免税手続きの流れについて説明します。免税手続きは全部で8ステップで完了します。ステップ1:まずアナタのお店で購入しようとしている非居住者の方があなたのお店に対してパスポートなど … 先に返金手続きをしてくれるケースでは、空港で免税手続きを受けるまで、終了ではありません!!! たとえ先にお金を返してもらったとしても。空港での免税の手続きはしないといけません。お店の係員も間違った情報を与えています。これについては別ページを作りました。 書類の不備で� 免税店になるための申請手続き. 免税は皆さんだけの申告でなく、店側も手続きをしなくてはなりません。内税になっていて店が税金を預かっているようなものなのですから。タックスフリーと書いた書類は絶対に必要です。 買ったときにお店で作成してもらいましょう。 —2020年4月から始まる免税販売手続きの電子化ですが、具体的に何がどう変わるのでしょうか。 これまでの消費税免税制度では、購入した外国人旅行者のパスポートに、購入品などを記した購入記録票という書面をホッチキスなどで貼り付け、割印を受けることが義務付けられていました。 しかしながら、「爆買い」という言葉に象徴されるように、日本で相当な量の買い物をされた旅行者のパスポートは購入記録票で分厚くなっ … それでは具体的に免税店になるための申請方法を説明しましょう。申請方法や必要な書類、審査される項目や費用と期間についても解説します。 申請の方法と手順. 免税店になるための仕組みとメリットをご紹介するページです。昨今は外国人観光客が年々増加しているため、同様に免税店の需要も増えています。なるための仕組みとメリットを踏まえた上で、当サイトおすすめの対応システムも一覧にしてご紹介します。 ①免税店は「購入記録票」を作成する。 ②非居住者は免税店に「購入者誓約書」を提出する。 ※実務では、購入記録票の作成時に複写で作成したものに、非居住者がサインする。 ③免税店は「購入記録票」を非居住者のパスポート等へ貼付し、割印する。