(50代・男性), ここりんさん 映画『アルティメット』はハラハラ・ドキドキの本物アクション映画です! この映画『アルティメット(Banlieue 13, 英題、District 13)』は、2004年のフランスで公開されたスタントマンやCGなしのアクション映画 … (40代・男性), さなぎさん ハラハラドキドキ、スリルを感じたいなら洋画のアクション映画がおすすめ。しかしアクション映画といってもスパイ・カー・銃撃・格闘・SFとジャンルも豊富でどれがいいのかわからないとの声も。そこで今回はおすすめの洋画のアクション映画や選び方までご紹介したいと思います。, 毎日の仕事や受験勉強でストレスがたまっている人はどうやって解消していますか?スポーツをして汗をかく暇がないという人は、スカッとするアクション映画を見るのもおすすめの方法です。, アクション映画はカーアクションやスパイアクション、SFアクションなど様々で、シリーズものなど評判の良い作品をまとめてみることもできます。さらに見る人がアクションととらえた映画がアクション映画なので、かなりたくさんの数が存在しておりどれが良いか迷います。, そこで今回は洋画アクション映画の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。日ごろのストレスをアクション映画で吹き飛ばしましょう。, 洋画アクションには、さまざまなジャンルがあり選ぶのに大変迷いますね。しかし、好みのシリーズや俳優と合わせて考えると簡単に見たい映画が見つかります。ここでは、それぞれ選び方について案内しているので参考にしてください。, アクション洋画のジャンルはある程度固定化されているので、初めて見る人も比較検討しやすくなっています。面白そうな作品をピックアップして全部見るのもよいでしょう。ここではアクション洋画のジャンルについて紹介しています。, カーアクションは、自動車やバイクによる激しいカーチェイスが見ものです。男性に大人気のジャンルで、毎年のように新しい作品がリリースされるカテゴリー。近年は『ワイルド・スピード』が人気で2001年からシリーズ化されている大評判の洋画です。, 『007』や『ミッション・インポッシブル』シリーズが人気のスパイアクション。スパイを題材にしたハラハラするストーリー展開ですが、俳優の魅力が大きく影響するのも特徴です。2000年以降は同時多発テロの影響もあり、それまでのサスペンス調からシリアス路線へ変化しつつあります。, 『スターウォーズ』や『エイリアン』、『ターミネーター』など、SFアクションに分類される作品は数多くあります。シリーズものが多いのもこのジャンルの特徴。スターウォーズは1977年の公開以来、40年間変わらぬ人気で、さらに新しいファンを増やしつつあります。, 宇宙が舞台とあって、物語のスケールが大きいのもSFアクションの魅力。広い世界観と壮大なストーリーは一度はまったら夢中です。アクション戦闘シーンを盛り上げるメカも見逃せないポイントで、男性は注目するところでしょう。, 洋画SF映画の人気おすすめランキング10選【宇宙から、恋愛まで】|セレクト - gooランキング, 『ダイ・ハード』など、とにかく銃を撃ちまくるのがガンアクション映画です。ゲームでもFPSが大人気なように、この分野の映画を好む人も多く見られます。迫力ある銃撃シーンは見るだけでストレス解消になること間違いなし。, 孤独な殺し屋VS悪の組織、新米警官VS麻薬組織など、たった一人で大きな力へ挑んでいく物語が多く、銃ひとつで悪に勝利する達成感も味わえるでしょう。, 格闘アクションというジャンルを築いた俳優に、アジアの大スター、ジャッキー・チェンは外せません。警官、拳法の達人、刑事など、さまざまなキャラクターに扮しコメディを交えながらの痛快なアクションシーンで観客をスカッとさせてくれます。, 格闘アクションは、スタント、アクションの技術も相当高くないとこなせない映画。ブルース・リーやサモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウなど、俳優自身が武術を習得していないと演じられないアジアならではの格闘アクション映画が多く見つかります。, シリーズ化されているということは多くの観客が「続きを観たい!」と高い評価をした作品であることが多いです。『ワイルドスピード』、『ミッションインポッシブル』などは数十年にわたるシリーズ作品。定番のアクション映画として、人々の期待も大きいものです。, どちらもアクション、メカ、ストーリー、俳優の魅力など、すべてのアクション映画に必要な要素が盛りだくさん。どれを見ようか迷ったら、とりあえずシリーズものを見ておくという選択もおすすめです。, ジャッキー・チェンやブルース・ウィルスなど、アクション洋画にはおなじみの俳優がたくさんいます。お気に入りの俳優がいたら、その作品を順番に見ていくのもおすすめです。ここでは、アクション洋画を俳優で選ぶ方法について紹介しています。, ジャッキー・チェンは1954年生まれ、香港出身のアクション俳優です。コメディタッチの明るいカンフー映画で知られており、アジア圏で1980年代に大スターとなりました。, 『プロジェクトA』、『五福星』、『キャノンボール2』、『カンニングモンキー』など、作品のラインナップが多く、まとめてみるのもおすすめです。以下の記事はジャッキー・チェンの映画について紹介しているのでご覧ください。, ジャッキーチェンの人気おすすめランキング10選【2019年最新版】|セレクト - gooランキング, ブルース・ウィルスは、ドイツ生まれのアメリカ人俳優として知られており、コメディ、アクション、ドラマと演技の幅は広く、プロデューサーもこなすなど多才な人物です。, 1980年代から多くの映画に出演し、『ダイ・ハードシリーズ』が代表作。ほとんどスタントなしでこなすアクション映画は、大迫力で爽快なシーンが多く見られます。, 日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている1947年生まれ、アメリカ出身の俳優、アーノルド・シュワルツネッガー。ボディビルで鍛えた体を元に、1960年代からハリウッド映画界においてアクションスターとして大活躍しています。, 『ターミネーター』、『コナン・ザ・クレート』、『トータルリコール』、『ツウィンズ』など、多くのヒット作で主役を務め、その超人的なボディなくては成功しなかった映画が多くあります。, 1964年生まれ、レバノン生まれのカナダ人俳優キアヌ・リーブス。子供の頃から舞台へ出演したり、10代から映画へ出演するなど、若い頃から演技と縁のある環境でした。, 国際的スターとなったのは1994年、『スピード』の大ヒット。続く『マトリックス』の3部作も大好評を博し、ハリウッドの人気俳優として広く知られるようになりました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51tl4KADQoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988021148382%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988021148382%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00NM63IOY?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00NM63IOY"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fvpbu-14838.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 大人気カーアクション作品の第5弾、TAXi ダイヤモンド・ミッションです。秘密兵器を搭載したプジョー407が猛スピードで暴れまわるシーンが見もの。脅威のドライブテクニックを持つタクシードライバーと警官のコンビが今回も痛快なカーアクションを繰り広げます。, [{"key":"ジャンル","value":"カーアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"フランク・ガスタンビド, マリク・ベンタルハ, ベルナール・ファルシー"},{"key":"監督","value":"フランク・ガスタンビド"},{"key":"公開年","value":"2019年"},{"key":"その他","value":"シリーズ第5弾"}], なんでもない日常の些細な出来事が、偏った正義には異常の萌芽となることを教えてくれる、今の時代でも考えることが多い映画ではないでしょうか。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61ZzM56-zFL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fopl-81206%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fopl-81206%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07C53HCM2?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07C53HCM2"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F4722886.html "}], 子供の頃の事故が原因でおこる耳鳴りのため、いつもイヤフォンで音楽を聴く主人公ベイビー。彼は組織で逃し屋として働く天才ドライバーで、音楽を聴くことにより運転テクニックが発揮されるという設定。個性豊かなキャラが繰り広げるカーアクション洋画です。, [{"key":"ジャンル","value":"カーアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"アンセル・エルゴート, リリー・ジェームズ, ジェイミー・フォックス"},{"key":"監督","value":"エドガー・ライト"},{"key":"公開年","value":"2017年"},{"key":"その他","value":"-"}], 製作者のこだわりが詰まってるけど、押し付けがましくなくて、観た後は清々しい気分になります。インプのカーチェイスも斬新で、何度観直しても破綻がないです。間違いなく名作です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51skpPMcohL.jpg"], [{"site":"楽天","url":":https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fneowing-r%2Fgadsx-1831%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fneowing-r%2Fgadsx-1831%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07K7L6YB7?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07K7L6YB7"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F4824666.html "}], クラシックカーのド派手なアクションならこちら、2017年公開のスクランブル。クリントイーストウッドの息子、スコット・イーストウッドが出演していることでも話題を呼んだ作品です。EDの展開もすばらしいもので、続編を希望する声も多く名作といえるでしょう。, [{"key":"ジャンル","value":"カーアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"スコット・イーストウッド, フレディ・ソープ, アナ・デ・アルマス"},{"key":"監督","value":"アントニオ・ネグレ"},{"key":"公開年","value":"2017"},{"key":"その他","value":"-"}], 貴重なクラシックカーがふんだんに出てきて惜しげもなくカーチェイスします。レプリカかもしれませんが、もったいないという考えが今どきスーパーカー以上に沸いてきて、ハラハラドキドキさせてくれました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51a7bQpxNBL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fgnbf-2549%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fgnbf-2549%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0083FK946?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0083FK946"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0011460330.html "}], 毎回猛スピードのカーアクションでド肝を抜かれる、大人気ワイルド・スピードシリーズの第5弾、 MEGA MAX。舞台はブラジルのリオデジャネイロ、カーレーサーと警官がタッグを組んで繰り広げる、スリル満天の大金強奪カーレースを思う存分お楽しみください。, [{"key":"ジャンル","value":"カーアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー, ドウェイン・ジョンソン"},{"key":"監督","value":"ジャスティン・リン"},{"key":"公開年","value":"2011年"},{"key":"その他","value":"シリーズ5作目"}], 内容は最高です。いろんな方が書かれているみたいにオーシャンズ11っぽいです。いろんな人種集めて悪い奴をこらしめるぞ!という感じ。これ見た後にワイルドなスピード!AHOなミッションも見ると最高に笑えます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51gLw8FaylL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10725358%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fes-toys%2F10725358%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003GQSY4E?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003GQSY4E"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmediaroad1290%2Fy0022812-119.html"}], 2008年に公開されたスパイコメディ映画、ゲット スマートです。主人公はアメリカの秘密諜報機関コントロールに属する分析官。緊急の事態でエージェントに昇格し大活躍します。8000万ドルの制作費をかけた笑いとアクションのあるおすすめの洋画です。, [{"key":"ジャンル","value":"スパイアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"スティーブ・カレル, アン・ハサウェイ, ドウェイン・ジョンソン"},{"key":"監督","value":"ピーター・シーガル"},{"key":"公開年","value":"2008年"},{"key":"その他","value":"コメディ"}], パロディ映画はたいがいチープに感じることが多いが、この作品はけっこう本格的に作られている。スカイダイビングあり、アクションシーンあり、モスクワロケありと、本家スパイ映画に匹敵するくらいクオリティがあるのではないだろうか。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51KJBm%2B6keL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14513422%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14513422%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B006QJT0U0?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B006QJT0U0"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0011052598.html "}], マット・デイモンを主演とするボーンシリーズ3部作の完結編、ボーン・アルティメイタム。失った記憶を探す主人公ジェイソン・ボーンはCIAに命を狙われてしまいます。ポール・グリーングラス監督のスピード感ある演出によるアクションシーンを楽しんでください。, [{"key":"ジャンル","value":"スパイアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"マット・デイモン, ジュリア・スタイルズ, デヴィット・ストラザーン"},{"key":"監督","value":"ポール・グリーングラス"},{"key":"公開年","value":"2007年"},{"key":"その他","value":"シリーズ3部作の完結編"}], 率直に面白かった。純粋なスパイ映画では満足できない、アクション映画でも満足できない、そんな人が見ると楽しめると思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51oIgm9YWHL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16175586%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16175586%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B079VSCZDQ?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B079VSCZDQ"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F3253429.html "}], 007シリーズの第23作目、スカイフォールです。NATOに関する情報を奪った敵のアジトを発見し、あと少しのところまで追跡しますが、同僚の怪我という思いがけないアクシデントと遭遇します。スパイアクション洋画の金字塔となる007の傑作をご覧ください。, [{"key":"ジャンル","value":"スパイアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"ダニエル・クレイグ, ハビエル・バルデム, レイフ・ファインズ"},{"key":"監督","value":"サム・メンデス"},{"key":"公開年","value":"2012年"},{"key":"その他","value":"シリーズ23作目"}], スパイアクションの何たるかが詰まっています。007シリーズを知らない方も、知っている方も是非観てみてください!サヨナラM、そして…こんにちはM?!ダニエル・クレイグ最高!脇役の方を含めてカッコ良かったです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/515c8ID380L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15922353%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15922353%2F 画像"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07RWB3FLF?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07RWB3FLF"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Febest-dvd%2F0000001554267.html"}], 1996年に第一作が公開されたトム・クルーズ主演のスパイアクション映画、「ミッション:インポッシブル」シリーズの第6弾、フォールアウト。今回は主人公イーサン・ハントが核を封じ込めるために、ヘリコプターのアクロバットに挑むことになります。, [{"key":"ジャンル","value":"スパイアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"トム クルーズ, ヘンリー カヴィル, ヴィング レイムス"},{"key":"監督","value":"クリストファー マッカリー"},{"key":"公開年","value":"2018"},{"key":"その他","value":"シリーズ第6弾"}], みてごらん、2018年にもなって低レベルなアクション映画が蔓延している様を。これはカメラ、脚本、役者、CG、どれをとっても一流。文章で書けば一見地味なアクション風景だが、このメンツでなければ、ズタズタなクソ映画になるだろうよ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41fKx1m%2BL5L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0831GZ3VP?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0831GZ3VP"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fcontinue-efforts%2F0805-001181.html"}], キアヌ・リーブス主演のジョン・ウィック、2014年公開のアメリカ映画です。引退した殺し屋の復習劇を描くガンアクションでR15+指定。愛するものを奪われた主人公ジョン・ウィックは、怒りのため殺し屋の心がよみがえり、再度裏社会へと戻る決心をします。, [{"key":"ジャンル","value":"ガンアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"キアヌ・リーブス, ウィレム・デフォー, ジョン・レグイザモ"},{"key":"監督","value":"チャド・スタエルスキ"},{"key":"公開年","value":"2014年"},{"key":"その他","value":"-"}], ストーリーは単純明快。裏家業を引退するも妻に先立たれた孤独な最強暗殺者のオッサンが、マフィアの馬鹿ガキに妻の形見を奪われて、復讐に目覚めてしまう話。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51pRXBlqkdL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-sora%2F4988142906526%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-sora%2F4988142906526%2F 画像"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftower%2F3180785.html "}], ブルース・ウィルス主演、アクション映画の超名作「ダイ・ハード」シリーズの第4弾です。映画を通していたるところに派手なガンアクションが盛り込まれており、ストレス解消に見るには大変おすすめな作品。ストーリーの面白さも引き込まれるポイントです。, [{"key":"ジャンル","value":"ガンアクション"},{"key":"主なキャスト","value":"ブルース・ウィルス、ジャスティン・ロング"},{"key":"監督","value":"レン・ワイズマン"},{"key":"公開年","value":"2007年"},{"key":"その他","value":"-"}]. (50代・男性), すしまんさん Powered by  - Designed with the Hueman theme, 『夢の中で繰り広げられる幻想的、理知的アクションシーン』クリストファー・ノーラン監督作品「インセプション」, この「インセプション」は、『夢』という、誰もが体験する最も身近なものでありながら、『なんでもあり』という、現実世界では表現することの難しい世界を舞台に、, 精巧に作られた奥行きのある脚本と並外れた演出技術で、味わったことのない映像体験へと観る人を導く、時代を超える傑作映画です。, もしかしたら、何も考えない状態でも楽しめるアクション映画を求めている方は、この映画はふさわしくないかもしれません。この映画の設定や人物描写などは複雑で濃厚であるため、片手間に観ると少し理解が追いつかなくなってしまうかもしれません。, シリーズ一作目のこの作品には、あの有名な宙吊りのシーンが登場します。他にも列車のシーンなど、ハラハラするシーン満載で楽しませてくれます。ですが、1996年の作品ということもあり、若干古臭さが残り、面白いといえば面白いのですが、もう少し何かインパクトが欲しいなと、21世紀の人類としては少し物足りなさを感じてしいました。個人的には。, 正直に言えばこの作品は観ていないんです。こういう記事書くくらいだから観ておけという声もありますし、おっしゃる通りだと思うのですが、DVD裏のあらすじのところに「任務か愛かの選択を迫られる」みたいなことを書いてありまして、「…そういうのを求めているわけではないんだよな。」となり、手が出ませんでした。, ただ、僕がここで言いたいことは、「2、もしくは他の話を観ていなくても全然楽しめる。」ということです。以上です。, 今作から変化したことが4つあります。一つはタイトルにサブタイトル的なものがつき始めます。4は「ゴースト・プロトコル」です。二つ目は、プロデュースにJ・J・エイブラムスさんの名前が追加されます。三つ目は、今作からスケールの大きなハラハラドキドキシーンが追加されます。, 今作でイーサン・ハントことトム・クルーズは、ドバイにある世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」(全高828メートル)の外壁を登ります。, 今作は特に仲間の一人、ベンジーが活躍します。ですが、今までの作品を観てベンジーについて知っていなくても楽しめます。, そして今回、トム・クルーズは飛行機にしがみついて飛びます。この時53才。どうかしています。, また、今作と次回作とはクリストファー・マッカリーさんが監督を勤めていて、トム・クルーズさんとは「アウトロー」以来のコンビとなります。この方、「ユージュアル・サスペクツ」の脚本執筆でアカデミー賞も獲っているのですが、ここ最近は監督も勤めており、「アウトロー」の演出は見事なものでしたので、個人的に注目している監督さんです。余談ですが。, あいも変わらずのハラハラドキドキと、無敵のイーサン・ハントを楽しめます。オススメです。, 続編的な要素が強いですが、観ていなくても十分楽しめるかと思います。ただ、3と4で出てくるイーサン・ハントと妻ジュリアとの関係性を知っていると、なんとも、イーサンに対する感情がまた違ってきます。, 今作のサブタイトルは「フォールアウト」と言うだけあり、落ちるシーンがたくさんあります。が、今までのビルに張り付いたりするほどのド派手さはありません。しかしその分、, それぞれの登場人物の思惑が絡み合い、なんとも予想のつかない展開が繰り返されます。そして何より、イーサンがいいやつです。, 『個人的には特にスカイフォールがオススメ。』ダニエル・クレイグ版「007」シリーズ, 僕自身、シリーズ全てを観たわけではないのですが、なにかこう、無駄にセクシーで親父臭のするものというイメージを最初は持っていました。実際、ピアース・ブロスナンさんが主演を務める前シリーズはそういう感じだったと思います。ですが、, ダニエル・クレイグさんが主演を務める現在の最新シリーズでは、アクションシーンを多く盛り込んだりして、イメージを一新した, 今シリーズでは誰が観ても楽しめるような、ハラハラドキドキのアクション映画になっています。, 正直僕はダニエル・クレイグ版の「007」シリーズしか観ていませんので、他のシリーズがどういった作りになっているのか知らないのですが、, ダニエル・クレイグ版の「007」については、割と主人公ジェームズ・ボンドの弱さにしっかりとフォーカスした作品になっています。そこがジェームズ・ボンドの人間味となり、シリーズの魅力になっています。, 個人的には「007」を好きになったきっかけの作品です。序盤から建設現場を舞台にしためくるめくアクションシーンが繰り広げられ、ジェームズ・ボンドの、スパイなのにあまりにも目立ちすぎる行動と問題解決のための想像力がふんだんに盛り込まれた素晴らしいシーンが展開されます。ですが、, 今作のテーマとして現れるのは「殺人」です。007は殺しのライセンスを持っていますから、当然そのことに対する葛藤、人間性も問われてきます。その世界に身を置くことの悲しみ、危険などもしっかりと描かれていて、素晴らしいです。, 前作「カジノ・ロワイヤル」の続編になっています。相変わらず序盤のアクションシーンは本当に素晴らしいですが、それ以外のシーンは正直言いますと、そんなに面白くないです。 今作の上映時間も106分と非常に短く、「カジノ・ロワイヤル」で出てしまった要素を消化し、次の作品へつなげるための話でしかなかったのではないかと思ってしまいます。もしかしたらあまり観なくてもいい話かもしれません。僕も内容をあまり覚えていませんし。, ジェームズ・ボンドの上司であり、MI6(007の所属するイギリス情報局秘密情報部の通称)の局長「M」をフィーチャーした作品になっています。, ジェームズ・ボンドの過去も明らかになってきます。この過去を掘り下げるところが非常によいです。ジェームズ・ボンドをますます好きになっていく。そして「M」についても。, 「007」としては定番のボンドカーなるものがあるようでして、それが現れたときのドヤ感がすごいです。一番最初のジェームズ・ボンドの登場シーンも然り。, 今作はDVDを友達に貸して勧めていたりしたのですが、みんな1と2を観ていなくても全然楽しめたと言っていましたので、今作だけ観るパターンでもいいかと思います。とにかく「スカイフォール」は本当にオススメです。, 今作は一応前作からの続きの要素もあります。登場人物など諸々ありますので、一応「スカイフォール」も観ておくことをお勧めします。, この後公開される「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、予告を観る限り明らかに今作の続きですので、劇場に行く際には、必ず観ておいた方がいいかと思います。, また、今作は割と「Q」が活躍しますので、「Q」が好きな方にはもってこいかもしれません。, 面白さとしては、少し物足りなさを感じますが、「スカイフォール」で「007」を好きになった方は、是非観ておいた方がいいかと思います。「慰めの報酬」よりは全然面白いです。, ひとまずは「スカイフォール」だけでも観ていただき、ハマり、「スペクター」を観て、「ノー・タイム・トゥ・ダイ」を観る準備をしていただければと思います。, 超高層ビルの壁を登ったり、飛行機にしがみついたりはしませんし、ターゲットを追って建物が一つ崩壊するようなド派手さもない。, カーチェイスくらいはありますが、基本的には徒手空拳、ナイフ、銃を用いた敵との戦いがアクションのメインになります。, 「ボーン」シリーズで描かれているのは、スパイ活動の矛盾、殺人の悲しさ、それによって人生を狂わされた男の悲哀。それでも前に進もうとする男の姿です。, ジェイソン・ボーンのもつ優しさは、他のスパイ映画の主人公たちの持つ優しさよりも、より我々一般市民に近いものだと思います。だからこそ、親近感がわきます。, ちなみにシリーズは現在「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」「ボーン・レガシー」「ジェイソン・ボーン」と5作出ていますが、, 「謎解き × アクション」という言葉が当時確か宣伝文句として上がっていましたが、そんなに謎解き要素がある訳ではなく、しかしそれよりも、, ストップモーションやスローモーションを利用したアクションシーンが本当に素晴らしいです。, ホームズは天才です。天才であるが故に変態で、そして孤独です。そのホームズに嫌気がさしながらも、なんだかんだで一緒にいてしまう。, シリーズと言っても2作しか出ていませんので、普通に1から観ることをオススメします。そして、, 『侮ったらいけません。日本アクション映画の最高峰』大友啓史監督作品「るろうに剣心」シリーズ, また、緋村剣心の用いる飛天御剣流は、戦国時代に端を発した一対多数を得意とする剣術です。先ほど、谷垣健治さんが日本人で唯一の「香港動作特技演員公會(香港スタントマン協会)」の所属メンバーと書きましたが、香港と言えばジャッキー・チェンさんです。そして, ジャッキー・チェンさんのアクションの特徴の一つに、一対多数というのがあります。もう、もってこいなんです。本当に見事です。, ハリー・ポッターやスター・ウォーズだけじゃない!マイナー(?)SF・ファンタジー作品6選【映画まとめ】, 「ウエストワールド」シーズン3は『まだ序盤』の印象。【海外ドラマレビュー(後半若干ネタバレあり)】.