地方競馬はA~C組とおおまかに分かれているものの、それぞれC1、C2、C3のように1~3までありますので実質9クラス、更にそれぞれこのクラスは細分化、例えばC1のレース表記ではC1 1組、C1 5.6.7組というようになっています。 | よろしければご購読をお願い致します。. ・購入金額に応じてポイントが付与されAmazonポイントやJCB商品券他が貰える, ◯楽天競馬 ・購入金額に応じてポイントが付与され実質的なキャッシュバック(即時)やグッズが当たる, ◯オッズパーク 中央競馬では1勝クラスや2勝クラス、地方競馬ではc1(八)(九)というように表記されているのがクラスです。. 出走馬を見る際にクラス分けが存在しているのはご存じでしょうか。. [CDATA[ 地方競馬の【公式】情報サイトです。開催日程・出馬表・レース結果や、全国に15ある競馬場のデータなど、地方競馬のあらゆる情報をご覧いただけます。 大井競馬場は最も平均出走頭数が多く最大頭数が16頭と中央並な為、混戦レースはかなり難しい印象です。, 道営 日々の通学・通勤、スキマ時間に是非 中央競馬では1勝クラスや2勝クラス、地方競馬ではC1(八)(九)というように表記されているのがクラスです。, 本来、競走馬はレースで上位入選することで賞金を加算します。その賞金が増せば増すほどレースクラスも昇格していくのです。レースで勝った馬は必然的に昇給させることにより、実力が似た馬同士で戦うようにできています。, 勝った馬は強い馬同士で戦わせ、能力の低い馬は低い馬同士でレースを開催することにより、予想を難解にさせています。また、勝ち切れない馬がレースで勝てるように工夫が施されているのです。, 中央競馬は一目みただけで簡単にクラス分けについて表記されているため中央競馬しか触れられていない人は無意識のうちにクラスについて理解されていることでしょう。, C1三やA2といったようにレース毎にアルファベットと数字と漢数字が混在していて競馬を始めたばかりの初心者はもちろんのこと、中央競馬しか携わっていない人にとってもいまいち把握していない人が多いのです。, 今回は地方競馬の中でも最も人気のある大井競馬場のクラス分けがどのようなものであるのかをご紹介します。, 中央競馬しか触れていない人にとっては何がなんだかさっぱり分からないと思いますがレース毎に3つに分けて解説していきます。, 地方競馬のクラス分けでも比較的認識しやすいです。なぜなら中央競馬において2018年まで導入されていた3歳500万円以下のレースと意味は全く同じだからです。, 〇歳の部分に当たる馬はほとんどが2歳か3歳馬であるため中央競馬でいう未勝利戦のようなものと認識していただければいいかと思います。, この表記が地方競馬のクラス分けを難しくさせる要因となっていますが一度理解すると簡単にクラスがどういうものか分かることでしょう。, Aクラスは中央でいうオープン馬に該当し、中央競馬との交流G1で出走する地方馬の多くはAクラスに所属しています。, それに対してCクラスの馬は賞金を加算したての馬、もしくはなかなかレースで賞金を得られない馬が揃うためビッグレースで通用するような馬はほとんどいません。, 中央競馬でも前半は1勝クラスや2勝クラスが導入されていて賞金を加算しなくてはならない馬を中心としたレースが組み込まれています。そして後半はメインレースとなる11レースを中心にオープンクラスの馬が揃います。, 地方競馬も同じでレースの前半はCクラスの馬が揃い、11レースにAクラスの馬が出走するようにレースが組まれています。, 同じクラスの馬は何十頭も何百頭も存在します。それらの馬を地方競馬の運営はグループ化、つまり組み分けするのです。, 漢数字が小さい馬はほんの少しの賞金で昇級が見込まれる可能性のある馬で、逆に漢数字が大きい馬は昇級するにはまだまだ賞金を加算しないといけない馬が揃うのです。, 10レースから12レースの中で最も有力馬が集まるのは11レースのブリリアントカップトライアルということになります。, 競走馬はレースで勝って賞金を加算することでクラスを上がることができます。これについては中央競馬も地方競馬も変わりません。, しかしながら大井競馬ではレースに勝たなくても昇級できるシステムが導入されているのです。, そもそも中央競馬では1着(重賞の場合は2着まで)に入選した馬に賞金が入り、その獲得賞金によって賞金が加算されます。, 例えば、中央競馬で1勝クラス(旧500万下)の馬があるレースで3着に入選した場合、得られる賞金は0円で、次も1勝クラスに挑まないといけません。, しかし、昇級するためにあと10万円必要という馬が大井競馬場のレースに出走し、3着に入選したとして10万円以上獲得した場合は昇級することができる, このシステムのために一度でもCクラスに上がった馬はレースで勝ち切れらなくても掲示板に入選し続けることでやがてはクラス昇格できるようになっています。, なお、このシステムは南関東競馬場(大井・川崎・船橋・浦和)すべてに共通しています。, アルファベットや漢数字が混ざっていて一見難しそうに感じますが一度でも理解してしまえば簡単に理解できることかと思います。, そのため大井競馬場のクラス分けに慣れて他の地方競馬に触れると表記が違っていて戸惑うこともあるかと思います。, クラス編成については地方競馬の公式サイトでも説明されていますので競馬場ごとに表記について知りたいという方は一度アクセスしてみてください。, >> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<, dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による // ]]>, ここでは分かりやすくするために、中央競馬と地方競馬のクラス編成の違いを比較しながら地方競馬のクラスについて説明していきます。, クラスの決定基準が中央と地方で異なる。中央は勝利。勝利するごとに未勝利、1勝クラス、2勝クラスとクラスが上がっていく。一方、地方の場合は賞金額。各地方競馬ごとに決められたクラスの区分(後述する)があり、1~5着で得られる賞金額の加算によってクラスが決まる。例えば、昇級までに250万円必要な馬が1着賞金100万円のレースを2勝したら、獲得賞金は200万円で現級のまま。3連勝すれば賞金が300万円となり、晴れて昇級となる。中央競馬の勝利数とは異なり、地方競馬はあくまで賞金獲得額で決まる。, ②地方には降級がある以前は中央競馬も降級制度があったが、今はない。一方地方競馬は決められた期間での賞金獲得額でクラスが決まる。半年周期や2か月、3か月など、期間に関しては各地方競馬場ごとに異なる。その期間ごとで集計するので、過去に賞金を荒稼ぎしても、直近で賞金加算できない時期が続くと降級となってしまう。, それを知っていることで、陣営の狙いや自信度なんかがわかるので、予想をする上で大きく役立つ。例えば、集計期間の末日近くでも出走させてくる場合は、その馬が勝つことに陣営側が自信がある証拠。逆に末日近くでレースを回避していたり、放牧明けが集計期間の開始時期だと、それは降級待ちで下のクラスで賞金を稼ごうという意図が見えてくる。, こういったように、降級制度があることで陣営の思惑が見え隠れするので、知っておくと予想する楽しみが増えますよ。, 例えば「B2二」ならば、「B2」クラスの上から2番目のグループ(組)という意味になる。この組は各馬の獲得賞金額でざっくりと決まる。同じクラスでも最上位の馬と最下位の馬では賞金額に差があり、つまりは能力的にも差がある。それを組み分けすることで、なるべく能力が拮抗した馬同士で戦わせることができる。「B2二」でいうと、B2クラスの二組なので上から2番目のグループという意味。仮にB2クラスの組み分けが五組まであるとすると、二組はクラスの中では上位の馬たちの戦いで、次のB1クラスへの昇級が比較的に近い馬同士の戦いとなる。, ④おまけにレースの換算率について一般レースでは獲得した賞金の100%がクラス分けの収得賞金として反映される。100万円を獲得したら、きっちり100万円が収得賞金となる。(獲得賞金=収得賞金)しかしながら賞金の高い新馬戦や重賞では獲得賞金の全てが収得賞金にはならない。(獲得賞金>収得賞金)例えば名古屋競馬の1着賞金500万円の重賞競走の場合だと、収得賞金は50%の250万円となる。獲得賞金は500万円だが、収得賞金は250万円。クラス分けで計算されるのは収得賞金なので、250万円が集計には加算される。この換算率は各競馬場の特定レースごとに決められているので、記事を分けて各々に紹介していく。, 「C3下」~「A」の6段階。獲得賞金が\1,000,000ならば「C3下」、\1,500,000ならば「C3上」というようになる。2歳、3歳馬は¥500,000を超えた時点で一般格に編入される。また3歳馬は10/01から獲得賞金にかかわらず一般格に編入される。, こうしました.#兵庫ダービー #予想 https://t.co/GZg52KXxwY pic.twitter.com/cuZPjrdAAq, 以上、地方競馬のクラス分けについての解説(高知競馬編)でした。ご覧頂きありがとうございました。, 神奈川県在住のペチと申します。 以前は枠順の有利、不利が大きい競馬場でしたが、大分緩和されてきました。冬季のシーズンオフ時には東海地区に遠征なども行います。 ´ã€å°‚門学の講習を受けた後に免許試験を受けます。 地方競馬教養センターでは年1回騎手候補生を募集します。入所試験は学科試験、運動機能検査などを行います。 僕の偏見かもしれないが、競馬好きのほとんどが中央競馬(JRA)から入り、のちに地方競馬(NAR)にハマるパターンが多い。中央競馬にある程度慣れた頃に地方競馬にも手を出してみると、最初にぶつかるのがクラス分けの難しさ。C級だとかA級という何やらクラス分けのようなレース名が目につくが、その後にC二組だとかA一組という「組」まで存在する。このクラス分けはどのように行われているのか、組とはいったい何かといった、馬柱を見るうえで、はたまた予想をする上で重要なテーマがいきなりの障害となる。そこで挫折する人もいるかもしれない。, このクラス分け、もしくは組分けは、むしろ知っていると予想の大きな手助けとなる。例えば、中央競馬では同じ1勝クラスの馬でも、2着続きの1勝馬と2桁着順続きの1勝馬が戦うことがザラ。しかしながら地方競馬の場合は、同じクラスでも「組」分けすることで、ある程度クラス内でも力が拮抗した馬同士の戦いとなる。極端に言えば10頭立てのレースで1人気にも10人気にも勝つチャンスがある、つまりは地方競馬は中央競馬に比べて人気馬が飛びやすい。, クラス分けのルールを知っていると、地方競馬がグッと面白くなることは間違いない。今回はそんなクラス分け(組分け)について詳しく見ていきます。これで地方競馬も怖くありませんよ!基本的なルールは地方競馬で共通ですが、細かく見ると異なるので、今回は高知競馬versionをお届けします。, //