ロッテはシーズンオフに課題を解消すべく、積極的に動いた。FAで楽天から美馬学、ソフトバンクから福田秀平を補強し、ハーマン、ジャクソン(現在退団)、楽天を戦力外となった西巻賢二、FAで楽天に移籍した鈴木大地の人的補強として小野郁を獲得した。 10月26日に開催される2020年ドラフト会議に向けて、各球団がどのような選手を指名するか・どのポジションの選手を指名しにいくかを予想しにいく記事です。今回はロッテの補強ポイント編。年齢構成と2軍も含めたスタッツから、補強ポイントを探っていきます。 ロッテの補強 2020年のトレード最新状況! 2019年オフから2020年にかけての千葉ロッテのトレード状況は次のようになっています。 西巻賢二 内野手 右投げ右打ち 20歳 .  井口監督2年目の昨季は、前半戦に種市、二木康太、岩下といった若手が先発陣を引っ張り、後半戦からは小島が先発ローテーションに定着。種市はチームトップタイの8勝をマークした。  昨季は若手先発陣の台頭が目立ったなか、規定投球回、二桁投手を達成した投手がゼロ。そのなかで、FAで加入した美馬がチームトップの10勝をマークし、規定投球回にも到達し、期待通りの働きを見せた。 ①即戦力内野手. 内閣官房、 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 千葉ロッテ・北海道日本ハ… 3回前から始めたドラフト予想。 ちなみに前回以前の記事はこち…  昨季は0勝に終わり、35歳という年齢を考慮しても、エース級の活躍を求めるのは難しいだろうが、ポストシーズンを含め、2~3勝してくれたら御の字ではないか。 ②将来有望な先発左腕候補 . 1年契約のマーティン選手は今年、争奪戦の可能性があります。 苦手ロッテの中軸を削ぐ他、野手の世代交代が滞っているソフトバンクは的確な補強となる事は間違いありません。 ◆ 光った的確補強  それにしても、ロッテは昨オフから補強に積極的だ。FAでは美馬、福田をダブル獲得。今月初めに巨人から澤村をトレードで取り、球界をアッと言わせたかと思ったら極め付きがこのチェンだ。, {{ article.Series.name_short }} プロ野球12球団、補強・トレード・戦力外のまとめ記事です。2020年~2021年、球団の現有戦力の退団・戦力外の他、新加入を予想した記事をまとめて掲載しています。こちらの記事は随時更新します!・fa選手まとめ!2020年2021年・セ・パ新 文=岩下雄太, 本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。, ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 パ・リーグ各球団の補強情報をまとめました!今季は移籍が活発化しており、とても楽しいオフシーズンとなっています。特に、楽天とロッテの補強には要注目です。 公開日: 2020/09/23 11:00 更新日: 2020/09/23 11:00. 10月26日に開催される2020年ドラフト会議に向けて、各球団がどのような選手を指名するか・どのポジションの選手を指名しにいくかを予想しにいく記事です。今回はロッテの補強ポイント編。年齢構成と2軍も含めたスタッツから、補強ポイントを探っていきます。 2020年のドラフト会議は10月26日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大により甲子園などアマチュア大会の多くが中止になり、スカウト活動も制限された中で迎えるドラフト。果たして各球団はどのような補強戦略を思い描くのだろうか。  パの首位争いを繰り広げるロッテが21日、前マリナーズのチェン(35)を獲得。かつて中日でプレー、日米通算95勝をマークする左腕は、国のコロナ対策による2週間の隔離期間を終えた10月5日以降、チームに合流する予定だ。 前回書いた記事を投稿後、多くのアクセスをいただきました。今まで見たことのないほどに多くの読者の方にご覧いただき、大変うれしく感じております。ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございます。, 今後も引き続き、野球・サッカーについての内容でのんびりと記事を書ければと思います。引き続きよろしくお願いいたします。, 秋山選手のメジャー挑戦。これはやはり大きかったか、中堅手が固まらずに打線の軸も崩れてしまった。加えて山川選手、中村選手、森選手の不振はそれに拍車をかける形となった。投手陣も勝ちパターンは良いが、それ以外にはかなり不安が募る。先発陣も本来のポテンシャルを活かしきれていない。それでも5割前後に持っていくのだから、辻監督の手腕は素晴らしいと個人的には思う。, そんなライオンズだが、今年の補強ポイントは37歳を迎え、いよいよ厳しくなってきた印象の中村選手の後継者となる三塁手候補と将来有望な先発候補だと思う。, まず三塁手候補として見てみたいのは、中大・牧選手、横浜桐蔭大・渡辺選手、九州共立大・平良選手あたりか。, 牧選手はセカンドやショートが本職だが、ライオンズは二遊間に名手の外崎選手や源田選手がいて、2人ともまだ20代ということを考えると、牧選手がいきなりレギュラーを掴むのは厳しいか。(外崎選手を外野に回せばいけるが。), それであればサードで使いながら育成するのも悪くないかと。あくまで個人的な意見ではあるが。, 渡辺選手は完全に「山川二世」「おかわり二世」感のある体格だったり、意外な機敏さだったりがあり、キャラクターの継承も兼ねて指名する方は十二分にあるかと。もちろん打撃力も高く、いきなりスタメン争いに加わることも考えられる。, 平良選手は170センチ72キロと決して大きくはないが、鍛え上げられた躰から繰り出すパワーはすさまじい。福岡六大学リーグ戦通算10本塁打がその証拠だ。フルスイングも見ていて迫力がある。「山賊打線」にピッタリの選手だ。, また、育成も兼ねてということであれば、米子東・岡本選手あたりはかなり面白いと思う。190センチ92キロという超大型の選手で、本職はショートだが、サードもできるという選手。ライオンズらしく、逆方向にも飛ばせるパワーに加えて、スピードもしっかりと備わったプレースタイルは魅力十分だ。, 1位指名で取りに行くなら、早大・早川投手や東洋大・村上投手といった、「1年目から2ケタ勝利が狙える」投手を獲得したい。, 1位に野手を指名して、2位以下で投手指名ということであれば、Honda鈴鹿・松本投手や日体大・森投手、明大・入江投手あたりが狙い目か。この3人も、十分に力のある投手で、例年であれば1位指名されてもおかしくないくらいの投手。今年は好投手がずらっと並んでいるために相対的に順位は低くなっているが、いきなり2ケタ勝利と言うのも考えられる。, 髙橋光成投手とともに「ライオンズの2枚看板」を作り上げていく投手は誰になるのか。注目だ。, 今年も安定して強いホークス。3年ぶりのパ・リーグ制覇はほぼ間違いない状態になっている。, しかし、3年後を考えると不安も大きい。特に内野手陣は深刻で、松田選手の後継者となるサード候補がなかなか出てこない。加えてファーストも出てきていない状態で、即戦力を見つけておかないと、いきなりガタッとチームが崩壊してもおかしくない。, とはいえ、今年はドラフト候補となる野手がなかなか不足していることもあり、いきなり両方とも解決というのは難しそう。なので、松田選手の後継者探しを優先させたいところ。, 1位指名は近大・佐藤選手が濃厚とのこと。前回書いたセ・リーグ編でもジャイアンツ、タイガースのところで記載しているが、その時には「外野手」としての紹介だったかと思う。しかしこの佐藤選手、外野を本職にしながら、サードもこなせるという選手であり、松田選手の後継者としての指名と見ることも可能である。, しかしながら、佐藤選手については競合必至であり、ここ最近のホークスのクジ運の悪さを考えると、ハズレ1位もしっかり考えておきたいところ。そうなると中大・牧選手あたりになるだろうか。ただし、その牧選手がハズレ1位で指名できるかは定かではない。競合を避けて、1位本指名でどこかが指名しているということも十分に考えられる。, では誰にするかということで、個人的に見てみたいのは上武大・古川選手である。この選手の本職はキャッチャーで、「打てるキャッチャー」として評価されている選手だ。, 182センチ86キロという立派な体躯を持ち、左打席から放たれる打球は、阿部慎之助元選手を彷彿とさせる。それでいてスピードや強肩も兼ね備えた、三拍子揃った選手である。しかも、キャッチャーだけでなく、ショートもこなす異色ぶり。, 多くの方は「打てる捕手」として育っていく姿を見てみたいとのことだが、栗原選手を外野コンバートさせたこともあるホークスなので、サードコンバートなんてこともあるかもしれない。しかも、1位本指名がなさそうな雰囲気で、上手くするとハズレ1位でも指名がないかもしれないとのこと。さらに福岡県出身であると言うことも付け加えたい。, と言うことであれば、九州共立大・平良選手か。1位指名というのは考えにくいが、この選手も九州出身で、いわゆる「地元産」。中学・高校・大学でキャプテンを務めた経験もあり、松田選手とかなりタイプが似ているかと。もちろん選手としての能力も高い。, もう1つ、先発投手候補についてだが、即戦力を狙いにいくのか、育成目線で行くのかでかなり分かれるところ。話題になっている福岡大大濠・山下投手はMAX153キロのストレートと縦に大きく割れる絶品のカーブの2球種のみという、今時珍しいタイプの投手。ただしこの投手は1位指名でないと取れなさそうなのがホークスにとっては難点か。, 1位指名が野手でほぼ決まっているホークスということを考えると、2位以下で誰を取るかになる。即戦力ならば、慶大・佐藤投手なんかは面白いかもしれない。今までのホークス日本人投手にはあまりいないタイプの速球派左腕だ。ただし、最近になってトミージョン手術をしたとのことで、上位指名はリスキーか。, 1年目からということであれば、北九州市立大・益田投手か。MAX152キロのストレート、スプリットを中心にカーブやスライダー、チェンジアップという変化球も高いレベル。コントロールもよく、実はホークススカウトが高く評価している投手だ。, 大型補強を行い、優勝候補本命と予想する人も多かったイーグルス。(私もその1人で、シーズン開幕前の優勝予想はイーグルスだった。), しかし、開幕後は良かったがその後はなかなか乗り切れずに、ついにBクラスに転落。まだ、Aクラスの可能性も秘めているとはいえ、期待外れのシーズンとなってしまった感は否めない。, チームの課題としては「2ケタ勝てる投手が少ない」ということ、「いまだ出て来ぬ生え抜きの主砲」と言ったところか。, そういったところから考えて、今回のドラフトでは早大・早川投手を1位指名してくるだろう。もう説明不要、今回のドラフトでは間違いなく3球団は競合してくるだろう。, イーグルスは則本投手・涌井投手と2人は2ケタ勝利を期待できるが、そこから後が続かない印象。岸投手もいるが、年齢もあって(12月で36歳になる)ケガがかなり増えてきており、フルシーズンの活躍は期待できないところまできた。さらに考えると、則本投手は12月で30歳になり、涌井投手も34歳になった。そろそろ20代のエース候補生を獲得し、育てていかないと、3年後に暗雲が立ち込めかねない。(松井投手や藤平投手が本来そうなる予定だったのだろうが・・・), 早川投手を獲得できなかった場合だが、東洋大・村上投手や「地元」仙台大・宇田川投手、東北福祉大・山野投手あたりが候補になるだろう。, この中だと、宇田川投手が1番イーグルスっぽい感じがする。完全に個人的な感想だが。(笑), 見ているとストレートの質が素晴らしいなと感じる。「ズドンッ」と重そうな印象。変化球が高めに抜けたりすることも多いのでそこは課題だろうが、ストレートのすごさは「ポスト則本」になってくれそうな期待感を持たせるに十分なほど。体格は184センチ95キロと立派な体格で、それだけでも「エース感」がある。ただ心配なのは大学での投球イニング数がそこまで多くないこと。4イニング、5イニングで降板する試合もよく見られるので、スタミナに課題があるのかもしれない。, 野手陣については、「今すぐに即戦力を獲らないといけない」という感じはしない。少なくともこれから3年は今の主力組が突然崩れてしまうということはなさそうなので、 今のうちに将来有望な「生え抜き大砲候補」を獲得しておきたいところ。, というわけで、狙ってほしいと思っているのは東海大相模・山村選手、東海大相模・西川選手、東海大甲府・渡部選手あたり。, 特に、山村選手は将来的に筒香選手(現 タンパベイ・レイズ)のような選手になれるのではないかと思っている。パワーももちろんあるが、力任せではなく技術でスタンドに持っていく。2019年夏・神奈川県予選決勝の日大藤沢戦で放った2本のホームランは、「技術の賜物」と言った感じ。, 生え抜きのホームランアーティストがいまだに出てこないイーグルス。この長年の課題から脱却するために、そろそろ「大砲候補」が出てきてほしいところ。, 野球とサッカーが好きな人間がブログを始めました!順位予想も好きでやっています。当たりませんが(笑), kka2bさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog All Rights Reserved.  4年ぶりにCS進出を決めたマリーンズだが、この4年間は苦しいシーズンが続いた。16年オフに当時主砲だったデスパイネがソフトバンクへ移籍し、17年は開幕から投打ともに奮わず黒星が先行し、54勝87敗2分の最下位。 2019シーズンはリーグは4位に終わった千葉ロッテマリーンズ。主なローテーション、リリーフ、クローザー選手の成績をもとに評価し、いい活躍ができた選手、悔しい成績になってしまった選手を2名ずづ選出。それらを踏まえながら2020の補強ポイントも考えました。 | 2019シーズン4位に終わった千葉ロッテマリーンズ。主なスタメン選手の成績をもとに評価し、いい活躍ができた選手、悔しい成績になってしまった選手を2名ずづ選出。それらを踏まえながら2020の補強ポイントも考えました。最後には2019シーズンの全体的評価もしました。 補強ポイント.  一方、昨季長年の課題だった長打力不足を解消したものの、昨季チームトップの本塁打を放ったレアードが故障で離脱し再び長打力不足に。開幕から相手投手に球数を投げさせ、相手の隙を突いて得点を奪っていたが、補強期間が終了した直後の10月に打線が一気に下降。ここが唯一の誤算だったかーー。  補強組だけでなく、石川がチームトップの131回1/3を投げ、二木がシーズン自己最多の9勝、小島は規定投球回に届かなかったものの石川、美馬とともにシーズン通して先発ローテーションを守り、岩下大輝も自己最多の7勝を挙げた。  10月9日終了時点で首位・ソフトバンクとゲーム差「0.0」と優勝争いを演じていたが、打線の不振が響き、黒星が先行しリーグ優勝を逃した。それでも、高卒2年目の藤原恭大が、新型コロナによる主力の離脱で巡ってきたチャンスをしっかりと掴み、CS進出を決めた8日の西武戦では適時二塁打を放った。高卒3年目の安田尚憲もチーム3位の53打点を挙げるなど、投手だけでなく若手の野手も一軍で活躍し始めている。  「今(2019年)シーズンを戦って何が足りなかったのかというところを分析してやっています。何よりもAクラス争いではなく、優勝争いをするために、的確にやっています」(松本球団本部長 昨年12月取材) ブログを報告する, とはいえ、今年はドラフト候補となる野手がなかなか不足していることもあり、いきなり両方とも解決というのは難しそう。なので、, しかしながら、佐藤選手については競合必至であり、ここ最近のホークスのクジ運の悪さを考えると、ハズレ1位もしっかり考えておきたいところ。そうなると, もう1つ、先発投手候補についてだが、即戦力を狙いにいくのか、育成目線で行くのかでかなり分かれるところ。話題になっている, 1位指名が野手でほぼ決まっているホークスということを考えると、2位以下で誰を取るかになる。即戦力ならば、, 野手陣については、「今すぐに即戦力を獲らないといけない」という感じはしない。少なくともこれから3年は今の主力組が突然崩れてしまうということはなさそうなので、 今のうちに将来有望な, 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 埼玉西武・福岡ソフトバンク・東北楽天), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 千葉ロッテ・北海道日本ハ…, 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(セ・リーグ編 巨人・横浜DeNA・阪神…, 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(セ・リーグ編 広島・中日・東京ヤクルト…, 12球団 2020年ドラフトを今更ながら振り返る セ・リーグ編 巨人・横浜DeNA・阪神), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 千葉ロッテ・北海道日本ハム・オリックス), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(セ・リーグ編 巨人・横浜DeNA・阪神), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(セ・リーグ編 広島・中日・東京ヤクルト). ◆ 4年ぶりにCS出場 ソフトバンク 2020年~2021年補強を予想! ロッテ マーティン. {{ article.Article.title_short }}PR, Copyright (C) Nikkan Gendai.  井口資仁監督が就任した18年は、前半戦を40勝38敗2分の3位で折り返したが、オールスター明けは19勝43敗1分と大きく負け越した。2年連続80敗を喫したが、中村奨吾、井上晴哉がレギュラーに定着するなど6人の選手が規定打席に到達。投手陣ではオールスター明けから岩下大輝、種市篤暉が経験を積むなど若い選手が出現した。 パ・リーグ各球団の補強情報をまとめました!今季は移籍が活発化しており、とても楽しいオフシーズンとなっています。特に、楽天とロッテの補強には要注目です。 コロナ禍というのに景気がいい。 千葉ロッテマリーンズ. 千葉ロッテ ・ 北海道日本ハム ・ オリックス の3チーム . 澤村に続きチェン獲得 ロッテ大補強のウラに親会社の戦略. トレードではありませんが、楽天を自由契約になった西巻賢二内野手を獲得しました。  8-2の9回二死走者なしから守護神・益田直也が、金子侑司を捕邪飛に打ち取り、ロッテは2016年以来4年ぶりにクライマックスシリーズ進出を決めた。  打線も“強く振る”意識を徹底し、同年からホームランラグーンを設置された効果もあり、移籍1年目のレアードがチーム最多の32本塁打を放つなど、7人の選手が2桁本塁打をマーク。チーム本塁打はマリン移転後シーズン最多となる158本を放った。課題だった長打力がアップし、若手投手陣が台頭、昨季は最後の最後まで楽天とCSを争っていたが、あと一歩のところで敗れ、69勝70敗4分の4位に終わった。 厚生労働省、 ロッテ、“既存戦力”と“補強組”が融合し掴んだ4年ぶりcs進出 ... 2020-2021年プロ野球12球団監督・コーチ人事一覧<就任、退任、契約延長、…  チェンは今季、マリナーズとマイナー契約を交わしていたが、6月に自由契約。2019年まで所属していたマーリンズとの5年契約(今季年俸は約24億円)が今季まで残っており、ロッテは3000万円といわれる格安年俸で獲得することができた。  シーズン終盤に失速はあったものの、“既存戦力”とその穴を埋める“補強組”がうまく融合し、4年ぶりにCSの切符を掴んだ。14日からは、敵地・福岡でリーグ王者のソフトバンクとのクライマックスシリーズを戦う。4年分の思いをぜひ“福岡の地”でぶつけて欲しい。  リリーフ陣は昨季益田に繋ぐセットアッパーを固定することができず、イニング別失点では8回の87失点が最も多かったが、ジャクソンの退団こそあったものの、新加入組のハーマン、澤村が勝ちパターンを担い、8回の失点数はここまで47と大きく減少した。唐川侑己、ハーマン、澤村、益田の“勝利の方程式”が抜群の安定感を誇り、逆転負けする試合も減少。6回終了時点でリードしていれば今季は44勝3敗1分と、ウィークポイントをストロングポイントに変えた。  そうした姿勢は、年が明けてからも変わらなかった。シーズン開幕前の3月に阪神を自由契約となっていた鳥谷敬、シーズンが始まってからは巨人からトレードで澤村拓一、チェン・ウェインを獲得するなど、意図の読み取れる明確で的確な補強を見せた。 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。, ご興味に合わせたメルマガを配信しております。企業IT、テクノロジー、PC/デジタル、ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの5種類を用意。, ◆【ロッテ】CS進出後押し!FINALセール&ユニホームプレゼントキャンペーン実施.