プレー、スタジアム、ユニフォーム、スパイク、カルチャー、ビジネス、プロモーションなどなど、サッカーの様々な面白さを伝えていきます。育成年代を含め現場好き。週末フットボーラー。, ワールドクラスのFK達人だ!ウォード=プラウズ、「FK決定率」がプレミア史上最強に. 大迫選手の移籍情報はまだ出ていませんが、個人的には十分海外でも通用する選手だと思います。確かに世界のゴールキーパーの中では飛び抜けて体が大きく背が高いとはいえませんが、ゴールキーパーに求められるのは体格だけでなくその存在感も重要な要素だと思います。 開幕から5勝2分とスタートダッシュを切りながら終盤に失速。最後は優勝争いに絡むことができなかった。, 19歳の若さで先発に定着すると、果敢さに加え10代とは思えない安定感でリーグ戦29試合に出場。5月にはA代表へ招集され、コパ・アメリカに参戦、チリ戦で初キャップを飾った。, 2020シーズンの広島では中心選手としての活躍が期待される大迫。東京五輪に向けた日本代表でも楽しみな20歳の守護神に話を聞いた。, ――昨年一年は様々なことがありました。リーグ戦では特に、5月の浦和レッズ戦(※アウェイで4-0勝利)が大迫選手にとってキーになった試合だったように思います。, 相手GKの西川周作選手には昔から憧れていましたし、そういった選手とピッチで対戦できて、とても楽しかったです。埼玉スタジアム2002の素晴らしいピッチで戦えたことも誇りに思います。, あの試合で完封勝利できたこと、そして自分のパフォーマンスも悪くなかったので、すごく自信になったゲームの一つではあるかなと思います。. 日本代表の「オール海外組」に割って入るJリーガーは? ポジションごとに筆頭候補者をピックアップ. サンフレッチェ広島で活躍するgk大迫敬介選手(22歳)もjリーグでのプレーとa代表でも公式戦出場を経験して、本大会のレギュラー出場が期待できます。 gkはチームで1人のみ出場可能な特別なポジションです。 広島の守護神、大迫敬介にインタビュー!「海外よりもjリーグをよく観ます」 「海外よりもJリーグをよく観ます」 2020/02/22 22:00 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 五輪代表チームと所属の川崎フロンターレでボランチとして活躍するMF田中碧選手(22歳)は代表チームでの活躍(昨年はブラジル相手に2ゴールを決めています)と所属チームでもレギュラーポジションを勝ち取って好調の首位チームの中心的存在です。, このままJリーグで優勝争いを続けてハイレベルな試合経験を積み上げれば今以上に成長する可能性を現時点で手に入れていると思える状況です。, プレースタイルから考えるとリーガ・エスパニョーラ(スペイン)のサッカーが合っていると思われますが、OA枠の有力候補でもあるMF柴崎岳選手(2部/デポルティーボ・ラ・コルーニャ)やMF香川真司選手(2部/レアル・サラゴサ)、など日本代表を担ってきた選手でも苦戦するハイレベルなリーグです。, 東京オリンピック日本代表のエース候補、MF久保建英選手(所属元レアル・マドリード)やMF乾貴士選手(エイバル)、FW岡崎慎司選手(来季1部へ昇格/ウエスカ)たちは活躍していますが、いずれもアタッカーとしての能力を評価されており、田中碧選手のようにチームの中心(ボランチ)で日本人が活躍するのは未知数な難しいリーグと言えるでしょう。, 浦和レッズ、五輪代表の右サイドを務めるDF・MF橋岡大樹選手(22歳)も所属チームでレギュラーとしての活躍により海外移籍が噂される一人です。, 身体能力が高く、スタミナ的にも問題がない橋岡選手は4DFの右サイドDFと3DFの右サイドMF(3DFの右でもプレー可能)としても能力を発揮できて、本大会での招集は間違い無いと思われます。, 前途の内田篤人選手や、DF酒井宏樹選手(マルセイユ/フランス)が右サイドDFとして活躍した実績があり、DF酒井高徳選手(ヴィッセル神戸)も長くドイツで活躍しました。, ドイツ人と日本人は気質的にも合うと言われており、言葉を習得してコミュニケーションを取れれば日本人選手が活躍しやすいリーグとも言えるでしょう。, サンフレッチェ広島で活躍するGK大迫敬介選手(22歳)もJリーグでのプレーとA代表でも公式戦出場を経験して、本大会のレギュラー出場が期待できます。, GKはチームで1人のみ出場可能な特別なポジションです。安定感と安心感をチームに与え最後尾からのコーチングも大切な能力なので日本人選手が海外でプレーするには非常に困難なポジションと言えます。, 古くは現U-23GKコーチに抜擢された川口能活氏に始まり、現在でも川島永嗣選手(ストラスブール/フランス)、権田修一選手(ポルティモネンセ/ポルトガル)、シュミット・ダニエル選手(シント=トロイデン/ベルギー)、A代表の3選手も海外挑戦をしていますが、サッカーの歴史が長く身体能力でも日本人より優位なヨーロッパでの活躍は難しいと思われます。, まずはトップリーグではなくベルギーやオーストリアあたりの中堅クラブから経験を積むのが欧州で成功する第一歩だと思います。, 本大会の候補選手として現時点では当確線上にいると思われるDF町田浩樹選手(23歳/鹿島アントラーズ)とDF渡辺剛選手(24歳/FC東京)の2選手のポジションであるセンターDFも日本人選手が海外で活躍するのが難しいポジションでしょう。, 長身で競り合いにも強く、左足からのパス能力でビルドアップを期待される町田選手は現在は苦戦を強いられているザーゴ監督(鹿島アントラーズ)の戦術に適した選手だと思います。, 長谷川監督(FC東京)から信頼を勝ち取った渡辺選手も優勝争いをするチームには不可欠な存在になったと思います。, GKと同じくコーチング能力を求められるセンターDFが海外で活躍するには、まず言葉の壁を乗り越える必要があります。, 本大会の主力と考えられるDF富安健洋選手(22歳/ボローニャ=イタリア)は所属チームで実力を評価されて活躍していますが、右サイドDFとしての出場機会が多いことからもセンターDFが日本人にとっては欧州で出場チャンスを得るのが、いかに難しいポジションであるかを窺い知れると思います。, 冨安選手と同じように最初のステップは中堅リーグの中位クラブで経験を積むのが良い方法だと思います。, 3-4-2-1システムの両サイドでハイレベルなプレーを見せてくれる相馬勇紀選手(24歳/名古屋グランパス)も海外挑戦が近いのではないかと報道されています。, 運動量が多く、単独でもサイドを攻略してセンターリングを上げるのが持ち味で所属チームで出場機会を確保できていますが、本大会への招集は当確線上だと思われます。, 小柄でスピードがある相馬選手も身体能力がものをいうプレミアリーグ(イングランド)やリーグ1(フランス)よりもオランダやポルトガルのリーグなどで出場機会を確保するのが賢明な最初の海外移籍になると思います。, 海外移籍が噂される選手の現状やプレースタイルを踏まえて海外移籍を考察してきましたが、筆者の考えでは現チームでレギュラーとして試合に出場している選手は移籍をせずに現チームで活躍する事が成長へ繋がりメンバー選考にも良い影響を与えると思います。, 遠藤選手のようなケースは海外の生活環境に適応して新しいチームで活躍する多様な条件を乗り越えて結果を残す事が求められます。, ポジションの特徴や、選手のプレースタイルによって適応する可能性も変わってくる、難しい海外移籍を東京オリンピック開催の1年前に行うのは非常にリスクが高いと言えるでしょう。, 余談になりますが、‘10年南アフリカーW杯の1年前に大活躍をしていたセルティック(スコットランド)からエスパニョーラ(スペイン)に移籍をした中村俊輔選手(横浜FC)は適応に苦戦して、出場機会を得られずに半年前に古巣の横浜Mに復帰しましたが、本大会までに調子を戻せずに岡田武史監督(現FC今治オーナー)の大会直前の戦術変更に伴いレギュラーポジションを失ったエピソードは参考になると思います。, 当確線よりも下方の位置図けだと選手自身が判断して、現状では可能性が低く逆転で招集を狙う選手にとってはリスクが高くとも魅力的に映るチャレンジだとも言えますね。, 1年後の自分を想像し、一番成長する可能性がある選択肢を選ぶことが、海外移籍も含めた選手自身の今後を占う鍵となりそうです。, エース候補の久保選手の移籍も五輪チームにとっての影響が大きいと思われるので考えてみたいと思います。, オリンピック選手の所属チームの選手派遣に関るこちらの記事を先に読んで頂くと尚、色々な視点で海外移籍を考察できると思います。, マジョルカ(リーガ・エスパニヨーラ=スペイン)での活躍により、来シーズンの移籍市場でも話題を集める存在になった久保選手の所属元は超名門レアル・マドリードです。, EU圏外の国籍を持つ選手を外国籍選手3枠とのルールが定められるリーガ・エスパニョーラでは3枠を南米やアフリカの選手を獲得する傾向が見受けられます。, レアル・マドリードも現在の3枠はブラジル国籍の3選手(DFミリトン選手、FWヴニシウス選手、FWロドリゴ選手、いずれも東京オリンピックの出場資格があります)が登録されています。, 本来であればレアル・マドリードに戻ることが一番良いと思われがちですが、各国のスター選手が揃うレアル・マドリードで出場機会を獲得するのは並大抵のことではありません。 出場機会を確保できるチームにレンタル移籍をして試合に出場して成長に繋げることが今の久保選手、所属元のクラブが望む事でしょう。, 海外の名門クラブからもオファーが届いていると聞きますが、スペイン語を習得している久保選手はスペイン国内でヨーロッパのカップ戦に出場資格を有するチームが有力候補とみられています。, バルセロナの下部組織出身の久保選手はボールポゼッション(ボール保持)を中心にした戦術を採用するスタイルのチームが特徴を発揮できるのは間違いないと思われます。, 所属元のレアル・マドリードのスタイルは個人の能力を最大限に活かした戦術を採用する傾向があります。, 上記の各チームもポゼッション思考のスタイルですがより個人の能力に左右されるのが、ワールドクラスの選手を擁するチームなのは言うまでもありません。, パリSGの場合は所属元レアル・マドリードとほとんど変わらないレベルの選手が多数います。, 組織的なポゼッションサッカーとテクニカルな選手が多いレアル・ソシエダ、ビジャレアルの上位陣に似たタイプのベティス(リーグ15位)も魅力的なチームですが、筆者が希望するのは前スペイン代表監督のロペテギ氏が率いる南部(ラテン系)の名門セビージャ(清武弘嗣選手/セレッソ大阪が以前に所属していたチーム)です。, 北部(レアル・ソシエダなど)と比較して組織よりも個人を尊重する傾向が強い南部のチームで将来のレアル・マドリードに復帰した場合の活躍を求める場合には似たような状況下でのプレー経験が活かされると期待します。, 来シーズンの海外サッカーリーグ、今シーズンのJリーグと東京オリンピックまでサッカーから目が離せない楽しい時間を過ごせそうですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 東京オリンピック日本代表メンバーの条件!年齢制限や選手選考に関わる諸条件を徹底解説. 近年のサッカー界では靴ひもがないタイプのスパイクが増えてきた。同じような変革がGKグローブ... サンフレッチェ広島とキットサプライヤーのNikeは9日、2020年シーズンの明治安田生命J... ブラジルで開幕し連日、熱戦が繰り広げられているコパ・アメリカ2019。日本代表は招待国とし... 久保建英(FC東京)のデビューが話題をさらった先週のキリンチャレンジカップ。一方、同じ10... 今月発売された「eFootball ウイニングイレブン2021」。シーズンアップデートとい... 週末、YBCルヴァンカップ決勝で使用されるはずだった新国立競技場。日本政府は2017年、東... 今季もプレミアリーグが開幕してから2ヶ月近くが経過。それぞれのクラブの力関係が徐々に分かっ... 今季からはNikeとサプライヤー契約したリヴァプール。ユニフォームをはじめ様々な関連ウェア... 11月に入ったことで日本でも寒さが増してきた。ここでは、長袖のユニフォームを着ることが多い... 先日バルセロナの会長を辞任することを決めたジョゼップ・マリア・バルトメウ。2014年にサン... 新型コロナウイルスの影響でシーズンがずれ込んだこともあり、欧州主要リーグの夏移籍は10月中... © Qoly.jp / football webmagazine Qoly All rights reserved. Tags: サッカー, サッカー日本代表, ニュース, ワールドカップ, 代表, 日本, 日本代表, 森保ジャパン, 森保一, 【日本 0-0 カメルーン 国際親善試合】  日本代表は9日、オランダ・ユトレヒトで行われた国際親善試合・カメルーン代表戦に挑み、システム変更などを行いながらも0-0で引き分けた。次のコートジボワール代表戦には少なくない課題を抱えたまま臨むことになりそうだ。, さて、この10月シリーズだが、森保一監督は帰国後2週間の隔離措置をとらなくてはならない国内組の招集を見送っている。そのため、ご存じの通り今回の招集メンバーは全員がヨーロッパでプレーする選手に。これは史上初のことだ。, また、今回招集を受けたメンバー以外にも欧州でプレーする日本人選手が多数存在するのも事実。レベルの高い舞台で経験を積むサムライがこれだけ増えているのは、日本代表にとっては貴重以外のなにものでもない。, しかし、だからといってJリーグ組が森保ジャパンに割り込めないという意味では当然ない。国内でも十分なレベルで試合を重ねている選手は多い。では、現状のパフォーマンスを考えて「海外組」と争えるのは誰か。ここからはポジションごとに紹介していきたい。, GKは川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエルの3名だが、絶対的と呼べる守護神がいないのが事実。東京五輪世代の大迫敬介や日本代表招集経験を持つ東口順昭、中村航輔らは十分に割って入ることが可能だろう。このポジションに関しては一気にファーストチョイスに躍り出る可能性も否めない。, センターバックは冨安健洋と吉田麻也が不動。彼らの牙城はそう簡単には崩せない。そのバックアップは植田直通と板倉滉だが、ここに入るJリーガーは三浦弦太や畠中槙之輔といったあたりになるだろう。また、ロシアワールドカップで主力として活躍した昌子源もフィジカルの強度やカバーリングの上手さは代表クラス。今後に復帰を果たしてもおかしくはないだろう。, 右サイドバックは酒井宏樹が不動。バックアッパーは室屋成や菅原由勢らになるが、インパクトは残せていない。そこへ国内組から割って入れるのは川崎フロンターレの山根視来だろうか。, 山根は今季より加入した川崎Fで評価をぐんぐん伸ばしている。攻撃の質に関しては室屋や菅原にも決して劣らないだろう。また、湘南ベルマーレ在籍時に3バックを経験している点も大きい。守備の強度に関しどれほど世界と渡り合えるかは未知数だが、そういった部分を見出すためにも右SBの新たな候補に入れても面白いかもしれない。, 左サイドバックも右同様にファーストチョイスは堅い。長友佑都だ。その控えは安西幸輝になるが、カメルーン代表戦のパフォーマンスを見る限り物足りなさは否めない。欧州組ではシント=トロイデンの松原后などもいるが、やはりここも国内組の台頭がほしいポジションの一つである。, Jリーグでのパフォーマンスを考え割って入る可能性があるのは鹿島アントラーズの永戸勝也か。同選手の左足は世界を相手にもかなり大きな武器となるだろう。また、30歳という年齢はネックだが、名古屋グランパスの吉田豊も悪くない。サイズと経験値を考えれば、川崎Fの車屋紳太郎もポスト長友の候補と言えるだろう。, 続いてはボランチだ。まず、森保ジャパンの中で柴崎岳は不動。その相方は遠藤航、カメルーン代表戦で先発した中山雄太、ロシアでプレーする橋本拳人のいずれかが務めることが多い。, ただ、このポジションは国内組にも良い選手が多数存在する。Jリーグ復帰後ハイパフォーマンスを見せる井手口陽介、川崎Fを支える「天才」大島僚太、日本代表経験のある守田英正に山口蛍、今後の成長楽しみな田中碧、鹿島には不可欠な三竿健斗。彼らはいずれもポジション争いに加わる可能性が高い選手とみていいだろう。森保監督にとってもうれしい悩みとなるはずだ。, 右サイドハーフには久保建英と伊東純也がいる。彼ら二人の存在は今の日本代表にとってかなり大きい。しかし、カメルーン代表戦でもノーインパクトに終わった堂安律はかなり厳しい立場。そろそろ新しい選手が欲しいところだ。, Jリーグ組から候補を挙げるならば、ヴィッセル神戸の韋駄天・古橋亨梧。スピードと力強さを合わせた推進力、そしてパワフルなシュートは魅力だ。また、キレキレなドリブルを披露する前田直輝、3バック採用時にはウイングバックとしても十分機能する小野瀬康介もポジション争いに割って入るだけの力はある。, 左サイドハーフは中島翔哉や原口元気、三好康児などがいる。その他にも浅野拓磨がおり、ここ最近は招集から遠ざかっているが乾貴士も左が得意だ。層は決して薄くない。, ただ、そこに割って入るだけのポテンシャルを見せている男が川崎Fにいる。三笘薫だ。川崎F下部組織出身で筑波大学を経てチームに戻ってきた23歳は、そのキレキレなドリブルを武器にJリーグで旋風を巻き起こしている。現在の勢い、そして将来性を考えても、欧州でプレーする選手たちと張り合わせる意味は決して小さくないだろう。, また、30歳と若さはないが、セレッソ大阪の清武弘嗣は経験値、実力ともに申し分ない存在。サイドで魅せる豊かな創造性は原口、中島をも超えるほどのものが備わっていると言えるだろう。, トップ下は南野拓実の他に久保、鎌田大地など年齢的にも申し分ない選手が揃っている。ここへ割り込むのは容易ではないが、柏レイソルの江坂任はJリーグで代表クラスの輝きを放っている。多彩な形で攻撃にアクセントを加えられるこの男の存在は、面白いと言えるだろう。, 問題は大迫勇也のいるCFだ。森保ジャパンはあくまで2列目が主役なので、黒子役に徹することができる選手が好ましいが、これがなかなか難しい。Jリーグでプレーする永井謙佑も小林悠も上田綺世も、日本代表ではなかなか力が発揮できないだろう。やはりここは人材不足と言えるだろう。, と、ここまでポジションごとに紹介してきたが、ハッキリとしているのは、やはり海外組の壁は高いということだ。その「壁」をぶち破るJリーガーの登場に期待したい。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, 日本代表の「オール海外組」に割って入るJリーガーは? ポジションごとに筆頭候補者をピックアップ. 24歳以下に出場資格が有る東京オリンピックサッカー日本代表選手の動向が注目されるようになってきました。, 先日もMF遠藤渓太選手(※23歳/横浜マリノス)がドイツ・ブンデスリーガ1部のウニオン・ベルリン(元日本代表・DF内田篤人選手/鹿島アントラーズが以前に所属していたチーム)への移籍が報道されました。, 1年後に控えた東京オリンピックの選手選考にも大きな影響を及ぼすと考えられる、日本代表候補選手の海外移籍について考察してみようと思います。, 遠藤選手が所属する横浜マリノスは昨年度のJリーグチャンピオンです。遠藤選手自身も途中出場からチームを勝利に導く決勝ゴールを決めるなどの活躍で優勝に大きく貢献したと言えるでしょう。五輪世代のU-23代表では3-4-2-1システムの左サイドでの出場が期待される遠藤選手ですが、所属の横浜Mでは4-3-3システムを基本に戦術を組み立ており、遠藤選手は3FWの左で多く出場しました。, 今シーズンは不調に遭えていますが、横浜Mの左FWは激戦区で、大活躍で優勝に貢献したブラジル人3選手(エジカル・ジュニオール選手/マルコス・ジュニオール選手/エリキ選手)がプレー可能な他、‘12ロンドン大会のベスト4進出の立役者、FW大津 祐樹選手も得意なポジションです。, Jリーグチャンピオンの横浜Mのポジション争いは海外チームのそれと比べても遜色がないハイレベルな競争と言えるでしょう。, ・試合出場の機会を増やしたい。 ・チーム内での競争は激しい。 ・チームで出場しても五輪に選考されるかは不明。 ・五輪選手選考まで1年間の猶予ができた。 ・レベルの高い海外リーグで活躍すれば大きく成長できる。 ・結果として自国開催の東京オリンピック選手に選ばれる。. いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】 大迫敬介が海外に移籍すれば、大幅な年俸アップは見込めるかもしれませんね。 AFC U-23選手権で活躍をし、東京オリンピック後に海外移籍を果たしてほしいものです。 photo JFA 2020年10月10日(Sat)10時00分配信 ケース4(大迫敬介選手の場合)GK. 【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!