日本から、豊川悦司(山本五十六大将)・浅野忠信(山口多聞少将)・國村準(南雲忠一中将)が出演している。彼らの渋い演技も必見だ。この映画を見て戦争とはいったい何なのかを考えるのもいい機会だ。是非映画館に駆けつけてほしい。 news. 提供:乗換案内のジョルダン [CDATA[ 『ミッドウェイ』「米国人俳優たちも感激した」豊川悦司、浅野忠信、國村隼の日本を代表する実力派俳優の名演シーン解禁!, すべてはここから始まった…! The Great War of Archimedes/2019(日本)/130分 /戦争映画のメインテーマ /戦争映画にアクションシーンはつきものだが、この映画はちょっと違う。 冒頭でいきなり沈没する戦艦大和のVFX以外に、山崎映画独特の迫力の戦闘シーンは殆どなく、彼の作品群の中でも極めて異例のドラマで … ※音声が流れます。音量にご注意ください。 2020年1月22日(水)blu-ray&dvd発売! 2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会. about the movie. credit. news. media info. 2020年1月22日(水)blu-ray&dvd発売! 2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会. !圧倒的スケールで描かれる“真珠湾攻撃“『ミッドウェイ』本編映像第3弾解禁, 「何度も耳にしたのは、日本人俳優たちを絶賛する声」『ミッドウェイ』エメリッヒ監督インタビュー映像, ドッグファイト全盛期の空戦を完全再現!ドーントレスvs日本軍戦闘機『ミッドウェイ』本編映像第2弾解禁, 勝利も、敗北も、海は覚えている―映画『ミッドウェイ』9月11日(金)公開決定&ティザービジュアル解禁. var doc = document; media info. 菅田将暉 柄本佑 浜辺 … 映画『アルキメデスの大戦』 これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。 天才数学者vs戦艦大和. 日米豪華俳優陣で贈る、ミッドウェイ海戦を題材にした戦争映画。「ミッドウェイ」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。ミッドウェイの上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。 映画『アルキメデスの大戦』 これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。 天才数学者vs戦艦大和. ※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera, 史実に沿った内容という事で興味深く見させてもらいました。真珠湾攻撃、ミッドウエイまで映像の素晴らしさに加え細かい描写一つ一つに感動しました。つくづく愚かな戦争であったと実感しました。改めて300万人の御霊を追悼したい気持ちになりました. // ]]>, 戦争映画にアクションシーンはつきものだが、この映画はちょっと違う。冒頭でいきなり沈没する戦艦大和のVFX以外に、山崎監督お得意の迫力のある戦闘シーンは殆どなく、彼の作品群の中でも極めて異例の映画である事は、まず間違いない。それならば、男の浪漫だったり、滅びの美学だったりする戦争もののメインテーマは、この映画には存在しないのか?, 結論から言うと、幕僚監部組織に立ち向かう男のヒーロードラマのこの映画に、血は殆ど流れない。それでも映画のラストには、何故かしっかりと哀愁が漂い、そればかりか、現代社会との不思議な既視感さえ感じさせてくる。『永遠の0』以降、戦争映画の魅力にすっかり取りつかれ始めた山崎監督は、そこに何を感じ始めているのだろうか?, あらすじ日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年…。日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六。山本はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦「大和」の建造を支持。危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく・・・。Filmarksより引用, いつの間にか、すっかり菅田将暉の魅力に取りつかれてしまった自分としては、スクリーン越しの彼の熱演が久しぶりに観られればそれでよかった。『寄生獣』あたりでは、案外正義の本質を鋭く見極めていたものの、『ALWAYS 三丁目の夕日』からなる同監督のステレオタイプな懐古主義は、イマイチのめり込めない。クレヨンしんちゃんの映画版をモデルにした『BALLAD 名もなき恋のうた』なんかでは、お得意の映像処理に血迷い過ぎたのか、生の役者の芝居を撮るのがあまりに下手過ぎて、ため息さえ零れなかった。今回の作品でも、オープンロケーションなのに光や風が全く感じられない不自然なバックのCG処理、トラッキング・ショット(被写体の動きに対し、カメラ自体を動かす撮影技術)からのヨリの甘さ等、映画としては少々大味なカットも目立ったが、それでも俳優との相性だけはすこぶる良かった。, 菅田将暉自身に躍動感があるので、彼が軍国主義者達の美学に立ち向かおうとするその姿勢は、それだけでたっぷり爽快感を感じさせてくれるものだし、更に彼の緻密な役作りやカットを割らせない程に気合の入った長台詞を披露してくれたおかげで、これまでの山崎作品で感じてきた、アニメのような細かいカット割りは大分鳴りを潜めている。, 架空の天才数学者と、実在の連合艦隊司令官山本五十六との相性も、案外悪くない。山本五十六の半生を描いた戦争映画はコチラ, www.mariblog.jpともすれば、史実を強引に捻じ曲げた単純な青春グラフィティにもなりそうな予感はしていたが、國村隼、橋爪功等の名優達が、そんなラノベ感をしっかり払拭してくれていた。史実とフィクションとが織り交ざり、更に登場人物にも実在の人物と架空の人物とが入り混じっているので多少困惑するが、それでも一見堅物に見える、田中泯扮する平山造船中将なる人物の存在感は抜群にいい。, 彼のモデルは、戦中に東大の学長にまで上り詰めた平賀譲という軍人らしいが、その昭和の厳父のようないで立ちからは、不器用だが人間味のある味わい深さが溢れている。そんな堅物な頑固オヤジ達が、憂いを帯びながらも貫きたかったプライド、そしてその彼らが信念を持って不正に手を染めてく様子は、『新聞記者』でも暴かれてきた現代の国家を牛耳る官僚のそれとも、実はまったく変わらない。そしてその彼らが譲ることのできない倒錯した正義は、戦時中に現れた半沢直樹ばりの若者の執念と努力の結果、見事に打ち壊されそうになるのだが・・, ここでちょっと話がそれるけど・・昨今、蒙昧な正義を振りかざそうとする若者が異常に多い。それが、道徳観からくる漠然としたヒロイズムなのか、或いは承認欲求からくる顕示欲なのかはわからないけど、裏街道をひたすらくぐり抜けてきた自分としては、どうしてもこれに苦笑いを浮かべてしまう。緊張感を増す日韓情勢にも見られる通り、一辺倒の強硬姿勢は必ず相手の反感を買う。つまり正論を吐く前には、相手の心情をおもんばかる寛容さが必要だったはず。。, 辛酸をなめながらも、異様なスピードで高度経済成長を成し遂げてきた日本は、ここが他の国に比べても、極めて上手かった。その黙して語らずともがな、相手の状況を察する事の出来た日本人の奥深さは、いつから薄れてきてしまったのか?, この映画の終盤で、対立構造にあった菅田将暉と田中泯は、ある一つの共感性を産む。その若者のひたむきさと、老害のこだわりとを結びつけるキッカケが、引き下がれない国民の感情論からくるものなのだとすれば・・, そして、正義の大ナタを振りかざす事だけに執着してしまっているポピュリストに飲み込まれた軍人の憂いと、日本人独特の滅びの文化とが合致した瞬間に起こりうる悲劇は、ただのフィクションとは到底思えない程に、戦争そのものの虚しさを無性に高ぶらせる。, 原作の著者三田紀房は、新国立競技場の改修費問題に着想を得てこの漫画を書き下ろしたそうだが、山崎監督その未完のままの戦艦誕生秘話に、大胆なオリジナルの解釈を付け加えた。その当時の国民感情と現実とのズレをしっかり意識し、戦争の矛盾にもはっきりと折り合いをつけてくれた、彼の研ぎ澄まされた感性はかなり鋭い。, 集団心理が国家をも飲み込む悲劇に危機感を感じた同監督のメッセージは、戦後74年が経過した今、あの惨事を忘れかけはじめた日本人の心に、いったいどこまで届くのかを、もう少し見極めてみたい衝動にかられた作品だった。, 安さを重視するならdTV(※個別課金400円)(月額500円/無料期間=31日間), 最新映画も見逃せないならビデオマーケット(月額540円※ポイント込/無料期間=31日間), 個別課金のみで観るならAmazon Video(レンタル500円/HD購入2500円), ◆お問い合わせ、寄稿、執筆依頼はコチラまでお願いします。◆プライバシーポリシーはコチラ, 映画『アルキメデスの大戦』の私的な感想―菅田将暉の躍動感。戦争が生む集団心理の悲劇―, The Great War of Archimedes/2019(日本)/130分, アルキメデスの大戦 Blu-ray豪華版/Blu-ray Disc/TBR-29320D, 映画『劇場』の私的な感想―メリーバッドエンドな純愛哀歌から送られる無限ループのラブレター―(ネタバレあり), 映画『生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言』の私的な感想―コザ暴動から燻る日本人の怒り―, 映画『MOTHER マザー』の私的な感想―実話に基づく倒錯した聖母の祈り―(ネタバレあり), そんなコトより街に出て映画でも観ませんか?【2020年下半期のおススメ新作映画特集】, 映画『ドニー・ダーコ』の私的な感想―銀色の兎の新解釈と孤独を癒すパラダイム―(ネタバレあり), Netflix『イントゥ・ザ・ナイト』のキャスト紹介と私的な感想―ポールシフトで滅亡する人類。ベルギー産SFディザスタードラマ―, 映画『初恋』の私的な感想―三池ワールドの時代が駆け巡る。歌舞伎町ロマンスから零れ落ちる本物の純愛―, 映画『ラストレター』の私的な感想―未咲と鏡史郎はなぜ別れたのか?―(ネタバレあり), 映画『パラサイト 半地下の家族』の私的な感想―アジア映画初のオスカーの快挙!寿石(スソク)に込められた人の品格と染みついた貧乏の臭い―(ネタバレあり), 映画『ジョーカー』の私的な感想―アーサーは何故悪意に染まった銃を手にしたのか?―(ネタバレあり), 映画『アド・アストラ』の私的な感想―ブラピが宇宙の彼方で取り戻すもの―(ネタバレあり), 映画『ザ・バニシング-消失-』の私的な感想―二つの金の卵が暗示するもの―(ネタバレあり), 『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章まで生き残った登場人物を一挙紹介!(シーズン7迄ネタバレあり). ※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。 head.appendChild(meta); (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved. 映画史; 日本の映画作品一覧; 年度別映画興行成績; 外部リンク. blu-ray&dvd. 2019: 20年代: 2020: 2021: カテゴリ; 関連項目. 日本での公開はまだ未定だが、今年注目の戦争映画になる。 トップガン マーヴェリック トム・クルーズが1986年に主演し、トップスターに上り詰めるきっかけになった映画『 トップガン 』の正式な続編トップガン2となる 『トップガン:マーヴェリック(原題:Top Gun: Maverick)』 。 trailer. blu-ray&dvd. credit. official twitter. 2019年の日本公開映画(2019ねんのにほんこうかいえいが)では、2019年(平成31年)1月1日から同年(令和元年)12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。 作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。 記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照 戦争いうにはドンパチはないけどすごい映画と思う 40: 2019/04/13(土) 20:00:02.654 ID:t/CSyijyd ランボーはベトナムの悲哀が詰まった戦争映画だろ 戦闘シーン中心の作品や、実際の経験談を元に制作された作品など、日本国内外で膨大な数の戦争映画が放映されてきました。全世界に存在する戦争映画の中から、日本人に特にオススメの人気作を30作ランキングしました! official facebook. 2019年に公開する・公開された映画の中から、おすすめの戦争映画・ガンアクション映画を紹介します。これから公開される映画はお見逃しなく!!, 4月12日公開。米国防総省と米海軍の全面協力によって製作された潜水艦アクション映画。ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。米軍攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見。同じ頃、地上ではネイビーシールズの偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。第三次世界大戦を阻止すべく、ハンターキラーの乗組員たちは無謀と思われた任務を遂行する。, 『ワイルド・スピード』製作陣に米国防総省と米海軍の全面協力によって製作された潜水艦アクション映画 『ハンターキラー潜入せよ』 「(原題:Hunter Killer)より、 特殊部隊ネイビーシールズの突入救出シーン映像が公開されました。本作[…], 5月24日公開。人気漫画「空母いぶき」を映画化。日本の最南端沖で国籍不明の漁船が発砲。更に日本の領土である波留間群島の一部が占拠され、海上保安庁の隊員が拘束される事態が発生。未曾有の緊張感に包まれる中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣する。専守防衛、戦死者を一人も出してこなかった自衛隊が、突然訪れた敵対勢力の侵攻という極限の緊張状態の中で決断を迫られる。, 6月22日公開。第二次世界大戦真っ只中の1941年。フィンランドとソ連による「継続戦争」が勃発していた。フィンランドの男たちはソ連に奪われた国土を取り戻すべく、祖国の誇りをかけて愛する者を残し戦った。フィンランド映画史上最高観客を動員し、 1テイクに使用した火薬量はギネス記録というフィンランド史上最高の映画となる。, 1シーンで使用した火薬量がギネス記録を更新した話題のフィンランドの戦争映画「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」。6月22日からの公開に先立ち、試写会に招待頂いたので、早速、劇場に見てきました。正直、見る前はあまり期待し[…], 7月26日公開。太平洋戦争前の昭和8年。日本海軍は新造大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。しかし、海軍少将の山本五十六はこれからの戦争は航空母艦が需要だと進言し、海軍は二分していたが、大艦巨砲主義の軍の中では大和を押す勢力が強かった。そこで山本は天才数学者・櫂直を海軍に招聘し、その数学的能力で大和の莫大な建造費用と不正を暴き、「大和建造計画」を頓挫させようと企む。しかし、日本は戦争へと突き進むのであった。, 9月13日公開。レバノン内戦や湾岸戦争など世界中の戦地を取材した実在した女性戦場ジャーナリスト「メリー・コルヴィン」の半生を描いた伝記映画。彼女はスリランカ内戦を取材中に爆発に巻き込まれ左目を失い、PTSDを負いながらも、眼帯を付け再び戦場に戻る。そして、2012年シリア内戦の取材に赴き、砲撃に巻き込まれ、そこで命を落としてしまう。, 9月27日公開。 『96時間』(2008年)のピエール・モレル監督の最新作。 愛する夫と子供を麻薬組織に殺され、汚職警官により事件が有耶無耶にされた普通のママが復讐に燃え、事件から5年を経て最強のママとなって帰ってきて犯罪組織、汚職警官たちに復讐を科すリベンジ・アクション映画になる。, [adcode]『96時間』(2008年)のピエール・モレル監督の最新作、『ライリー・ノース 復讐の女神』が2019年9月27日(金)より新宿バルト9ほか全国で公開される!『96時間』といえば、娘を誘拐されたリーア[…], 10月4日公開。派手なガンアクションで人気のキアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』シリーズの第3弾。今回の舞台はニューヨーク。懸賞金をかけられた殺し屋ジョン・ウィックは、殺し屋が集まる「コンチネンタル・ホテル」でルール違反の殺しを犯してしまい、ホテルから命を狙われる。懸賞金目当ての殺し屋とホテルと双方から狙われるはめになったジョンは、ニューヨークから決死の逃亡を図る。, [adcode]IMDb派手なガンアクションで人気のキアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』シリーズの第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』が10月4日に公開される。公開まで待ち遠しいがその前に、ストーリーを今一度おさら[…], 10月4日に公開のアメリカ・イギリス映画。1976年に実際に起きたパレスチナ過激派によるエールフランス139便のハイジャック事件と、イスラエル軍特殊部隊によってアフリカのウガンダで行われた人実救出作戦「エンテベ空港奇襲作戦」を描いた作品になる。, [adcode]1976年に起きたハイジャック事件「エンテベ空港奇襲作戦」を映画化した『エンテベ空港の7日間』の予告編が公開された。出演は『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク、監督は『ロボコップ』、『エリート・スクワッド[…], 10月11日公開。1976年に当時、フランス領であったアフリカのジプチ共和国で実際に起きた「スクールバスハイジャック事件」と救出作戦を映画化した作品。人質救出のためにフランスから派遣されたのは対テロ特殊部隊 GIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)。射撃命令がくだり、15分(15ミニッツ)の激しい銃撃戦が繰り広げられる。, フランスの対テロ特殊部隊 GIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)が1976年にソマリアで行った人質救出作戦行動の実話を映画化した『15ミニッツ・ウォー』( 15 minutes of war )の日本公開日が10月11日(金)に決定し[…], 10月25日公開。2019年にロシアで800万人を動員し、40億円の興行成績を達成したロシアNo1のメガヒットとなった戦車映画。第二次世界大戦でドイツ・ナチス軍の捕虜となってしまったソ連兵3人がドイツに鹵獲された自軍のT-34戦車を奪取し、仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、無謀な脱出計画を実行に移す。果たして、決死の作戦は成功するのか―!?, © Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018 2019年ロシアで800万人を動員し、40億円の興行成績を達成したロシアNo1のメガヒット作品『[…], 10月25日公開。ウィル・スミス主演。年老いたベテラン暗殺者ヘンリーは、政府から依頼された暗殺任務を遂行中に何者かに襲撃される。自分のあらゆる動きを予測する暗殺者にヘンリーは彼が自身の若き日の自分のクローンだと気付く。ヘンリーは若い自分と同じ道を辿らないよう、政府をも巻き込む陰謀に挑むことになる。, 『アラジン』、『アイ・アム・レジェンド』のウィル・スミスが主演を務め、アカデミー賞監督のアン・リー監督がメガホンを取る映画『ジェミニマン』の最新予告映像が公開された。最強のスナイパーと最強の暗殺者がバトルを広げるアクション映画に[…], 11月8日公開。『ターミネーター2』に出演したリンダ・ハミルトンがサラ・コナー役として復活。ターミネーターの生みの親のジェームズ・キャメロンも2以来の同シリーズの製作に携わっており、2以降、3シリーズが公開されているが、これが正式な2の続編『ターミネーター3』だと言われている。, IMDfあの本家ターミネーターが返ってくる!? シリーズ6作目となる『ターミネーター ニュー・フェイト (原題:Terminator Dark Fate)』にはターミネータ1と2に出演したリンダ・ハミルトンがサラ・コナー役として復[…], 11月15日公開予定。『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズの3作目になる。ホワイトハウス、ロンドンで大統領を一人で救ったシークレットサービスの英雄マイクが大統領暗殺未遂の容疑者に仕立てられ自身が窮地に落ち行ってしまう。, [adcode] ©2019 Fallen Productions, Inc. 最強のシークレットサービスのマイクが帰ってくる! アメリカ大統領がテロリストに狙われ、ジェラルド・バトラー演じるマイク・バニングが大統領を救出[…], ジョン・ウィック3:パラベラムの公開を前にシリーズを振り返る。ストーリー、殺した数は?, エンドオブホワイトハウスの最新作エンド・オブ・ステイツ|最強のシークレットサービス. 2019年にロシアで800万人を動員し、40億円の興行成績を達成したロシアNo1のメガヒットとなった戦車映画。第二次世界大戦でドイツ・ナチス軍の捕虜となってしまったソ連兵3人がドイツに鹵獲された自軍のT-34戦車を奪取し、仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、無謀な脱出計画を実行に移す。果たして、決死の作戦は成功するのか―!? official facebook. 日本アカデミー賞 (2015年・2部門) 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『always』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。 about the movie. 2019年の映画興行収入ランキングと、おすすめ映画ヒット作の評価一覧です。評価や興行成績の表で並替えもできます。洋画・邦画・アニメとも、2019年の上半期と下半期の通期に公開開始して上映終了するまでの累計興行収入ランキングです。2020興行収入ランキング、おすすめ映画ジャンル別、 official twitter. meta.setAttribute("rel","canonical"); Copyright © 1996document.write("-"+new Date().getFullYear()); Jorudan Co.,Ltd. var head = doc.getElementsByTagName("head")[0]; All Rights Reserved. お使いのブラウザは現在Javascriptが無効になっています。一部コンテンツが非表示ないしご利用いただくことができませんので、お手数ですがJavascriptを有効にして再度アクセスをお願い致します。, 日本軍の大将・山本五十六率いる山口多聞や南雲忠一の艦隊が真珠湾を壊滅させた激しい攻撃の後、エリートパイロットのディックと彼の隊は敵を追跡するよう戦艦エンタープライズの艦長ハルゼーより命を受ける。一方で、何としてでも日本軍を仕留めたいUS軍はニミッツ最高司令官とレイトン少佐が日本軍の戦略を分析していた。かくして、日米2か国の名誉をかけた激しい戦いが、次なる戦闘の地、ミッドウェイへと向けられる。お互いの戦況が変わる中、ディック率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶なる攻撃の応酬で、ミッドウェイでの勝利に対する両国の戦力と不屈の精神が試されていく。, 真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描くスペクタクル超大作。実在した勇敢な軍人たちの同胞意識と友情、そして米国の勝利を確実なものにするための彼らの決意と犠牲が描かれる。アメリカ海軍の兵士たちを演じるのは、エド・スクラインやルーク・クラインタンクら若手俳優、そしてウディ・ハレルソン、デニス・クエイド、パトリック・ウィルソン等のベテラン俳優が名を連ねた。対する日本軍は、ハリウッド初出演作となる豊川悦司を始め、ハリウッド映画の常連である浅野忠信や、ワールドワイドに活躍中の國村隼が出演。監督は『インデペンデンス・デイ』『パトリオット』のローランド・エメリッヒ。(作品資料より). 菅田将暉 柄本佑 浜辺 … trailer. //