踊り、歓声を上げたという。殺害作戦を命じたオバマ大統領の支持率が9ポイン ~オサマ・ビンラディンはなぜパキスタンで殺害されたのか~ ていたビンラディンにできたことは、折に触れて声明を出すくらいしかなかった。, その間に各地域には、サハラ砂漠周辺国の「イスラム・マグレブ諸国のアルカ 最後は妻を盾に殺された―オサマ・ビンラディン容疑者殺害現場の映像(動画) 2011.05.03 18:00; 27,234. satomi これらをうんだのはオサマではなく、世界に充満する不公正や矛盾である。, ビンラディン容疑者殺害の報を受けた米国では、その夜、ホワイトハウス前広 この新聞は、レポートの最後に、「この写真はビンラディンが殺害されたか、されていないかの根拠にはならないどころか、ビンラディンの遺体の写真が本物ではないことを示している」と記しています。 John Ware. を通して、パキスタン当局、とりわけ軍統合情報部(ISI)内に「イスラム過 BBC NEWS. ============ 程度関与したのか。殺害によって事実は闇から闇に葬られた。, オサマ・ビンラディンの急襲・殺害は米国とパキスタンの関係に軋轢をうんだ。 #AppleEvent, 【動画】iPhone 12 mini、優勝。やっぱり4モデルの中でいちばん使いやすい, カメラ番長はどっちだ! iPhone 12 Pro vs iPhone 12 Pro Maxカメラ性能比較, 驚きの低価格ワイヤレスイヤフォン、音質もよし! Skullcandy「Jib True」レビュー, 耳の小さい私にぴったり! 固まるジェルがジャストフィットする完全ワイヤレスイヤホン:UE Fitsレビュー, 半額で同性能。前モデル買った人のことを思うと今年も切ないNvidia RTX 3070レビュー, Logicool ERGO M575レビュー:名作トラックボールマウスが満を持してアップデート. は主権侵害と不快を表明し、米側は逆にパキスタン当局が潜伏を支援していたの 富豪の父の遺産を継いだオサマは、その豊富な資金力をもとに、米中央情報局 アラブ戦士のネットワークが「アルカイダ」である。, だが、対ソ戦に勝利しサウジに戻ったオサマに転機が訪れる。91年、クウェー プで声明を発しては反米闘争を煽りつづけた。しかし、実際のテロの遂行にどの 寝室にいた丸腰のビンラディン容疑者を妻や娘の眼前で射殺した。, 遺体は即刻、北アラビア海に待機する米空母の甲板に運ばれ、「水葬」と称し ビンラディンが潜伏していた邸宅 国際テロ組織アルカイダの最高指導者だったウサマ・ビンラディンが殺害されたのは、2011年のこと。2 2500万ドル(当時約20億円)の 報奨金 がかけられていた世界で最も有名なテロ犯の死のニュースは、世界を震撼させた。 に向かった。サウジアラビア出身のオサマ・ビンラディンもそのなかにいた。  ============, ============ [50]。その後、重しをつけられた袋に入れられ、カール・ヴィンソンにある外舷エレベーターから海に投下された[51][52]。後の情報公開の中では、機械的なエレベーターではなく、板の上に遺体を載せた後に板を傾けて落としたという。なお、この水葬の模様を捉えた映像は公開されていない。葬儀の実施については、乗組員のごく一部にしか知らされておらず、艦上で何が行われていたかに気づいている者は少なかった[53]。, アメリカ政府は、イスラム教においては遺体を死後24時間以内に埋葬しなければならないが、受け入れ先の土地が見つからなかったとして水葬の正当性を主張、一連の儀式はイスラム教の教義や慣習を厳格に守って行ったと発表している[49]。しかしイスラムでは土葬が普通で、水葬されたことには異例とイスラム世界からの反発もあり、アル=アズハル大学の指導者タイブ師は「土葬によって死者に敬意を払うべきであり、イスラム教とは相容れない方法」と批判した[54]。また本来はビン・ラーディンの出身国であるサウジアラビアに埋葬すべきであったとの声もある[52]。アメリカ政府の意図として、イスラム過激派などによる遺体の回収や[50]、埋葬された土地が「テロリストの聖地となるのを防ぐため」との指摘もある[51][52]。ビン・ラーディンとされる頭を撃たれた遺体の映像が一時ネット上で出回ったが、これは後に別人の写真から合成されたものと判明し、米国政府は遺体の映像を一切公開しない方針を決定している。, 近くに住む男性は聞きなれないヘリコプターの音と銃声に気づき、Twitterで一連の作戦の状況を「実況中継」していた。このツイートの7時間後にその実況がビン・ラーディン殺害作戦である事が解かり、その後3万3000のフォロワーが付いたという[55][56]。, 2012年、アメリカ政府が提供した情報を元に製作された映画「ゼロ・ダーク・サーティ」が公開されたほか、作戦に参加した元シールズ隊員が襲撃の様子について手記を公表した。さらに2014年には別の元隊員がテレビインタビューやFOXニュースが製作したドキュメンタリー番組「ウサマ・ビンラディンを殺した男」に出演した[57]。, アメリカ先住民から暗号名に「ジェロニモ」を使用したことについて謝罪要求が出た[58]。, ビンラーディン追跡に協力した現地の医師がパキスタン当局に逮捕され懲役33年などが宣告されたが再審理が決定した[59]。その後、懲役23年などに減刑された[60]。また医師の弁護士が殺害された[61]。, 座標: 北緯34度10分9秒 東経73度14分33秒 / 北緯34.16917度 東経73.24250度 / 34.16917; 73.24250, アフガンにおける不朽の自由作戦 - フィリピンにおける不朽の自由作戦 - アフリカの角における不朽の自由作戦 - トランス・サハラにおける不朽の自由作戦, イラク戦争 - ワジリスタン紛争 - タイ南部紛争(英語版) - レバノン侵攻 - ガザ紛争 (2008年-2009年) - ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害 - 生来の決意作戦 - ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆 - ロシア軍爆撃機撃墜事件, アメリカ同時多発テロ事件 - バリ島爆弾テロ事件 (1) - スペイン列車爆破事件- イラク日本人人質事件 - イラク韓国人会社員殺害事件 - イラク日本人青年殺害事件, ロンドン同時爆破事件 - バリ島爆弾テロ事件 (2) - 2005年アンマン自爆テロ - ムンバイ列車爆破事件 - パキスタン・モスク立てこもり事件 - 2007年ターリバーン韓国人拉致事件 - アフガニスタン日本人拉致事件 - 2008年デンマーク大使館爆発事件 (パキスタン) - イスラマバード・マリオット・ホテル爆破テロ事件 - ムンバイ同時多発テロ, 2010年ストックホルム爆破事件 - モスクワ地下鉄爆破テロ (2010年) - アレクサンドリア自爆テロ - ドモジェドヴォ空港爆破事件 - 2012年アメリカ在外公館襲撃事件 - ミディ=ピレネー連続銃撃事件 - アガデスとアーリットの襲撃 - ケニアショッピングモール襲撃事件 - アルジェリア人質事件 - ブッダガヤ爆弾テロ事件 - 2014年シドニー人質立て籠もり事件, ユダヤ食品店人質事件 - ISILによる日本人拘束事件 - シャルリー・エブド襲撃事件 - ガリッサ大学襲撃事件 - ナイジェリア生徒拉致事件 - バルド国立博物館での銃乱射事件 - 2015年スーサ攻撃 - タリス銃乱射事件 - ベルリン婦人警官襲撃事件 - ニューサウスウェールズ警察本部銃殺事件 - ロシア旅客機爆破テロ - パリ同時多発テロ事件 - 2016年イスタンブール自爆テロ - 2016年ブリュッセル爆発 - ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件 - アタテュルク国際空港襲撃事件 - 2016年ニーストラックテロ事件 - 2016年ベルリンのクリスマスマーケットにおける事件, 2017年ロンドンテロ事件 - 2017年サンクトペテルブルク地下鉄爆破テロ事件 - 2017年ストックホルムトラックテロ事件 - マンチェスター・アリーナに於ける爆発物事件 - 2017年6月ロンドンテロ事件 - 2017年バルセロナテロ攻撃事件 - 2018年ストラスブール銃乱射事件, アルカーイダ - ISIL - アブ・サヤフ - ヒズボラ - ハマース - アル・シャバブ - ジェマ・イスラミア - ターリバーン - パタニ連合解放組織 - ラシュカレトイバ - 世界イスラーム戦線 - ウズベキスタン・イスラム運動 - パキスタン・ターリバーン運動 - イスラーム・マグリブのアル=カーイダ機構, 2015年欧州難民危機 - 文明の衝突 - アブグレイブ刑務所 - グァンタナモ米軍基地 - 悪の枢軸 - 米国愛国者法 - ESTA - テロ支援国家 - ブッシュ・ドクトリン - 覇権主義 - イスラーム過激派 - サラフィー・ジハード主義 - グルジア訓練・装備支援計画 - グルジア維持安定作戦支援計画 - 海上阻止行動 - 海上治安活動 - アラブの春 - シリア内戦 - ISISちゃん. 既にニュースで御存じと思いますが、アメリカのオバマ大統領は2011年5月1日深夜、国際テロ組織アルカイダの指導者 「ウサマ・ビンラディン容疑者」をパキスタン国内で殺害した と、ホワイトハウスで声明を発表しました。. べく武器・資金を与えて送り込んだ部隊である。, サウジ国籍を剥奪されたオサマは、スーダンを経てタリバーンが政権を掌握し 激派」と気脈を通じるグループがうまれていたとしても不思議はない。, 政府間の摩擦は、巨額の財政・軍事援助を米国に依存せねば成り立たぬパキス のせいにする「物語」を語れなくなった米国は、いまあらためて、真摯にイスラ メールマガジン「オルタ広場」編集部  千代田区九段北2-3-2 TEL:03-6261-4857 FAX:03-6261-4863 mail:alter@alter-magazine.jp, powered by Quick Homepage Maker 7.0.2based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. アルカイダがビンラディン容疑者の隠れ家として、最終的にアボタバードが最適だと判断し、そびえ立つ壁に囲われた邸宅を建てるまで、ビンラディン容疑者はこの部族地域の潜伏拠点を頻繁に行き来していたとみている。 落穂拾記―新聞記者の後始末 (オルタ叢書) 単行本 –羽原 清雅 (著), アメリカ帝国の終焉 勃興するアジアと多極化世界 (講談社現代新書) 新書 –進藤 榮一 (著), いま言わずして 二人誌「埴輪」単行本(ソフトカバー) –宇治 敏彦 (著), 小榑 雅章 (著), 花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部 (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 花森安治・大橋鎭子との日々), 薬師寺の向こう側―南船北馬の王権興亡 (幻想史学「向こう側シリーズ」)–室伏志畔 (著), 最後の「天朝」――毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮(上)  沈 志華 (著), 朱 建栄 (翻訳), 中国と南沙諸島紛争 問題の起源、経緯と「仲裁裁定」後の展望 –呉 士存 (著), 朱 建栄 (編集), ジェニファー・コックラル=キング 著, 白井 和宏 訳 アルカーイダ の指導者 ウサーマ・ビン・ラーディン は、 アメリカ合衆国連邦政府 によって、 2001年 9月11日 (以下、日付・時間はいずれも アメリカ東部夏時間 (EDT) )に発生した アメリカ同時多発テロ事件 の首謀者と断定され、それ以来アメリカにとってビン・ラーディンを抹殺することが一つの大きな目標となった。 ビンラディン容疑者殺害の報を受けた米国では、その夜、ホワイトハウス前広 場や「グラウンド・ゼロ」に集まった数千の市民が、星条旗を打ち振り、歌い、 踊り、歓声を上げたという。殺害作戦を命じたオバマ大統領の支持率が9ポイン ビン・ラディンはciaの保護下で生きている!スノーデン氏が暴露 - 海外ニュース, 都市伝説 9.11, オサマ・ビン・ラディン, スノーデン, 陰謀論 の多国籍軍の攻撃や自国の内乱で殺された幾万の人々の犠牲をもって追ったこの ウサマ ビンラディン 死亡. それによって「過激派」の活動が衰退に向かうわけではない。タリバーン政権の =================================================, ■韓国──近景・遠景 延 恩株 (著)   深夜、ヘリで飛来した米海軍特殊部隊の二十余人が、側近から銃声一発の反撃 ジ政府は、イラクのイスラム同胞を攻撃するための「異教徒」米軍の国内駐留を ろである。オサマ・ビンラディンは確かにアジの名手であり、ビデオや録音テー オルタ出版企画 ったし、タリバーンを育ててアフガンに送り込んだのもパキスタン当局である。 白水社刊 トに侵攻したイラクを米主導の多国籍軍が攻撃した湾岸戦争が勃発すると、サウ 月、パキスタンの首都イスラマバード郊外の隠れ家で殺害された。 イダ」、イエメンを本拠とする「アラビア半島のアルカイダ」など、アルカイダ "Pakistan defends Bin Laden role". 紀からつらなる世界の矛盾が凝縮してある。, 東西冷戦下の1979年、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻すると、無神論の共産主義 避けたようなこの作戦じたい、国連関係者が批判するように国際法違反の疑いが ================================== ム世界と向き合わざるをえなくなったはずである。, 「北朝鮮・核・ミサイル・憲法」を考える Osama bin Laden, the face of terror, killed in Pakistan www.cnn.com.「Osama bin Laden, the face of terror, killed in Pakistan」May 1, 2011 11:31 p.m. EDT, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110502-OYT1T00601.htm, http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-13259820, http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2011050201000771, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00016.htm, “Osama bin Laden killed: Behind the scenes of the deadly raid”, http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/al-qaeda/8500431/Osama-bin-Laden-killed-Behind-the-scenes-of-the-deadly-raid.html, http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110504k0000m030098000c.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00611.htm, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00084.htm, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120226-OYT1T00496.htm, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00074.htm, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20923220110503, SEALsがビン・ラーディン殺害に関わったことを報じるアメリカ・ABCのニュース記事, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110504-OYT1T00437.htm, http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2011050201000333, http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2797921/7158954, http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2798163/7163291, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110502-OYT1T01175.htm, http://articles.cnn.com/2011-05-01/politics/bin.laden.dead_1_bin-sources-cnn?_s=PM:POLITICS, http://jp.wsj.com/US/Politics/node_230828, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00221.htm, http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110502-OYT1T00713.htm, http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnTK889706220110502, http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnJS889734420110502, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00211.htm, http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnTK889717620110502, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20922220110503, http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aRxixGeM1iJs, http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnTK889720620110502, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20914120110502, http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnTK889746220110502, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20909920110502, http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110502-OYT1T00933.htm, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20915020110502, http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-04/2011050405_01_1.html, http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2011050201000404, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20909520110502, http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-20912420110502, http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/pakistan/8488004/Osama-Bin-Ladens-body-identified-by-sisters-brain.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110502-OYT1T00636.htm, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110503-OYT1T00403.htm, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20921920110503, http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2011050301000169, Captured on Twitter: Raid against Osama bin Laden, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20922420110503, http://www.afpbb.com/articles/biz/3031325?ctm_campaign=sub_biz_news, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害&oldid=80014125. りとの口実でイラクを攻撃した。現在に至るそのごの過程は読者がよく知るとこ ジ王室に変わった。, 一方、ソ連軍撤退後のアフガンでは地元イスラム勢力が軍閥化して内戦を繰り 縁なアフガンへの米軍侵攻以来、パキスタンの大衆がもつ根深い反米感情は、マ 遺体を海に流した行為は、きわめて残酷な宗教的冒涜であり、イスラム教徒の怒 The Telegraph. 崩壊以来、アフガン・パキスタン国境の山岳地帯で空爆を逃げ延びつつ身を潜め は、欧米生まれのイスラム教徒が走る「欧米国産型テロ」も相次ぐようになった。 りを買うことは疑いない。, だが、米国が超大国の威信と5千万ドルの懸賞金をかけ、さらにいえば、じつ 揮したとされる。そして、2001年9月11日の米同時多発テロでは首謀者とみなさ た。, 米国側の疑念に根拠がないわけではない。対ソ戦中のアフガンで、イスラム戦 ン政権を攻撃して崩壊させ、翌々年3月にはオサマが率いるアルカイダと関係あ を受けただけで邸内を制圧し、側近二人とその家族、同容疑者の息子らを射殺し、 男が、なぜ、ついにはパキスタンで命を落とすことになったのか。ここには20世 ドラサ(イスラム寄宿学校)に受け入れ、アフガンに親パキスタン政権を樹立す を名乗りながらビンラディンとはかかわりのない独自の組織が広がった。さらに =================================================, 韓国と日本の建国神話 ——太陽の神と空の神   延恩株 (著) パキスタン政府は、事前の通告・承認なしに自国でおこなわれた米軍の急襲作戦 ト上がり、メディア大手ディズニーは人気に与ろうと殺害作戦実行部隊名「SE "Osama Bin Laden's body 'identified by sister's brain'". 国家がイスラムの土地を侵したことにたいする憤激がイスラム圏に湧き起こり、 し、武器・糧食を整えて戦場に送り込んだ。こうしてうまれた対ソ戦を遂行する 広げていたが、これを制圧したのが「タリバーン」である。タリバーンとは、対 (CIA)やサウジ王室の協力も受けつつ、イスラム圏からの義勇兵に訓練を施 れ、「テロの黒幕」としてその名が世界中に知れ渡った。, 同年10月、米主導の多国籍軍はオサマを匿っているとしてアフガンのタリバー ソ戦中に避難してきた大量のアフガン青年をパキスタンが国境近くに設立したマ して転戦したのはアフガン・パキスタン国境の山岳地帯であった。これらの過程 グマとしてさらに蓄積することは必定であろう。, オサマ・ビンラディンの死は、「殉教」のシンボルとして意味をもちこそすれ、 4モデルの違いをまとめました #AppleEvent, ちっさくてお手頃なiPhone対決。iPhone 12 mini vs iPhone SE、どっちがいいでSHOW! 場や「グラウンド・ゼロ」に集まった数千の市民が、星条旗を打ち振り、歌い、 ===========================, 独りじゃダメなの―中国女性26人の言い分 ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害では、アルカーイダの指導者ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害とその経緯について述べる。, アルカーイダの指導者ウサーマ・ビン・ラーディンは、アメリカ合衆国連邦政府によって、2001年9月11日(以下、日付・時間はいずれもアメリカ東部夏時間 (EDT) )に発生したアメリカ同時多発テロ事件の首謀者と断定され、それ以来アメリカにとってビン・ラーディンを抹殺することが一つの大きな目標となった。, アメリカ合衆国による大規模な捜索にもかかわらず、拘束することができないまま10年近くが経過したが、2011年5月2日(米国東部夏時間5月1日)、パキスタンにおいてアメリカ軍によってウサーマ・ビン・ラーディンの殺害が確認され、2001年以来続いてきた対テロ戦争は一つの節目を迎えることとなった。, 複数のメディアが、深夜の時間帯にもかかわらず、ビン・ラーディンが死亡したニュースを一斉に報道した。約一時間後、オバマ大統領がホワイトハウスから会見を行い、ウサーマ・ビン・ラーディンが同日、パキスタンの首都イスラマバードから約60km北東にある地方都市アボッターバードの潜伏先と見られていた豪邸で、アメリカ軍の作戦により殺害されたことを全国テレビ中継で公式発表した[1][2]。, 2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が発生し、アメリカ合衆国連邦政府はアフガニスタンのターリバーン政権に対して、首謀者であるウサーマ・ビン・ラーディンの身柄引き渡しを要求。しかしターリバーン政権は要求を拒否し、同年10月7日にアフガン戦争が開始された。ターリバーン政権は打倒されたが、ビン・ラーディンの行方は戦争開始以降わからなくなり、このためアメリカ軍はアフガニスタンと隣国パキスタンとの国境地帯にある山岳などを捜索してきた。しかし、ビン・ラーディンの行方は判明しなかった[3]。, 対テロ戦争を始めたアメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ政権が、2009年1月にバラク・オバマ政権に交代した後も、ビン・ラーディンの捜索は続き、アメリカ中央情報局 (CIA) がビン・ラーディンの連絡係を担う男性の動きを追う中で、ビン・ラーディン配下の連絡係であり、グァンタナモ収容所に収容されているハリド・シェイク・モハメドの元部下の身元特定に成功したことが、捕捉の端緒となった。, 2010年8月頃、アボッターバードに居住するこの連絡係とその兄弟の行動分析から、CIAは2010年9月には同市郊外の厳重に警護された邸宅に、ある「重要な人物」が潜伏していると推定し、さらに2011年2月にはビン・ラーディンがここに潜伏しているとの証拠を得るに至った[4]。これと相前後して、情報を得たレオン・パネッタCIA長官は、統合特殊作戦コマンド司令官であったウィリアム・マクレイヴン海軍中将に連絡を取った[5]。, アボッターバードは、パキスタン陸軍の拠点であり、ビン・ラーディンの住居は、パキスタンの陸軍士官学校とは至近距離にあったことから、英国放送協会(BBC)はパキスタン軍統合情報局(ISI)がビン・ラーディンの身柄隠匿に何らかの関係があったのではないか、と報じている[4][6][7]。この情報はオバマ大統領にも報告された[8]。, これはアメリカ合衆国連邦政府内でも、極限られた人間のみが知りうる最高機密情報として取り扱われた。その後も調査は続き、2011年3月中旬から4月28日にかけて、担当者とオバマ大統領のみが出席した国家安全保障会議が5-6回開催される[4]。オバマは5回目の会議翌日の4月29日に、作戦決行の許可を出した[8]。, 作戦名は「ネプチューン・スピア(海神の槍)作戦 - Operation ''Neptune Spear''」とされ[9]、作戦の中ではビン・ラーディンの名はコードネーム「ジェロニモ」に置き換えられた[10]。, ビン・ラーディンが潜んでいた邸宅は3階建ての豪邸で、2005年頃に完成した。敷地の周辺は3メートルから5.5メートルもの高さの有刺鉄線に覆われた塀に囲まれており、豪邸に行くための通路には二重ゲートとなっているほか、入り口には見張りがつけられ、外部から内部の様子を容易に見えないようにする工夫がなされていた[11]。周辺の家の約8倍もの広さを持ち[12]、その価値は100万ドルを越えるとも言われる[4]。, なお、邸宅はイスラム過激派に聖地化されることのないよう、2012年2月25日より取り壊しが開始された[13]。, 2011年5月2日、アメリカ軍による作戦が開始される。目的はあくまでビン・ラーディンの殺害であり[14]、生け捕りはほぼ想定されていなかった[15]。, 一部報道によれば、これに参加したアメリカ海軍の特殊部隊 Navy SEALs を中心とした約15人(25人説もあり)のメンバーは[15]、SEALsから派生した対テロリスト特殊部隊「DEVGRU」(デブグルー:海軍特殊戦開発グループ:旧SEAL Team6)のメンバーであったとされている[16][17][18]。, 隊員達は、情報担当のCIA要員が同乗するステルス型UH-60 ブラックホークヘリコプター2機とCH-47 チヌーク2機に分乗して(これらのヘリは「ナイト・ストーカーズ」の通称で知られる第160特殊作戦航空連隊が操縦を担当したとされる[18])、ビン・ラーディンと、その家族がいると推定された建物の敷地内に、ロープをつたって降下、建物を急襲して2階・3階部分には午前1時ごろ突入した[10]。, 側近が応戦したが、約40分の銃撃戦ののち邸宅を制圧した。ビン・ラーディンは武器を持っておらず[19]、応戦したともしなかったとも報じられ[15]、頭部と胸部を撃ちぬかれ死亡。米軍は遺体を収容した[20]。他にビン・ラーディンの子息と思われる20歳の男性(後に、ハリド・ビン・ラーディンと判明)、また別に兄弟2人の男性と1人の女性も死亡。女性は夫人の1人と報じられたが、後に「別人で夫人は負傷した」と訂正された[21]。アメリカ軍側に人的損害は出なかった[14]。その死はパキスタン政府当局によっても確認されている[22]。作戦後、妻のハイリア・サバルを含む親族複数名が拘束・連行された。また、後に後継者となるハムザ・ビン・ラーディンは確認されなかった。, 作戦中、ホバリングしていたアメリカ軍のブラックホーク・ヘリコプター1機が揚力を失い墜落したため[18]、爆破処理されるというトラブルはあったが、すぐに代替のチヌーク・ヘリコプターが駆けつけ、プラン変更を行うことで作戦は続行された。, 作戦は、アメリカ本国でもホワイトハウスのシチュエーションルームでオバマ大統領のほか、バイデン副大統領、ゲーツ国防長官、クリントン国務長官、マレン統合参謀本部議長らによって同時進行で見守られており[23]、またCIA本部の会議室でも、パネッタ長官らがリアルタイムで監視していた[14]。, いかなる方法で監視していたかについては公開されていないが、一部では映像が生中継で流れたとも報じられている[23][24]。作戦成功の報をパネッタより受けたオバマは ''We got Him'' (奴を捕えた) と叫んだという[10]。, アメリカ合衆国は、この作戦をパキスタン政府に事前に通告することなく行い、終了後に報告した。アメリカはパキスタンだけでなく、他の国とも情報は共有しなかったとされる。このためパキスタンのムシャラフ前大統領は、アメリカによる一連の作戦は主権侵害であると非難している[25]。, ビン・ラーディンの死亡は、アメリカのCNNによって一報が伝えられ[26]、全世界のメディアも追随することとなった。その直後の5月1日午後11時半過ぎからオバマ大統領はホワイトハウスのイーストルームで深夜時間帯としては異例の記者会見を行い、ビン・ラーディンを殺害したことを正式に発表。全国テレビ中継を通じて ''Justice has been done'' (正義はなされた) と宣言した[27]。このニュースが伝わると首都ワシントンのホワイトハウス周辺やニューヨークのワールドトレードセンター跡地には数千の群衆が押しかけて歓喜の声をあげた。, ビン・ラーディンの殺害自体については歓迎する声明が次々に発表されたが[28]テロ攻撃の可能性がなくなったわけではなく、各国の警察・軍事組織は報復攻撃を警戒し[29]、国際刑事警察機構も各国に向けて警戒するよう呼びかけた[28]。, テロに対する懸念が軽減したことから各国の株式市場は軒並み上昇した。東京株式市場は2011年3月11日の東日本大震災以来の終値1万円台回復を見せた[44]。またアジア市場における原油先物相場が1%下落した[45]。, フランスのクリスティーヌ・ラガルド経済・財政・産業大臣はアメリカにおける消費者心理が改善し、景気拡大に寄与するとの予測を示した[46]。, 遺体はアメリカ軍によって、複数の親族とのDNA型鑑定の照合によりビン・ラーディン本人と確認された(マサチューセッツ州のボストンでビン・ラーディンの妹が脳腫瘍で数年前に死亡しており、FBIはその細胞と血液を保存していた[47])。ただしアメリカ軍以外の第三者による遺体確認はされていない[48]。 その後アラビア海に停泊していた空母カール・ヴィンソンに移され、5月2日午前1時10分(EDT)より、同空母の甲板で50分かけて水葬の儀式が執り行われた。遺体は洗浄し清められ、白い布で包まれ、あらかじめ用意された祈りの言葉が唱えられ、通訳がそれをアラビア語に翻訳した[49] HAIK. AL TEAM 6」の商標登録を申請したという。, だがしかし、オサマ・ビンラディンの殺害によって、世界の悪をなにもかも彼 士とそれに武器や資金を供給する米軍・CIAを仲介したのはパキスタン当局だ ============, Copyright © 2020 メールマガジン「オルタ広場i」編集室 All Rights Reserved. ではないかとの疑念を顕にし、情報漏れを恐れて単独行動に踏み切ったと主張し Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. 昨夜、特殊部隊SEALsが急襲したオサマ・ビンラディン容疑者の屋敷内部の映像です。米ABC放送が公開しました。, 今日月曜(米時間)ホワイトハウスが行った発表によると、SEALsは生きたまま身柄を確保しようとしたのだけど、オサマ・ビンラディン容疑者は妻(複数いる中のひとり)と女性らを盾に抵抗したため撃たれて殺された、とのこと。, ABCによると、弾痕の残る部屋にはコンピュータも数台あったそうです。ネットが繋がらない環境で何に使っていたものやら...。, SEALsの40分の急襲の間、ここで何が起こったのか? 詳しいことは分かっていません。オバマはホワイトハウスで兵士のヘッドマウントのビデオカメラから入ってくる映像をライブで見ていたそうですが、その映像が公開されることは絶対ないだろうし、あとは想像で補うしかなさそうですね。, SEAL Team 6 と言えば、ソマリアのモガディシュの戦闘にも参加しており、そちらは『ブラックホーク・ダウン』として映画化されてます。あの映画は史実と異なるところも多いのですが、戦闘シーンはかなり忠実に再現されているみたい。今回も既にハリウッドが映画化に動き出していますよ...。, 軍・CIAがあれだけの人を投じ、あれだけの長い時間かけて追ったFBI最重要指名手配犯(容疑に911は明記されてなかったりする)の最後がこんな邸宅とは...。遺体を海に沈めて終わる気がしませんよね...。, UPDATE: 火曜ホワイトハウスは「盾にしたか、たまたま間にいたのかは分からない」と当初の発言を後退させました。寝室で一緒にいたのは同居している一番年下(29歳)の妻Amal Ahmed Abdul Fatahさん(写真、他の妻3人は国外)で、米軍に突進した際に足を撃たれて怪我。殺された息子はアルカイダの後継者と目されていた最年少(20歳)のHamza bin Ladenです。, UPDATE2: ホワイトハウス地下のシチュエーションルームから戦況をリアルタイムで見守るオバマ大統領一行の写真(下)が公開になりました。, [ABC News, Business Insider via The Atlantic]. 強いが、「最後の審判」を待つため土に埋葬されることが必須のイスラム教徒の たアフガンに戻り、98年のタンザニア・ケニア両米大使館同時爆破テロなどを指 認めた。オサマはこれに反発。敵は一転、これまで協力関係にあった米国やサウ て海に沈められた。遺体写真の公表もない。拘束し裁判にかけることを意図的に =================================================, オルタ」の執筆者が最近、単行本として上梓された著訳書を紹介します。厳しい事情にある出版界で、1冊の本を出すことは大変なエネルギーのいることなので、皆さまのお力で広めて戴きたいと思います。 ───────────────────────────────────, 2001年の米同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディン容疑者が、5 ============ は口実にすぎなかったとはいえ、そのためにアフガニスタンとイラクで米軍主導 な妥協が図れた。だが、同じイスラム同胞、しかも民族的・文化的・歴史的に近 iPhone 12のレザーケースが販売開始、MagSafe充電器を使うとこんな風に... トランプ弁護団が火葬場前のフォーシーズンズ造園で会見。アダルトショップ駐車場で徹底抗戦を誓う, サッカーの試合でボールを追跡するはずのAIカメラ、審判のスキンヘッドを追いかけ生配信, で、結局どの「iPhone 12」を選べばいい? 抵抗する地元アフガンのイスラム勢力を支援しようと各地から義勇兵がアフガン さらに、米・多国籍軍の攻撃で放逐されたタリバーンが、多分ビンラディンも擁 タンと、パキスタンの協力なしにはアフガン政策を遂行できぬ米国のこと、早急