そもそもパレスチナ問題は何が原因で起こったのか?なぜ解決できないのか?はとっつきにくいテーマなので、意外と理解していない人も多いはず。 そこで今回は、パレスチナ問題を歴史的な背景や宗教的な観点で解説していきます。 アメリカのトランプ大統領は、イスラエルとパレスチナの長年の紛争を解決するためとして、先週、独自の中東和平案を発表しました。 かつて(紀元前まで)、ユダヤ人は現在のイスラエルが位置する場所に定住し生活を送っていました。 その後、ユダヤ人は度重なる迫害を受けたことで中東の地を離れ、ヨーロッパへ移住しましたが、彼らは移住先のヨーロッパでも迫害を受けることになります。 その一つの大きな理由は、ユダヤ人たちは 「一神教であるユダヤ教の信仰を通じて、独自のコミュニティーを移住先で形成したから」 また、 「その才覚を活かして、金融業を中心に商売を行い、富を蓄えていったから」 です。 そのため、周りの住 … パレスチナは、東をヨルダンに接する「ヨルダン川西岸地区」と、西を地中海、南をエジプトに接する「ガザ地区」に分かれています。ヨルダン川西岸とガザは1994年以来「パレスチナ自治区」とされ、「パレスチナ自治政府」が存在していますが、独立国家ではありません。 人口は両地域を合わせて約455万人で、その過半数が15歳以下の子どもです。面積はヨルダン川西岸地区が5,655平方km(三重県と同程度)、ガザ地区が365平方km(種子島と同程度)です。 面積は第二次世界大戦終結以前のもの … イスラエル・パレスチナ紛争は単なる宗教・領土紛争ではない 私は学者ではないが、長年、イスラエルで平和運動に携わってきた立場から、イスラエル・パレスチナ問題と、その解決策について私見を述べ、私自身が実践してきた取り組みについて紹介したい。 イスラエル・パレスチナ問題を考えるには、イスラエルとパレスチナ自治区を理解しないこと難しいため、両者についてまずは確認していきましょう。 (上の画像でWEST BANKとGAZAがパレスチナ自治区に当たる場所) イスラエルは中東のパレスチナ(地域)に位置する国家で、北はレバノン、北東はシリア、東はヨルダン、そして南はエジプトと接しており、国民はほぼユダヤ教徒。 また、イスラエル側とパレスチナ自治区側によって微妙に解釈が異なりますが、イスラエル側の解釈によれば、パレスチ …