『ハクソー・リッジ』(Hacksaw Ridge)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。監督はメル・ギブソン 。出演はアンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー(英語版)、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン。 gcse.type = 'text/javascript'; var gcse = document.createElement('script');  また米軍にとっても、眼前にそびえる絶壁の前田高地を奪取することが、首里攻略そして日本本土への進攻の第一歩として位置づけられ、日米両軍にとって沖縄戦の成否をかけた一戦となった。, 愛媛県人が主力をなし肉弾連隊の異名を持つに相応しい日本軍の歩兵部隊であったが、昭和14年10月、第11師団の改編にともない、第24師団に編入され、徴募区域も愛媛県から北海道に変更された。, いづれも戦車の機動を阻む地形であったが、唯一130m閉鎖曲線高地と135高地の間のみが、戦車の機動可能な傾斜であった。. 今日はハクソー・リッジを見て来た。 この映画は第二次世界大戦の沖縄戦が舞台の戦争映画だった。 前田高地の激戦での米軍衛生兵の活躍を描いたものだった。 宣伝では頑なに日本軍も沖縄戦ということも出てこなかったが・・・。 })(); 映画の感想が主です。それらを通じて社会に対する考えを述べたり、個人的な疑問などを考えたりすることも, この映画のすごいと思うのは、ほぼ全編通して不安を煽るような恐ろしげなBGMが流れ続けるところ。あの音が流れ続けることで、鑑賞する側も落ち着く暇もないくらいの逃亡をしている兵士たちの緊張感を味わえるのである。ネタバレあり。, 映画 家族ゲーム ネタバレ感想 松田優作がラストに一家の食事に便乗してパイ投げ(笑), 映画 THE QUAKE/ザクエイク ネタバレ感想 『THE WAVE ザ・ウェイブ』の続編です. gcse.async = true; 『ハクソー・リッジ』の日本宣伝で沖縄戦の事実が隠されていたからといって、「これはアメリカ賛美映画で、彼らの都合の良いように描かれているんだろう」とは、どうか思わないで欲しい。アメリカ対日本の戦闘は、極めてフェアに、かつ両陣営に等しく尊敬の念を込めて描かれている。 第二次世界大戦の沖縄戦を舞台に、「良心的兵役拒否者」の主人公デズモンド・ドスが衛生兵として激戦地に赴く様子を描いた映画『ハクソー・リッジ』が、2017年6月24日より日本公開となった。, 洋画の日本宣伝についてはここ最近特に議論を呼ぶことが多く、今作もその例に漏れず「沖縄戦を舞台にしながら、それを伝えないのはおかしい」との批判が浴びせられた。 この件について取材を行ったBuzzFeed Newsの記事によれば、配給元から「沖縄の表記を前面に出していないのは、沖縄の方への配慮。舞台が沖縄であることにフォーカスして宣伝することで、観た後に複雑な思いを抱く人もいるのではないかと考えた」との回答が得られたという。, 『ハクソー・リッジ』宣伝が行ったこの「配慮」は、とても正しい判断であったと筆者は思う。今作の主題は反戦やもちろん反日といった政治的なものではなく、1人の小さな男が信念を徹底的に貫き、やがて本物の英雄となるという実話。「沖縄戦」それ自体よりも、その英雄物語こそ今作の本質であるからだ。, 『ハクソー・リッジ』の主人公デズモンド・ドスは、出征した大戦で自身の信仰上の理由から武器を所持することを拒否。大尉からは「戦争とは人を殺すことだ」と呆れられ、上官や兵士からのいじめや嫌がらせを受けようとも、軍法会議にかけられようとも絶対に信念を曲げないデズモンド。あることがきっかけでその主張が認められると、件の沖縄戦に衛生兵として従軍。そこは、後に史上最も悲惨な白兵戦として語り継がれるほど激戦極める戦地。吹き飛ばされた人間の一部分が飛び交う断崖絶壁を、自らの危険も顧みず「あと1人だけ助けさせてください」と駆け回る様子が描かれる。, 『ハクソー・リッジ』クライマックスとなる戦場のシーンでは、これまでの戦争映画を凌駕するとまで言われる激戦の映像が、圧倒的に生々しくスクリーンにブチまけられる。先程までセリフを発していた人物が一瞬の金属音と共にあっけなく命を奪われる。上半身、または下半身を失った人間の残骸があちこちに転がる中を、兵士たちは狂い走り、そしてまた手脚や臓器を吹き飛ばされる。鑑賞しながら祈り始めたくなるほどに容赦ない壮絶な映像を見せつけられると、改めて戦争の恐怖であったり愚かさを考えさせられることは間違いない。, しかし、『ハクソー・リッジ』の主題は、そのような地獄絵図の中を、人命救助…それも敵味方かまわずに救うべく、たった一人で駆けたデズモンド・ドスの精神の尊さを称えているものだ。戦闘描写がむごたらしいほど、デズモンドの信念がより高貴なものとして昇華していく。だからメル・ギブソン監督は日本兵を「悪役」ではなく、あくまでも「相手」「反対側の陣営」として描いていることが、映画を鑑賞すればご理解頂けると思う。今作の主人公はあくまで衛生兵。「憎き敵をついに制圧した」という“勝利”をゴールにする必要がないのだ。, 「卑怯」「だまし討ち」と非難された真珠湾攻撃と異なり、今作に登場する日本兵の描かれ方には取り立てて悪意や余計な思惑がない。「死も厭わずに突撃してくる、恐ろしく手強い相手」として登場するまでであり、決して鬼悪魔などではない。劇中では日本兵同士が談笑する様子もあり、やはり「ただ反対側の立場の人間」であることを直感できる作りになっている。また、日本兵の尊厳を象徴的に描いたシーンも用意されている。, 激烈極める戦場において、米兵と日本兵は狂乱の中で命を奪い合う。手榴弾を受け、最早これまでと悟った米兵と日本兵が、共に顔を見合わせ絶叫のまま散るなど、敵味方の分け隔て方はひたすらに「陣営の違い」のみとして描かれていることを感じ取れるだろう。, 『ハクソー・リッジ』の日本宣伝で沖縄戦の事実が隠されていたからといって、「これはアメリカ賛美映画で、彼らの都合の良いように描かれているんだろう」とは、どうか思わないで欲しい。アメリカ対日本の戦闘は、極めてフェアに、かつ両陣営に等しく尊敬の念を込めて描かれている。メル・ギブソン監督が描きたかったのは戦争というより、英雄の物語なのである。だからこそ、「沖縄戦」のワードを宣伝で主張してしまうと、今作の英雄物語としての本質が見逃され、常に政治的な話題渦巻く戦争映画のテーブルに打ち上げられてしまう。先の記事のコメントにある「沖縄の方への配慮」「観た後に複雑な思いを抱く人もいるのではないかと考えた」という方針は、鑑賞を終えた筆者としてはとても納得できる。, 浦添市側は、宣伝文句や予告編に「沖縄」「前田高地」の言葉がないことに関してどう感じているのだろうか。, 「その点に確執はありません。なぜなら、浦添で起こったこと自体が重要なのではなく、映画という入り口から、多くの方に平和についてあらためて考えてほしいから」, このコメントにあるように、沖縄戦それ自体というより、メル・ギブソン監督が『ブレイブハート』(1995)に引き続き掲げた「信念を貫き通す精神の高潔さ」を是非話題にして欲しい。『ハクソー・リッジ』は、「観るべき映画」を超越した、語り継ぐべき映画であると思う。第89回アカデミー賞で録音賞に輝いた大迫力の音響と共に、是非劇場で。, ※ただし今作の日本宣伝に関しては、アイドルとお笑い芸人がミニゲームを行ったイベントについて擁護したいわけではないことを、最後に付け加えておく。, Source:https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/hacksaw-ridge-okinawa, フランス開催のアヌシー最高賞受賞!海外絶賛、リバイバル上映も決定『夜明け告げるルーのうた』のススメ. var cx = 'partner-pub-9546883755892010:2971579243'; 日本兵の描写が殺戮マシーンみたいな感じで、人間と戦っているようには見えない。デズモンドの戦地における行動を描いた作品だから、詳細に日本兵を描写しろとは思わぬものの、戦っている相手も同じ人間なんだけどなぁと突っ込みたくなってしまったのは事実である。ネタバレすこし。 gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; ハクソー・リッジというタイトルは 本作品の舞台となった 沖縄県の前田断崖が 米国でハクソー・リッジ(ノコギリ崖)と呼ばれている事にちなんでいます。崖は約150メートルもあり ノコギリ(ハクソー)で切った断面のような形をしています。 2017年第89回アカデミー賞にノミネートされたメル・ギブソン監督作品『ハクソー・リッジ(原題:HACKSAW RIDGE)』。 この作品は沖縄戦に従軍した衛生兵デズモンド・T・ドスを主人公とし、ドスが前田高地にある険しい崖での攻防戦の最中、衛生兵として多くの負傷兵の命を救ったことを中心に描く物語です。 既に米本国では昨年の11月に公開され、多くの人々がこの前田高地での戦いに関心を持ち、日本人、外国人を問わ … メル・ギブソンの『アポカリプト』以来10年ぶり?の監督作品で、アカデミー賞でも評価された映画です。前半はデズモンド・ドスの家庭での父のDVや、恋愛、そして武器を持とうとしない訓練兵として、仲間からいじめられ軍法会議にかけられたりする苦悩の日々を描いています。それを解決に導く、ちょっとした家族の絆は前半のハイライトです。 後半は、激戦地の日本の沖縄戦での凄惨な戦闘描写がひたすら続きます。R指 … s.parentNode.insertBefore(gcse, s); この攻撃に日本軍は頑強に抵抗したものの、4月24日には第二線主陣地線への後退を余儀なくされた。 メル・ギブソンが久しぶりに監督した作品ってことで観てきた。戦場の描写はかなりグロいが、そもそも死地なわけだからキレイなほうがおかしいわな。ということで、前半はデズモンドがどんな信条を持つ男なのかが描かれ、後半はそんな彼が太平洋戦争の激戦地となった沖縄のハクソーリッジに赴き、どんな行動をしたかという話だ。ネタバレすこし。, 解説:メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりに監督、良心的兵役拒否者として名誉勲章を受けたデズモンド・ドスをモデルにした戦争ドラマ。武器を手にしないと誓った衛生兵デズモンドは激戦地ハクソー・リッジに赴き、銃弾が降り注ぐ中多くの命を助ける。のこぎりで切断したような断崖がそびえアメリカ軍と日本軍が激しく衝突した沖縄・前田高地(ハクソー・リッジ)で、味方が撤退しても信念を曲げず丸腰のまま負傷者を救出したデズモンドを「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールドが演じたほか、「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングらが出演。第89回アカデミー賞で編集賞・録音賞を受賞。(KINENOTE), あらすじ:ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった。ついに命令拒否として軍法会議にかけられても貫き通した彼の主張は、思わぬ助け舟により認められる。1945年5月、グローヴァー大尉に率いられ、第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たちは沖縄のハクソー・リッジに到着。そこは150mの断崖がそびえ立つ激戦地だった。倒れていく兵士たちに応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中をひるむことなく走り抜けるデズモンドの姿に、感嘆の目が向けられるように。しかし丸腰の彼に、さらなる過酷な戦いが待ち受けていた。(KINENOTE), 監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド/サム・ワーシントン/テリーサ・パーマー/ヴィンス・ヴォーン/ヒューゴ・ウィービング/レイチェル・グリフィス, 前半部は主人公の人となりが描かれるわけだが、この人、なんだか普通の人とはちょっと違う。なんか人との接し方が変てこなのである。それは恋人になり、奥さんになる女性と親密になる過程をみていると何となくわかる。, 軍に入隊した後もそう。体力はあるものの、銃を持つことを拒否し続けて、上官をいろいろと困らせる。確かに戦地に向かうのに銃を使わない人なんて、なんのために軍にいるのかよくわからない。でも、彼にはきちんとした目的があるのだ。だからいろいろと軋轢のあった父親の助けも得て、衛生兵として沖縄へ。あと、軍曹の最初の登場シーン。あれって『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹と兵士たちの掛け合いに少し似てた(笑)。, 戦地に着いてからが、この映画のすごいところ。ともかく戦闘描写が血みどろの地獄絵図なのだ。でも、それによって戦争の嫌さ加減がこれでもかって伝わってくるわけだから、これでいいのだ。しかし、何だか変だなと思うのは、日本兵の描き方。, デズモンドたちの隊より前にハクソーリッジで戦っていた兵士たちの日本兵に対する恐れ。ともかく、同じ人間と戦っているようには思えないというような説明をするのだ。そして、「奴らは死を恐れない」と生きて戻った一兵士は、放心状態で言う。確かに伝えられているところによると、沖縄戦の日本兵は死を恐れぬ鬼気迫る戦いを繰り広げたらしい。この映画でも、そうした日本兵の恐怖が描かれる。, 地下に掘られた塹壕から現れるため神出鬼没。アメリカ兵は敵がどこから攻められているのかわからぬままにバタバタ殺されていく。しかも、無限にいるんじゃないかと思われるくらいに数が多いし、防御もへったくれもない戦法で特攻しかけてくるからたまったもんじゃない。, そんな相手と命のやりとりをする戦闘シーンだからすさまじいわけだが、日本兵の描写が殺戮マシーンみたいな感じで、人間と戦っているようには見えない。デズモンドの戦地における行動を描いた作品だから、詳細に日本兵を描写しろとは思わぬものの、戦っている相手も同じ人間なんだけどなぁと突っ込みたくなってしまったのは事実である。, いや、本当に日本兵はそういう感じだったのかもしれないけど、それでも全員がそうだったとは思えない。アメリカ兵の中には怯えて戦えない奴もいるし、ものすごく勇気のある奴もいて、いろいろな人間が描かれる。だが、日本兵にはそれがないんだな。この作品においては仕方ないんだと思いつつも。やっぱり気になってしまった。なんか、良くも悪くもその部分はホラー映画的に感じた。, あと、実際はどうだったのかわからんが、崖にかけられた縄梯子。あれを登り切ったところが大激戦の舞台であり、陣地の奪い合いになるわけだが、なんで日本兵はロープ切らないんだろうか(笑)。六回攻められてその都度敵を殲滅してたわけだから、あの梯子に気付いて切ってしまうチャンスはいくらでもあったように思うのである。, と、少し突っ込みをいれたものの、非常に楽しんで観られる作品でした。反戦的な映画であることも確かで、あんなん観ちゃったら戦地になんて絶対行きたくないと思わせる。そう思わせてくれるだけでも、この映画の持つ意味は大きい。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; (function() { 沖縄戦を舞台にしているが、予告編では沖縄の「お」の字も出てこないうえ、日本兵の姿もあまり映らないなど巧妙に隠されている。, どうも日本軍相手の戦争映画だと公開時に批判されたら上映が危ぶまれてしまうからとか・・・。, 沖縄戦で多くの人命を救ったことから、「良心的兵役拒否者」として初めて名誉勲章が与えられた人物である。, セブンスデー・アドベンチスト教会を深く信仰する彼は、敵を殺害することも武器を携行することも拒絶した。, 1944年のグアムの戦いとフィリピン諸島での戦いでは、戦火の中、負傷した兵士を救護した功績が認められ、ブロンズスターメダルが授与された。, 翌1945年には、沖縄戦の激戦地のひとつ、アメリカ軍側が「マエダ・エスカープメント」(Maeda Escarpment、「前田断崖」の意。)あるいは「ハクソー・リッジ」(Hacksaw Ridge、「弓鋸尾根」の意。)と呼んだ前田断崖(浦添城跡一帯の丘陵地北側にある断崖絶壁)での戦闘において、弾雨の中で味方の救護活動を続け、奇跡的に75人もの負傷兵の救助に成功した。, 戦争終結後の1945年10月12日、ドスの功績を称え、アメリカ軍人に贈られる勲章としては最高位の名誉勲章(メダル・オブ・オナー)が授与された。, ドスは良心的兵役拒否者として史上初めての名誉勲章受章者となった。また、第二次世界大戦を通じて名誉勲章を受章した唯一の良心的兵役拒否者となった。, 余り良い父親じゃないって感じであったが息子のためにかつての上官の将軍のもとへ行く。, 「汝、殺すことなかれ」という教えを大切にしてきたデズモンドは、「衛生兵であれば自分も国に尽くすことができる」と陸軍に志願する。, グローヴァー大尉の部隊に配属され、ジャクソン基地で上官のハウエル軍曹から厳しい訓練を受けるデズモンド。, 体力には自信があり、戦場に見立てた泥道を這いずり回り、全速力で障害物によじ登るのは何の苦もなかった。, だが、狙撃の訓練が始まったとき、デズモンドは静かに、しかし断固として銃に触れることを拒絶する。, 軍服や軍務には何の問題もなく「人を殺せないだけです」と主張するデズモンドは「戦争は人を殺すことだ」とあきれるグローヴァー大尉から、命令に従えないのなら、除隊しろと宣告される。, その日から、上官と兵士たちの嫌がらせが始まるが、デズモンドの決意は微塵も揺るがなかった。, 4月19日に日本軍第一線主陣地線(牧港~嘉数~西原~南上原)に対する米軍の総攻撃が開始された。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.  この前田高地は、その日本軍第二線主陣地帯の核心にあたる地区で、首里地区防衛に関して特に重要な地位を占めていた。