Your email address will not be published. Copyright (C) 2020 Sportsnavi Inc. All Rights Reserved. 内田篤人選手の怪我と手術について. 内田篤人、引退も覚悟した21ヶ月間…長期リハビリは「そういう怪我と手術だったので」 2016年12月09日(Fri)11時03分配信 yahooを見ていたら、サッカーの内田篤人選手の怪我からの回復記が掲載されていました。その回復期間は2年・・・・とてつもなく長いリハビリです。 「オレは、もう散々泣いてきたから。夜にご飯を食べていて、涙が出てくるなんてこと、普通はないでしょ? 2015年に 右膝 の手術を受け、約1年9ヶ月ピッチから遠ざかっていました。. 2月に負ったケガからリハビリの日々までを語ってくれた内田。メンバー発表までどんな生活を送っていたのか【Getty Images】, 負傷した瞬間、交代をアピール。「自分から言ったのはたぶん初めてかもしれない」と話す【Getty Images】. yahooを見ていたら、サッカーの内田篤人選手の怪我からの回復記が掲載されていました。その回復期間は2年・・・・とてつもなく長いリハビリです。 「散々泣いたよ」 内田篤人、639日ぶりにピッチへ 絶望から再生への軌跡 内田篤人選手の引退理由は?インタビューでは「引退はまだ」と言っていた? 内田選手の引退理由は、怪我ではないか と言われています。. All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 一番辛いのは「回復法が正しいかわからないこと」「いつ回復するのか、本当に回復するのかわからないこと」, https://news.yahoo.co.jp/feature/456?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-ci-es. 引用記事: 内田篤人選手は、2014年2月9日のハノーファー戦で右膝を負傷しています。 翌日の診断では右太ももの肉離れと言われたものの、チームドクターに足を診てもらったところ「右膝の腱がない」と言われます。 元々怪我を抱えていた右膝、新たに痛めた太ももの怪我を負ってからワールドカップまでの約5カ月は完全にリハビリ生活となる内田篤人! 日本の医療スタッフの力をかりてのリハビリとなり、残りのリーグ戦は全て欠場を決めた。 その後、リハビリと復帰を繰り返していました。 2014年2月9日、シャルケ04対ハノーファー96戦。2−0とリードした後半43分の場面だった。ボールを運んだ内田篤人… 内田篤人選手の怪我の内容や病名が知りたいものです。そこで内田篤人選手の怪我の内容や病名を調べてみました。内田篤人選手はいつから怪我をしているのでしょうか。日本代表への復帰はあるのかも気になりますね。できれば日本代表に戻ってきてほしいものです。 「オレは、もう散々泣いてきたから。夜にご飯を食べていて、涙が出てくるなんてこと、普通はないでしょ?」 10km1時間20分だった運動音痴が、高負荷トレーニング/データ分析/食事管理でどこまでランニング記録が伸ばせるか挑戦!ランニングやダイエット/健康に関する知識・グッズ等についてもまとめてます!!! 2014年2月9日、シャルケ04対ハノーファー96戦。2−0とリードした後半43分の場面だった。ボールを運んだ内田篤人がセンターサークル付近で倒れ、指をクルクルまわして交代をアピール。右太もも肉離れと腱の損傷を負った。全治3カ月。ブラジルワールドカップ(W杯)に間に合うかどうか、微妙な時期での大ケガだった。, 筆者個人としては、自分勝手を承知で書くと、このケガに頭を抱えた。昨年末から内田の公式写真集の制作を進めていたからだ。W杯の前に、南アフリカからの4年間の戦いの軌跡をまとめるというコンセプトがあったので、ブラジルW杯に挑む23人に選ばれてほしかった。, 南アフリカW杯の予選では、日本代表の6番を背負い主力として戦い抜きながらも、本番では直前の戦術変更でサブに甘んじた。1分もW杯という舞台を踏みしめることなく、内田は南アフリカを去った。, 2010年6月29日、日本代表が南アフリカW杯でパラグアイ戦に負けた日。この日から、新たな戦いの日々が始まった。写真集を出せるか分からなかったが、できることは進めたいと思っていた。コンセプトは「内田自身が写真を選ぶ」。2014年3月26日。約4年分の写真を抱え、ドイツ・ゲルゼンキルヘンの内田の元へと向かった。, ――ケガをしたハノーファー戦。2点目のマックス・マイヤーへのアシストは見事でした。(右サイドを駆け上がり、ファルファンのスルーパスを受け、クロスを上げた), あのアシストはファルファンが見てくれていたからですよね。あそこにドンピシャで(ボールを)出してくれるファルファンがさすがですよ。, ――その後、試合も2−0とほぼ勝利を確信している終了間際にケガをしてしまいました。, あと、ちょっとで試合終了でしたよね。でも、少しがんばっちゃったんですよ。あの日、岡田さん(岡田武史/元日本代表監督)がテレビの番組収録で試合後に対談することになっていたので、スタジアムまで来てくださっていて。いいところを見せたいなと。, キャンセルはしなかったです。なかなか会える方ではないですし。試合後に対談場所のデュッセルドルフまで運転して行きました。, 結構痛かったけど、約束だし面白そうだから行こうと。そのときはちょっとひどめの肉離れだと思っていて。運転中はいいんですけど、降りるときとか歩くときはめっちゃ痛かった。, ――内田選手は著書『僕は自分が見たことしか信じない』の中で、引退したら岡田監督にW杯直前で外された理由を聞きたいと書いていました。対談のときに聞きたかったことは聞けましたか?, 聞きたいことか……。でも岡田さんからは「内田を初めて見たときに、こんなに技術があっていい選手がいるんだ、日本のサッカーはすごいな、と思った。それで代表で試合に出てもらって。でも、W杯直前に(親善試合などで)負けが込んで、守備的にやろうと考えたときに、まだ君ではちょっと怖かったかな」と言われました。, ひざの裏が爆発した感じがしました。とっさに自分から「交代して!」と言いましたね。自分から(交代したいと)言ったのはたぶん初めてかもしれない。でも、ケヴィン(・ボアテング)が「戻れ」って。もう3枚交代しているんだと思って戻ろうとしたんですけど、監督が「下がっていい」と。, 最初は肉離れって言われたんです。肉離れは経験があるので「あ、オッケー、分かった」という感じでクラブハウスに行きました。そこでチームのトレーナーにも足をちょっと触ってもらった。そしたら「ウシダ(ドイツ語ではチを発音しないためウシダと呼ばれる)、腱がないぞ!」って。「もう一回調べた方がいいよ」となって、それで車で2時間くらいの病院にチームのスタッフと一緒に行きました。, 最初のドクターが診断して「オペ、オペ」と言っていて、そのドクターに「もう1人のドクターにも見せたいからちょっと待て」と言われて、後から来たドクターもオペだと言ってきた。昨日まで普通の肉離れって言われていたのに。それでアッキー(代理人の秋山祐輔氏)に電話して、「手術と言われているんだけど日本のドクターにも見てもらいたいから手配してください」とお願いしました。, とても痛かった。松葉杖がほしいって言おうか迷ったんだけど、それもかっこ悪いなと思って、歩いて帰ってきました。, 出版社、幻冬舎の編集者。雑誌「ゲーテ」副編集長。長谷部誠「心を整える。」、内田篤人「2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010」「僕は自分が見たことしか信じない」、岡崎慎司「鈍足バンザイ!」、川島永嗣監修「サッカー英語ドリル」、中村俊輔「察知力」など、サッカー関連の書籍も担当している。. 内田篤人はそのサッカー人生を怪我に悩まされた選手の1人です。類まれなセンスと技術で世界中のサッカーファンを熱狂させた内田篤人が負ってしまった怪我についての詳細や、内田篤人が引退を考えたエピソードなども取り上げて紹介しています。 この言葉を見て頂ければ、怪我でものすごく苦しんでいるのがわかると思います。この言葉は、足底腱膜炎でリハビリをしている自分にものすごく響きました。ですので、自分の心境も含めて記事化して紹介させて頂きます。, 2014年6月にブラジルW杯がありましたが、実はその4か月前に内田選手は大きな怪我をしていたようです。しかし、サッカー選手にとってW杯というのは4年に一度しかない何事にも代えがたいイベントです。サッカー選手として命をかけていいと言えるぐらいの大会なんだと思います。内田選手は無理をして出場し、大活躍したのでした。その大きな精神力で大怪我でも跳ねのけてしまうぐらいの気持ちで取り組んでいたからこそ、そんな状態でも活躍できたのではと思います。, しかし、、、W杯で強い精神力で戦い抜いたことが逆に怪我を悪化させているという事態に陥ったようです。この痛みに耐え抜いて戦ったこと・・・これが仇となったようでした。, これについては、良い悪い賛否両論ありますよね。そんな大怪我になる前に、試合を休めばよかったじゃないかとか、自己管理ができていないとか。しかし、自分は痛みに耐え抜いて無理を通したということは素晴らしいことだと思います。これが、なんでもない大会であれば、「意味のない努力」ですが、舞台はW杯です。男には無理をしてでも戦わなければいけない時があると思います。そんな時に、無理を通して活躍してみせた内田選手は本当にすごいなあと思うばかりです・・・, 無理をした代償・・・それはとてつもないものだったようです。膝蓋靭帯。普通はサッカー選手がかかるようなものでなく、さらに骨化しているというやっかいなものになっていたようなんです。これに対して、内田選手はやむを得ず、手術の道を選んだようです。, しかし、そこからが地獄の日々だったようです。靭帯損傷の骨化というのは非常に珍しい事例で、どんなリハビリをするにしても試行錯誤。これをしたら悪化した、これをしたらよくなった。そんなアップダウンを繰り返す日々だったようです。そんな日々を2年ほども過ごしていたのです。, これは、選手の立場にたってみるとものすごい辛いことなんです。まずサッカー選手は選手生命が短く、平均して10年程度しか活躍できないということ。そんな中で2年も何もできない日々をすごすということ・・・・それは普通のサッカー選手では死を意味します。そんなに長い期間リハビリをしている時点で、選手として終わってしまう事なんです。なので、そのリハビリ中に無力感というか絶望感は半端なかったと思うのです。, 実際、内田選手は「「夜に、膝のアイシングをしながら涙が流れてきたり、リハビリ中にもそういうことがあった。練習場に行く車のなかでもよく、泣いてたよ。」と言っています。W杯で無理を通して活躍し続けるぐらい強い精神力を持った人でも、この長いリハビリというのは耐えきれないものなんだと思います。, そして、そんな長いリハビリの中で一番辛いのが、「治っているのかわからない」「いつ治るのかわからない」ということだったようです。2年のリハビリといっていますが、2年で治るなんて誰もわからないんです。今回、2年で試合復帰はできていますが、これが4年での回復だったかもしれないし、はたまた10年かかるかもしれなかったのです。, 自分も含めてですが、治療中、特に靭帯などの怪我で一番辛いのは「いつ治るのか、治っているのか不明なこと」です。骨折などは骨がくっつく期間がある程度決まっているので、全治3ヵ月などいつ戻ってこれるかが見えます。しかし、内田選手がかかったような靭帯に関する怪我はいつ治るかわからないのです。そして、治っているのかどうかもレントゲンでは完全には分からないそうで。だからこそ、いつ回復できるのか、本当にまたグラウンドにたてるのかという不安が無意識的に襲ってくるんだと思います・・・・怪我をしている自分にはこの気持ちが痛いほど伝わってきました。, このような辛い時期を通じて、内田選手は回復して無事グラウンドに立てるようになりました。この経験を通じて内田選手は「1年9か月休んだアスリートでも、一応、ヨーロッパの舞台に立てたということは、これから怪我する人にとって、ちょっとだけイイことかなとは思う」と言っています。確かにつらい怪我だけど、治って元に戻って実際活躍できているのです。そして、そのような事例はたくさんとは言えませんが、ちゃんとあるのです。(もちろん、治らなかった事例もあると思いますが、、、), なので、このような怪我をした場合、とにかく治る事を信じて努力をしていくこと。。。これしかないと思います。怪我をしている最中は肉体的な努力はあまりできません。なので、精神力の勝負です。怪我をしてでも、無理を通して試合に出場していた内田選手でさえ涙がでてくるのです。精神が病んでくるのも当然なのです。しかし、そんな中でも腐らずに、回復するのを信じてリハビリしていく事が一番の解決法なのだと思います。, ・・・ということで、プロサッカー選手と比べるのも申し訳ないのですが、市民ランナーとしてリハビリして回復を待ち続けている自分の立場から、強く共感をしたものがあったので感想を記述させて頂きました。 https://news.yahoo.co.jp/feature/456?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-p4-ci-es.