雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。, その甘さから幸せな気分になる人も多いのではないだろうか。でも、健康に気を遣ってチョコレートを制限している、なんて人もいるのではないだろうか?, チョコレートの起源を辿ると、その歴史は紀元前2000年ごろまで遡ることになる。といっても、当時はカカオ豆をそのまま食べていたのだが。, そんなカカオが薬として重宝されていたのは、1500年頃のメキシコに栄えたアステカ文明における話。, 皇帝など高い身分の人たちが不老不死の薬・精力剤など、さまざまな効果があるものとして、カカオ豆をすりつぶしたものを飲んでいたというのだ。, とても高級品で、庶民が手出しできない代物という、今では信じられない扱いだったようだぞ。, チョコレートちょーすげぇじゃん! ということで、それが中世ヨーロッパに伝わる。その当時の体液病理説という考えに基づいて、「熱を冷ます」薬として広まったのである。, 実際に熱を下げるために使われていたが、その当時の医学は現在から見たらデタラメであるようだ。, …なんだ、やっぱ薬じゃないじゃん…と落胆するのは早い! チョコレートは多くの栄養素を含み、その健康効果は侮れないものである。, カカオポリフェノールには、老化を防ぐ抗酸化作用がある。この抗酸化作用は特にコレステロールに働き、生活習慣病の一つである動脈硬化を防ぐ働きをしている。, 次にテオブロミンには、カフェインほど強くはないが似たような効果がある。大脳に働き、集中力や思考力を高める効果があるのだ。, さらに、自律神経を整え、リラックス効果も期待されている。イギリスの研究によると、咳を止める働きもあると発表されているのだ。, 最後にミネラルは、不整脈・貧血・脳卒中の予防になる。チョコを食べるだけで大病を予防することが出来るようだ。, ちなみに、虫歯予防にもつながるとされている。チョコレートは虫歯の原因になると考えている人も多いと思うが、実は違う。カカオの成分にはソブリナス菌という虫歯の原因となるものを抑制する効果があるのだ。, チョコレートの健康効果について説明してきたが、単純にチョコレートを食べれば健康に良いというわけではない。, チョコレートを選ぶ際に注意してほしいことは、カカオを多く含んでいるということ。一つの基準として、カカオ成分70%以上を目安にすると良いだろう。, チョコレートの健康効果を得るには、カカオ成分70%以上のチョコレートを15g食べると効果が期待できる。食べやすさを求めた砂糖だらけのものではなく、カカオ成分が高いものを選ぼう。, 今回は、チョコレートは元々薬だったということをご紹介したが、いかがだっただろうか?, まさかお菓子として普段食べているチョコレートが、もともと薬として活躍していたとは…。, 砂糖が加わりお菓子となった今でも、カカオの多いものを選べば、健康効果が期待できる。チョコレートを食べて幸せな気分になりながら、健康も手に入れよう。, ボリボリ…うーん!甘いチョコレートはお菓子っていうよりボクの心を癒してくれる薬みたいな存在だよ…うふふ…, あながち間違ってないな…。実際、チョコレートは薬として扱われてた時代があるんだぜ。, こんなにたくさん健康効果があるチョコレートだけど、どの種類でもこの効果にあやかれるってワケじゃないぜ。, ボク、これからはカカオが多いチョコレートを食べることにするよ。でもまずこのミルクチョコレートを食べ終えなくっちゃ。ボリボリ…. 世界中で愛されている高級チョコレート・ブランド「ゴディバ」から。カカオは紀元前から人類と関わり、チョコレートはメキシコからスペインへ運ばれて、長い年月を経て世界中に広がりました。ここでは、チョコレートの歴史をご紹介します。 世界と日本のチョコレートの歴史をどこよりも簡単にわかりやすく説明してみました。この記事を読むと、チョコレートがどのように作られて発展していったのかがわかります。 他にも、ナワトル語の「泡」を意味するchicoliが語源だっていう話など、語源については諸説あります, カカオは、学名で“Theobroma cacao ”と呼ばれています。Theo=神、Brom=食べ物から由来していて、“カカオ”は種名を示しているそうです。1753年にスウェーデンの自然学者カール・フォン・リンネが名付けたと言われています。, でも第3次航海から帰った頃には、すでにコロンブスは後ろだても信用もなくして、力がなくなってたから、遭遇したけど、広めることはできなかったんだよね, パナマとメキシコの間くらいにホンジュラスがあるんですが、まぁ、その辺りまでたどり着いたということなんでしょうか?, 余談ですが、コロンブスの死後43年(1545年)、スペインはメキシコ・ペルーで銀鉱山を発見して、一躍ヨーロッパ最強と呼ばれるまでの国になたんだ。コロンブスは、無念なことに、カカオ豆も銀鉱山もすぐ目の前にあったのに、気づけなかったんだね, コルテスはユーロになる前のスペインの1,000ペセタ紙幣の肖像画に描かれていたんだよ, ドゥボーヴ・エ・ガレは、チョコレート店を開業していたけど、ショコラティエであり、ずっと薬剤師さんでもあったんだね, 本当はドゥボーヴ・エ・ガレが固形チョコレートを初めにつくった人なのかなー?当時マリーアントワネットに作ったピストルが実際どんな形や食感、味だったか?記述は残念ながら見つからなかったんだ, カオニブにはココアバターが55%も入ってるから、半分は脂肪分ということになるねっ!?, この時にできる副産物のココアバターがきっかけで、この後しばらすると開発される固形チョコレートに欠かせない原料になるんだよね, ジョセフ・フライの職業は、もともとは薬剤師だった、菓子職人だった、チョコレート製造会社の社長という諸説あるようです, また、諸説ある話なんですが「ペーターとアンリが共同開発してミルクチョコレートを作った」という話が多いんですが、, エクスカーション(遠足)で、ネスレの工場見学したな~、なつかしい。スイスでは他にもカイエやリンツのチョコレート工場見学もできるんだよ, コンチェの由来は、初期に使用されていた巻貝(conchコンチ)の貝殻に似た形に由来しているんだって, コンチェ(コンチング)とは、カカオマスに砂糖などを加えた粉末状のチョコレートを撹拌しながら練ることにより、内部の空気が抜けて液状化していく工程で、チョコレートをなめらかに、風味豊かにする効果があるよ, アメデー・コーラーは、ヘーゼルナッツをチョコレートに入れる事に成功した人物で、ダニエル・ペーターと、ルイ・カイエが1911年に一緒に設立したのががピーター・カイエ・コーラー・チョコレート会社です。1929年にはネスレと合併して、現在でもカイエのチョコレートは販売されています。, カイエは2015年から国際市場で販売されてるらしいけど、日本では見かけにゃいね。スイスでは有名なチョコレートなんだよね, acure Lounge『紀元前には神への捧げものだった?!愛されスイーツ〈チョコレート〉の歴史』, リンツ リンドール アソート チョコレート 600グラム ダーク,ヘーゼルナッツ,ミルク,ホワイトの4種類アソート Lindt LINDOR ASSORTED CHOCOLATE 600g DARK,WHITE,HAZELNUT,MILK. そんなカカオが薬として重宝されていたのは、1500年頃のメキシコに栄えたアステカ文明における話。. チョコレートの主原料であるカカオが発見されたのは、紀元前と言われています。 そのカカオが、どうやって現在のチョコレートになったのか? カカオがチョコレートになるまでには、長い歴史があります。 チョコレートの歴史をさかのぼると、紀元前2000年頃から見受けられるようです。当時、古代メキシコでは、チョコレートの原料になるカカオ豆は「テオブローマ」(神の食べ物)と呼ばれ大変貴重なものとされていました。 食べ始めた頃は、このカカオの実の中にありチョコレートの原料となるカカオ … もともとチョコレートは 薬のような飲みもの だったことから、 ヨーロッパ各地に「健康にいい!おいしい!お高い飲みもの」として広がったようです。 薬と関連性があったからか、チョコレートの歴史には度々薬剤師という職業の人々が登場するんですね。 今のチョコレートになるまで、一体どんな変化をして現在のおいしいチョコレートに至ったのか?, 出典:acure Lounge『紀元前には神への捧げものだった?!愛されスイーツ〈チョコレート〉の歴史』, カカオ栽培が始まったのは、メソアメリカ(現在のメキシコ中央・南東部・グアテマラなど中央アメリカの一部)と言われています。, オルメカ文明(紀元前1,200~)の時代から栽培されていたことが、グアテマラのリオ・アスール遺跡や、, マヤ文明(紀元前2,000年~)の時代から栽培されていたことが、アステカ遺跡の土器、壁面などから判っているそうです。, オルメカ族が姿を消した後、その地域に住むようになったマヤ族によって、大規模なカカオ豆の栽培が行われるようになり、, 神への捧げものとしてカカオに血に近い色にするためにアチョーテと呼ばれる赤い食染料や、, マヤ族がいなくなった後に現れた、トルテカ族、アステカ族にもこの聖なる飲みものは引き継がれ, アステカ族の言葉であるナワトル語で『xocolatlショコラトル(xococ=苦い、酸味)( atl=水、飲み物)』, アステカ族は、この苦い飲み物を「知識やエネルギーの源」、そして媚薬や香油として利用しました。, 当時、カカオ豆はとても貴重なもので、通貨としても用いられ、カカオの皮に灰を詰めた偽物まであったんだそうです。, 通貨として利用されていたカカオ豆を所有することは、究極のステータスシンボル=お金持ちだったというのですから、, イタリア人の探検家、クリストファー・コロンブス(1451年~1506年)が、アメリカ到着したのは有名な話ですが、, “パナマ辺りまで行くも結果的に難破し、救助されてスペインに帰って来た“と言われています。, チョコレートの歴史だと、この時、ホンジュラス近辺まで来ていて、カカオの種子を入手し、スペインに持ち帰ったとか、チョコレートを食べたけど苦くてスパイスが効きすぎてると感じたなどと言われています。, 一説では、アメリカ到達した時にもカカオ豆を見かけたけど、アーモンドと勘違いしたという話もあります。, どちらにしても、もったいないことに、コロンブスはカカオ豆と出会ってはいたものの、その貴重さに気付けなかったんですね。, スペインの探検家エルナン・コルテス(1485年~1547年)もチョコレート史の中でも重要な人物です。, 1519年にコルテスは、アステカ(現在の北米、メキシコ中部)に到達、侵入に成功します。, 1528年、コルテスはカカオやチョコレートドリンクをスペインに持ち帰ったチョコレート史の中でも重要な人物です。, チョコレートを栽培し、神の飲みものとしてカカオを大事にしていたアステカ王国を滅ぼした人物でもあります。, コルテスは、アステカ帝国の皇帝モクテスマ2世が帝国一、カカオ豆を所有し、カカオ豆を大事にしていた様子を見て, “アステカ帝国にとって、カカオは粉にして売られていて、貨幣としても用いられ、大変珍重されている特別なものだ”, とスペイン国王カルロス一世に、アステカ帝国でのカカオの有用性を報告していたんです。, 戦利品のひとつとして、カカオ豆とチョコレートを作る道具をスペインに持ち帰ったと言われています。, カカオ豆を乾燥させたものを炒って、殻を取り除いたあと、平石臼に入れてすり潰したものを, 少しづつ水で溶かし、唐辛子やコショウ(チリペッパー)、とうもろこしの粉、アチョーテ(食紅)、バニラなどのスパイスを加え、, 甘い飲みものに変貌したショコラトル(チョコレート)は上流階級の人々に歓迎されたそうです。, スペインでもチョコレートを味わうことができるのは王族、貴族、上流階級の人々に限られていました。, その後、1526年赤道直下の植民地トリニダード島に建設された土地でカカオの栽培をしながら、, スペインは1世紀近くチョコレートの発見を、他国に知られないよう隠していたと言われています。, 長い間、門外不出の秘密のようにチョコレートの発見を隠してきたスペインですが、徐々に力がなくなってきたことにより、, スペインのカルロス1世の次の王のフェリペ2世はポルトガルを併合して、両王を兼ねた為、, 1615年には、スペインのアンヌ・ドーリッシュ王女がフランスルイ13世と結婚した時に, 薬と関連性があったからか、チョコレートの歴史には度々薬剤師という職業の人々が登場するんですね。, 例えば、現在も大人気のパリで一番の老舗と呼ばれるチョコレート店『DEBAUVE & GALLAISドゥボーヴ・エ・ガレ』は, フランス国王ルイ16世紀の王室薬剤師のSulpice Debauveスルピドゥボーヴ(1757-1836)がフランス革命(1789-1799)後、, 1779年、マリーアントワネットに処方した薬が「苦いから飲めない。」と言っていたことと、, 現在も「Pistoles de Marie-Antoinette王妃のピストル」という商品名で愛され続けていますが、, 1799年にマリーアントワネットが食べたものと全く同じかどうか記述されているものは見つけられませんでした。, 1823年に甥っ子の薬剤師Jean-Baptiste August Gallaisジャンバチストオーギュストガレを招き入れて一緒にチョコレートを開発しました。, ジャンバチストオーギュストガレは、カカオの研究をするために中南米へ行き、カカオのスペシャリストになって帰って来たんです。, 二人の名前を合わせたのが現在の店名『DEBAUVE & GALLAISドゥボーヴ・エ・ガレ』なんですね。, なのでドゥボーヴ・エ・ガレのこだわりは“美味しくて、健康に良い”こと。なんだそう。, ドゥボーヴ・エ・ガレは、チョコレート店を開業していたけど、ショコラティエであり、ずっと薬剤師さんでもあったんですね。, 今もココアパウダーで有名なオランダ人の化学者Van-Hautenヴァン・ホーテンが油圧式の圧搾機を開発したことで、こんな変化が起きました。, この技術が出来るまでは、砂糖を入れた甘いチョコレートドリンクは、ココアバター(カカオにふくまれる脂肪分)が丸ごと入った、, 1847年にイギリスのジョセフ・フライによって、固形のチョコレートを発売したと言われています。, 冷やすと固まり、型抜きも可能で、口の中では溶けるという固形チョコレートを開発、販売しました。, 1819年、スイスではルイ・カイエが旧粉ひき場を改造して作られた、世界初のチョコレート工場が操業を開始し、, カイエはイタリア、トリノで4年間製菓修行し、スイスに帰国した際にチョコレートを固形状にすることに成功した人物なんですが、, カイエの娘の夫となった人物Daniel Peterダニエル・ペーター(1836~1919)が、ここでは重要です!, ペーターはもともとはロウソクの製造業をしていましたが、オイルランプの普及がきっかけで売り上げが落ちたことで転職することになりました。, そんなペーターの近所に住んでいたのがドイツ人移民で、粉ミルク製品を開発したHenri Nestléアンリ・ネスレ(1814~1890)!, そうなんです、ペーターは「アンリの作る粉ミルクをチョコレートに混ぜればもっと食べやすく、おいしくなるんじゃないか?」と思いつくんですね。, そこで諦めず、カビの原因である水分を取り除く研究を重ね、1875年にようやく出来上がったのが、, ペーターが作ったマイルドな味のミルクチョコレートはヨーロッパ中で大ヒットしたと言われています。, Charles-Amédée-Kohlerシャルル・アメデー・コーラー(1790~1874)というチョコレート職人の弟子として働いていたのが, コーラーの遠縁の親戚で、薬剤師の息子のRudolf Lindtロドルフ・リンツ(1855~1909)。, チョコレート作りの修行を終えたロドルフは、ベルンに戻ってきて1879年に旧式の機械を揃えたチョコレート工場をつくりました。, 食感が硬く砂のようにざらざらとして、何度も噛まないと飲み込めないものだったんです。, ロドルフは滑らかで味わい深いチョコレートを作りたいと試行錯誤を繰り返しましたが、全くうまくいかず、, そのチョコレートを食べてみると、今までにない、口の中でとろけるまさに理想の食感でした!, ロドルフは、今までだれも考えつかなかった、チョコレートを練り上げる工程=コンチェ(コンチング)を発明したのです。, スイスのネスレ社、リンツ社、イタリアのフェレロ社、イギリスのキャドバリー社、アメリカのハーシー社、, しかしながら、フランスやベルギーなどのショコラティエが独自性や伝統的な手法を守りながら作る高級チョコレートは大変人気があり、, 日本史の出来事も、昔と今では教科書に書いてある年号や出来事の内容が変わったりすることがあるように, 国によって伝わり方も違うのかもしれないので、だいたいの流れとしてご覧いただければと思います。, たとえば、記事の中では、ミルクチョコレートはダニエル・ペーターが作ったと書きましたが, “ヨーロッパで飲むチョコレートが流行った時に、イギリスのパン屋たちがケーキのレシピにココアを加えたことで、はじめてチョコレートが固形になった”, 年号は書かないと歴史の流れがわかりにくいので付けましたが、おおよその年と考えていただければと思います。, これからもおいしいチョコレートが沢山食べられるサステナブルな世の中でありますように。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このブログでは、私が過ごした海外での暮らしと、日本に帰ってきてからの暮らしの中で、生活に役立つ色々な情報を、まんがやイラスト、写真などで紹介していきたいと思います。. チョコレートの歴史は長く、紀元前2000年前から食べられていた。ただし今のような「甘くておいしいお菓子」としてではない。「薬」として利用されていたのだ。 チョコレートの歴史はとても長く、その起源は紀元前2000年頃にさかのぼりますが、かつてはお菓子ではなく 「薬」として利用されていました。 本日はそんなチョコレートに隠された魅力に迫ってみたいと … 媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であるが、その歴史は古く精力の付く薬や食品の総称ともとらえることができる。多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある(プラセボ効果参照)。 チョコレートの主原料であるカカオが発見されたのは、紀元前と言われています。 そのカカオが、どうやって現在のチョコレートになったのか? カカオがチョコレートになるまでには、長い歴史があります。 チョコレートの起源を辿ると、その歴史は紀元前2000年ごろまで遡ることになる。といっても、当時はカカオ豆をそのまま食べていたのだが。. チョコレートは薬だったって本当? 甘~いココアやチョコレート。 少し前まではお菓子ぐらいにしかみられていませんでしたが、殺菌効果や抗ガン作用、便秘解消など、最近になって色んな健康効果で注目を浴びています。 お菓子っていろいろな種類がありますが、チョコレートには他のお菓子とは違った魅力があるような気がします。, あまり知られていませんが、素晴らしい美容効果・健康効果を秘めている食べ物なのです。, チョコレートの歴史はとても長く、その起源は紀元前2000年頃にさかのぼりますが、かつてはお菓子ではなく「薬」として利用されていました。, いまやお菓子として人気なチョコレートですが、チョコレートがお菓子としてみなされるようになったのは最近のことだってご存知でしたか?, チョコレートの歴史はとても古く、その起源をさかのぼると紀元前2000~1000年頃になります。, 当時、カカオ豆は生のまま食べられていましたが、しばらくすると飲み物として飲用するようになりました。, これは、焙煎したカカオ豆をすりつぶし、トウモロコシの粉、トウガラシ、バニラ、水を混ぜ合わせて泡立てたものでした。, 「カカワトル」と呼ばれていて、現代で言うところの「ココア」の原型であると言えます。, 最初はアステカと同じ飲み方がされていましたが、徐々に「お湯で溶かして砂糖を加える」ようになりました。, しかし、17世紀になるとイギリスやフランスにも伝わり、「チョコレートハウス」という専門店ができて一般庶民も飲めるようになりました。, カカオ豆の50%は油分なので、水や牛乳にうまく溶かすことができず、さらに発酵した酸が残っており、味もイマイチでした。, オランダ人のバンホーテンによって、カカオ豆から油分を絞る技術が発明され、「ココアパウダー」が誕生。, これによって、非常に飲みやすくなり、「カカワトル」から「ココア」に生まれ変わりました。, その後、機械の技術進歩により「固形のチョコレート」が生まれ、世界中に広まるようになります。, このように「薬」から「お菓子」に生まれ変わったチョコレートですが、実際に素晴らしい健康・美容効果があることが分かってきました。, ここからは、チョコレートに秘められている驚くべき健康・美容効果についてご説明していきたいと思います。, 活性酸素は喫煙、紫外線、ストレス、食品添加物などさまざまな要因で増加してしまうので、美肌のためにはこの活性酸素を減らす必要があります。, チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」は、この憎き活性酸素を除去してくれる効果が期待されています。, 常にお腹が張ったような感じがしてスッキリしないし、ひどい時だとお腹が痛くなることも。, お通じが来ない日がしばらく続くと、気持ちまでブルーになってイライラしてしまいますよね。, 便秘によって大腸に便が残っている状態がしばらく続くと、徐々に便が「腐敗」していきます。, チョコレートに含まれる「カカオプロテイン」が、お通じを改善してくれる効果が期待されているのです。, 大腸に届いたカカオプロテインは、便のかさをふやしたり、腸内細菌のエサとなったり、腸のぜん動運動を促進することで、お通じを良くしてくれます。, カカオを高濃度に含むダークチョコレートを食べると、脳のストレスが軽減する、という効果が期待されています。, 実際、ダークチョコレートをしばらく食べたことで、ストレスホルモンのコルチゾールが減ったという結果もでているようです。, 記憶や学習などの機能を促進すると言われている「脳由来神経栄養因子(BDNF)」を増やすことで、脳の健康を保つ効果も期待されているのです。, 年齢を重ねるにつれ脳の機能は下がっていくと言われているので、日ごろから摂取して脳の健康を保ちたいものですね。, 血液をさらさらにするだけでなく、血管をしなやかにする効果もあるため、総合的に巡りの状態を改善してくれる効果が期待できます。, 一般的なチョコレートには砂糖などがたっぷり入っていることが多く、逆効果になってしまう可能性があります。, 高カカオのチョコレートは砂糖の配合量が少ないうえ、カカオポフェノールも多く含まれているので、前述したような健康・美容効果が期待できます。, ・日本チョコレート工業協同組合 http://www.chocolate.or.jp/chocolate/history.html, ・明治 みんなの健康チョコライフ https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research.html, ・alic https://www.alic.go.jp/joho-s/joho07_001255.html, ・日本チョコレート・ココア協会 http://www.chocolate-cocoa.com/lecture/q20/index.html, http://www.chocolate.or.jp/chocolate/history.html, https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research.html, https://www.alic.go.jp/joho-s/joho07_001255.html, http://www.chocolate-cocoa.com/lecture/q20/index.html. © 2020 三山エイリ All rights reserved.