスポートが踏まれて破れてしまい、さらに困った状況に…。踏んだ靴の主は、パリでフリーペーパーの編集をする日本人女性・アオイ(中山美穂)だった。パスポートを踏んだために、ヒールが折れてしまったアオイの靴を、接着剤で直すセン。感謝したアオイは、困ったときのために自分の連絡先を渡す…。, 『新しい靴を買わなくちゃ』レンタルしてきた。結末があれ?終わりって感じで。スズメとカンゴは微笑ましかったが、ラストはごにょる。桐谷美玲この時可愛いな。, 『新しい靴を買わなくちゃ』感想。いかにもテレビっぽい作りで力抜け。あらすじや予告編から想像するストーリーから一歩も逸れないというのも、滅多に無いこと。スムーズに語れば30分くらいで終わりそうな話しを、薄めて延ばして2時間にした作品。, 『新しい靴を買わなくちゃ』薄っぺらく退屈な映画だった。中山美穂と向井の恋愛関係にはいかないズルい関係を描きたいという感じは伝わってきたけど、如何せん北川の腕では90年代のトレンディドラマ的な薄さしか出ない感。悪い映画ではない筈だが…。, 『新しい靴を買わなくちゃ』つまんない。お話がない。予告編以上のことが何もない。何よりもふたりで靴買いに行かないんだぜ!, 『新しい靴を買わなくちゃ』チケットいただいたので行ってきました。美穂ちゃんの無駄使い。バブルな香りの会話の応酬に涙(笑いすぎで)。もはや壮大なギャグだと思うしかない。, 『新しい靴を買わなくちゃ』★3 パリの景色の素晴らしさでの加点。これは大人が夢見るファンタジー。エトランゼがそうじゃなくなる様は紅茶に溶けゆく砂糖のような甘い雰囲気ではあったが、一昔のトレンディドラマのよう。もう一組のカップルはバーター?, 『新しい靴を買わなくちゃ』陳腐なストーリーと相変わらず落ち着きのないカメラワークと素人丸出しな構図には苦笑。テレビでやれよ。, 『新しい靴を買わなくちゃ』予告編の破壊力が凄くて本編はどれほどトンデモナイんだろうか?と興味津々で見に行ったのだけど、本編の方はそんなんでもなくてガッカリ。だからといって面白いわけじゃないよ。予告編が本編以上に酷すぎただけ。, 『新しい靴を買わなくちゃ』@TOEI。つまんない気薄な映画だね~。今どき珍しい!何故、人気脚本家がこうしたハルフウェイに続くミスを犯すのか・・。今のご時世、無視の浮世離れの会話の数々にしらけそのもの。, 『新しい靴を買わなくちゃ』今回も例によって映像のリアル表現にこだわっているようだけど、会話だったりキャラクター(っていうか中山美穂)はファンタジー。バランスが悪い。パリには魔法がかかるんだから今回ばかりはフィクションに寄ればよかったのに。, 『新しい靴を買わなくちゃ』毒にも薬にもならない話。ええ!このスタッフとキャストで今更こういう映画撮っちゃうのかい?って感じで、結局監督はなにがやりたかったのかよく分からなかった。トレビア~ンって言う中山美穂が撮りたかったのだろうか。, 「新しい靴を買わなくちゃ」岩井俊二プロデュースでも監督が北川悦吏子だとあぁやっぱりという仕上り。「ハルフウェイ」より映画になってたけど、拙い演技がプラスになった「Love Letter」のような中山美穂の魅力はなく向井理と上滑りする台詞が恥ずかしい。綾野剛の話の方を見たくなった。, 早めにあがったので『宇宙刑事ギャバン』と『新しい靴を買わなくちゃ』を観賞。 たけぉがお届けする「新しい靴を買わなくちゃ」の作品紹介や個人的な感想・評価を書き綴っています。この記事を読んで、作品を観て頂けたら嬉しいです。宜しくお願いします(^^) たとえば、一生の終わりに自分の人生を思い返したとして、あのパリでのことは、どうしたって避けては通れないだろう――。妹の希望で半ば強引に一緒にパリへ旅することになっ たセン。だが、到着早々その妹に置き去りにされ、呆然と立ちすくむ。そこに偶然通りかかったパリ在住の日本人女性・アオイ。道を急ぐアオイはすれ違い様、センが落としたパス ポートで足を滑らせ転んでしまい、靴のヒールを折ってしまう。平謝りするセンだったが、そのアオイに踏まれたパスポートも、もはや使い物にならず途方にくれる二人だったが… …。靴が導いた、恋に迷う女と道に迷う男の運命の恋。二人のおとぎ話のような3日間が始まった。コミカルで少し切ない、奇跡のようなラブストーリー! 妹とパリを旅するはずが、到着早々置き去りにされ、呆然と立ちすくむセン。そこに偶然通りかかったパリ在住の日本人女性・アオイは、センが落としたパスポートで足を滑らせ転んでしまう。ヒールを折ってしまったアオイと、パスポートを破損してしまったセン。靴が導いた、恋に迷う女と道に迷う男の運命の恋。おとぎ話のような三日間が始まった。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 Amazonで北川 悦吏子の新しい靴を買わなくちゃ (幻冬舎文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。北川 悦吏子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新しい靴を買わなくちゃ (幻冬舎文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 映画の空気感がとても良かったので買ってしまいました。映画の台本かなと思うぐらい映画と同じです。普通小説が先なので、映画が忠実なんでしょう。紅茶を飲みながら、静かな場所でいっきに読みたい本です。, と、いいますのも、最初に見に行ったあとでこの本をかって熟読し、映画では描ききれなかったシチュエーションまで把握し、ケーブルでの予告編をみたりして、「また見に行きたい」という意欲がわいてきて、結局合計3回もみにいきました (^^;) 映画自体は、「この二人だからこそできた作品」の一言につきます。 映画のあとに小説を読んで、未だに映画の世界にひたってます。 映画では描かれてなかったアオイの願い事ってこれだったんですね。 思わずアオイがセンの個展に現れるシチュエーションを想像してしまいました。(^^;) なお、映画ではえがききれなかったシチュエーションは、DVD豪華版の未公開映像に収録されていました。 なぜ、これらが、カットされたのかが不思議でなりません。 アオイの願いごとは、DVDにも収録されていないのが残念です。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. どちらも主演俳優の演技のひどさを競いあう作品だった。