gcse.type = 'text/javascript'; gcse.async = true; 秋華賞は何度見ても降着とは思えなかったなぁ。 10: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/07(木) 20:16:25.16 ID:FL0Yu2190 おれのなかでの歴代最強牝馬だわ var cx = 'partner-pub-5546216651537332:9094064035'; })(); © 2020 ケイバペディア All rights reserved. All Right Reserved. 結果、G1_6勝馬であり、非顕彰馬なんだよね.  ちなみにオルフェーヴルはノーザンテーストの「3×4」。見方を変えれば最新の3冠配合となる“3×4の呪縛”だが、さて、単なるオカルトか、あるいは歴史は繰り返すのか。悩ましいところだ。(サラブレッド血統センター), ミッキーアイル、マイル5連勝でスピード傑出 エイシンヒカリ、“世界一”経験大物出現期待, 【オークス】“東京2400m・G1配合”デアリング 変則「隔世2代制覇」の大チャンス. 今年の秋華賞は、25回目にして ... よく3冠牝馬となったのだが、唯一、2位入線後3着降着となり、2冠に甘んじたのが09年のブエナビスタ。  さかのぼれば87年、当時は3歳限定戦だったエリザベス女王杯で牝馬3冠を逃したマックスビューティも大種牡馬ナスルーラの「3×4」。75年に3冠を確実視されながら、故障のため当時のビクトリアCに出走できなかった2冠牝馬テスコガビーも同じくナスルーラの「3×4」だった。 s.parentNode.insertBefore(gcse, s); Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. All Rights Reserved. Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 同馬の降着は2着から3着となった昨年の秋華賞に続き2度目で、確定前は勝利を疑わなかったクリストフ・スミヨン騎手(29=フランス)は意気消沈。 今年の秋華賞は、25回目にして初めて不敗の3冠達成が懸かる舞台となる。偉業に挑むデアリングタクトは“元祖モンスター”サンデーサイレンス3×4のインブリードを持つ初めてのクラシックホース。配合面からも画期的な存在であって不思議ではないのだが、実はこの「3×4」が牝馬の3冠目においては、かすかな不安材料でもある。 降着になるような事象をきたした時点で勝ててない訳だからね var gcse = document.createElement('script'); gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; どんな言い訳があったにせよクィーンスプマンテ、テイエムプリキュアに負けた時点でない, ダスカは元々勝てる競馬してたけどジェンティルもアーモンドも古馬戦になったらちゃんと前で競馬するようになった, 引用元:ブエナビスタG1 6勝 降着2回←これどう思う?【http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/keiba/1588848994/】. 1位に入線した圧倒的1番人気のブエナビスタ(牝4、栗東・松田博)が最後の直線で走行妨害を犯し、25分間に及ぶ長い審議の結果、2着降着となった。同馬の降着は2着から3着となった昨年の秋華賞に続き2度目で、確定前は勝利を疑わなかったクリストフ・スミヨン騎手(29=フランス)は意気消沈。G1の1位馬降着は06年エリザベス女王杯(カワカミプリンセス12着)以来3件目で、次走有馬記念で名誉挽回を懸ける。, 時間だけが過ぎていった。レース終了後、20分が経過しても、審議は終わらない。ジョッキールーム奥にある審議室。そのドアの上に赤々とともる「審議中」のランプ、確定しない着順。ローズキングダムの武豊と橋口師が事情聴取された後、午後3時42分にブエナビスタのスミヨンが呼ばれた。そして44分には、外ですでに関係者と勝利の握手を交わしていた松田博師も呼ばれた。5分後、審議室から裁決委員3人のうちの1人が出てくる。ホワイトボードの1着の位置に書かれていた「16」の馬番が赤ペンで囲まれ、2着の位置に矢印が書かれた。降着が決まった。3時49分。発走時刻から30分近く経過していた。, 単勝1・9倍の大本命馬は前を次々に抜き去り、2馬身近く離して1位入線と力を示した。スミヨンはゴール後に観客をあおり、もっと歓声を上げるよう腕を回した。ウイニングランから脱鞍所に戻ってきた時も、馬主ら関係者に同様に促し、ジャンプして馬の背から飛び降りた。天皇賞を勝った時よりも、はるかに激しい勝利のアピール。ところがまさかの結末が待っていた。, 直線で内に切れ込んだ際に、前にいたローズキングダムの走行を妨害。最初の斜行で接触したが、2度目の斜行の罪が重かった。完全に前をカットして、武の体勢が崩れた。12月12日まで2週間の騎乗停止処分を受けたスミヨンは「内から1頭来た馬が、豊の馬に当たってこっちに来たことで、手前を急に替えてしまった。それで、よれてしまった。関係者に迷惑をかけてしまった」と謝罪した。, 昨年の秋華賞に続くG1・2度目の降着は前例がない。6冠はお預けで、秋の古馬G1・3連勝で得られる2億円ボーナスの夢も消えたが、トレーナーは騎手を一言も責めなかった。「降着は仕方ない。スミヨンは自信を持って乗った。それでいい」。そして裁定を受け入れた上で、審議を長引かせた裁決委員に不満をぶつけた。「何で自分らで決めないんだ。何でおれを呼んで聞くんや。だからあんなに時間がかかるんだ」。続けて「有馬記念? あんまり気分が悪いと使わないかもしれん」とまで言った。もっともその前に「スミヨンがいる間に、もう1回乗せてやらないとな」と気遣っていたことから、馬体に異常がなければグランプリには使う方向だ。, レース終了40分後。東京競馬場内の厩舎には、引き運動をするブエナビスタの姿があった。時折立ち止まり周囲を見回す。「勝ったのが分かっているんや」と松田博師は言う。勝ったはずなのに表彰式も写真撮影も、観客の声援すらもらえない。女王の姿が痛々しかった。【三上広隆】, 【自転車日本一周じゃなく日本半周、の回想】 『クイズおたくと呼ばないで』@埼玉県さいたま市. (function() { 秋華賞は何度見ても降着とは思えなかったなぁ。 10: 名無しマン 2020/05/07(木) 20:16:25.16 おれのなかでの歴代最強牝馬だわ  桜花賞、オークスを制して秋華賞に出走した馬は過去に5頭。そのうち03年スティルインラブ、10年アパパネ、12年ジェンティルドンナ、18年アーモンドアイは首尾よく3冠牝馬となったのだが、唯一、2位入線後3着降着となり、2冠に甘んじたのが09年のブエナビスタ。統計的には5分の1の失敗例となってしまった同馬は英3冠馬ニジンスキー「3×4」の近交馬だったのである。 var s = document.getElementsByTagName('script')[0];