また「ベオグラードではサイドで基本的に使われているので、サイドで毎試合毎試合コンスタントに出られているからこそ、果たす役割ややるべきことを学べて、成長できているとすごく感じています」とサイドでのプレーにも自信を見せた。 「できればオシムさんとお会いして、私自身もお話しできればと思っていますし、代表の選手・スタッフの前に来ていただいて、何か話をしていただいたりとコミュニケーションを取る場を作れれば嬉しいと思います」 「初対面ではないですが、私がS級ライセンスを受講していた時にオシムさんのトレーニングを見に行って受講させていただいただけで、プライベートでお会いしたことはないです」 今回の2試合について森保監督は「選手たちのコンディションを見て決めていこうということはあります」とし、「前回の10月の活動では全員を使ってあげられなかったですが、少しでも多くの選手たちを確かめながら、2試合をできればと思っています」とし、今回も多くの選手に出場機会を与えたい意向を明かした。 また、「常に試合に出続けること、ケガなく常にプレーできていることが、サッカー選手である上で一番大事だと思うので、それが今はやれているというのが1つ成長したところかなと思うのと、自信に繋がっていると思います」とし、コンスタントにプレーできていることは、メンタル面にも影響を与えていると語った。 BASEBALL MAGAZINE SHA CO.,LTD. こんにちは、今回は日本代表gk川島永嗣選手についてです。現在海外のチームに所属しています川島選手ですが、2019年夏に日本のjリーグチームからオファーがあったそうです。川島選手にオファーしたのはどこのチームなのか?また現所属先やプロフィール メンバー発表会見では反町康治技術委員長が「機会があればお会いしたい」とコメントするなどしていたが、森保監督もその機会を待ちわびているようだ。 さらに「どこで出ても攻撃だけじゃなく、チームとしてどういうプレーをすべきか、考えながらプレーできると成長していると感じています」と語り、「代表の活動でもどこで使ってもらっても構わないですし、与えられた場所で与えられた役割をやることで良さを出せると思います。日本代表のために全力でやるだけかなと思います」と、どのポジションでもチームのために全力を尽くすと意気込みを語った。 1日、中村は緊急会見を実施し、今シーズン限りでの現役引退を表明。前日の10月30日に40歳の誕生日を迎え、同日のFC東京との“多摩川クラシコ”で決勝ゴールを記録した中での引退発表は大きな驚きを与えた。 グラーツ在住、元日本代表監督のオシム氏との再会に「代表の選手・スタッフの前に来ていただきたい」. 日本代表のGK川島永嗣が、今シーズン限りでの現役引退を発表した川崎フロンターレのMF中村憲剛について語った。 パルチザンでは、右サイドが主戦場となっており、トップのポジションでもプレーする。日本代表でのポジションについては、「僕自身もどのポジションで出ても、今は与えられた役割を全力でできる自信はあります」とポジションにこだわりなはないとコメント。それでも「もちろん元々FWなのでFWでやりたいと思いますし、使われたら常にゴールを取るという気持ちもあります」と1トップ起用にも意気込みを見せた。 © 2019- オランダのユトレヒトでトレーニング中の日本代表gk、川島永嗣が取材に応じ、今回の代表活動について思いを語った。コロナ禍における代表活動の意義、サッカーの在り方、そしてチームにおける自身の役割について考えを明かした。 また、現在の日本代表では、2007年のアジアカップのメンバーだったGK川島永嗣(ストラスブール)のみが指導を直接受けた経験がある状況。森保監督も直接会ったことは1度しかないそうだ。 「選手、スタッフも含めて、ずっと試合がないなかで、もやもやした気持ちもあったと思います。サッカーファンもずっとこのときを待ち望んでいたと思うので、本当にいま、みんなと合流できてうれしいし、試合に向かって行ける喜びに満ちあふています」, 1年ぶりの代表戦。その意味を噛みしめた。今回の遠征には東京五輪世代の選手が7人含まれる。森保一監督は経験ある選手からいろんなものを吸収してほしいと若い選手について話すが、影響を与える側の川島にも、伝えたいものはあるのだろうか。, 「もちろん自分に経験があったり、年齢も上ですし、もしかしたら自分の方が多くのことを知っている部分もあるかもしれません。ただ今はヨーロッパでプレーする選手が増えていますし、それがスタンダードになりつつある。どちらかというと僕が教えたり引っ張ったりするよりは、逆に若い選手がチームを引っ張っていくという意識でいる方がチームは確実に伸びていくと思います。そういう意味で僕は横から支える気持ちでいいんじゃないかなと。若い選手たちには、そういう能力やキャラクターがあると思っています」, 「これは僕だけの考え方かもしれないですけど、若い選手に何かを伝えることと実際に経験することは違うと思う。予選の厳しさやプレッシャーは実際にピッチに立たないと分からない部分も多い。試合の中で若い選手が肌で感じることがチームとしての成長し、次のワールドカップにもつながると思います」, 来年3月に再開が予定されているワールドカップ予選も見据え、さらにはその先のカタール・ワールドカップをも見せて若手の成長を促していくつもりでいる。, 所属するストラスブールでは、新型コロナウイルスの感染者9人が出て、活動を制限された。コロナ禍におけるサッカーとは? 日本代表戦とは? いま自身がプロ選手でいることの意義について、多くのキャリアを重ねてきた川島は自論をぶった。, 「多くの選手のそうですし、多くの人々もそうですけど、今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなったいう部分はあったと思います。ただ、色んな状況や変化に人は対応していかなければならないと思いますし、その中で自分がどれだけアダプトできるかというのはあると思います。そうした与えられた新しい環境の中でどれだけ高みを目指して、そういう(制限された)期間を新たなものを作る時間に変えられるか、という意識ではいます」, 「日本代表はすべての人にとって夢だと思います。その意味で、そういう場所がこの1年間、多くに人に見せられなかったことは、大きな時間のロスでした。こうして試合を見せることで子どもたちにも多くのものを与えられると思っていますし、多くの人にとっての新たな希望を与えられると思います」, すべての人にとっての夢ーー。オランダから日本へ、川島はそんな思いを届けるつもりだ。. All rights reserved. 「日本代表の活動に携われているだけでも、僕ではここに来ているからこそ、皆さんに何かを与えたり、元気や勇気、希望を少なからず与えられるかなと思います」 この2試合で試したいことについては「戦術の幅は常にオプションとして広げていきたいという思いはあるので、10月でのオランダでの活動も3バックや4バックを練習中や試合中でも少しでも共通認識持ってもらえるようにと時間を使っていました」と前回の活動についてコメント。「ただし、戦術等々のオプションを広げたいということはもちろん持っていますが、大切なのは我々の戦うベースの部分をどれだけしっかりいつも発揮できるかが大切だと考えています」とし、チームとしてベースにしているものの確認が重要だとコメントした。 「ただ、色々な意味で、僕自身もフロンターレや日本代表で一緒にやらせてもらった中で、良い時間も共有しましたし、お互いに良くない時期も共有しました」 また、「活動がある限り、その活動に参加したいという思いがありました。前回は悔しい思いをしましたが、今回は呼ばれて光栄ですし、与えられた役割で全力でプレーするだけです」とコメント。強い意気込みを持って合流したようだ。 日本代表(samurai blue)のgk川島永嗣が11月9日、オーストリア・グラーツでのキャンプ開始を前に、オンラインによる取材に応じた。37歳の守護神は、川崎フロンターレと日本代表でチームメイトだった中村憲剛の現役引退について、自身の思いを語った。 川島永嗣選手は、ベルギーリーグ1部スタンダール・リエージュから去った後、スコットランドのダンディー・ユナイテッドへ移籍。, 毎年のような頻繁な移籍が、いったいどのような理由によるものなのか、疑問を抱く方も多いかと思います。, そこで本記事で、今後ヨーロッパのクラブが抱えていく問題も含めて、退団の理由や川島永嗣選手の今後の動向を探っていきます。, 日本代表GKで、ベルギーリーグ1部のスタンダール・リエージュに所属していた川島永嗣選手。, 川島永嗣選手は、『川崎フロンターレ』から、『リールセ』を経由して『スタンダール・リエージュ』へ移籍しました。, かつては日本代表のゴールマウスを護る守護神としても、大活躍し続けているGKでした。, とくにベルギーリーグに移籍してからは、川島永嗣選手自身が大きく刺激を受けていたのか、日本代表として試合に出場した際には、数々のビッグセーブも見せてくれていました。, しかし、スタンダール・リエージュでの2015年シーズンは、試合への出場機会にあまり恵まれていない様子。, そこで新たなチャレンジをするために、川島永嗣選手は他の欧州クラブへの移籍先を求めました。, これが2015年のスコットランドのダンディー・ユナイテッド移籍、さらにはフランスのFCメス移籍に繋がることとなったのです。, 実は、川島永嗣選手が、スタンダール・リエージュを退団する理由は、ただ『出場機会に恵まれなくなった』という理由だけではなかったそうです。. 川島永嗣選手は、『川崎フロンターレ』から、『リールセ』を経由して『スタンダール・リエージュ』へ移籍しました。 移籍1年目からリーグ戦全試合に出場するなど、チームでも大活躍されていた選手で … 「10月の活動を踏まえて、我々がレベルアップするということ、常にレベルアップすることを目指して活動することを確認して、このキャンプに臨めればと思いますし、ベースの部分は必ず確認しながらというところでは、選手たちが所属チームと我々の日本代表でプレーするときに迷いなくプレーできるように、整理して練習や試合に臨んでもらえるようにしたいと思っています」, 9日、日本代表の森保一監督がオーストリアのグラーツからオンラインでの取材に応対した。 それでも「ただ、今までに経験したことがなかったことなので、去年の冬から日本に帰れていないですし、メンタル的にも大変さは感じています」と精神的な影響は少なからずあるようだ。 川島永嗣選手は、『川崎フロンターレ』から、『リールセ』を経由して『スタンダール・リエージュ』へ移籍しました。 移籍1年目からリーグ戦全試合に出場するなど、チームでも大活躍されていた選手で … 10月の2試合はチームのトレーニングと時間が重なったこともあり、少しずつしか見ていないと語った浅野。それでも、自分が入った時のイメージはしっかりと湧いているようだ。 そんな厳しいコロナ禍でも浅野はトレーニングを欠かさず、それが自信にも繋がっていると感じているようだ。 This article is a sponsored article by ''. ザルツブルクは8日にラピド・ウィーンと対戦。奥川雅也も途中出場していた。 また、「代表活動は一度活動したらまた選手はそれぞれ所属チームに戻っていきます。まずは戦術のギャップが所属チームと代表であると思うので、ベースの部分の確認をいかにできるかということで時間を使いながら、また我々の幅を広げなければいけないと思っています」と、今回も確認から入ると語った。 10月のオランダ遠征では、セルビアからオランダへの渡航制限があるためにメンバー外となった浅野だが、「僕自身は去年の11月が最後の代表で、その後はコロナの影響でなかなかできず、前回も合流できなかったので、常にチームでプレーする上で代表を意識していました」と、代表活動に合流する事を常日頃から考えていたとコメントした。 「久しぶりの活動ということもありましたし、もっともっとチームとして合わせられる部分や、チームとして合わせられる部分はあるかなと思いますが、マイナスな印象なかったです」 「ゴールという部分ではもっともっと攻撃でやることはチームとしてあると思いますが、試合を通してゼロというのを見ればチームとして戦えていると思います」 ザルツブルクは残りの選手に対してもPCR検査を実施するとのこと。また、代表チームに招集された全選手を派遣しないとも発表している。 オランダのユトレヒトでトレーニング中の日本代表GK、川島永嗣が取材に応じ、今回の代表活動について思いを語った。コロナ禍における代表活動の意義、サッカーの在り方、そしてチームにおける自身の役割について考えを明かした。. グラーツといえば、かつてジェフユナイテッド千葉や日本代表を指揮したイビチャ・オシム氏が現在住んでいるところだ。 2019年8月に加入したパルチザンでは順調に試合に出場している浅野。今シーズンはここまでリーグ戦で13試合に出場し7ゴール3アシストと好調を維持している。 川島 永嗣(かわしま えいじ、1983年3月20日 - )は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・RCストラスブール所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。 「僕自身がどうやって社会に貢献できるかどうかは正直わからないですが、スポーツを職業としている僕たちだからこそ、世界が苦しい時こそ、何か感じさせることや与えられるんじゃないかなと、コロナの期間になってから感じるところはありました」 セルビアでは外出制限が早い段階で敷かれ、コロナの規制が厳しかった国の1つだが「今年は大変な時期が長くて、特に家から出られないとか、シーズンオフに日本に帰れなかった時は、メンタル的に今まで感じたことがないような大変さやキツさはありました」と精神的にダメージもあったとコメントした。 自身の今季のパフォーマンスについては「結果としても目に見える結果がこれまで以上に出せていると、自分自身でも自信になっていますが、チャンスの数と結果は満足いくものではないです」とまだまだ足りないとコメント。「もっともっと結果という部分は求めていかないといけないですし、ベオグラードに行ってからコンスタントに試合に出られていることは自分にとって今の成長につながっていると思います」と語り、試合に出場していることがプラスに働いていると語った。 森保監督らスタッフは8日にアムステルダム経由でオーストリアのグラーツ入り。貸切状態のホテルで選手の到着を待つ状況だ。 「スポーツの偉大さを感じさせられた期間でもあるので、僕がこういう職業についているからこそ、みんなにそういったことを与えられるように全力で取り組むだけです」 2007年から2010年7月まで3年半にわたって川崎Fでチームメイトとして、そして日本代表でも共に時間を過ごした川島が、日本代表に合流した後の取材で改めて中村の引退についてコメントした。 今回の検査は、全選手ではなく代表活動に参加する選手のみの実施とのこと。8日の夜に検査結果が分かったとのことだ。 © Copyright 2020 KIRARI [キラリ] |女性がキラリと輝く為のライフマガジン. 現在の日本代表について色々と考えがあるであろうオシム監督。機会があれば、プラスになることも多そうだが、どうなるだろうか。, 【招集リスト】11月の日本代表も海外組オンリー ︎オーストリア遠征に臨む24選手を発表, 「お疲れ様とは言いたくない」中村憲剛の現役引退に元チームメイトの川島永嗣が言及「仲間として凄く誇らしい辞め方」, 今季すでに8ゴール、前回はコロナの影響で不参加となったFW浅野拓磨「与えられた役割で全力でプレーするだけ」, 追加招集のMF奥川雅也は日本代表合流が難しい可能性、ザルツブルクで代表選手6名が新型コロナ感染, 中米2カ国との試合を控える日本代表、森保一監督は「戦術の幅」と「ベースの確認」をテーマに, 森保監督はほぼ初対面? 日本サッカー協会(JFA)もこの件について把握しており、奥川が合流できない可能性があるとしている。奥川は9日に日本代表に合流する予定だったものの、現時点では合流しておらず、チーム全体のPCR検査で陰性だった場合でも、チーム内での感染状況を考えると合流は難しい可能性が高いとされている。, 9日、日本代表の森保一監督がオーストリアのグラーツからオンラインでの取材に応対した。 それでも、約1年ぶりの活動となった10月とは大きく異なる部分もある。「10月のオランダで活動させていただいて、11月も世界的なコロナ情勢を考えた場合には、活動するのが困難な状況の中、こうやって代表活動をさせていただけることをみんなで感謝しながら臨みたいと思います」とまずは感謝から入った森保監督。改めて重要なのはレベルアップすることだとした。 11月はパナマ代表(13日)とメキシコ代表(17日)と、中米の2カ国と対戦する日本代表。FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)は2019年11月以来の代表招集となった。 「彼もフロンターレへの貢献もそうですし、自分がフロンターレにいた時は優勝を掴めない中で過ごしたので、こういう形でチームを優勝させて、こういった決断をしたというのは、寂しい気持ちもありますが、一緒にやった仲間としては、凄く誇らしい辞め方かなとも思います」 「彼自身が表現できるプレーもそうですし、存在価値も含めて、本当に素晴らしいキャリアを過ごしてきたんだなというのを、改めて思い知らされた感じです」, 9日、日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。選手がオンラインでの取材に応じた。 しかし、現時点では確定していないといい「スケジュールとして確定はしていないが、できればオシムさんと日本代表の選手・スタッフが会う機会ができればということで、チームスタッフには調整してもらっている」とコメント。「コロナの感染状況もありますし、人の行き来ができるかどうか、オシムさんの安全を考えた時に我々と会うことが可能かどうかを調整してもらっています」と、現在の状況では簡単にはいかないようだ。 それでもサッカーが支えてくれたと浅野は語る。「シーズンが始まってしまえば、そこに集中できるものが僕にはあるので、サッカーをやれている幸せやそこへの感謝の気持ちというのは、こういう状況だからこそ持てています」と、試合が始まったことがプラスになったと語った。また、「試合が始まればそこに対して良い準備をすること、熱い気持ちを持って戦うだけなので、そこまで家にいる期間がすごく大変だなというのは、サッカーがあることによって紛れているかなと思います」と、苦しい状況を乗り越えられた理由を明かした。 2010年W杯以来、コーチになった川口能活と再会したという川島。連日、練習で汗を流す(写真◎JFA). なお、6選手に関しては現時点で公表されていないとのこと。また、奥川は日本代表へ追加招集となったため、今回の検査は実施していない。 10月はオランダ遠征にて、カメルーン代表とコートジボワール代表というアフリカの2カ国と対戦した日本代表。11月は、パナマ代表、メキシコ代表と中米の2カ国との対戦となる。 All rights reserved. 「未来に向けて良い準備をすることをコロナの期間は今まで以上に学べたと思いますし、1カ月、2カ月だけじゃなく、1年、2年、3年先への準備が大事だと再確認できました。それが自信に繋がっていると思います」 © BASEBALL MAGAZINE SHA Co., Ltd. All rights reserved. 「全部僕は繋がっているかなと思います。コロナの期間でチームでも練習できない時、外に出られない時は、僕は自信を持って試合が始まった時の準備をしたと言えますし、シーズン再開時に繋がったと思いますし、そこでの結果が今にも繋がっていると思います」 「本人にも言いましたが、試合もまだ残っていますし、お疲れ様とは言いたくないです」 「僕が入ったらどういうプレーをしようというイメージはできていました。スペースを生かす動きやゴール前に絡んでいく動きは出せるという印象は持っています」, ザルツブルクは9日、代表活動に参加する選手に対するPCR検査を実施した結果、6名の選手が陽性反応を示したことを発表した。 コロナの影響はセルビアだけでなく、ヨーロッパ、そして日本を含めた世界中に及んでいる。浅野は日本代表として戦う意義、サッカー選手としての貢献についても語った。 先陣を切って取材に応対したのは、チーム最年長であるGK 川島永嗣 (ストラスブール)。 10月のオランダ遠征に引き続き招集されている。