市営地下鉄初期の車両は,「トンネルのなかでもよく見えるように」と選定されたウィンザーイエローの車体色が特徴的でした.この車体色から「黄電」(きいでん)という愛称で呼ばれてきました. 【構想から基本設計まで】 なお、本稿では300形の中間車として製造された800形についても記述する。 赤・青・黄・・・とカラフルに塗られたトタンの建物。労働者たちが踊ったアルゼンチン・タンゴが有名になり、今ではブエノスアイレスを訪れたらはずせない見所のひとつ「カミニート」があります。 「黄電」という名称に対し、冷房装置の搭載された新型車両のことを「銀電(ぎんでん)」と呼ぶこともあった。 1980年代以降、東山線・名城線とも冷房搭載の後継車両( 5000形 ・ 5050形 ・ 2000形 )への置き換えが進み、 2000年 ( 平成 12年) 4月11日 の東山線 300形 ・名城線 1200形 の運 … 黄電(きいでん)は、名古屋市営地下鉄東山線・名城線(一部は現・名港線)に在籍した車両群の愛称。, 1957年(昭和32年)11月15日に1号線(現・東山線)名古屋 - 栄町(現・栄)間が開業した。開業時に登場した100形は、名古屋市出身の画家杉本健吉が「暗い地下鉄内でも明るく見えるように」ということで採用した黄色1色(正確にはウィンザーイエロー)の塗装で登場した。この100形は、名古屋市民を驚かせ、いつしか地元の女子高校生によって「黄電」と呼ばれるようになった。, 共通の特徴として、網棚が非設置、非冷房[1]、蛍光灯が天井壁側に設置、全車電動車などがある。「黄電」という名称に対し、冷房装置の搭載された新型車両のことを「銀電(ぎんでん)」と呼ぶこともあった。, 1980年代以降、東山線・名城線とも冷房搭載の後継車両(5000形・5050形・2000形)への置き換えが進み、2000年(平成12年)4月11日の東山線300形・名城線1200形の運行終了を最後に全廃となった。, なお、黄電が消滅した現在も、黄電の塗色(ウィンザーイエロー)は現在も東山線のラインカラーとして、5000形[2]・5050形・N1000形もウィンザーイエローの帯が巻かれている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=黄電&oldid=79055081. 名古屋市交通局300形電車(なごやしこうつうきょく300がたでんしゃ)は、1967年(昭和42年)に登場した名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の通勤形電車である。かつて東山線で使用されていた。, 1967年(昭和42年)の東山線東山公園駅 - 星ヶ丘駅間開業時から1975年(昭和50年)にかけて6両編成19本(制御電動車300形38両、中間電動車800形76両の計114両)が製造された。先に登場した200形や中間車の700形や名城線1000形を基本としている。形態としては1000形を100形と同じ風洞を内蔵した屋根に変えたものである。ただし、前面の行先表示器は幕式ではなく、200形以前と同様の系統板式を継承している。, 東山線の車両としては初めて編成の全車両の客用扉が両開き式となった。塗装は100形・200形と同様の菜種色(黄色、ウィンザーイエロー)1色である。, なお、800形は700形710号以降と外観は同一だが、制御回路電圧の違い(100形・200形の36 Vに対し、300形は100 V)から併結はできなかった。, 1992年(平成4年)5月17日以降、5050形の導入に伴い、廃車が進み、2000年(平成12年)4月11日を最後に営業運転を終了した。最後の1往復が出発する際に藤ヶ丘駅(現・藤が丘駅)で営業運転終了のセレモニーが実施され、この模様は当日の夕刊でも報道された。同時に名城線1200形の営業運転終了により、名古屋市営地下鉄の黄電(非冷房車)は消滅し、全車両が冷房車となった。, また、1996年に廃車された内の2両(329+330)が藤ケ丘工場で牽引車として利用されていた[1]が、現存しない[2]。, SLA形 - FSA形 - LSC形 - 800形 - 900形 - LB形 - 1050形 - 1070形 - MB形 - 1150形 - BLA形 - BLC形 - 1400形 - 1500形 - 1550形 - 1600形 - 1700形 - 1800形 - 1900形 - 2000形 - 2600形 - 2700形 - 3000形, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=名古屋市交通局300形電車&oldid=80004095. 【∞∞】ブエノスアイレス地下鉄【黄電】 416コメント ; 158kb; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ula版★; 1 名無しの車窓から 2007/02/13(火) 08:33:24 id:a1rhlvzx. 営団丸ノ内線に走っていた500形や名市交に走っていた黄電が 活躍するアルゼンチンのブエノスアイレス地下鉄のスレです。 … ‚³‚ꂽˆÈŠO‚Í‘å‚«‚ȕω»‚Í‚È‚­A“ŒŽRüŽž‘ã‚̖ʉe‚ªF”Z‚­Žc‚éB. ブエノスアイレスの近郊列車には電車客車問わずたいてい自転車を持ち込む乗客のための車両が連結されていて驚きました。この路線の場合このように一般車両の座席をとっぱらっただけという感じです。 名古屋市交通局300形電車(なごやしこうつうきょく300がたでんしゃ)は、1967年(昭和42年)に登場した名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の通勤形電車である。 かつて東山線で使用されていた。. 3・4号車の連結面に新設された簡易運転台。前照灯・尾灯も追加されている。ブエノスアイレス地下鉄で先に活躍している「黄電」(300形・250形・1200形)の簡易運転台とほぼ同一の構造のようである(黄電も大阪車輌工業にて改造された)。