新外国人、fa、トレードなど今オフ、各球団が獲得した選手の一覧(新人選手除く)。金額は推定。--12球団 戦力外、退団、引退選手など一覧-… 新助っ人の活躍により、ペナントレースの順位は大きく変わりますので、非常に重要です。, ただ、横浜の場合、ロペス・ソト・パットンは昨年に続き活躍するでしょうから、補強の必要はなさそうですね。, ただ、ホークスの場合、デスパイネ・サファテ・バンデンハーク・ミランダといった主力級が揃っていますので、補強の必要はないでしょうね。, 奪三振率は7.55という数字で、まずまず三振が取れるタイプですが、四死球率は4.00という高い数字となっています。, ストレートの最速は149km/hと、速くありませんが、ストレートとほぼ同じ球速で変化するシンカーを持っています。, 日本で見る機会の少ないボールという事もあり、ハマれば活躍の可能性も十分ありそうです。, 広島 新外国人助っ人ケイシー・ローレンスを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, 防御率的には良くありませんが、2018年シーズンは奪三振率12.23という非常に高い数字をマークしています。, 最速151km/hとそこまで速い球速ではありませんが、キレの良いスライダーを武器にしています。, 年齢29歳、身長190cm、体重106kgの本格派右腕投手で、ホークスのスアレスの実兄です。, 2016年は先発で、奪三振率は5.79という数字で高くはないものの、与四球率2.76とまずまずの数字です。, 2017年にリリーフなると傾向は変わっており、奪三振率は9.66という高い数字でしたが、逆に与四球率は3.13と若干高くなる傾向です。, 球速は2017年のデータでは、最速154.5km/hで平均球速は150.5km/hと、勢いのあるストレートを持っています。, さらに、スライダー、カーブ、シンカー、チェンジアップと球種も多彩であるので、先発として起用すれば、ある程度の成績を残せそうな感じです。, 2017年、2018年共に奪三振率は9を超えており、三振が取れるタイプの投手です。, また、2018年に関しては、与四球率は2.78というますまずの数字となっており、比較的制球も安定していそうです。, ちなみに、2015年にはMLB経験もあり、6試合に登板し、防御率9.45という記録を残しています。, 変化球はスライダー、シンカー、チェンジアップとなっていますが、約60%がストレートという、攻める投球が持ちあじです。, 3Aでは複数イニングの登板となっていましたが、1イニング限定で役割をはっきりさせれば、活躍の可能性は十分あるでしょう。, メジャーでは通算416打席立っており、打率.245、24本塁打とまずまずの成績を残しています。, 特に2018年は規定打席未到達ながら20本塁打と、非常に多くのホームランを放っています。, タイプ的には典型的なホームランバッターで、三振が多く、ストライクゾーンからボールになる変化球が弱点です。, 特に、東京ドームの場合はホームランが出やすい球場なので、球場を味方にすることで、驚くような成績を残すかもしれません。, 巨人 新外国人助っ人クリスチャン・ビヤヌエバを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, 球速も全盛期に戻りつつあるので、2019年はそのころのような投球が期待できるかもしれません。, 2017年はクラスAにて好成績を残していますが、アドバンスドAに昇格した2018年は成績を残せませんでした。, あまり情報が無いので、どういった選手かわかりませんが、150km/h前後の勢いのある速球が武器のようです。, 2016年はルーキーリーグですが、2017年にはショートシーズンAに昇格しています。, 2017年は53試合で防御率3.56というまずまずの成績を残しており、実績としては十分でしょう。, 奪三振率は9.62という数字で、非常に多くの三振が取れるタイプですが、四死球率は5.18という高い数字なので、制球力が高いというわけではなさそうです。, 中日 新外国人助っ人エニー・ロメロは最速163.3km/h左腕!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, 奪三振率は7.83という高い数字で、そこそこ三振が取れるタイプですが、四死球率は4.95という高い数字なので、制球力に不安がありそうです。, 最速154.7km/hの勢いがある速球や、130km/hで変化が大きいパワーカーブが特徴です。, ここ最近は日本でもパワーカーブで活躍する選手が多いので、面白い存在となりそうです。, 阪神が新外国人助っ人ピアース・ジョンソンを獲得!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, メジャーでは通算728打席立っており、打率.222、30本塁打とまずまずの成績を残しています。, 奪三振率4前後なので、三振が多く取れるタイプではありませんが、与四球率0.74という非常に低い数字なので、四球で崩れるタイプではなさそうです。, ストレートの平均球速は146km/h前後なので、そこまで速くはありませんが、シンカー、カットボール、カーブ、チェンジアップといった多彩な変化球を持っています。, ストレートの投球割合は低く、投球の半分以上が高速シンカー(ツーシーム系?)となっています。, MLBでの成績を見てみると、奪三振率8.80という高い数字になっており、三振が奪えるタイプであることがわかります。, しかし、与四球率6.57と非常に高い数字になっており、リリーフとしては不安が残ります。, マイナーでも与四球率は4前後で推移していますので、制球力は高いとは言えないでしょうね。, 投球の大半がストレートで、2018年は約75%がストレートで、残りの25%は140km/h超えの高速スライダーとなっています。, 2018年は成績が落ちていますが、それでも台湾リーグトップクラスの成績となっています。, 打撃では選球眼の良さがあり、どのコースにも逆らわずに対応出来る、技術力の高さがあります。, 2017年に台湾リーグ代表として、WBC直前の侍ジャパンと対戦していますが、則本からホームランを打ったり、菅野からヒットを放っています。, メジャーの経験はありませんが、2018年シーズンは3Aで打率.311、23本塁打という好成績ですね。, しかし、成績的には年々良くなっていますし、まだ26歳という事もありますので、指導次第では大化けする可能性もありそうですね。, 2018年シーズンは13勝6敗、防御率3.59という安定した成績となっていますね。, まだ26歳で、年々成績を上げているところをみると、日本で大化けする可能性もありそうです。, 奪三振率は6台なので、そこまで三振が多い投手というわけではありませんので、打たせて取るタイプでしょうか。, メジャーでは通算859打席立っており、打率.252、35本塁打とまずまずの成績を残しています。, 2018年はメジャーの出場はありませんでしたが、130試合に出場し、打率.240、21本塁打、73打点という成績でした。, MLBでも3Aでもあまり成績が変わらないので、どのリーグでも比較的対応できるタイプと言えそうです。, ただその反面、三振が非常に多く、左右打席ともに、内角に食い込むような変化球が苦手のようです。, ただ、こういったボールは甘く入る危険性も高いので、そういった甘いボールをいかに仕留められるか?が活躍するカギとなるでしょう。, 2019 ロッテ新外国人助っ人ケニス・バルガス!メジャーや3Aでの成績や傾向を徹底分析!, MLB通算では38 2/3投球回で45奪三振ですから、奪三振率は9を超える高い数字となっています。, ストレートは、2015年に平均157km/hという速さでしたが、2018年は151.5km/hとかなり落ちています。, ネットでは2016年2月に交通事故で球速が落ちた?とありますが、2016年も2015年とほぼ同等の平均球速の為、影響は無かったと言えるでしょう。, ただ、2016年5月に薬物違反で出場停止となっており、おそらく、薬物による効果で球速が出ていたのだと推測されます。, 球種はシンカー(おそらくツーシーム系)、スライダー、チェンジアップとなっており、2018年は半数以上がスライダーの投球となっています。, 2011年は横浜で12試合のみの出場ですが主にリリーフとして好成績を残しています。, 2012年は先発に転向し、2勝8敗と苦しいシーズンとなり、自由契約となっています。, リリーフ時の球速は145km/h前後とそこまでの勢いはなく、スライダー・チェンジアップ・カーブ・ツーシームといった変化球を低めに集めて打たせて取るピッチングが特徴です。, それでも26本塁打を打っていますから、未知数な外国人を獲得するよりは確実な補強と言えるでしょう。, 特徴としては最速158.4km/hの勢いのある速球が武器で、投球の6割がストレートです。, また、平均球速130km/h超えのカーブが非常に落差があり、特徴的です。いわゆるパワーカーブというやつですね。, NPBではここ最近、このパワーカーブ持ちが活躍しているので、ブセニッツも面白い存在となりそうです。, 楽天 新外国人助っ人アラン・ブセニッツを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!, メジャーでは通算324打席立っており、打率.186、8本塁打と成績を残せていません。, しかし、2018年は3Aで86試合ながら打率.317、29本塁打、68打点という素晴らしい成績を残しています。, ただ、三振が非常に多い傾向になるので、NPB投手相手にも脆さを見せる可能性が高そうです。, ただ、毎年感じることですが、意外な選手が活躍したり、評判が良い選手が全く活躍しなかったりと、誰が活躍するかは読めません(笑), ただ言えることは、プロ野球のペナントレースを占う上で、新外国人選手の活躍は非常に大きなウエイトを占めているということです。. 千葉ロッテマリーンズの新外国人獲得選手、ドラフト獲得選手、fa・トレード・契約更改、球団の最新情報まとめ!今季のロッテは何とドラフト1位で見事、大船渡の佐々木投手を引き当てると、fa戦線ではソフトバンクの福田外野手に楽天の美馬投手の二枚取り 先日のブランドン・マンの記事(【2019 ロッテ】新外国人 ブランドン・マン【特徴や成績】プレー動画)を最後に更新が滞ってる新外国人選手紹介。, いい加減更新しようと思いながらあれやこれやと追われ、気がついたら5人くらい詳細ページのない新外国人選手が……, なんとかオープン戦が始まるまでには新外国人選手を網羅しときたく、今回はまず千葉ロッテに加入するジョシュ・レイビン投手について取り上げる。, ロッテは7日、来季の新助っ人として前ブレーブスのジョシュ・レイビン投手の加入が決まったと発表した。レイビンは30歳、身長193センチの長身右腕だ。, 主力に手術や怪我明けの選手が多いことからも必須の補強ということで、レイビンにかかる期待は大きい。, サーッと前評判を見る限り、期待できそうな雰囲気は漂わせているのだが、今回はもう少し詳しく見ていこう。, 深刻なコントロール不足と肘・肩・鼠径部・ハムストリング・膝などの一連の怪我もあり、順調なキャリアとはいかず……。, ドジャースとマイナー契約を結び14年は傘下の2A・3Aでプレー(また、この年も鼠径部や左脇腹の違和感などで短期のDL入りをしている)。, レイビン本人によれば春に罹患したインフルエンザと咽頭炎の回復を早めようと取り入れたサプリメントに禁止物質が含まれてたとのこと。, 8月8日にメジャーへ復帰し、10試合に登板(9.2イニング)、防御率0.93、13奪三振とメジャー生活の中で最も安定した投球を見せている。, 17年も右鼠径部の違和感により6月までは傘下チームでリハビリ。6月17日にメジャーに復帰するも9月下旬に股関節の故障で60日間のDL入り。, マイナー下位のリーグをウロウロしていた06-12年頃と比べれば相当改善されているが、高い奪三振能力【MLB:K/9(10.47) 3A:K/9(12.3)】によってギリギリ及第点に収めているといったところ。, 投球ゾーンのデータを見ても、利き腕の対角線上にボールが集まるタイプで、細かい制球力について期待するのは酷。, 動画にもあったがスライダーを引っ掛けてしまうパターンが多いようで、ランナーを背負った時にどういった攻め方をしていくかもポイントになりそうだ。, チェンジアップについては、4年間でわずか8球しか投じておらず速球とスライダーのツーピッチスタイルと考えて良さそうだ。, 一方でフライボールになった場合の被本塁打率が高く、低めに制球できない状態の時には厳しい印象。, 通算で見れば被打率.221ではあるのだが、15年は.324、16年.040、17年.273とシーズンにより結果にバラツキが大きいのも特徴的だ。, また、17年終盤に股関節を故障した影響か18年の最速は153キロ、平均151キロに落ち込んだ。, メジャーデビューとなった15年の被打率は.333と難しい状況であったが、16年には.167、17年は.080と安定してきた。, が、いかんせん体のあちこちに不安を抱えていることや、ツーピッチスタイルといった特徴から、その不安定さは拭えない。, 度重なる怪我もあり、MLBでの継続的な登板経験が無く単純な比較はできないが、16年に見せたピッチングなど短期的なパフォーマンスを考慮すればポテンシャルは非常に高い。, 何よりも、これだけ離脱を繰り返しながらメジャーにまで上り詰め、4シーズン(13年に40人枠入りしたことを考慮すれば5シーズン)メジャーから引き手があったという事実がそれを裏付けている。, 大抵、そうは言ってもメジャーでは苦しく大きく数字を落として日本に来る選手が多い中、メジャークラスでも奪三振能力を発揮した1ランク上のリリーバーと言える。, ルーキー時代から度重なる怪我に悩まされ、果ては交通事故や今年の顔面直撃ライナー等、スペ体質に加えツキにも見放されてしまったような経歴の持ち主。, これまでの故障箇所も肩・肘とありがちな箇所から股関節や鼠径部、ハムストリングに膝と全身に渡っている。, その為、1シーズンをまともに投げぬいた経験はほぼ無く、起用方法に細心の注意を払う必要がありそうだ。, マイナー時代に比べれば、メジャーデビューした15年あたりから幾分安定してきた。とは言え、最低限の制球力をポテンシャルで補っているような部分は否めない。, 加えてツーピッチスタイルであるから、誤魔化しが効きにくく不安定な成績になりやすい。, ベストコンディションを維持することができれば、そこまで懸念する必要もなさそうなレベルにはあるが……体のあちこちに爆弾を抱えそれも難しく、なかなかの難題と言えそうだ。, 劣化そのものよりも、明らかに投球割合が減っており、もし投げるのを拒む程の理由があるとすれば簡単にはいかないだろう。, ここさえなんとかなればいくらでも道は見つかりそうだが、その後のライナー直撃によって実戦からも遠ざかってしまい、不確定要素ばかりだ。, それでも獲得にGOサインを出したことから、それなりの勝算があるのだろうとポジティブに捉えれば、期待できそうな気がしなくもないが……, ただでさえ当たり外れの激しい新外国人、やってみなけりゃわからないというのが実際の所だろう。, 近年、リリーフにかかる負担は各球団非常に大きくなっており、一つ綻びが出ると将棋倒しのようにリリーフ陣全体がパンクする。, 故障はともかく、不慮のアクシデントによる怪我など含めればコントロールしきれるものではなく、全体の厚みを増すことが球団にとって唯一の対策となるだろう。, そういった意味で、力のあるリリーバーの獲得はロッテにとって最も必要な補強であった。レイビンには願わくば、NPBという新天地でベストパフォーマンスを発揮して欲しい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, メジャー通算126盗塁を誇る走力に、通算58本塁打とパワーも備え、13年から18年はMLBのセンターで常にUZRプラスを記録するなど守備にも定評有り。, ルビー・デラロサ(Rubby de la Rosa)の基本情報から特徴、主要球種概要など、まとめてみました。 巨人は22日、新外国人選手としてダイヤモンドバッ…, 【2018-2019】12球団 新戦力 加入選手 一覧【ドラフト 新外国人 トレード FA】. 2019 ロッテ新外国人助っ人ケニス・バルガス!メジャーや3Aでの成績や傾向を徹底分析! ロッテ新助っ人!ジョシュ・レイビン. 千葉ロッテの新助っ人外国人ケニス・バルガスを動画付きで徹底解剖!バルガスの経歴やメジャーの成績、3aの成績をご紹介。バルガスのプレイ動画やスタットキャストから日本で活躍が出来るのかを分析!バルガスの弱点はスライダー?活躍のカギはスライダーにあり! 2019年の千葉ロッテ ... 新外国人: マイナビオールスターゲーム2019 詳細は「2019年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」を参照. 新外国人・育成選手からの支配下登録 120 本前郁也: 左: 左: 育成選手・2019年育成ドラフト1位 121 鎌田光津希: 右: 右: 育成選手 123 森遼大朗: 右: 右: 育成選手 128 ホセ・アコスタ: 右: 右: 育成選手・新外国人 130 エドワード・サントス: 右: 右: 育成選手・新外国人 2019シーズンの【千葉ロッテマリーンズ】チーム戦力・補強選手の一覧です。「ドラフト・新外国人・トレード・fa」など新加入する選手から、2019監督コーチ陣容まで2019年の戦力をまとめています。退団選手についてや他球団ストーブリーグ情報、 ロッテの新外国人、ジョシュ・レイビン投手が自身のツイッターを更新。日本球界をリスペクトする思いを綴っている。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, レイビンは150キロを超える速球を武器とする193センチ右腕。15年にドジャースでメジャーデビューし、33試合登板し、2勝2敗1セーブ、防御率5.05。17年オフにブレーブスに移籍し、昨季メジャー登板は2試合にとどまったが、傘下3Aでは19試合に投げて4セーブを記録。防御率も0.00と圧倒の数字を残した。来日から1か月以上が経ち、ツイッターで「日本で43日:情熱、献身、姿勢、リスペクトそして野球に対する愛は、私が14年間プロの世界で今まで経験してきた何よりも優るものだ!」と熱い思いを綴っている。, チームでは新守護神候補と期待されるが、ここまでオープン戦での登板はなく出遅れている。それでも、ファンから「いつZOZOマリンスタジアムで100マイルを記録しますか?」とコメントされ、レイビンは「すぐだよ。もうすぐ」と返答した。新天地で圧巻の投球を期待したい。, 藤原&安田のドラ1コンビ抜擢は? 助っ人2人鍵握る…12球団オーダー予想【ロッテ編】, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 先日のブランドン・マンの記事(【2019 ロッテ】新外国人 ブランドン・マン【特徴や成績】プレー動画)を最後に更新が滞ってる新外国人選手紹介。いい加減更新しようと思いながらあれやこれやと追われ、気がついたら5人くらい詳細ページのない新外国人 ロッテの補強 2020年の新助っ人外国人最新状況! 2019年12月1日。千葉ロッテマリーンズの新外国人獲得情報はありません。最新情報が入り次第、追記させていただきます。 ー追記ー. ファン投票 レアード: 監督推薦 二木康太: 鈴木大地: 荻野貴司: 代表選出選手 eneos 侍ジャパンシリーズ2019. © 2020 プロ野球好き委員会(PBL) All rights reserved. 年齢30歳、身長193cm、体重98kg、大型右腕投手です。 まずは気になるジョシュ・レイビンの MLBでの成績 をご紹介します。 2018年シーズンから2019年シーズンにかけての12球団新戦力選手の一覧です。 ドラフト・新外国人・トレード・FA加入などをまとめています。 他、ストーブリーグ情報については以下をご覧ください。 2019年シーズ... 2018-2019にかけての在籍外国人選手の動向一覧になります。 新加入の新外国人選手についても載せてあります。 他ストーブリーグの一覧は以下を御覧ください。, 2019年から2020年にかけてのストーブリーグ情報のページです。FA選手動向、ドラフト等補強、外国人選手動向などを中心に随時更新していきます。, 2019年に国内・海外FA(フリーエージェント)権を獲得した選手とその動向についてまとめています。移籍先についても随時更新中です。, 【メジャー通算(15-18)】35登板 38.2イニング 45奪三振 防御率 5.12, 【マイナー通算(06-18)】275登板(100先発) 637イニング 638奪三振 防御率 4.89, 【2018シーズン(3A/IL)】19登板 18.2イニング 30奪三振 防御率 0.00, 【メジャー通算(15-18)】:38.2イニング 19四球1死球 BB/9(4.42) BB%(15.5%) K/BB(2.37), 【3A通算/IL(13-18)】:107.1イニング 63四球2死球 BB/9(5.3) BB%(13.2%) K/BB(2.33), これまでの故障箇所も肩・肘とありがちな箇所から股関節や鼠径部、ハムストリングに膝と全身に渡っている, プロ野球を見るならDAZNとスカパーどっちが良い?視聴できる球団の違い・サービス内容で選ぼう!. ロッテ新守護神候補が日本球界に“惚れ惚れ”「今まで経験した何よりも優る」 ロッテの新外国人、ジョシュ・レイビン投手が自身のツイッターを更新。日本球界をリスペクトする思いを綴っている。 2020年の新外国人選手を獲得しました。次のようになっています。 【2019 ロッテ】新外国人 レオニス・マーティン【特徴や成績】 千葉ロッテマリーンズが新外国人『レオニス・マーティン』を獲得! メジャー通算126盗塁を誇る走力に、通算58本塁打とパワーも備え、13年から18年はMLBのセンターで常にUZRプラスを記録するなど守備にも定評有り。 ちなみ … アメリカのカリフォルニア州出身で、2019年から 千葉ロッテマリーンズに所属しているブランドン・レアード選手 。 ロッテへ移籍する前は、 日本ハムファイターズ に所属していました。 大好物だというお寿司にちなみ、スシポーズのパフォーマンスで大人気の選手です。 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!.