交渉開始の解禁年齢とかは有りますか? ブラジルは割と余裕を見せながらの突破に対して、アルゼンチンは 敗退もよぎった中でのぎりぎりでの突破。 この両者の違いは何なのか。 それは、なに、そう大きな違いではなくただ単に、一人選手が いるかどうかの違いだ。 もし欧州や南米の人にそう言われると、少し違和感を覚えるのではないだろうか。私なら「全然アジアサッカーについて知らないんだな」と感じる。ただ私達日本人の大部分もまた、「南米サッカー」と大まかにしか捉えられていないのは、やはり私達もまた南米サッカーについて全然知らないからなのだ。, 今回はそんな南米の中でも世界最高の2強とされる、ブラジルとアルゼンチン、そして日本を含めた3国のパスやトラップの違いについて比較し、探究していく。, まずはトラップ、ファーストタッチの違い。勿論どの国であっても様々なプレースタイルの選手がいて、指導者がいる。状況によってもファーストタッチが変わるという前提はあった上で、あくまでもその中での各国に多い傾向、というのは頭に入れて話を聞いて欲しい。, まずは日本のファーストタッチの考え方はどうだろうか。私の印象としては、なるべく1タッチや2タッチの少ないタッチ数でパスを繋ぎ、またボールを保持するために横パスやバックパスも多い。, 細かいパスを繋ぐので、頭の回転を速くし、まるでジャズの様に瞬間瞬間の即興の連続。そのため、すぐにパスを出せる位置にトラップするか、1タッチ目でパスする事も多い。, ではアルゼンチンはどうかと言うと、アルゼンチンの選手はまずボールを持ったら相手を抜きにかかろうとしてくる選手が日本と比較した場合に多い。, 例えばボランチの選手がボールを受けても、まずはドリブルで抜けないか?抜き切らないまでも相手の体勢を崩してパスコースを作れないか?自分がボールキープする事でタメを作り、味方を走らせてスルーパスを通せないか?を考えている。, ボールを受ける前にも次のプレーを考えているが、ボールを受けた後も微妙に変わった状況に対応して考える。もっと言えば抜きにかかる事で自分で状況を変えてしまう。, 抜きにかかるため、ファーストタッチはすぐにボールに触れる足元にボールを置き、体でブロックしながらキープする。, サッカーに答えはない。日本とアルゼンチン、どちらのトラップの仕方が正しいかは分からないし、正解はない。, ただし、日本人選手の中には「ボールを受ける前に素早く考える」はずが、「ボールが来た後は考えない」という思考放棄になってしまっていないか、自問自答すべきだ。, それではブラジルのファーストタッチはどうだろうか。ブラジル人選手は比較的にボールを受けたら自分の少し前、ロングボールやドリブルがし易い位置にボールを置く事が多い。, ボールを受けた時、日本と比較するとドリブルを狙ってくるし、アルゼンチン同様トラップした後もボールキープしながら次のプレー考えている。, しかしアルゼンチンよりはボールの置き所は少し前になる傾向がある。ロングパスを狙っているからだ。ドリブルで抜きにかかってくる割合は、筆者の感覚だと日本5、ブラジル8、アルゼンチン10といったところだろうか。, アルゼンチンと日本を比較した時と同様、ブラジルと日本の場合もまたどちらが正解とは言えない。, ただ一つの意見として参考にした時に、日本で高校生の時から10年ほどプレーしているブラジル人の友人には、「日本はもっとロングパスも狙うべきだが、ミスを恐れている印象がある」という話をされた。, コリンチャンスの選手として2000年に第一回クラブW杯を制し、世界一に輝いたDF、バタタ氏も、Itu cup2017で日本の高校生を指導した際にはSBから対角線のFWへのロングパスを指示していた。この時の通訳は筆者だったためによく覚えている。, トラップ時にロングパスも出せる所にボールを置くからこそ、相手はロングパスを警戒してディフェンスラインを下げ、結局はスペースを生み出しショートパスも繋ぎ易くなる。ショートパスしかないと分かれば相手はプレスに来る。, 対角線へのロングパスは通れば大チャンスを生むが、通らなくても相手への牽制になるのだ。, または逆にショートパスしかないと思わせたところにいきなりのロングパスを入れると、一撃必殺の武器になるかも知れない。そういった使い分けをする事でまた一歩世界の頂点に近付く。, 次はパス観について考察する。前章でも述べた様に、一つの国の中にも多様性があるという事はもう一度記述しておく。その中で日本・ブラジル・アルゼンチン各国の大まかな傾向には面白い特徴がある。, 日本のパスの感覚としては、パスの出し手はパスの受け手の足元に正確にボールを配給する事を大切にしている。, 基本的にはグラウンダー、ゴロのパスを推奨している。何よりパスの出し手が正確なパスを出す事を求められ、パスの受け手がトラップし易い。パスの出し手の方が努力を要する印象がある。, 次にアルゼンチンのパターンを見てみる。前章でも述べた通り、アルゼンチンではパスを受けたらまずは相手を抜こうとしてくる。, そのため、パスはドリブルが出来なかった時の次のオプションとなる。「ヤバい奪われそう」となった時に、奪われるよりはチームでボールを保持した方がマシなのでパスを出す。, そうすると実はパスの質は低い場合も多い。受け手の利き足まで考える余裕はなく、とりあえず「あの辺にいる味方にパス」という様な雑に見えるものもある。, ドリブルを重視した事によるメリットもあれば、こういったデメリットもある。しかしアルゼンチンでは多少のパスの質がどうであれ、受け手も上手く処理する技術が求められる。, 日本とは逆で、パスの出し手よりも受け手が努力と技術を必要とされるのだ。多少のパスのズレは受け手がどうにかしてくれるからこそ、今ボールを持っている人が全力でドリブルに挑戦出来る。, 正解というわけではないが、これも日本にはあまりな考え方の一つなのだ。頭の片隅に置いておくだけでもサッカーの価値観が広がる。, 指導者目線の筆者だけでなく、雑草から日本代表に這い上がって話題になった加藤恒平氏も似た事をインタビューで語っていた。, 筆者は以前、アルゼンチンのプロ選手がJリーグ挑戦したいという事でサポートをした事がある。, 足元の技術に長け、ドリブルはJリーガー以上だった。しかし、アルゼンチン選手はまず抜きにかかるために、1タッチで繋ごうとする日本人選手とパスのタイミングが合わない。, 日本人選手がサポートに入った段階ではまだアルゼンチン人選手は抜きにかかっていて、逆にアルゼンチン人選手がパスをしたいタイミングになると日本人選手は足が止まっている。, パスをしても日本人選手は受けられず、また逆に日本人選手からしてもパスミスに見えただろう。, 選手レベルは同じでも、サッカー観が違い過ぎたのだ。逆に日本人である筆者もアルゼンチン人に混じってサッカーをすると、タイミングのズレを起こしてしまった事がある。, 筆者には「パスが遅いアルゼンチン人のせいだ」と見えたが、もしかするとアルゼンチン人選手は「せっかくタメを作ったのにあの日本人が走っていない」「あのくらいのパスもトラップ出来ない」と思っていたのかも知れない。, 悪い事ばかりではない。逆にこのタイミングの違いを知り、味方と適応させられれば、一つのアクセントとしてまた別世界のサッカーを見せられる可能性がある。, 1タッチのパスに対応していたら急にドリブルで仕掛けてくる選手が混じっている。ドリブルを止めようと注目していたら、違う選手が裏に走っているのに気付かない。パス回しにも速いだけでなく緩急がつき、より疲れさせられ、対応の難しいポゼッションとなる。, ブラジルのパスも受け手にとって難しいものがある。基本的には受け手にもトラップし易いパスという共通概念はあるものの、日本に比べるともう少し自由だ。, ブラジル人は浮き玉やループパスもよく使う。アルゼンチン同様、パスの出し手だけでなく受け手にも技術が要求される。, 余裕がある時には受け手にも優しいパスが推奨される一方、それに固執して創造性やイマジネーションを失う事を避ける。, ループ気味にした方がパスが通りそうなら、遠慮なくループパスを出す。戦術ボードの上ではサッカーは平面・2次元に見えるが、実際には立体・3次元なのだ。, また、サッカーが手を使えない事や、人体の特性上、腰や肩、頭の隣を通されるとDFはなかなか反応し難い。, そのためにパスの受け手もまた浮き玉を上手く処理する能力が必要。受け手の努力があるからこそ、パスの出し手の選択肢を広げ、クリエイティブな能力を上げる。, ブラジルでも基本的には受け手にも優しいゴロのパスが推奨されているのは同じだ。だが我々日本人がその基本を真面目に守り過ぎ、イマジネーションを失っていないか、気を付けなければならない。, 繰り返しになるが、ここで述べたパス観・トラップ観はあくまでも傾向の話である。選手のプレースタイルや、試合毎の状況によっても異なってくる。また、ブラジルやアルゼンチンが絶対の正解として提示しているものでもない。, 結果を出し、世界の強豪とされる2か国なので無視は出来ないが、日本にも日本のやり方がある。, ただその中で、我々日本サッカーが更に強くなるために、異質な価値観を提供した。上手く取り入れながらより良いサッカー観を作り上げていきたい。, または自身が取り入れなくとも、世界と対戦する時にはその価値観を理解していると対応も考えられる。相手に勝つには相手を知る事も大切なのだ。, 世界のサッカー強豪国に学ぶ アルゼンチンサッカーの根本https://fcl-education.com/training/performance/world-junior-football-argentina-soccer/ブラジルサッカーの育成から学ぶhttps://fcl-education.com/raising/independence-coaching/football-brazil-soccer/, 小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのカンボジアンタイガーの全身クラブやラオス代表チームで研修の後、ブラジルへ渡り、ブラジル1部Atlético ParanaenseのU14でアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。2017年はブラジル1部のECバイーアで研修生指導者からプロ契約を目指している。ペルー1部のアリアンサ・リマや、メッシを育てたアルゼンチン1部のニューウェルスなどでの研修歴も。, twitter:http://@HenzanRyotamail:ryota_henzan@yahoo.co.jp, Football Coaching Laboratoryはサッカー育成年代の指導をする際に必要な情報を 3 ダントツ激戦区静岡予選を突破。 ただその行動と私に対して報告してくれた内容に違いがあ... パズドラについて質問です。炭治郎2体目と、無惨2体目と、煉獄1体目どれがいいですかね?やっぱり持ってるキャラによりますか?, パズドラで、炭治郎テンプレを作りたいんですけど、何をどう組めばいいのか分からないので、誰か組んでいただきです。よろしくお願いします。, パズドラ初心者です。 サッカーは国によってスタイルが異なる。 南米でもアルゼンチンとブラジルはプレースタイルも違えば、選手個々の特徴も全く異なるのだけれど、そのサッカースタイルの違いについて考えてみたい。 ブラジルにはシザースという伝統的なフェイントがある。 ブラジル・アルゼンチン・日本のパス感覚の違い. 5 得点王(サントス) サッカーの代表でアルゼンチンスタイルとブラジルスタイルの違いは、何ですか? アルゼンチンはワンタッチでのパス回しが主体で、ブラジルは個人技主体の攻撃展開をする。 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? サッカーアルゼンチン代表(スペイン語: Selección nacional de fútbol de Argentina )は、アルゼンチンサッカー協会(AFA)により組織されるアルゼンチンのサッカーのナショナルチーム。 ホームスタジアムは首都・ブエノスアイレスにあるエル・モヌメンタル 8 練習試合は他所の半分くらい。 帝京長岡 - 新潟明訓 2 無失点(静岡県予選含め)。 サッカーの強豪国と言えばブラジルやアルゼンチンといった南米の国も多いですがなぜ南米サッカーは強いのか?どういった育成方針を教育で心掛けているのか、理由を徹底的に考察していきます! 三田学園 - ... 高校サッカー選手権史上、最も強烈な印象を残した初出場校は、「東海大一高」ですか?理由 9 派... 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 いわきFCにバスケスバイロンが復帰しましたけどこれでJ3上がれますか?てかバスケスバイロンはヴェルナーみたいにJ1で20得点くらいしてチェルシーに70億円で引き抜かれる実力ありますか? 学法石川 - 聖光学院 ドイツ、フランス、イギリス、スペイン、ポルトガル、オランダ、イタリア、カメルーン、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ…, サッカーはヨーロッパのイギリスが起源とされているのでヨーロッパの国々が強いのはある意味当然かと思います、歴史が長いですからね。, しかしヨーロッパ以外だと南米のブラジル、アルゼンチンといった国も上位に挙がります。, ブラジルに至っては過去にW杯で5回も優勝を誇っています、日本も最近は全然勝てていないです。, 50歳Jリーガーの三浦知良も学生時代にブラジルに移籍してプロを目指そうとしましたが、改めてなぜ南米のサッカーが強いのでしょうか?, 理由を探ってみるとサッカーの歴史やフィジカル面、さらに指導方針なども日本とは大きく違っていました。筆者の視点も交えて考察していきます!, サッカーというスポーツが誕生した国はイングランドと言うのは有名ですが、そのサッカーが南米に伝来したのは19世紀末頃だと言われています。, この時期にちょうどヨーロッパ各国で国内リーグが普及していったのですが、同時に植民地支配されていた南米各国にもクラブチームが普及し定着していきました。, 1924年にはウルグアイがオリンピックで初優勝を飾るなど徐々に強さがヨーロッパ勢に追い付いていきます。, 意外かもしれませんが南米でサッカーが最初に普及したのがウルグアイで、ブラジルやアルゼンチンはむしろ第2次世界大戦後にウルグアイを追いかける新興勢力的な存在でした。そのためウルグアイはよく古豪と呼ばれています。, 国内リーグの浸透とプロ化の速さという意味では南米各国ともにヨーロッパの次に早いので、日本のJリーグとは比べ物にならない訳です。, ブラジルではもはやサッカーが国技と化すほど浸透しています。W杯出場はもはや当たり前になっていますが、その分国民からの期待も高すぎるので優勝を逃しただけでブーイングや暴動が起きるのも珍しくありません。, 南米と言うのは日本とは違って高温多湿な国が多いです。特にブラジルに至っては国土の93%が熱帯に属していて、平均気温も20度前後とかなり高めです。, 日本でも夏の間はかなり高温になりますが、それでも冷房が効いた屋内でスポーツができたり、冬の間は高温多湿にならないので気候的にも南米とはかなり違ってきます。, 幼少期から高温多湿な環境で長くプレイすることで後述するフィジカル面の強化も有利になります。この気候の違いについては地理的な要素なのでどうしようもないと言えますね、慣れるには南米に移住するしかないです。, ブラジルやアルゼンチンは今でこそ新興国に分類されて、昔に比べると経済規模が上がって豊かな人が増えましたが、それでも先進国と比較すると貧富の差がかなり大きいという現実があります。, ブラジルに訪れてみたら道端や広場でサッカーを楽しんでいる子供を目にする機会が多いです、しかも裸足でプレイしている子供も少なくないです。, ボール1個だけで出来る手軽なスポーツというのがサッカーの最大の売りなので貧困層の子供達の間にも広まっています、また裸足でプレイすることで靴を履いてプレイするよりもテクニック面がより磨かれるとされています。, 今やブラジルやアルゼンチンはW杯常連国となりましたが、それと同時に数多くの名選手がヨーロッパの強豪クラブに移籍できるチャンスもあります。, もちろん日本でもサッカーで成功することは日本代表に選ばれてW杯に出場できるという大きな夢であることに変わりありません。, しかし日本では他にもいろいろなスポーツがあったり、学業と両立しなければいけない面もあったり、そもそも南米に比べてそれほど生活に困窮している子供の数が多くないのでやはりハングリー精神や練習量も全然足りなくなります。, 子供の頃から唯一の楽しみがサッカーであり日々ストリートサッカーをプレイしてきた南米の子供達とは決定的に違うわけです。ハングリー精神とフィジカル面の両方が合わさると勝てる要素がなくなります。, 受験勉強で例えるなら高校1年の頃から勉強を続けている生徒と3年生から猛勉強している生徒では成績が全然違ってきますが、それとよく似ていますね。, よく日本サッカーとの最大の違いとして挙げられるのが”フィジカルが違う“という点です。, フィジカルとは英語で”physical”、日本語で「身体の、肉体の」という意味でスポーツの世界ではよく使う言葉です。, 90分間も長い距離走り回って相手の裏をついてボールの奪い合いを繰り返すので体力面が弱いと話になりません、そして奪ったボールを相手チームのゴールに入れないと勝てません。, そのためにはより強い体力と相手を騙すテクニックや技術を学んで身につけないといけません、この点で圧倒的に勝っているのが南米サッカーの強みと言えるでしょう。, 日本のサッカーと比較するとよくボールを奪う際のフィジカル面が弱いと指摘されていますが、その理由は根本的に指導方針が違うからだとされています。, 日本ではトップリーグであるJリーグでも南米と比べて球際の攻防や激しさが不足していると指摘されています。, 高い技術を伴ったパス回しを意識したスペインみたいなサッカーを心掛けているように見受けられますが、その分相手からの意表を突いたプレイや激しい攻防にどうしても弱くなります。, 南米のサッカーでは幼少期から長いフィジカルトレーニングを欠かさないとされています。, 10歳の頃から走り込みや腕立て伏せ、また互いに肩で激しくぶつかりあってダッシュするというトレーニングを頻繁にやっているそうです。それでいてファウルをしないような巧みなテクニック、さらに相手に絶対に負けないという精神力も鍛えています。, 簡単に言えば南米のサッカーは攻撃的に守るということを心掛けているということです。日本は素直に守るばかりに徹しているので強いタックルにどうしても当たり負けしてしまいます。, サンバと言えばブラジルのリオデジャネイロのカーニバルでも踊られる国民的舞踊ですが、その集団的人気は今や世界中でも高くなっています。, ドリブルでフィールド上を駆け抜けていく際は、頭の中で考えてはならず、音楽のリズムを奏でるのと一緒だというのです。, ブラジルの選手はサッカーをしない時でも体を揺らすと言いますが、こういった身体操作やサンバの環境に慣れ親しんだ期間の長さが今の南米サッカーの強みとなっているのです, ※三浦知良選手もゴールを決めた際にはカズダンスを踊るのが有名ですが、このカズダンスもブラジル時代に見たサンバの影響を受けています。, なんだかんだで日本とはやはり環境が全然違うということです、まだまだ当分追い付けそうにないですね。, もし将来自分のお子さんを世界に通用するプロサッカー選手に育て上げたいなら、幼少期からサンバのリズムをたくさん学ばせるべきですね(*’ω’*), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 彼らはフットサルみたいにゴールエリア内でコロコロ、ボールを転がしスペースが空いたらパスしてシュート。 2019.05.14 ´ç¿’する猫, 新型コロナウイルス感染症対策分科会. 2月上旬、東京五輪サッカーの南米予選、2020conmebolプレオリンピックがコロンビアの3つの都市で行なわれた。スピード、テクニック、創造力の三拍子がそろっ…(2020年2月19日 6時10分23秒) これで毎回失点します。ていうか、守備無理です... なんで引退するのですか?J1の川崎フロンターレは1日にオンライン会見を開き、同クラブに所属する元日本代表MF中村憲剛が今季限りで現役を引退することを発表した。. 四日市工 - 三重海星 6 ラインスディフェンス&前進守備 第99回全国高校サッカー選手権大会地区予選決勝のカード、勝敗予想して下さい。青森山田 - 野辺地西 鵬学園 - 星稜 例えば極端な話、有望選手と小学校で契約することは可能ですか?, ブラウブリッツ秋田はJ2に昇格できるのでしょうか?ここから大失速するんじゃないかなと嫌な予感がします。. ブラジルのサッカー、現地の言葉でフチボウ (Futebol) は、ブラジルサッカー連盟によって統括されている。 男女の別なく盛んに行われているブラジルで最も人気の高いスポーツであり、国民的なアイデンティティである。 またフットサルやビーチサッカーも盛んである。 富山第一 - 水橋 サッカーが上手に、サッカーに詳しく、そしてサッカーがますます楽しくなるようお手伝いします。, 2019.01.05 上田西 - 松本国際 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス. ブラジルを代表するスポーツといえばサッカー。サッカーの大きな試合がある日は観戦のために町から人々がいなくなるといわれるほど、 大人 おとな も子どもも 夢中 むちゅう になるんです。サッカーの人気選手は子どもたちのあこがれの 存在 そんざい 。 専大北上 - 遠野 サッカーの強い国が、サッカーが強い理由はなんでしょうか? まったくの私見なんですけど、その謎を解くカギはずばり「お金」です。 サッカーの強い国は、サッカーとお金が大きく関係しているんです。 今回は、サッカーの強い国が、サッカーが強い理由を掘り下げて考えてみました。 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。 なんで日本サッカーって爆速力があるマネやサラー、ムバッペのようなWGや身長がありフィジカルが強く当たり負けしないホーランド、レヴァンドフスキ、ベンゼマなどが生まれないのですか? 日本のFWの選手って身長も小さく、スピードもなくフィジカルも無い。ただテクニックだけだからトップ下ばっかになる。(南野拓実、... FIFA21 難易度レジェンド勝てない。(キャリア)。毎回コンピューターにポゼッションされて、データを見たらコンピューターのポゼッション率が80%と毎回されます。 丸岡 - 福井商 次はパス観について考察する。前章でも述べた様に、一つの国の中にも多様性があるという事はもう一度記述しておく。その中で日本・ブラジル・アルゼンチン各国の大まかな傾向には面白い特徴がある。 昌平 - 武蔵越生 ブラジルの音楽といえば、お祭りを盛り上げる軽快なリズムのサンバが有名ですが、一方で アルゼンチンはタンゴが有名です。タンゴは緩急のあるリズムが特徴です。そんなタンゴのリズムのように、ワンツーと緩急のあるドリブルで相手の背後を陥れるのが、アルゼンチンサッカーの魅力の� 共愛学園 - 前橋商 それともしいわきFCがJリーグに昇格したらエンドンベレやグェントゥージなどの世界レベルの若手有望株を獲得するかが気になります... 遠藤保仁選手はなぜ急にジュビロ磐田に移籍したのでしょうか?また、シーズン中の移籍になれば給料の計算などはどのようになるのか気になっています。.    育成に関わる全ての人々に、総合的にお届けいたします。是非ご覧ください!, https://fcl-education.com/training/performance/world-junior-football-argentina-soccer/, https://fcl-education.com/raising/independence-coaching/football-brazil-soccer/. サッカー諸々bebetosuzu0722, FIFAランキングで上位(例えば5位以内に入るとか)経験のある国々が該当するのではないでしょうか。, 盛んであるとはどういう状態なのか、サッカーが大きなビジネスになっているということです。, リーグの収入、1クラブの平均収入の比較で各国のサッカーリーグの規模がわかると思います。, また、比較として日本のプロ野球、アメリカの野球とアメフトリーグの収入等も示してみました。, サッカーの4大リーグと言われているイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアにはこれだけのお金が使われているわけです。, 日本のJリーグの3~8倍ほどの規模になりますし、日本のプロ野球も4大リーグには及びません。, 日本よりも人口の少ない欧州各国が莫大な収入があるのは、サッカーへの価値感の違いによるものだと思われます。, このように、サッカーに対して使われるお金の規模が、サッカーの強い国の理由のひとつとして考えられると思います。, イングランド、ドイツ、スペイン、イタリア、フランスはこれに該当することになりますね。, サッカーに使われるお金が大きくなると、選手に支払われる給料も高くなりますから、良い選手が集まってきます。, 実際に世界各国のサッカー選手は、イングランドやドイツ、スペインなどのビッグクラブを目指します。, 世界のトップレベルにある選手たちが莫大なお金のあるリーグのクラブに集結しますので、, そこで、莫大な収入を得ている各国リーグでプレーしている外国人選手の数をみてみましょう。, ↑4大リーグのイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアの国外でプレーする選手は少ないことがわかりますよね。, 自国でプレーする選手よりも、4大リーグ、特に莫大な収入のあるイングランドでのプレーが目立ちます。, ベルギーは24人の登録のうち19人が4大リーグ+フランスでプレーしているということになります。, 国内リーグが4大リーグほどの収入のない国は、4大リーグでプレーする選手が多いということです。, では、なぜ4大リーグに莫大なお金が集まり、世界中のサッカー選手が4大リーグを目指すのか。, サッカーそのものがお金を生み出すという仕組み(ビジネスモデル)が出来上がっているからなんですね。, このサッカーがお金を生み出して、サッカーをとおしてビジネスができるという仕組みは、, 各国のサッカー事情、歴史、文化、生活スタイルなどをひっくるめて、サッカーに対する価値観が影響していると思います。, アメフト、野球、バスケはサッカープレミアリーグを超える莫大な収入を生み出しています。, アメリカのサッカー、メジャーリーグサッカーは日本のJリーグと同じくらいの規模です。, アメリカとヨーロッパの人たちのスポーツに対する価値観の違いがこのような状況を表しています。, アメリカでは、アメフト、野球、バスケット、アイスホッケーが親しまれてきて、人気があり、, 悪く言うつもりはありませんが、日本のアメフトやアイスホッケーはマイナーなスポーツの部類に入ると思います。, 繰り返しますが、この価値観の違いが、サッカーやスポーツがどれだけお金を生み出すかの違いであり、, サッカーがお金を生み出していること、お金を生み出しているところのサッカーに関わっていること、, それぞれのエリア、国でのサッカーへの価値観によってお金を生み出す仕組みが出来上がっているということだと思います。, サッカーが強い理由、それはお金です。どれだけのお金が使われて、どれだけ儲かっているかということが最大の理由です。, お金が集まるということは、サッカーにお金を使っても良いという人が多いということを表していて、, 有能な選手が生み出せたら、その選手を観にいく人が増え、放映も観てくれ、グッズも売れ、, それぞれの国民の生活に、サッカーがどれだけ影響しているのか、その度合いがサッカーの強さの理由だと思います。, 今回の記事が読んでくださった皆様のサッカーの楽しみにお役にたてればうれしく思います。, よかったら過去記事の<<サッカー選手にタトゥーが多いのはなぜ?日本人選手は?>>もご一読ください。, 金額を比較するするために2015年のデータをお借りしました。2018年に日本のJリーグは1000億円を超えています。参考. ダンジョンの中でしかできないんでしょうか?, パズドラのことについて質問させていただきます。現在開催されている鬼滅コラボキャラは、それぞれ何体ずつ確保すべきでしょうか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1255683032. JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, サッカーってドラフトがないけど、新人選手の入団はどう決まるのですか?早い者勝ちですか? 7 月曜は練習なし ブラジルサッカーと一口に言っても、広大なブラジルには沢山の人間がいて文化がある。 勿論サッカーはいつも同じ状況でもない。 その前置きはあった上で、日本ではゴールを守る守備、ブラジルでは日本よりも”奪いに行く守備”を重視している。 日本の守備が足を出さずに攻撃方向を制限しながら追い込んでいくのに対し、ブラジルはもう少し奪えそうなら独力でも足を出してボール奪取にトライする。 それしかないのではなくて、あくまで日本と比べた時の傾向だ。 日本では幼少期に「ボールに足を出 … 4 外国人留学生1号(サントス) 妻の嘘に気づいてしまった。追及すべきかどうか悩んでます。結婚2年目の夫婦子無しです。お互いフルタイムで仕事をしています。 聖和学園 - 仙台育英 ブラジルは割と余裕を見せながらの突破に対して、アルゼンチンは 敗退もよぎった中でのぎりぎりでの突破。 この両者の違いは何なのか。 それは、なに、そう大きな違いではなくただ単に、一人選手が いるかどうかの違いだ。 1 優勝した。 アルゼンチン文化の特徴を10個紹介していきます。宗教や食文化、スポーツや有名なマテ茶まで、アルゼンチンを理解する上で抑えておきたい特徴です。南アメリカ南部に位置する大きな国土を抱えるアルゼンチンは、隣のブラジルと同様に南米を代表する国家の一