このブッシュ大統領の演説は9月20日に国会で行われた。テロ事件後9日目のこと だ。このスピーチはアメリカ国民だけに向けられただけではない。世界中の人達への メッセージとしても伝えられるべきだと思い今回はその内容をここで紹介したい。 テロとの戦い 本性は覇権主義 ブッシュ・ジュニアの8年間 (アメリカの歴史を知るための62章から抜粋) 冷戦の終結後は、多くの人は戦争が減ると予測していました。 しかし、クリントン政権は人道支援を名目にして、各地に軍事介入をしていきます。 ‚v‚…@‚r‚ˆ‚‚Œ‚Œ@‚n‚–‚…‚’‚ƒ‚‚‚… ‚Å‚ ‚é”’‘q—ŒbŽq‚É‚æ‚éAƒjƒ…[ƒˆ[ƒNEƒƒVƒ“ƒgƒ“‚ł̃AƒƒŠƒJ“¯Žžƒeƒ‚ª‹N‚±‚Á‚½ ` ”ߌ€‚Ì“ú‚©‚ç‚»‚̌㠁` ƒjƒ…[ƒˆ[ƒJ[’B‚͍¡@\@‚»‚ꂼ‚ê‚Ì‘z‚¢ ƒuƒbƒVƒ…‘哝—̉‰à ` 2001”N9ŒŽ11“ú `. ` ƒeƒŽ–ŒŒãƒAƒƒŠƒJ‘–¯‚ÉŒü‚¯‚Ä ` ‚s‚ˆ‚… ‚`‚ƒ‚” ‚n‚† ‚v‚‚’ ŽjãÅˆ«‚Ì“úA2001”N9ŒŽ11“ú‚Æ‚»‚ÌŒã‚ɂ‚¢‚Ä‚Ì‹Ù‹}ƒŒƒ|[ƒgB もはやテロは国内問題ではなく、西欧文明に対する憎悪の表現となった。アメリカのブッシュ大統領は9.11以降、テロとの戦いを唱えて、テロリズムの巣窟と見なすアフガニスタンやイラクへの軍事侵攻を正当化した。また、イギリスや日本もこれに同調した。