anaのホノルル行き専用機材a380のビジネスクラス特典航空券でハワイに家族で行ってきた。a380のビジネスクラスはペアシートのフルフラットがマジでおススメ!! 贅沢にもanaのビジネスクラスでホノルルに家族で行ってきました!しかもanaマイルを利用した特典航空券で! 国際線におけるエコノミークラスとビジネスクラスのサービス・値段等の違いを徹底比較。ビジネスクラス特典航空券とはどんなクラスなのか。 最近、コメントでよく「陸マイラー始めました。ブログ参考にしながらポイント貯めて、マイルにして、特典航空券目指します! ana a380(フライングホヌ)のビジネスクラスを特典航空券(マイル)を使って搭乗して来ました。 この記事では、anaビジネスクラスの予約から搭乗までの経緯と、a380(フライングホヌ)の機内の様子、2019年に新しくオープンしたホノルル空港のanaラウンジをリポートしています。 jalのビジネスクラスの値段についてまとめました。jalのビジネスクラスの国際線クラスの座席、サービス、機内食について取り上げています。さらに、国際線の他の座席クラスとの値段の差額を、アメリカ路線とヨーロッパ路線に分けてご紹介します。 サービスの内容として多いのが、クレジットカードの新規発行やFX口座の開設、アンケートの回答などがあります。, 少し珍しいケースですが、エコノミークラスの値段でビジネスクラスを利用することができます。エコノミークラスの予約がオーバーブッキングしたり、ビジネスクラスの座席に空きがあった場合などに、搭乗する当日に空港のグランドスタッフによって判断されます。, 今回はビジネスクラスについて詳しくご紹介しました。ビジネスクラスは、ビジネスマンや富裕層が利用するイメージがあると思いますが、一般的なお客さんも多く利用しています。長時間で疲れやすいフライトでも、ビジネスクラスを利用すれば疲れもたまりにくい快適なフライトを楽しむことができます。 マイルが貯まるクレジットカードとして、航空会社後任のJALカードやANAカード、セゾンのアメックスカードなどがあります。, マイルがより貯まりやすい方法として、ポイントサイトに登録してマイルを貯めるというやり方があります。流れとしては、ポイントサイトに登録した後に、そのポイントサイトで利用できるサービスを利用することでマイルが貯まります。 とにかく予約開始日(355日前の9時)の予約を入れましょう! 是非是非その技をご教示下さいませ 乗り継ぎを1回する場合、最安値がマレーシア航空の220,000円~で、最高値がニュージーランド航空の520,000円~です。, ビジネスクラスのサービスは大まかな点ではどの航空会社でも共通しているものの、細かい点でのサービスは違ってくる場合もあります。 飛行機の座席で上級のサービスを受けられるビジネスクラス。普段あまり利用しない人にとっては値段やサービス内容などがいまいよくわからないと思います。今回は、他の座席とビジネスクラスの値段やサービスの違いについてわかりやすく比較していきます。, 出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/inflight/guide/c/seat/c-787_9_business_staggered.html, 飛行機の座席は大きく分けて、エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの3つに分けられます。機内で一番多い座席はエコノミークラスで機内の後方にあります。次にビジネスクラス、ファーストクラスが一番少なく、機内の前方にあります。 ANAは、ドア付きのビジネスクラスを国際線で導入しており、快適性とプライベート性が従来より高まった座席を提供しています。JALは、「JAL SKY SUITE」というフルフラットシートを備えたほぼ個室に近い座席を提供しています。, 「ワールド・ベスト・エアライン」に4年連続で選ばれたカタール航空のビジネスクラスは、完全個室はもちろん航空会社で初めて4名掛けのワッドデザイン型の座席を導入しました。この座席によって家族や友人と一緒に夕食をとったり、取引相手と商談をしたりすることもできます。, ビジネスクラスの航空券は、エコノミークラスよりも値段が高いので、利用したいと思ってもなかなか手が出しづらい方もいるかと思います。しかし、ビジネスクラスをお得に利用する方法はいくつかあります。お得にビジネスクラスを利用して、快適な空の旅を楽しんでみましょう。, 大手の航空会社では、利用した飛行機の移動距離に応じてポイントが貯まるサービスを提供しています。これをマイレージサービスといい、マイルと呼ばれています。マイルを一定額貯めれば、無料の往復航空券と交換できたり、ビジネスクラスやファーストクラスをお得に利用することができます。 ビジネスクラスでも座席の種類はいくつかあります。ANAの場合、「The Room」「ANA BUSINESS STAGGERED」「ANA BUSINESS CRADLE」の3種類があります。, 機内で提供される料理は、エコノミークラスでは予め調理された料理が提供されますが、ビジネスクラスでは機内で調理された料理がフルコースで提供されます。座席のテーブルにはテーブルクロスが敷かれ、料理が一品ずつ運ばれてきます。メインディッシュも複数種類選べるので、料理のバリエーションも豊富です。 成田空港からシドニーへビジネスクラスを利用して行く場合、直行便だと片道の最安値がJALの330,000円~で、最高値がANAの430,000円~となっています。 ブログ開始1年半で、にほんブログ村PVランキングマイレージ部門1位獲得。ランキングは2017年に卒業。2018/4に月間100万PV達成。2020/1にTwitterのフォロワー1万人達成。詳細プロフィールは, ANAでハワイ!A380ビジネスクラス搭乗記。家族・カップルに超最適なペアシートに注目!, ANAのホノルル行き専用機材A380のビジネスクラス特典航空券でハワイに家族で行ってきた。A380のビジネスクラスはペアシートのフルフラットがマジでおススメ!!, ANAホノルル行きA380ビジネスクラス搭乗記。シート~アメニティ~機内食徹底レビュ―。, スターアライアンスゴールドメンバーへのステータスマッチ開始!JALのJGCからも可能!. 私が今一番取りたい特典です, あすかさん 飛行機のビジネスクラス料金の目安を案内 日本から各都市への普通運賃、正規割引運賃など一覧表を掲載 出発日の航空券価格検索も. ビジネスクラスやファーストクラスを利用して乗り継ぎをする場合も同様に、乗り継ぎする空港の専用ラウンジを使えます。, ビジネスクラスとファーストクラスは、優先的に飛行機に搭乗することができます。ほとんど航空会社では、ご高齢の方、小さなお子様連れの方、妊娠中の方が最初に搭乗し、その次にファーストクラスに座る方が搭乗した後に、ビジネスクラスに座る方が搭乗できます。, 出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/inflight/guide/c/seat/c-777_300er_new.html, ビジネスクラスはエコノミークラスより細やかなサービスを機内で受けられます。座席の質や、提供される料理の質の違いなど、いろいろな面でエコノミークラスで受けるサービスより優れています。以下ではそのサービスの内容を詳しくご紹介していきます。, ビジネスクラスとエコノミークラスとの最大の違いは、座席のシートピッチです。平均的に、ビジネスクラスのシートピッチはエコノミークラスと比較して約3倍の広さがあります。 マイルは使用期限があり、その期限を過ぎてしまうとポイントを使えなくなるので注意しましょう。, 1マイルは約1,852mで計算されます。例えば羽田空港から新千歳空港間の距離は片道で約510マイル、羽田空港から那覇空港までは片道で約984マイルとなっています。移動距離が長距離であるほど、獲得できるマイルも多くなってきます。 例えば、JALで成田空港からニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港までの値段は、エコノミークラスで約590,000円、ビジネスクラスで約840,000円、ファーストクラスで約1,380,000円もします。, ビジネスクラスやファーストクラスは混雑しているエコノミークラスのカウンターと違い、専用のカウンターからスムーズにチェックインすることができます。保安検査など時間がかかるときも、ビジネスクラスならすぐに済ませることができるのです。 成田発のA380は2便ありますし、10月や2月といった閑散期を狙えば、まだ取れると思います。ビジネスクラスよりファーストクラスの方が取りやすいかもしれません。 anaのビジネスクラスシート. jalのビジネスクラスの値段についてまとめました。jalのビジネスクラスの国際線クラスの座席、サービス、機内食について取り上げています。さらに、国際線の他の座席クラスとの値段の差額を、アメリカ路線とヨーロッパ路線に分けてご紹介します。 どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを運営して4年の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。, 大阪府在住の医師。妻と息子2人の4人暮らし。20代のころに貯めたANAマイル・JALマイルでパスポートが一冊目が埋まる。趣味は旅行、マイル&ポイント。2016/6/2より当ブログ開始。2018/4に月間100万PV達成。2020/1にTwitterのフォロワー1万人達成。詳細プロフィールは, 大阪府在住の医師。2児の父親。マイル・ポイントが趣味。20代のころに、パスポート1冊目がスタンプで埋まる。 anaのビジネスクラスの値段. カタール航空のビジネスクラスの座席には、マッサージ機能がついていたり、エミレーツ航空の飛行機の機内には、ファーストクラスとビジネスクラスだけが使えるバーがあるなど、航空会社によって特色あるサービスを提供しています。, 国内の航空会社では、ANAとJALがとても良いサービスのビジネスクラスを提供しているとして多くの利用客から人気を得ています。 ビジネスクラス値段一覧 価格比較 格安割引料金. 飛行機のビジネスクラスに乗ったことはありますか?人生一度はビジネスクラスに乗ってみたいもの。できれば、一度と言わず何度でも。そして、ファーストクラスだっていつかは・・・。, ビジネスクラスの実際の価格ってご存知ですか?LCCやエコノミークラスで行くのが当たり前だと、あまり気にすることはないかもしれません。僕はラッキーでビジネスクラスに乗ったことはあっても、自分でビジネスクラスをオーダーしたことはありません。(※追記:2017年8月、ファーストクラスに乗ってきました。), ビジネスクラスに乗りたいなら、ビジネスクラスの価格をまずは知った方がいいですよね。そしてエコノミークラスとの価格差も気になる所です。以下の条件でスカイスキャナーで検索をしてみました。, 下記のデータは、5月15日時点でスカイスキャナーにて検索した価格の安い順の結果です。検索する時期によって価格も変動しますのであくまで参考程度とご理解ください。, タイ航空の価格をみてみましょう。ビジネスクラスが175690円、エコノミークラスが46140円です。ビジネスクラスの価格は、エコノミークラスの約3.8倍でした。, JALの価格はどうでしょうか。ビジネスクラスが208230円。エコノミークラスが50980円です。ビジネスクラスの価格は、エコノミークラスの約3.9倍でした。, 次に繁忙期でみてみましょう。繁忙期ではエコノミークラスの価格が大幅に上がっているのがわかります。閑散期のタイ航空に比べると、繁忙期の価格は約2.3倍。JALで比較して見ると、なんと約3倍になっています。, 逆にビジネスクラスの価格に変化はなく、15万円も出してエコノミーに乗るくらいなら20万円でビジネスクラスに乗りたいと思えるほどですね。, さて、ホノルル行きの価格を見ていきましょう。ハワイアン航空のビジネスクラスが198210円。エコノミークラスが73210円です。ビジネスクラスの価格は、エコノミークラスの約2.7倍でした。, DELTA航空の価格はどうでしょうか。ビジネスクラスが228210円。エコノミークラスが120710円ですね。ビジネスクラスの価格は、エコノミークラスの約1.9倍でした。, バンコク行きと比べるとハワイホノルル行きは価格差が少ないようですね。ハワイ行きのエコノミーは繁忙期のように常に人気でやや高めになっているということでしょうか。, 航空会社や便によってサービスも変わりますので一概には比べられませんが、同じぐらいのビジネスクラスのお金を出すのであれば、タイよりハワイの方がお金の出し甲斐がある気がします。, フライト時間もタイが6時間ほどで、ハワイなら8、9時間ほどです。より長くビジネスクラスのフライトを楽しめますよね。, 驚いたのは繁忙期のハワイの価格です。エアアジアのエコノミークラスですら265030円。正直僕にはとても手が出ない価格です。, JALのビジネスクラスが、598750円。エコノミークラスが263700円。エコノミークラスの約2.3倍です。, ハワイアン航空のビジネスクラスが、638210円。エコノミークラスが350610円。エコノミークラスの約1.8倍ですね。, お盆や年末年始の繁忙期のハワイの価格を知って驚愕しています。タイは繁忙期であってもビジネスクラスの価格がほぼ変わらないのにもかかわらず、ハワイは倍増しています。ハワイのビジネスクラスの需要がそれだけ大きいということなのでしょう。, いかがでしたでしょうか。ビジネスクラスの価格は意外と安かったでしょうか?それとも想像以上の高さでしたか?僕はハワイの価格に驚愕しました。繁忙期にハワイなんて一生行けない気がしました。, 僕はコスパが良い旅が好きなのでビジネスクラスを正規でオーダーすることは、この先の人生で一度もないかもしれません。だからと言ってビジネスクラスで旅をしないわけではありません。, マイルは飛行機に乗ったり、クレジットカードで高額決済をしなければ貯められないと思われています。ですが、実際は超効率的にマイルを生み出すこともできますし、低価格でマイルを手に入れることもできます。, 僕はマイルを貯める方法を見つけ、1年ほどで20万ANAマイルを貯めました。20万マイルで特典航空券を取ると、ビジネスクラスで世界一周ができます。スターアライアンスの約70万円のビジネスクラス世界一周航空券に匹敵します。, クレジットカードも、飛行機も使わない、0から誰でも出来るマイルの貯め方があります。徐々にご紹介して行きますね。, いつでも「ビジネスクラスは、エコノミークラスの4倍近くの価格がする」わけではないんだね。, ハワイの方がずっと高いイメージがあったけど、ビジネスクラスの価格はタイとあまり変わらないね。, ハワイの繁忙期の価格、高すぎじゃない?家族4人でお盆にハワイ旅行するとか、夢のような話だなぁ。, ちなみに、6万円ぐらいでJALのビジネスにも乗れてしまう裏技もあるよ。マイルは買うこともできちゃいます!, Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。. ビジネスクラスの航空券の値段ですが、搭乗便と同じものの値段を確認しておくのを忘れましたので、日付違いの便で確認しています。 数パターン確認してみましたが、だいたい往復で35〜40万円程度でした。 anaであればanaスイートラウンジの利用が可能となります。 エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの違いまとめ ぜひ一度、ビジネスクラスをご利用してみてください。. ビジネスクラスとファーストクラスは2席は特典航空券の枠で開放されます。それ以上の人数ならクラスを分けるか、クラスを下げるなども必要になります。 海外の航空会社の中にはビジネスクラスで予約すると、空港まで無料で送迎してくれるサービスもあります。, ビジネスクラスとファーストクラスを利用すると、出発前の時間をゆっくりと過ごすことができる専用ラウンジがつかえます。食事をしたりシャワーを利用したりなど、設備がとても充実しているのが特徴です。 国際線の例では、成田空港からカタールのハマド国際空港まで片道で約5,152マイルもあります。国際線では、マイルが貯まりやすいです。, クレジットカードでもマイルを貯めることができます。飛行機に乗らなくてもコンビニやスーパーマーケットなどでの買い物や、光熱費などの各種お支払いでマイルが貯まるクレジットカードを使えば、マイルも貯まる仕組みです。 憧れのA380しかも、ビジネスやファーストに乗られたんですねー それも特典という大技‼️ そのほかには大きなサイドテーブル、質の良いブランケット、ヘッドフォン、スリッパ、usb電源、大型スクリーンなども付いており、映画のメニューもエコノミークラスより充実しています。 ート「ANA COUCHii」エアバスA380, ベトナム ハノイ ノイバイ空港, 東京 パーソナルトレーニング ジãƒ, 東京 女性専用 パーソナルトレーニング ジãƒ, 東京 無料体験・体験レッスンのあるパーソナルトレーニングジãƒ, 横浜 パーソナルトレーニング ジãƒ, 大阪 パーソナルトレーニング ジãƒ, 大阪 女性専用 パーソナルトレーニング ジãƒ, 大阪 無料体験・体験レッスンのあるパーソナルトレーニングジãƒ, 名古屋 パーソナルトレーニング ジãƒ, 名古屋 女性専用 パーソナルトレーニング ジãƒ. GoToトラベルキャンペーンがおすすめ 東京都民は更に補助がでます! 今回は家族4人でANAマイルを利用した特典航空券でハワイに遊びに行ってきました!1年前に予約をして本当に楽しみにしていた、ANAのホノルル行き専用機材A380のビジネスクラスに搭乗です。乗りたいという人もかなりの人数がいると思います。じっくり紹介していきましょう!!, 贅沢にもANAのビジネスクラスでホノルルに家族で行ってきました!しかもANAマイルを利用した特典航空券で!!!, 約1年前に予約を入れて、この搭乗日まで毎日楽しみにしていたんです。ハワイに家族で行けるということ、特典航空券が家族4人分取れたこと、ANAのA380の搭乗できるということ。どれも自分には特別な響きがありました。, ANAのA380でホノルルに行きたい人、できたらビジネスクラスに搭乗してみたい!!という人、この記事でその魅力をたっぷり紹介したいと思います。, 今回はANAマイルを利用した特典航空券でホノルルに行ってきたわけですが、ビジネスクラスでハワイって普通に航空券を購入するとかなりの値段になりますよね。ANAのサイトで値段をチェックしておきましょう。, 閑散期の2月でビジネスクラスは往復200,000万円+サーチャージ等の諸経費23,000円の223,000円です。自分の感覚としては、さすがに高い!!とは思うのですが、10年に一回のハワイ旅行なら奮発して出そう!!ともギリギリ思える値段かもしれません。欧州や北米へのANAビジネスクラスなら、往復40万円以上はしますからね・・・。, という値段なので、有償の航空券でハワイに行く方は、なんとしても仕事の都合をつけて、航空券の値段が安いときに有給を使っていきたいところですね。, 今回、自分はANAマイルを利用した特典航空券でホノルルに行ってきました。ホノルルまでの必要マイル数を整理しておくと、, ビジネスクラス往復に必要なマイルは2月のようなローシーズンなら往復で60,000マイル。盆のようなハイシーズンはちょっとだけアップで68,000マイルです。, なんと1マイルの価値が3.3~8.6円にもなります。やはりマイルはうまく利用すると半端ないお得度だと思います。間違っても、マイルがなかったらビジネスクラスに搭乗なんて自分には夢のまた夢の話ですからね・・・。, ちなみに、マイルで盆のような1マイル=8.6円の時期に特典航空券が取れるのが理想ではありますが、ここはまた競争率が半端ないので、やはり2月なんかが狙い目かなとは思います。, え??そもそも、ANAマイルが60,000マイルもないって???陸マイラーなら毎年10万マイルは簡単に貯まりますよ!!!マジで陸マイラーとして真剣にマイルを貯めることをオススメします。, 「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】, また、今なら下記のカードの入会キャンペーンだけでもホノルルまでの往復ビジネスクラス特典航空券に必要なマイルがもらえるので、検討してみるといいと思います。, 【2020/11版】ANAダイナースカードの入会キャンペーンで大量マイル or 初年度年会費無料!!, こちらの総2階建ての世界最大の旅客機がA380で、総座席数は520席という超巨大機材です。カメが書かれており「フライングホヌ」という名称がついています。ホヌはハワイ語でウミガメのことでう。, 2階建ての1階は全席がエコノミークラスで、2階にファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミーがあります。ビジネスクラスは2階の中央に全56席が用意されています。, このANAのA380ビジネスクラスは、ANAの長距離向け機材のB777-300ERやB787-9のビジネスクラスとはちょっとした違いがあります。, B777-300ERやB787-9のビジネスシートは、前後のシートがジグザグになってズレているタイプのスタッガードシートというものが導入されています。全席ダイレクト通路アクセスのフルフラットです。, こちらはA380のビジネスクラスです。シートが前後でジグザグになっているスタッガードシートであることに変わりはないのですが、赤枠のところが2席が完全に隣合うタイプのペアシートになっているんですよね。やはり、ホノルル行きはビジネス利用ではなく、観光旅行としての客をターゲットにしていることがよくわかります。, A380のビジネスシートのペアシートがどんなものなのか、期待を含ませながらの搭乗になります。, こちらが今回搭乗となったNH184便。成田発ホノルル行きです。フライト時間は約6時間です。, 45番ゲートにはANAのホノルル行き専用機材のA380「フライングホヌ」が待ち構えていました。バカでかい胴体は迫力満点です。最終的には3機のA380が導入されますが、色が青・緑・オレンジと3色あり、この日の往路便は第1号の青です。, が代表的なメリットです。優先搭乗なんてメリットあるの?最後に搭乗した方がよくない?って思う方もいるでしょう。自分もそう思うことがあります。が、この日は優先搭乗を利用しました。ANAのA380に搭乗できるわけですからね!しかもビジネスクラス!少しでも楽しい時間を増やすためにできる限りはやく機内へと向かいます!, このA380は2階建てになっているので、エコノミークラス搭乗客は1階、その他クラスは2階へと向かいます。, こちらがANAのA380にのみ導入されているタイプのペアシート型スタッガードシートです。完全に席が連結していますよね。これは家族連れやカップルの多いハワイ路線にはかなりいいのではないでしょうか。この席の近さはビジネスがメインの路線ではちょっと・・・という感じもしますが、ハワイには最適なんじゃないですかね。好印象です。, ペアシートの前後の席は、中央にテーブルが来るので、隣の人とはかなり距離があります。ここなら、隣が知らない人でも何の問題もないでしょう。, そして座席配置の1-2-1の1に相当する窓際席がこちら。こちらは半個室状態なので、1人で搭乗するなら、是非ともこのシートを確保しておきたいと思うでしょうね。, 一番人気はやはりペアシートのようで、自分が座席指定を見ていると、直前までペアシート以外は選ぶことができましたが、ペアシートはすべて埋まっていたので、狙っている人は座席指定は早々としておく方が無難です。, ちなみにですが、この日はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席ともになんと満席!!!ANAホノルル行きA380はなかなか好調なようです。, 座って隣を見ても、隣の人が視界に入らない。このプライバシーというか、プライベート空間があるのがビジネスクラスの魅力です。これはエコノミークラスやプレミアムエコノミーにはないですからね。, ここにはライト、リモコン、ヘッドフォンジャック、USBコンセント、ユニバーサルコンセントがそろっています。, ダイニング用のテーブルはサイドテーブルの下から横にスライド式で出てきます。木目調がいい感じ。, 用意された冊子類を並べてみました。1つ目のA380のスタッガードシートの説明書をじっくりと読み込みます。, モニターはなんと18インチ。この画面で映画を満喫できます。モニターはタッチパネル式ですが、ビジネスクラスだと距離があるので、5歳の長男はシートベルトをした状態だと手が届いていませんでした。, ちなみに映画を楽しめると言いましたが、往路のホノルル行きは深夜便です。日本を夜に出て、ホノルルに早朝に到着します。そして、フライト時間はちょっと中途半端な6時間。しっかりと寝ておかないとけっこう体力的につらいんですよね。なので、映画を存分に見る人は少ないかもしれません。復路のホノルルから日本への便は昼間の時間帯の便になるので、モニターは大活躍だと思います。, このボタン一つでパーティションあげることも可能なので、カップルで喧嘩になったときには最適です笑。, そして、ビジネスクラスの魅力はシートがフルフラットになる点です。夜便でぐっすり寝たい人には最高の空間です。, 体を横にしても、足を曲げることなくフラットな状態で快適な睡眠がとれます。ホノルルに到着して、すぐにレンタカーの運転が待っているので、往路のビジネスクラスは非常に価値が高いことを実感できますね。逆に、フラットじゃなくても、どこでも寝れるよ!!って人はビジネスクラスを選択しなくてもいいかもしれませんね。, ビジネスクラスになると充実のアメニティも提供されるので、その中身もチェックしましょう。, アメニティはシートの上に、ビニール袋に包装されて用意されています。この中には持ち帰りOKなものと、持ち出しがダメなものがあります。, まず、下の大きなものが布団とマットと枕です。寝るときに利用するものですね。これは持ち帰らないようにしてくださいね。, ヘッドホンはノイズキャンセリング式のPanasonic製品です。そして、サイドテーブルにはヘッドホンをかけておく場所もあります。, これ、絶対に持ち帰らないようにしましょうね。悪質なのは知ってか知らずか、持ち帰ってメルカリなんかで売っている人がいるんですよね。単なる犯罪。絶対ダメ。知らない人もいると思うので、知っておいてくださいね。, 持ち帰りがOKなのは、このアメニティポーチとスリッパです。ポーチはANAのホノルル路線限定のものになっているので、いい思い出の品になります。, 中身は歯ブラシ、アイマスク、耳栓とA380のエコバッグ。ハワイで活用したくなりますね!, ANAの機内食やドリンクメニューは、こちらの公式ホームページ上で、どの路線でどうようなメニューなのか公開されているので、事前にチェックしておくことも可能です。, コースは離陸後に和食か洋食を選ぶことが可能です。メニューもかなり豪華ですね。ハワイらしく洋食ならガーリックシュリンプがメインですね。, また、ANAのビジネスクラスに関しては、機内食をANAのホームページから事前予約することも可能です。, 上記のアラカルトメニューを頼むことも可能です。搭乗前に食事を済ませたので、離陸前に軽い食事でOKな人もいるでしょうし、離陸後と着陸前と2度食べたい人もいるでしょう。こんなニーズにも、ビジネスクラスならばっちり応えてくれます。, そして、一般アルコールとソフトドリンク&コーヒー。全30種類以上はありますね。さすがビジネスクラスの品ぞろえです。, また、ANAスペシャルワインセレクションとして、上記の中から1つのワインが「本日のワイン」として用意されているそうです。どれが提供されるのか楽しみになるような企画ですね。, まず、搭乗してすぐにウェルカムドリンクのサービスがビジネスクラスではあります。オレンジジュースかシャンパンが提供されますが、このオレンジジュースがよく冷えてていい感じなんですよね。, 離陸後安定飛行に入ると、すぐに機内食が始まります。ホノルル路線は6時間の深夜フライトで、食べてすぐに寝るのが鉄則です。上級者にもなると、機内食は無視して寝る人もいたりします。, まずは、アミューズが4品。この光景はエコノミークラスの機内食では見ることができない非常に贅沢な光景だと思います。ビジネスクラスのサービスという感じがしますね。, 彩が本当にいいですね。飛行機の機内で、この内容の食事を食べることができれば文句なしです。, 機内からハワイをすでに感じることができる食事を提供してくれるのがまた魅力です。じっくりと映画でも見ながら、味わいたいところですが、とにかく食べてすぐ寝るがホノルル行きでは重要!!!, 到着前には、軽食として何かアラカルトメニューから食べるか客室乗務員さんに聞かれましたが、自分は睡眠を取ることにしました。寝るより食べる方が好き!!!という方は2回目の食事も楽しめます!, しかし、食べて寝て、シートが快適すぎて、ホノルルまで一瞬で到着しました。個人的にはあと5時間ほどフライトが長くてもOKというか、むしろ5時間くらい睡眠を追加できる距離の方が体調はばっちりだと思います。ホノルルの往路は、割と体力勝負になります。だからこそ、快適に寝ることができるフルフラットシートが魅力的になってきます。, そして、着陸後にもビジネスクラスの特典が待っています。このA380は520人乗りの超大型機材なので、手荷物が全員分出てくるまで、かなりの時間がかかりますよね・・・。が、ビジネスクラス客の手荷物は優先受け取りが可能で、ファーストクラス客の次に出てきます。, 以上、6時間強のフライトが本当に一瞬だったANAのホノルル行きA380ビジネスクラス搭乗レビュ―でした。, ホノルル行きの便は、日本を夜間に出て、ホノルルには午前中に到着します。ホノルルに到着後に、フルに活動するには、やはり機内で快適な睡眠が取れるという環境は非常にありがたいです。そういう意味でも、フルフラットシートが採用されているビジネスクラスは非常に価値が高いと思います。, また、このA380ビジネスクラスはペアシートが採用されているので、夫婦・カップルでも楽しく会話しながらフライトを楽しめますし、小さな子連れでもかなりの安心感があります。自分たちが搭乗したときも、他にも子連れのビジネスクラス搭乗客が複数いましたしね。, 今まで、ホノルルまで複数の航空会社の、複数のシートを体験しましたが、個人的にはANAのA380のペアシート型スタッガードシートが一番いいシートだと思います。是非、おススメしたいビジネスクラスなので、狙ってみてくださいね!!!, すごいですね! ビジネスクラスの座席の配置は、エコノミークラスよりも少ないので、どこに座っても通路に面しています。なので、エコノミークラスのように隣の人に気を使わなくても席を立つことができます。, ビジネスクラスの座席は身体を横にできるほどシートピッチが広く、ゆったりとしているので、長時間、長距離を移動するときでもゆったりしながらフライトを楽しむことができます。 値段が高いイメージが強いビジネスクラス。実は格安の料金でも乗れるんです。ビジネスクラスに格安に乗るためのポイントをわかりやすく紹介。海外旅行のプロが揃う、名鉄観光のビジネスクラス専門チームによる解説ガイド。 ANAのビジネスクラスを利用してハワイ便に乗ってきましたので、ラウンジや機内の様子をレポートしていきたいと思います。, ANAマイルとSPGアメックスの使い道!80万円以上のハワイ家族旅行が無料! ビジネスクラスもホテルも全部タダ!!, 予約する時期によって価格は大きく変動してしまいますが、通常シーズンで1ヶ月以上前に予約する前提でざっくりした値段を調べてみました。, ビジネスクラスを現金で購入するのは、余程の富裕層でないと中々手が出ませんので、マイルを使った特典航空券での必要マイル数を確認します。, 私の場合、ANAマイルが大量に持っているので、マイルで特典航空券が取れないものは、現金で購入することもせず、ANAマイルをANA SKYコインに交換して支払いをしました。, ANA SKYコインとは、マイルとは別の電子マネーの様なシステムになっていて、ANAの航空券の購入、ANAが主催しているツアーパッケージの購入代金などに1コイン=1円として利用することができます。, ANAマイルからの交換量と、ANAのゴールドカードを所持していると、1.6倍の量にしてSKYコインに交換することが可能です。, 1.6倍以上のレートで交換するには、ANAの上級会員になるか、ANAと提携しているゴールド以上のクレジットカードを持つ必要があります。, 旅行時の付帯サービスと相性が良いのはアメックス系のカードになりますので、SKYコインに交換する為にオススメしたいカードはANAアメックスゴールドを推奨したいです。, ANAアメックスゴールドキャンペーン比較【3月:最大103,000マイル】特典とメリットは?, 航空券の購入決済は、下記の通り320,000SKYコイン×2回交換して、全額支払いに充てています。, こういう大盤振る舞いな贅沢なマイルの使い方をしたい場合は、こちらの記事をご参照ください。, 陸マイラー初心者のマイルの貯め方【1年目はANA等360万マイル獲得】2020年からの始め方とポイントは?, 空港のチェックイン、荷物のお預けは結構な行列になっていることが多く、30分から混雑している時には1時間以上そこで足止めされることが多いです。, ビジネスクラス以上のチェックインカウンターでは、ほとんど待ち時間なくキャリーバックを預けることができるのでストレスがなくて良いです。, ビジネスクラスになると、チェックインの際にお姉さんがかけてくれる言葉も「Seki様、お待ちしておりました」とエコノミークラスの流れ作業の様な扱いではなく、丁寧なおもてなしを感じることができます。, 手荷物検査や出国審査も優先で入れるので、ここでも無駄に時間を消費しなくて済みます。, ANAラウンジでは、お酒も飲み放題、食事も食べ放題になりますので、飛行機までの待ち時間をゆっくり過ごすことができます。, ウイスキー、ワイン、シャンパン、焼酎、ウォッカ、カクテルの原種などお酒の種類も様々です。, 知多のウイスキーは、私が入った時には未開封含めて1.5本分くらいありましたが、2時間後にはすべてなくなってました。, ソフトドリンク、お茶も豊富に揃っているので、お酒を飲めない方、子供であっても楽しむことができます。, 隣には、フルーツポンチ、チーズ、チョコレート、シリアル、ヨーグルトが置かれていました。, 麺類は4種類のそば又はうどんと、とんこつラーメンにANAオリジナルカレーがあります。, 寿司ネタは、マグロ、サーモン、エビの中から2種類選ぶことができ、その場でシェフが握ってくれます。, 雑誌コーナーは新聞各種、財界という雑誌など、カードラウンジに置いてある雑誌とはジャンルというかレベル感の違うものが置いてありました。, この機材にはファーストクラスの設定がありませんので、ここでもビジネスクラスは優先的に搭乗ができます。, 仕切りがありますので、隣の人とのプライベート空間も確保できますし、フルフラットで寝ることができますのでとても快適なシートです。, ラウンジでしこたま飲んだあとでしたが、ここではやはりシャンパンをいただきたいです。, 洋食は、「ESqUISSE(エキネス)」のシェフによってプロデュースされたメニューです。, お肉は柔らかく、しっかり味付けがされていますが程よい塩加減でちょっとしたレストランでディナーを食べている感じでした。, ピラフ?的なものがうさぎの形をしており、卵焼きやウインナーなど子供が喜びそう(食べやすい)な内容になっていました。, 小海老とチェダーチーズのクロワッサンサンドイッチ、フルーツ、ヨーグルトをシャンパンと一緒に美味しくいただきました。, ヘッドホンは、ノイズキャンセラーとまではいきませんが、これをつけて映画を見ていると飛行機の音はほとんど気にならないです。, 約7時間半のフライトですが、足を伸ばして寝られるので疲れることなく楽しいフライトを過ごすことができました。, ちなみに、フルフラットの写真は、食事が終わったらさっさと消灯で電気を消されてしまったので撮ることができませんでした。, 今回はANAビジネスクラスのスタッカードシートを体験してのフライトに乗ってみました。, やはり4時間以上フライトになってくると、腰が痛くなったり、足が痺れてくるのでフルフラットになるビジネスシートはとても快適でした。, ハワイ行きのビジネスクラスは、安くても1人20万円以上しますが、マイルを貯めて搭乗すれば空港利用税と燃油サーチャージだけで済みます。, ハワイだけでなく、世界中の旅行にビジネスクラス以上を利用すると、旅の思い出も快適度もグッと高くなることと思います。, 私がマイルを貯めている方法は、下記の記事にまとめていますので、ビジネスクラス以上での海外旅行にご興味がありましたら、一読いただけますと幸いです。, ANAマイルを貯めるなら、「ANAアメックスゴールド」が実質無期限でポイントを貯められるのでオススメです。(ANAマイルの有効期限は3年), 【A380フライングホヌ】ANAビジネスクラス搭乗記ブログ(ホノルル→成田)機内食、座席をレビュー, ANA A380ハワイ便ファーストクラス搭乗記【成田→ホノルル】空飛ぶウミガメのサービスを全公開(2号機初フライト), ANAカード比較と陸マイラーにおすすめな選び方!ゴールドカードはVISA、アメックスそれとも…どれがお得?, ANAマイレージクラブとは?ANAマイルの基礎をゼロから解説!入会・登録前にメリット・デメリットを知ろう, 2018年より本格的にマイラーデビューしました。今年の目標は単月で100万マイルを貯めることです。 一般的には海外に旅行に行く時の飛行機のクラスはエコノミーですよね? フライト時間が長いと辛いのが座席の狭さです。 ビジネスクラスに乗ってみたいけど、エコノミーとどのくらい差があるのでしょうか? 誰もが乗りたいビジネスクラス実際のところどのくらい違いがあるのか? ビジネスクラスでハワイ旅行の値段相場は? 予約する時期によって価格は大きく変動してしまいますが、通常シーズンで1ヶ月以上前に予約する前提でざっくりした値段を調べてみました。 ビジネスクラス同様優先搭乗があります。 ダイヤモンドメンバー同様最優先で搭乗可能です。 上級ラウンジの利用. さまざまな航空会社が就航する、日本とハワイ(ホノルル)間のフライト。いざ予約しようとしても、分かりにくいのがサービスの質と料金の関係。ビジネスクラスを使ってハワイ行きを検討している人に、航空会社ごとに料金を比較しました。最も安くビジネスクラ これまで準備期に蓄積してきたマイルの貯め方、使い方ノウハウは無料のメール講座やセミナー等でお伝えしていきたいと思っています。, タイ航空ファーストクラスのラウンジ、機内食、サービスは評判通り?【バンコク→羽田】座席はマイルで予約, 【羽田→マレーシア】ANAビジネスクラスのマイル搭乗記!ラウンジ、アメニティ、機内食は?, 還元率1.8%!ANA VISA プラチナのキャンペーン【11月】特典とメリットを徹底比較, 陸マイラー初心者のマイルの貯め方【ANA/JAL等 通算1,000万マイル獲得】2020年からの始め方とポイントは?, ポイ活とは?初心者のおすすめサイトとやり方4ステップ!ブログの始め方【保存版まとめ】, 【納税額別に比較】固定資産税を支払うオススメのクレジットカード7選!還元率の高いモノのみ選んでみた(2020年最新版), 【2020年11月】SPGアメックスがお得なポイントサイトと94,550ポイント獲得の紹介キャンペーン!入会特典とメリットは?, 【11月:最大76,000マイル】ANAアメックスゴールドキャンペーン比較!特典とメリット、2020年は紹介、公式どこがお得?, アメックスプラチナ入会キャンペーン【11月:最大7万ポイント】!10の特典メリット&価値あるFHRアップグレード体験《2020年版》, アメックスビジネスゴールド年会費無料の紹介入会が復活【11月:6.8万ポイント】に申し込みをする, SPGアメックスのライバル比較!ぶっちゃけどれが優秀?(プラチナ、ゴールド、ANAアメックスゴールド), TOKYU(東急)ルート完全版!ソラチカ後継の高還元でANAマイルを得られるおすすめルート、交換方法まで解説(11月), スーパーフライヤーズカード(SFC)比較【2020年版】特典からオススメするメリットあるANAカードは?, フライングホヌ A380ファーストクラス搭乗記【ホノルル→成田】限定機内食に大感動!, 【家族旅行ブログ①シンガポール編】旅費190万円相当が無料!できるだけ豪華、贅沢にしてみた, 【家族旅行ブログ②香港編】旅費190万円相当が無料!できるだけ豪華、贅沢にしてみた, 【少マイルで超得】15,000ANAマイルの特典航空券で海外と国内(韓国+国内4カ所)をお得に楽しむ賢い使い方!?, シンガポール航空 A380ファーストクラス(スイート)にマイル搭乗記!機内食、サービスは至れり尽くせり(シンガポール発), 【スイートアップグレード】リッツカールトンワイキキ旅行記ブログ!グランド オーシャンビュー スイートにポイントで宿泊(SPG). すごいとしか言いようありません ビジネスクラスに乗りたいなら、ビジネスクラスの価格をまずは知った方がいいですよね。そしてエコノミークラスとの価格差も気になる所です。以下の条件でスカイスキャナーで検索をしてみました。 日時は、比較的近い日付の①閑散期6月1日 ②お盆の繁忙期 8月11日 シート、機内食、ラウンジ、ホスピタリティなど、ビジネスクラスへのこだわりは各社さまざま。旅のプロが厳選したおすすめ13キャリアをご紹介。海外旅行のプロが揃う、名鉄観光のビジネスクラス専門チームによる解説ガイド。 ユナイテッドのビジネスクラスシート . エコノミークラスより先に受け取ることができるので、時間もあまりかかりません。ビジネスクラスの手荷物はファーストクラスの次に優先度が高いです。, ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗した人が入国審査を受けるとき、多くの空港では専用のレーンが用意されており、優先的に入国審査を受けることができます。エコノミークラスに搭乗した人とは違って、ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗した人は、時間をかけずに入国審査を終わらせることができます。, ビジネスクラスの値段は航空会社や路線、乗り継ぎの有無によって違ってきます。成田空港からシドニーへビジネスクラスを利用して行く場合、直行便だと片道の最安値がJALの330,000円~で、最高値がANAの430,000円~となっています。 【ANA公式サイト】ANAのビジネスクラス(Business Class)(国際線)をご利用いただくお客様へ、地上サービスや機内サービス、オプショナルサービスについてご案内いたします。ANAが提供する国際線の各種サービス情報はこちらから。旅の計画・準備はANAのホームページで。 また、ビジネスクラスで提供される機内食は事前に予約することもできます。, 飛行機を降りた後でもビジネスクラスはエコノミークラスよりも良いサービスを受けられます。混雑する手荷物受取りや入国審査など、エコノミークラスでは時間がかかってしまう場面でも、ビジネスクラスに搭乗すればスムーズに手続きを終えられます。, ビジネスクラスやファーストクラスは、エコノミークラスの前に優先的に降機することができます。そして手荷物を受け取る際も、ビジネスクラスやファーストクラスの手荷物はプライオリティータグがつけられます。 また、情報を記事で整理しておきたいと思います。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, メールアドレス登録すれば、更新をメールで受信できます。是非ご登録下さい。もちろん無料!!, サイト運営者・ブログ運営者・各種SNS利用の方々へ。当サイト内の記事へのリンク・引用はご自由に許可なくご利用ください。. ビジネスクラスのサービスは、エコノミークラスより良いけれどファーストクラスほど豪華なサービスではないです。, ビジネスクラスの値段は航空会社や移動距離によって多少違いはあります。例えばビジネスクラスでANAで成田からシンガポールへ行く場合は、約400,000円かかります。これは同じ路線をエコノミークラスで移動する場合の値段と比較して、約1.3倍ほど高い値段になっています。, ビジネスクラスで飛行機を利用する場合、エコノミークラスと比較していろいろな面で違いがあります。飛行機に搭乗する前からでもサービスや特典など、いろいろな面で良い待遇を受けることができます。ここからは、ビジネスクラスと、エコノミークラスやファーストクラスの違いについてご紹介していきます。, ビジネスクラスは飛行機内でのサービスが充実していると思われる方もいると思いますが、飛行機に搭乗する前からでも充実したサービスや優待を受けることができます。チケットの購入時や、出発前の時間の過ごし方、搭乗時などで他のクラスとの違いがありますので、詳しく説明していきます。, 航空券の値段がエコノミークラスやファーストクラスと違ってきます。国内の航空会社か海外の航空会社、目的地までの距離の違いなどによって値段は異なります。 ©Copyright2020 すけすけのマイル乞食.All Rights Reserved. 飛行機に乗るときにエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの違いが気になる方は多いでしょう。, この記事ではエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスとおまけでプレミアムエコノミークラスの差を色々な観点から検証したいと思います。, 比較の為に料金や必要マイル数は日本(羽田・成田)→ハワイ(ホノルル)の便を仮定しています。, 掲載しているのはミドルシーズン(3末)に最安で検索した際の便なので実際には航空券はもっと高くなる場合もあります。, 日付による値段の違いは確認した日付でも最大で5倍の開きがありました。年間を通すと最安料金と最も高い料金で10倍ほど料金に開きがある場合もあるようです。, また予約変更可能なチケットか不可なチケットかでも値段は異なります、掲載しているのは予約変更不可のチケットです。, マイクロソフトの創始者であるビル・ゲイツが長い間エコノミークラスを使っていたのも有名な話です。, こればかりは航空会社と路線によるので一概には言えませんが基本的にはエコノミークラスの座席は狭いです。, 新幹線の普通車をイメージしていただければわかりやすいと思います、あれと同じかそれより狭いくらいです。, なお非常口のすぐ近くの席は足元が広い為エコノミークラスでも快適に過ごすことが出来ます。, ただし非常時にはCAの方の手伝いをする必要があるため年齢制限があり「18歳以上の健康な方に限る」とされています。, 広さ的には快適ですが離陸着陸時に荷物をほぼ全て上の棚に収めなければならない、というデメリットもあります。, またエコノミークラスの一番前の席も足元が広いため座席指定で優先的に埋まりやすいです。, モニターがない航空機もあるのでその場合は事前に調べてipadなど時間を潰せるアイテムを持って行きましょう。, ANAホノルル線は全便最新機材のボーイング787-9型機で運航しているためエコノミーでも比較的快適に過ごせると思います。, エコノミーとはエコノミークラスとビジネスクラスの中間に位置づけられる旅客機の座席等級で 運賃、座席の座り心地、サービス水準なども両クラスの中間程度となっています。, 座席配列はエコノミークラスがの3席-4席-3席となっているのに対し、2席-4席-2席と2席分少なくなっています。(航空会社によって異なる可能性があります), 通常のエコノミーでは座席の前後の間隔も31インチ(約79センチ)であるのに対し、プレミアムエコノミーでは36インチ(約91.44センチ)と広くなっています。, 写真はANAのプレミアムエコノミーシートでオットマン付きの座席なので、長距離のフライトでも疲れにくいようになっています。, B787-9と呼ばれるボーイングの最新機種はエコノミーやプレミアムエコノミーでも新しいシートが導入されています。, プレミアムエコノミークラスのチェックインはファーストクラスやビジネスクラスのような専用カウンターはなく、エコノミークラスのカウンターでチェックインを行います。, ビジネスクラスとは旅客機の座席の等級における上級客室のことで最上級客室に当たるファーストクラスと標準客室のエコノミークラスの間に位置付けられています。, なお格安航空会社であるLCCは全てエコノミークラスだけと思っている方もいますがLCCにもビジネスクラスは存在します。, B787-9型機のビジネスクラスには、180度水平になるフルフラットシートが採用されています。, また日本の航空会社では初となるシートを互い違いに配置する「スタッガードシート配列」にすることで、どの席からでも直接通路にアクセスできるようになっています。, オットマン下に備わったバゲージ収納スペース、読書灯を備えた大型サイドテーブルなど、パーソナルスペースへの配慮も抜群です。, さらに各席大型のタッチパネル式液晶スクリーンが備わっており、映画、ビデオ、音楽、ゲームなどのすべてのエンターテインメントが簡単かつスムーズに楽しめるようになっています。, ビジネスクラス専用のチェックインカウンターがあるので、長い列に並ぶことなくチェックインが可能です。, また空港によっては保安検査場や入国審査にもビジネス・ファーストクラス用の優先レーンを設けています。, 出発前に軽食を無料で取ったりゆったりと過ごすことのできる空間、それがラウンジです。, 食事のメニューもバラエティ豊かで、ビールやワインなどアルコールも充実しています。夜便や乗り継ぎの際はシャワールームを利用してさっぱりするのもおすすめです。無線LAN(Wi-Fi)によるインターネット接続も出来ます。, ただしANAに関して言えば国内線のラウンジは提供される食事がつまみ程度のもので味も至って普通の為はっきりいって微妙です。, またハイシーズンはラウンジが混んでいてかえってラウンジの方が過ごしづらいということもあり通の人はラウンジを利用せずそのまま飛行機に乗ることも多々有ります。, 海外のラウンジだと香港やロンドン、ニューヨーク、フランクフルトなどは日本のANAラウンジより規模が大きく質も高かったです。, ただ先に入っても正直することがないので僕はビジネスクラス利用時でもぎりぎりに行って優先搭乗を使わないことが多いです。, 特筆すべき点としては長距離用のプロダクトの大部分がフルフラット化された昨今ファーストクラスの一部でシートの個室化が行われるようになった点です。, 巨人機エアバスA380を導入したシンガポール航空やエミレーツ航空、エティハド航空、アシアナ航空などが個室のファーストクラスウィ提供しています。, ※エコノミー、ビジネスと同じ日程の便が空いていなかった為税金等が異なっていますが同一日程であれば燃油サーチャージ料金等 は全クラス共通です。, 高い壁で仕切られたスクエア型のシェル、内部はあらゆる無駄を削ぎ、最大限の心地よいスペースが確保されています。, ファーストクラスでは、最上級の名にふさわしい世界各国の選りすぐりのワインが提供されます。, エコノミークラスの料金を基準とするとプレミアムエコノミーが2倍、ビジネスクラスが5倍、ファーストクラスが15倍程という結果になりました。, 僕は全てのクラスに乗ったことがありますがやはり長距離路線であればビジネスクラス以上のクラスでないと旅が億劫になってしまいます。, そのため個人的には一番のポイントは席がフルフラットになっているか(座席が全て倒れるか)どうかです。, と言っても寝れるかどうかの違いだけで2倍や5倍もするチケットを買うかどうかというと微妙なところです。, 普段国際線に乗るときはビジネスクラスしか使っていませんがそれは普段からマイルを貯めているからこそ出来ることです。, ハワイ行きビジネスクラス60000万マイルは1年目から十分貯めることの出来るマイル数ですのでマイルを貯めていないという方はぜひこの機会にマイルを貯め始めてみてはいかがでしょうか?, 僕は25歳までは実費で飛行機に乗っていましたがそれ以降は座席が取れない時を除いて特典航空券の利用でしか飛行機に乗ったことがありません。, 座席が取れなかったのも200回ほどの渡航のうち5回未満ですのでほぼ全てをマイルだけでカバーしています。, ちなみにファーストクラスで世界1周旅行に行ったこともありますが必要マイル数は最大でも40万マイル程です。(旅程により変わります), 現金でチケットを買う場合は500~600万円程必要です。僕のような一般人にはとても買えたものじゃありませんがマイルならこのような旅を可能にしてくれます。, 40万マイル貯めるにはマイルを貯めるテクニックを身につけてから3年ほどはかかると思いますがそれは間違いなく誰でもできることです。, ポイントサイトやアフィリエイト、カードの紹介といった基本的なマイルの貯め方はもちろん他の人では教えらないような事業決済をを活用し年間30万マイルを貯める方法をまとめたメルマガ講座です。, どの航空会社のマイルを貯めるべきか、マイル以外のポイントを貯めるべきタイミングやその理由など一歩踏み込んだ所に関してもまとめているのでお役に立てば幸いです。, ハイアットグループのポイントサービス「ワールド・オブ・ハイアット・ポイント」はどう貯める? 貯め方と使い方を紹介, ステータスマッチが魅力的な ゴールデンサークル・アワード・ポイントの貯め方・使い方を徹底解説, アメックス(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードはどこで作るのが一番お得?.