。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, 国内正規品。ディスク5枚・ケース・スリーブ(外箱)付き。ディスク2を入れるケースの止める部分が一部破損しているため、ディスクがとまりにくくなっております。ディスク再生面、使用感なく非常にきれいな美品です! 動作確認済み・クリーニング済です。レンタル品ではありません。 クリアパックに入れてお届けします。 Amazon.co.jp配送センターより安心・安全・毎日発送。通常配送無料で、代引決済・コンビニ決済、コンビニ受け取りがご利用できます。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, ベトナムに住んでいた時に、幾つかのベトナム戦争関係の博物館や有名な戦場跡等の場所を訪れたことがあり、また、ベトナムの地名にも一般の方よりも詳しいので、自分にとって、このDVDはとても臨場感があった。, この商品はUSAで「ベトナムジャングル戦」と言う題名で販売された商品を日本国内で字幕付DVD5枚組販売された作品!・・・一言「いいです」「おあすすめ」, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 本作の題名となっている“ハーツ・アンド・マインズ”という言葉は、ジョンソン大統領が行なった演説での「(ベトナムでの)最終的な勝利は、実際に向こうで暮らしているベトナム人の意欲と気質(ハ-ツ・アンド・マインズ)にかかっているだろう」という言葉から取られている。, 「ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実」への感想・オススメ文・期待コメント, 映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。. 2006年、フォトジャーナリストの広河隆一は自らの原点であり、1967年に初めて訪れて暮らしたイスラエルのキブツダリヤを再訪する。当時そこには第二次世界大戦下の欧州からホロコーストを逃れたユダヤ人たちが入植し、理想社会を目指して暮らしていた。だが、そのすぐ側にはかつてパレスチナ人たちが暮らした村の廃虚があった。, パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が監督を務めた長編ドキュメンタリー。2002年のイスラエル軍によるヨルダン川西岸への侵攻で混乱する2つの難民キャンプの現実を映し出す。, 写真家の夫を肝臓がんで亡くした妻が、死因がベトナム戦争時の枯葉剤の可能性を示唆され、夫への追憶と枯葉剤への疑問からベトナムへ行く姿を追うドキュメンタリー。今年60歳になる妻の坂田雅子が自ら監督となって枯葉剤の被害者や、ベトナム帰還兵、科学者らに取材を敢行した。, 昭和20年8月6日、広島で原爆のため命を落とした移動演劇隊“櫻隊”の9人の演劇人の足跡を再現ドラマとゆかりの人々の証言で描くドキュメンタリー。江津萩枝のルポルタージュを「原爆の子」「第五福竜丸」の新藤兼人監督が映画化。, 第2次世界大戦末期に民間人を含め多くの死者を出した沖縄戦の知られざる戦いをめぐるドキュメンタリー。陸軍中野学校出身の将校によってゲリラ兵に育成された少年たちのその後を追う。, 『映画 日本国憲法』などのジャン・ユンカーマン監督が、太平洋戦争で多大な犠牲を払い、戦後も平和を求めて声を上げ続けている沖縄の近代史を見つめたドキュメンタリー。血で血を洗う争いが展開された沖縄戦の真実をはじめ、アメリカ軍占領期から現在に至るまでの沖縄の歴史を、『沖縄戦』『占領』『凌辱』『明日へ』の4部構成で描く。, 太平洋戦争時、日本とアメリカで差別を受けた日系2世たちの知られざる歴史に迫るドキュメンタリー。アメリカ陸軍の秘密情報機関MIS(ミリタリーインテリジェンスサービス)の一員だった元兵士たちの証言を基に、日本軍の通信解読や捕虜尋問などの情報活動、戦後日本の復興に日系アメリカ人が果たした功績を描く。, フランスに亡命したオサーマ・モハンメド監督と、シリア内戦の激戦地ホムス在住のクルド人女性ウィアーム・シマヴ・ベデルカーンの共同作業による異色ドキュメンタリー。拷問や銃撃で殺りくされる故郷の人々のネット上の映像を集めていたオサーマとシマヴの出会いを通して、シリアの過酷な現状を映し取る。, 太平洋戦争末期に大日本帝国海軍に採用された特攻兵器「桜花」の出撃隊員を選び、自身の出撃を待たずして終戦を迎えた元大尉の林冨士夫氏に取材したドキュメンタリー。攻撃機で敵艦の近くに運ばれ搭乗員を乗せたまま敵艦に投下された“人間爆弾”の悲惨さ、その経験を語り継ぐことを決めた林氏の思いを映す。, フリーアナウンサーとして活躍していた中島多圭子。戦場カメラマンとして自らの夢を追い求める一ノ瀬泰造の姿に魅せられ、彼の生き様を追ったドキュメンタリーの製作を思いつく。, 原爆の被害に対する認識と関心を、世界に呼び起こしたいと考えたスティーヴン・オカザキ監督は、日本を訪れ500人以上の人々に会い、取材を重ねた。14人の被爆者、原爆投下に関与した4人のアメリカ人の証言を軸に、原爆がもたらした悲劇に迫る。想像を絶する体験を語る彼らの言葉から、反戦へのメッセージが浮かび上がる。, 奥村和一の体内には、今も第2次世界大戦時に受けた無数の砲弾の破片が残っている。彼は軍命で戦後も中国に残り、中国内戦を戦った。だが長い抑留生活に耐え、帰国した彼を待っていたのは逃亡兵というレッテルだった。彼は元残留兵たちと共に国を相手に軍人恩給を求め、最高裁に上告。その証拠を探しに中国にも足を延ばすが……。, アウシュビッツ強制収容所をめぐるレネ監督のドキュメント傑作。忘却され荒廃した現在のアウシュビッツのカラー映像と、戦争を再現するモノクロ映像を対比させて戦争を糾弾、その美しく厳しい映像と詩的なナレーションが胸に迫る1作。, シリア内戦をテーマにしたドキュメンタリー。武装勢力ISに支配されたシリア北部の街の惨状を世界に発信している、市民ジャーナリスト集団の活動を追う。, 英語の分からないビキニ島民に核実験の安全性を説明する米軍、子供向け教育アニメに合わせて核戦争避難訓練をする子供たち……。アメリカ政府が製作した核PRフィルムのコラージュ映像が、軽快なポップソングに乗せて映し出されていく。, 『海街diary』の是枝裕和監督と綾瀬はるかが再び手を組み、戦争の悲惨さを伝える「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」を基につづる朗読劇。1969年、大女優・杉村春子による語りで広島テレビが制作した番組を基に、原子爆弾で命を落とした321名の生徒たちの残した言葉を語り継ぐ。, アフガニスタン北東部の激戦地コレンガル渓谷で任務に就くアメリカ陸軍に、2007年から2008年にわたって密着した戦場ドキュメンタリー。アメリカ軍への従軍取材を試み、前哨基地の建設、タリバンとの銃撃戦や現地の人々との交流、兵士の日常などを映し出す。, ヒトラーの少年時代からナチス総統までの記録を、多くの写真やフィルムで再構成したドキュメンタリー。ナチスによるユダヤ人迫害の事実を中心に描く。続編は「勝者と敗者/続・我が闘争」。, 日本にルーツを持つ日系人監督と、日本で育ったアメリカ人プロデューサーが手を組み、第二次世界大戦で日本軍が編成した体当たり攻撃“特攻”を、さまざまな視点でとらえたドキュメンタリー。当時、特攻隊員として出撃し、生還した人々の貴重な証言を基に“カミカゼ伝説”の真実に迫る。, 元ナチスの親衛隊員だった男が戦犯として裁かれることなく、いかにして生き延びたかを追うドキュメンタリー。名前を変え、各国政府との裏取引で南米に逃げたナチスの残党を描く。, 第二次大戦中、可憐にして逞しく生きたひめゆり部隊の少女たちの、悲しい青春を描いたドラマ。今回が4度目の映画化となる。監督は「さくら」の神山征二郎。主演は「ヤマトタケル」の沢口靖子。戦後50周年記念作品。青少年映画審議会推薦。1995年5月15日より沖縄・那覇グランドオリオンにて先行上映。, アフガニスタン南部のアルマジロ基地に派遣された、デンマーク兵士たちに7か月間密着した衝撃のドキュメンタリー。国際平和活動という大義名分のもとに派兵され、第一線でタリバン相手に命懸けの任務に就く彼らの過酷な体験をカメラが捉える。, 9.11テロから1年後のアフガニスタンに乗りこんだアメリカ人ジャーナリストの姿を描くドキュメンタリー・ドラマ。実在する報奨金ハンターや武器ディーラーとの闇取引、実弾の飛び交う市街戦を記録した映像が、アフガニスタンの現実を生々しく映し出す。, 1934年9月4日から1週間にわたってニュルンベルグで行なわれたナチス・ドイツの党大会の模様を収めた記録映画。ヒトラーのカリスマ性を国内外に広く知らしめた、“意志の勝利”と銘打たれた大会の全貌が明らかになる。, 昭和二十年三月、アメリカ軍上陸直前の沖縄は、敗戦への最後のあがきとして、軍は女学生達までも、勤労奉仕と称して最前線へ駆り立てたのだった。, 太平洋戦争時、日本軍においてアメリカ軍艦への捨て身の攻撃命令を受けた特別攻撃隊の真実を、兵士の日記や生存者の証言からひもといたドキュメンタリー。戦闘機の教育訓練部隊だった筑波海軍航空隊の施設が一部現存する笠間市で収集された資料や証言を基に、特攻隊となった若者たちが生還できない運命をどのように受け入れたのかを探っていく。, 政治家や官僚、元軍人の知識人などが、それぞれの立場で第2次世界大戦の体験を語る座談会を書き記した同名ノンフィクションを文士劇スタイルで映画化。かつて映画化もされた半藤一利の原作に基づき、出演者たちの戦争体験も交えて構築する。, 第一次世界大戦中の1915年5月。世界最大最高速を誇る、イギリスの超豪華客船ルシタニア号が、乗客1,989名を乗せてニューヨークからリバプールに向けて出航した。出航前から「交戦国イギリスの船舶は攻撃の対象だ」とドイツ大使館が警告を発していたにも関わらず、船内では毎晩のようにパーティが開催され、華やかな空気に包まれていた。, 1941年12月7日ハワイオアフ島の北440キロの地点で、大日本帝国軍の353機のゼロ戦が真珠湾ヘ飛び立った。その後の日米関係を大きく変えた大日本帝国軍による“真珠湾攻撃”が内包する悲劇を、関係者の証言を交えて綴る真実のドキュメンタリー。, 地獄の門がまた開かれる…。ユダヤ殲滅という妄想にとり憑かれ建設された死の工場「アウシュビッツ強制収容所」を舞台にした衝撃の戦争ドラマ。ヒトラーの演説や、彼が子どもと戯れる姿も激撮収録。, 『無常素描』などの大宮浩一が監督を務め、戦場カメラマンとしてベトナム戦争の現実を世界に配信した石川文洋の姿を捉えたドキュメンタリー。従軍取材開始から50年が経過し、75歳になった彼と一緒に沖縄やベトナムをめぐりながらその生い立ちやベトナムでの生々しい記憶などをたどっていく。, 報道写真家のレイモン・ドゥパルドンと妻であるクローディーヌ・ヌーガレが手掛けたドキュメンタリー。アルジェリアやベトナム、南アフリカなど世界中で取材を行い、映画のスチールカメラマンとしても撮影現場を取材する一方、40年以上もフランスの市井の人々や風景を撮影してきたドゥパルドンの人生を紹介する。, アメリカ出身の報道カメラマン、ジェームズ・ナクトウェイ。彼はこれまで世界各地の戦場や紛争地帯を渡り歩き、危険を顧みずに生のリアルな現場を撮り続け、ロバート・キャパ金賞、年間最優秀雑誌カメラマン賞など数々の賞を受賞している。, 勇気あるベトナム帰還兵たちが公聴会で戦場の悪夢を生々しく語るも、アメリカのマスコミが黙殺した驚がくの証言を記録するドキュメンタリー。第22回ベルリン国際映画祭で、フォーラム部門インターフィルム賞を受賞。, 内戦が続くシリアのアレッポで、人命救助を行う民間防衛隊「ホワイト・ヘルメット」の活動に密着したドキュメンタリー。がれきと化した市街地で、生き埋めになった人々を救出するため現場で活動する隊員たちを追う。, 日中戦争の南京爆撃や太平洋戦争の真珠湾攻撃などを歴戦し、2015年に99歳になる元零戦パイロットなどへの取材を通して大戦の真実を明かすドキュメンタリー。零戦パイロットが語る南京虐殺事件の真相のほか、真珠湾攻撃で起きたニイハウ島事件の解明、東京初空襲の様子などを、日本とアメリカの元軍人や日系ハワイ移民2世、空襲の経験者、学芸員たちが語る。, 1945年8月に広島と長崎の両市で被爆した“二重被爆者”に焦点を当てたドキュメンタリー。わずか300キロの距離にある2つの都市に投下された原子爆弾。現在も100名以上の二重被爆者がいるとされるが、その存在はほとんど知られていない。当時、長崎県で造船技師として働き、出張先の広島県でも被爆した山口彊さんをはじめ、7名の二重被爆者へのインタビューから、これまで明るみに出ることのなかった二重被爆の実態に迫る。, 91年の湾岸戦争以降、イラクでは米軍が使用した劣化ウラン弾の影響で白血病やガンで亡くなる幼い子供が急増した。本作では広島・長崎の原爆、核実験、原発、劣化ウラン弾などで健康被害を受けた人々を「ヒバクシャ」と呼ぶ。, 陸軍省情報部の後援で、「上海」のスタッフが武漢攻略作戦に従軍して撮影したドキュメンタリー。戦闘シーンは少なく、戦い疲れた日本の兵隊と、残された中国民衆たちの悲惨さを冷静に描写したこの作品は、軍の怒りを買い、公開は禁止。さらに亀井文夫監督は、唯一戦争に批判的な映画人として投獄された。戦場で倒れる軍馬の生々しい姿が、厭戦の哀切を訴えてやまない。, 出征先の東南アジアで第二次世界大戦終戦を迎え、現地に残った未帰還兵たちの生の声をとらえたドキュメンタリー。家庭を持ち、現地で生活を営む未帰還兵たちが、日本へ帰らなかった理由を語り、生々しく衝撃的な戦争体験を告白する。, 太平洋戦争中、日本の委任統治下にあったマーシャル諸島では、約2万人の日本兵が命を落とした。その一人、佐藤富五郎さんは1945年4月、補給が絶たされたことによる飢えで亡くなった。, 第2次世界大戦時に日系人で編成された部隊・アメリカ陸軍442連隊に迫るドキュメンタリー。人種差別と戦いながら、父母の祖国・日本と戦う苦悩と葛藤(かっとう)を抱えた兵士たちの揺れる心を、当事者たちの証言でつづっていく。, ドイツの侵攻を受けたロシアが、やがて反撃に転じ、ベルリンを陥落させるまでを描いた戦争映画。戦争に参加した青年のエピソードをからめて描く。, 2007年から2008年にかけてアフガニスタンに駐留したアメリカ陸軍小隊を取材し、第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『レストレポ前哨基地 Part.1』の第2弾。戦闘が激しいコレンガル渓谷に派兵された兵士たちに取材し、戦地の映像とインタビューにより彼らの内面深くに迫る。. 全米では、2001年9月11日の同時多発テロとその後のアメリカのアフガニスタンへの侵攻などを受け、本作の再評価の動きが活発化。2002年6月25日にデジタル修復版マスターを使用したクライテリオン・コレクション版DVDが発売されてベストセラーを記録。2009年2月13日には全米劇場でのリバイバル上映が開始された。 上映用のマスターは映画科学アカデミー所蔵の35ミリ・フィルムから作成されたハイビジョン・マスターを使用したノーカット無修正完全版。2010年の公開はDVD上映だったが、今回は初のハイビジョン素材(BD)での上映となる。 Copyright © 2006 - 2020 JACK & BETTY CINEMAS. ベトナム戦争の最前線の写真で多くの賞に輝いた報道カメラマンの沢田教一の足跡をたどったドキュメンタリー映画が、没後50年に合わせて11月3日から東京都写真美術館で再上映される。 All Rights Reserved. ... (「Platoon」「ハンバーガーヒル」「フルメタルジャケット」のようなベトナム戦争映画とも違う。) ベトナムの歴史に関心のある方、ベトナムと何らかの縁のある方には、教養として役立つと思う。 続きを読む . 第92回アカデミー賞®<脚色賞>授賞 ドキュメンタリー映画『ベトナム戦争の記録』〜2018を振り返る〜 Music; 想うこと; 2018-12-22. ベトナム戦争の最前線の写真で多くの賞に輝いた報道カメラマンの沢田教一の足跡をたどったドキュメンタリー映画が、没後50年に合わせて11月3日から東京都写真美術館で再上映される。 ※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。, http://heartsandminds.eden-entertainment.jp/site/. また本作は、「地獄の黙示録」や「ディア・ハンター」、「プラトーン」など、70年代後半以降に数多く製作されたハリウッドのベトナム戦争映画の傑作群にも多大な影響を与えた、映画史的にも重要な作品である。 Copyright (c) FIRST MADE All Rights Reserved. takashidesign1985 さんのプロフィールを Facebook で表示, 103156228500038955496 さんのプロフィールを Google+ で表示. ドキュメンタリー映画. ベトナム戦争での知られざる激戦を、オーストラリア映画界が総力を結集、ハリウッドスタイルでリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画となっている。 『ジョジョ・ラビット』(公開中) (C)2019 Twentieth Century Fox. 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 公式サイト: http://heartsandminds.eden-entertainment.jp/site/, ベトナム戦争終結40周年。アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞に輝くドキュメンタリー映画の最高傑作!, 【原題】Hearts and Minds 【監督】ピーター・デイビス 1974年/アメリカ/112分/エデン/DCP上映, インドシナ戦争後の南北分断に端を発する戦争勃発の原因、アメリカの政治家や官僚たちのエゴイスティックな大義と、1000年以上に渡って他国の侵略を受けてきたベトナム人たちの怒り、最前線から帰還した兵士たちの生々しい証言、村を焼かれ、子供を殺されたベトナムの人々の叫び…。なぜ、アメリカはベトナムと戦うことになったのか? そして、彼らはそこで何をしたのか? そこでの行為はどんな結果を生み、どんな影響を及ぼしたのか? 映画はアメリカ、ベトナム、大統領から庶民まで、賛成派、反対派、戦争を体験したあらゆる層の人々の証言を積み重ね、無意味な戦争の真実を浮かび上がらせていく。 ▼作家の永井荷風は東京の見知らぬ裏町を散歩するとき、江戸時代に作られた江戸切絵図(地図)をいつも持って... 2011年、東日本大震災による自粛ムードや風評被害による観光業への影響は計り知れないものでした。同年の... 群馬県内のがん診療を中心的に担う17病院で1~9月に行われた4部位(大腸、胃、乳、肺)のがん手術数は3... ベトナム戦争の最前線の写真で多くの賞に輝いた報道カメラマンの沢田教一の足跡をたどったドキュメンタリー映画が、没後50年に合わせて11月3日から東京都写真美術館で再上映される。五十嵐匠監督は「カメラとベトナム戦争に生きる意義を見いだし突き進んだ姿を今の若者に見て感じてほしい」と呼び掛けた。, 映画は1997年に劇場公開された「SAWADA」。沢田が70年に、カンボジアで取材中に銃撃され、34歳で死去するまでに撮影した写真を交え、沢田の生涯に迫る。, 沢田は青森市生まれ。米UPI通信で戦火を逃れて川を渡る親子を撮った「安全への逃避」でピュリツァー賞を受賞した。, JO1、1stアルバム『The STAR』表題曲「Shine A Light」のMV公開 時間や時代を超えてメンバーが交わる, ENHYPEN、夜明け直前の青い空を背景にしたソロコンセプトフォト「DAWN」公開, 医療・食・農・福祉の新鮮情報紙「元気+らいふ」10月号vol.55をアップしました. ベトナム戦争終結40周年。アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞に輝くドキュメンタリー映画の最高傑作!【原題】Hearts and Minds /【監督】ピーター・デイビス /1974年/アメリカ/112分/エデン/DCP上映 59年から75年に起こったベトナム戦争の発端から終わりまでを克明に辿ったドキュメンタリー。実在の兵士の体験談や実際の戦闘、爆発の映像を交えつつ、戦争の起こった経緯とその凄惨さを明らかにする。第1話「泥沼化」から第8話を収録。, 20世紀後半の最大の惨事の1つであり、その種々の要因は今日に至るまで人々を困惑させた“ベトナム戦争”。どのように始まったのか?米国がベトナムに関与した大義名分は何か?結局、回避できる可能性はあったのか?詳細な内容であの衝撃の戦争の発端から終わりまでをありのままに辿るドキュメンタリー。特典ディスク付き5枚組。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ベトナム戦争終結40周年。アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞に輝くドキュメンタリー映画の最高傑作!【原題】Hearts and Minds /【監督】ピーター・デイビス /1974年/アメリカ/112分/エデン/DCP上映 最近、ちょっとNetflixで時間を見つけては見ているドキュメンタリー映画『ベトナム戦争の記録』 タイトルの通り、ベトナム戦争を題材した映画なんだけど、実際に僕が … 最近、ちょっとNetflixで時間を見つけては見ているドキュメンタリー映画『ベトナム戦争の記録』, タイトルの通り、ベトナム戦争を題材した映画なんだけど、実際に僕が訪れたホーチミンにある戦争証跡博物館に展示されていた以上の内容の濃い(目を覆いたくなるような描写の)映像やフィルムがそこには沢山収められていた。, 当時のアメリカ軍と、NFL(ベトコン)の体験談が記録された貴重な映像、音声、インタビュー内容。, ひんやりと冷たい鉄の塊は、今日もここを訪れた人に「戦争」の怖さを教えているんだろうな。, 一人でバイクを走らせて向かった先にあった、嘘のように美しかったダナンビーチのサンライズ。, だけど、そんな美しいこのビーチに、あの1965年に訪れた第3海兵水陸両用軍。 アメリカは地上戦闘部隊3500人をダナンへ上陸させた。, 1963年6月11日、ティックはスカイブルーのオースティンに乗って政府に対する抗議活動のためにサイゴン(現在のホーチミン市)に向かった。, ティックは姿勢を崩すことなく車を停めると、すすり泣く学生にガソリンを体中にかけさせ、マッチを擦った。, 映画の挿入歌でも60〜70年代を代表するボブディランや、ローリング・ストーンズ、などの曲が使われているんだけど、個人的にベトナム戦争で最も印象的な曲はCCRの「Have you ever seen the rain?」に及ぶものはないと思っている。, 結局のところCCRのジョン・フォガティはこれは反戦歌ではない。と後のインタビューで言っているけど、真相は定かではないと思っている。, アメリカ人である彼らが、泥沼化している渦中の戦争に想いを馳せないはずがないと僕は考える。 それは、これまでの音楽、映画、伝記、にもベトナム戦争がこびりついている。, ジョン・フォガティはこの曲を反戦歌だと認めたら非国民だと野次られるのをおそらく恐れていたのでは?ないかとさえ思う。, でも真相はあの時代、あの戦争を行った人にしかわからないのではないではいか。と思う。, 和訳が少しばかり、個性的だけど切り取り方としは非常に訴えかける構成で編集されている。, 今年はプライベートを含め、本当にこのシンプルなことに向かわせられた日々が多かったように思える。, いつか風化していってしまいそうなこの旅の思い出も、ゆらりと揺れたホイアンのランタンも。, 僕は彼と出会って、家族というもの。前を向いて生きるということ。を再認識させてもらった。. アカデミー賞 (1975年・長編ドキュメンタリー映画賞) 第47回アカデミー賞でドキュメンタリー長編賞を受賞し、数多くのベトナム戦争映画に多大な影響を与えたドキュメンタリー。さまざまな証言や取材映像を通し、ベトナム戦争の真実に迫っていく。  日本では全米初公開当時は劇場公開が見送られ、1975年9月5日にNET(現テレビ朝日)が夜の11時15分からテレビ放映し大反響を巻き起こした。 Written by Takashi Yamanaka. 50年前、ベトナム戦争で報道カメラマンとして戦場に散った沢田教一。 彼の生涯を綴ったドキュメンタリー映画『SAWADA 青森からベトナムへピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死』が、24年の月日を経て、再び35mmフィルムで、11月3日(火・祝)よりスクリーンに蘇ります。