金泰均(キム・ テギュン)の韓国野球での成績は? 金泰均選手は2000年に1次ドラフトで高卒で入団となりましたが、プロ入り1年目の2001年には初出場を果たしているんです! 早いデビューですね! 9年間の通算でキム・テギュンは.310、イ・デホは.292。 なおイ・デホの2001年は.500ですが打数が少なかったので外しました。 本塁打と打率で比較すると前半はキム・テギュン、後半はイ・デホ、トータルではキム・テギュンの方が成績が良い、と言えます。 12年に韓国に帰国し古巣復帰すると、打率3割6分3厘で首位打者を獲得。 17年には前年シーズンから86試合続けて出塁し、1949年にテッド・ウィリアムズ(元レッドソックス)が残したメジャー記録84試合を上回ったことで話題となった。 金 泰均(キム・テギュン、韓国語:김태균、1982年5月29日 - )は、大韓民国の忠清南道天安市出身のプロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。ハンファ・イーグルス所属。 キム・テギュンは2001年に天安北一高(現・北一高)からドラフト1次指名でハンファ入りし、同年新人王を獲得。0 08年には本塁打王のタイトルを獲得した。 キム・テギュンは2001年に天安北一高(現・北一高)からドラフト1次指名でハンファ入りし、同年新人王を獲得。0 08年には本塁打王のタイトルを獲得した。