231 29 水(水道が通っていないため、生活用水は井戸で汲み飲料水のみ購入):12セディ(約360円) ガーナでは農家さんとの直接取引は禁止されていますが、政府と交渉を行い、利益の現地への還元という形での介入を許してもらっています。 私たちは農家さんからカカオ豆を政府の買い取り価格の1.3~1.4倍くらいの価格で買い取っています。 例えばガーナにおけるカカオ農家の一日の平均収入は0.6ドル以下です。[2] ・カカオ農場における児童労働の状況 コートジボアールやガーナのカカオ農園では多くの子供が強制的に、無休で 働かされていま … チョコレートの原料であるカカオの産地に“消滅の危機”が忍び寄っている。原産地として有名なガーナでもカカオ農家1人当たりの1日の収入は0・4―0・45ドルに過ぎず、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の貧困の定義である「1・25ドル未満」を大幅に下回る。 0000007702 00000 n 西アフリカのガーナ共和国からおはようございます!, あ、カウンターパートっていうのは、私を受け入れてくれて一緒に仕事している、いわば相棒みたいなものね。, どうやらヨーロッパにいるらしい。 首都の隊員は少々大変なのかもしれませんが、任地が田舎なら物価安いし、娯楽で使えるところも少ないので、余って貯金ができるくらいです。, 見にくいけれどカカオが描かれています。さすがガーナ。 h�bb�f`b``Ń3� �`� ]d� 話を聞いていると「仕事がない、大学を出ても無職の人ばかりだ」という声をよく聞く。, でも人々の様子を観察していると。仕事がないというのは、安定的な仕事がないということで、ちょくちょく親戚や友達のツテで日雇いのような仕事、家を建てるとか金の採掘とか、に出かけているのを目にする。, ガーナの高給取りは、意外にも国際NGO勤務だそうで、4,000セディ/月(約120,000円/月)だそう。 また、カカオ農家が技術力を上げ、オーガニックなどの付加価値をつけたカカオの 生産を行なうことが農家の収入につながるためには、企業や消費者がそれを支える ことも必要となる。現状を広く伝えるメディアの役割も重要である。ngoはこれら 0000315400 00000 n %%EOF startxref 0000002657 00000 n 0000319888 00000 n あ、これがガーナの紙幣。 こちらは硬貨。 見にくいけれどカカオが描かれています。さすがガーナ。 紙幣の1セディは30円くらい。硬貨の20ペセワは7円くらいかな。 うん、やっぱりカウンターパートが消えた動揺が隠しきれない・・・ が、がんばります! 0000002247 00000 n 0000001895 00000 n 0000002422 00000 n 会社勤務の若手はm2,000セディ/月(約60,000円/月)くらいじゃないかなとのこと。, ちなみに、銀行、ケータイ会社、採掘会社、石油会社はかなり給料がもらえる仕事として認識されているようです。, 公務員は、1,000~1,500セディ/月(約30,000〜45,000円/月)くらい。 カカオ豆の国際市場価格は、生産者の意思に無関係で決められてしまいますが、フェアトレードの取引価格は、たとえ市場価格が暴落したとしても、一定の収入を守るために、「フェアトレード最低価格」が決めらていて、それ以下に下がることはありません。フェアトレード最低価格は、市場の動向に合わせて3年ごとに見直しがされます。国際フェアトレード機構は、2019年にカカオ豆のフェアトレード基準を改定し、フェアトレード最低価格をFOB1トンあたり2000ドルから2400ドルに変更することを決めました。有機認証を受けたカカオ豆の場合は、2300ドルから2600ドルに上がります。, ポイント③フェアトレード・プレミアム xref ガーナのカカオの年間取引額は約2100億円にのぼり国家の歳入に大きく寄与しているが、一方で約80万人存在する小規模カカオ農家は一日あたり50円ほどの収入しか得ていない。 貧困は児童労働が起こる直 … 0000329602 00000 n endstream endobj 232 0 obj <>>>/Filter/Standard/Length 128/O(�y◉^� ���ߌp�"� 7i��} ݄�)/P -1340/R 4/StmF/StdCF/StrF/StdCF/U(3sB�q�z����C? 0000315373 00000 n が、がんばります!, 原文元:ガーナの給料事情〜高給取りは意外と国際NGO勤め | W.W.J.world – http://wwj.world/. 国際フェアトレード機構は、カカオ農家が生産コストを賄いながら生活していくためには、1日当たり2.51ドルの収入が必要だとしていますが、実際は平均して1日0.78ドルしか得ることができていませんで … 0000314919 00000 n 偉くなってくると、3,000セディ/月(約90,000円)ほどもらえるのだとか。, 本当はガーナで働く日本人の給料をレポートすべきだけど、調べられませんでした、ごめんなさい。 当初、ガーナのカカオの大半は、大規模プランテーション農場ではなく、小規模自営農家の手によるもので、英領時代の1947年に設立されたカカオ流通公社が、すべてのカカオを買い取り、輸出を独占することで、カカオ農家が安定した収入を確保するという方式が採られていました。 endstream endobj 258 0 obj <>/Filter/FlateDecode/Index[48 183]/Length 29/Size 231/Type/XRef/W[1 1 1]>>stream そもそも対象地域ではエウェ族とファンティ族が暮らしているため、全く違う2言語が飛び交っている。, そんなこんなで、村を歩いていた時に声をかけてくれた、アルファに調査パートナーになってもらった。, 大学生、25歳、エウェ族だけどファンティ語も喋れる、英語も完璧、専門はdevelopment studying、ガーナ国内の村で2年間の調査経験あり。, 素晴らしい。偶然会ったのに、こんな条件揃っている人を捕まえられるとは。 0000315196 00000 n ガス:40セディ(約1200円), こうするとなんとなく生活の様子が見えてくるだろうか。 0000329351 00000 n ���kBg�Z�\����q��=_���q��si��&�gf1��e�/�W���>�k�_:P��/gȒ�3�i�Ԗ�p�%F�\?i��@� ����'�|��fX�>ؗ���F サンキュー ジーザス。, 初対面の人にgive me moneyと言われるのがガーナ。 交通費:350セディ(約10,500円) Save my name, email, and website in this browser for the next time I comment. 電気代:15セディ(約450円) ?g"�����1��6���eJ�z������I�O���tD؋mgyfۮ`x�=��+��c�̡ȷ�R�rqf����. どうやら貯まっていた有給を消化するため、6月まで帰ってこないらしい。, あんなにいろいろと今後の予定を話し合っていたのに、何故一言も言わず消えたのだ・・・ 231 0 obj <> endobj 0000004787 00000 n �a�^bhB]��3#�t��"�b <<1012F4A56F7AA548BFB67018453A58E6>]/Prev 439766/XRefStm 1351>> 2月ですね!みなさんはチョコレートはお好きですか? 0000000910 00000 n 0000004140 00000 n ムチ打ち&全裸で牛ジャンプ!?エチオピア・ハマル族の成人儀式が衝撃的すぎて閲覧禁止レベル!. 0000003621 00000 n 0000001531 00000 n "�.��'���SB������Cc� ֳa���2��jos���mO@����y~�^���u��7�%8�D�����G��@8-K��.�C�4ݕ��EB��e�ّ"� ���#l͸�=�X��Z;�z���ș�\�^ɺfb�� 紙幣の1セディは30円くらい。硬貨の20ペセワは7円くらいかな。, うん、やっぱりカウンターパートが消えた動揺が隠しきれない・・・ そんな生活をしている農民は、自分の収入額を知らない。 0000315170 00000 n ただ、こちらに出向してきている商社の方と話す機会なんかがあったけど、かなりお金もらえるみたいです。, いわばリスク料みたいなもんで、ガーナは治安的には安定しているけど、やはり病気のリスクは他国より高かったりして厳しい環境なので、その分ね。, ちなみに私たちガーナの協力隊員は、1400セディ/月(約42,000万円/月)いただいて活動しています。, 住居は基本的に配属先が用意するのが前提なので、住居費以外をこれでまかなっています。 !) 0000008035 00000 n 0000008158 00000 n チョコレートの原料、カカオ豆の生産で知られる西アフリカのガーナ共和国は、1957年の独立以前は英国の植民地で英領ゴールド・コーストと呼ばれていました。, この地域への英国の本格的な進出は1821年に、この一帯の土地所有権を得た頃にさかのぼります。厳密にいうと、ガーナ独立直前のゴールド・コーストは、1874年英領植民地として確立。1946年に旧ゴールド・コーストを中心に、英領トーゴランド、アシャンティ、ファンテ保護領などを合併して成立したものでした。, ちなみに、“ガーナ”とは、西アフリカのソニンケ人の言葉で“戦士の王”という意味。8〜11世紀(諸説あります)、サハラ越えの金と岩塩の隊商貿易の中継地として繁栄した「ガーナ王国」と知られていました。ガーナ王国と現在のガーナ共和国の領域は重なっていませんが、それでも、ガーナ共和国独立の指導者として初代首相に就任したクワメ・エンクルマは、サブサハラ・アフリカ独立の先鞭(せんべん)をつけた新国家の名称として、ガーナ王国に由来する名前を採用しました。, 現在、ガーナはコートジボワールに次ぐ世界第2位のカカオ生産国ですが、もともとは、英領時代に現金収入を欲した農民の自発的な意志により生産地域を拡大してきました。, 当初、ガーナのカカオの大半は、大規模プランテーション農場ではなく、小規模自営農家の手によるもので、英領時代の1947年に設立されたカカオ流通公社が、すべてのカカオを買い取り、輸出を独占することで、カカオ農家が安定した収入を確保するという方式が採られていました。, ところが、独立後のガーナでは、エンクルマが“アフリカ社会主義”を掲げ、カカオのモノカルチャー経済からの脱却を目指して、急速な工業化を進め、工業をカカオに代わる経済の柱にすることを主張。その一環として、カカオ農場の農業集団化が強行され、農民の生産意欲が減退しただけでなく、生産効率も悪化。機械化に伴う費用負担だけが重くのしかかる最悪の事態となりました。, 社会主義色を強め、中国やソ連との関係を強化していったエンクルマに対して、1966年、米CIA(中央情報局)の支援を受けたエマヌエル・コトカ大佐とアクワシ・アフリファ少佐による軍事クーデターが発生。エンクルマは失脚しましたが、強烈なカリスマ指導者を失ったガーナの政情は不安定化し、小規模自営農家によるカカオ栽培も再開されたものの、ガーナ経済は長らく低迷が続きました。, これに対して、1979年の軍事クーデターで政権を掌握したジェリー・ローリングス空軍大尉は政情の安定と経済再建を最優先課題とし、1983年以降、IMF(国際通貨基金)や世界銀行の構造調整計画を受け入れます。そして、1980年代後半から平均5%のGDP(国内総生産)成長率を達成し、政治と経済の安定化を進めました。そうした実績の上に、ローリングスは1992年に行われた民政移管の大統領選挙でも当選を果たして2001年まで大統領を務め、西アフリカでは数少ない議会制民主主義国家としての基盤を固めました。, さて、独立50周年を記念して2007年に発行された切手シートでは、ローリングス政権以降のガーナ経済を支えてきたCPC(Cocoa Processing Company:カカオ処理会社)の活動が紹介されています。, 1980年代までのガーナは収穫したカカオの大半を輸出しており、そのことが、途上国にありがちな農産物モノカルチャーの経済構造から脱却できない足かせとなっていました。, そこで、カカオ豆に付加価値を与えて加工することを目的に、1981年11月、ココア工場と製菓工場からなるCPCが設立されます。さらに、1992年にはカカオ豆の国内取引が自由化され、農民からのココアの買い入れに関して、民間の公認仕入れ企業(LBC)が導入され、政府との価格競争を行うようになったことで、農民の収入も増加しました。, CPCのココア工場は、特選された高級なガーナ産カカオ豆だけを扱い、生カカオ豆を、半製品のココアのリキュール、バター、天然またはアルカリ性のケーキや粉末に加工しています。その業務を象徴するものとして、切手シートの右側には、上から、収穫された生カカオ豆、カカオ処理プラントでの作業、出荷する製品の包装作業を取り上げた切手が1枚ずつ収められています。, 一方、シートの左側には、製菓工場で生産されるさまざまなチョコレート菓子が紹介されています。中段に取り上げられているチョコレートバーの包装紙で、赤、緑、黄の三色が目立っているのは、国旗の色に合わせたということなのかもしれません。, 2007年にガーナが発行した独立50周年記念の切手シート。カカオの実が加工される工程や製品となったチョコレートの数々が取り上げられている, 郵便学者。切手をはじめ郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、研究・著作活動を続ける。著書に『日の本切手 美女かるた』(日本郵趣出版)、『外国切手に描かれた日本』(光文社新書)ほか。. でもまあ、彼がいてもいなくてもやるべきことをやるだけ。, 昨年末は主に任地の産業について調査をしていましたが、今年に入って村の家計調査に乗り出しました。, といっても今の段階で私は現地語で調査できない。 You have entered an incorrect email address! 0000001745 00000 n 0000007850 00000 n Q�2�h���+�Ə�U��c,m�4%��HOfDR�t\���II=�E���V�K��o�ID�c��E�M �7U�j���1���΢@�nGs� ~�;1/��a�|�"|��B�#�^k��=v��D�䳟+�,���c�W�/v鮋� ��Z%��haCz��Ԅ?\5����? このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, アフリカに関するエンタメ情報やビジネスニュースを発信するニュースサイトです。「日本人の力でアフリカにソーシャルインパクトを起こす」をビジョンに、アフリカに挑戦する際に役立つ情報を(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお伝えします!, W.W.J Projectの運営チームです。「日本人の活動領域を世界へ」をキーワードに20代で海外で活動する日本人がチームを組んで様々なプロジェクトを行っています。本サイト「W.W.J.world」では、ライターxライターの記事や、面白い海外求人情報なども発信していきます。. ということで、代わりに一ヶ月にどのくらい使っているか、細かく聞いていく。, まだデータは14軒ほどしか集められておらず集計ができていないので、1軒のお宅の様子を紹介したいと思います。, 仕事:農家 %PDF-1.6 %���� バレンタインデーの時期になると、街のお店には美味しそうなチョコレートがずらりと並びますね。可愛らしいピンク色の広告と香ばしいカカオの香りに惹かれてついついたくさん買ってしまいたくなります。, そんなワクワクに水を差すようですみませんが、知っておいていただきたいカカオのお話があります。, 昨年12月、国際フェアトレード機構は、カカオ豆のフェアトレード基準を改定することを発表しました。なぜかというと・・途上国のカカオ農家が依然として貧困に苦しんでいて、カカオ生産国では未だに多くの児童労働が行われていることが分かったからです。, チョコレートの原料となるカカオ豆は、カカオベルトと呼ばれる赤道を挟んで上下20度の地域で栽培されています。その地域で収穫されたカカオ豆は、先進国に運ばれ、美味しいチョコレートへと変身し、私たち消費者の元へ届きます。 0000000016 00000 n 雇われている訳ではなく、自分で収穫したものを自分がマーケットで売る。 食費(自分の畑で取れないものや魚):100セディ(約3,000円) ガーナのカカオ農家とコミュニティーを作りたい!チョコ好き女子大生がインターンに挑戦!〜第2回〜 ガーナの村にクラフトチョコレートファクトリーを作る!カカオ農家さんの夢とともに。〜第4回〜 Me maakye!メマワチェ!こんにちは! 0000002958 00000 n フェアトレードのカカオ豆には、商品代金とは別に、地域発展のために使われるフェアトレード・プレミアム(奨励金)が輸入者から生産者組合に直接支払われます。毎年、生産者組合の代表が集まる委員会で使い道が話し合われ、教育やトレーニング、保健医療、インフラ整備、投資など、農家の人々が最も必要とする用途のために役立てられます。2017年には、世界全体のフェアトレードカカオ豆の取引により、4300万ドルものフェアトレード・プレミアムが生み出されました。, カカオ豆の生産地ガーナでは、学校がなかったり先生がいなかったりして教育を受けさせることができなかった地域で、フェアトレード・プレミアムにより教育設備や人材を整えることで、子供たちが学校へ行くことができるようになりました。地域に学校ができることで、フェアトレードに参加する農家だけでなく、その近隣農家からも、子供たちを学校に行かせることができるようになり、その地域全体の児童労働を減らすことができました。, 「女性は家にいるもの、男性の言うことに従うもの」という意識が高かった地域では、フェアトレード・プレミアムにより女性向けの識字教室や起業支援、融資制度などを行い、女性の地域進出を可能にしました。女性が収入と自身を得ることで、家計を管理する能力を身につけ、子供たちがより良い環境で暮らすことができるようになりました。, ガーナのカカオ生産者組合クアパ・ココのフェアトレードプレミアムで学校ができました @Divine Chocolate, わかちあいプロジェクトでは、国際フェアトレード認証を受けた安心のフェアトレードチョコレートやカカオ豆を販売しています。, 【ガーナ産カカオ使用】Divineチョコレート 35gバー/90gバー/テイスティングセット, 6つの味が楽しめるテイスティングセットは、プレゼントにもおすすめです!頑張った自分へのご褒美チョコにも◎, 【フェアトレード認証原料100%】カカオ55%チョコレート 250g入り/500g入り, わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。, フェアトレードチョコレートでクリスマスをカウントダウン!Divineアドベントカレンダー好評販売中, バレンタインの贈り物に☆Divineチョコレートを使ったフェアトレードスイーツレシピ, 2016年新登場はアーモンドレーズンとヒマラヤンソルト!Divineフェアトレードチョコレート入荷しました, ☆バレンタインにフェアトレード!☆Divine “アフタヌーン・ティー・ファンシーズ”チョコレートケーキレシピ. 0000006584 00000 n trailer 0000005953 00000 n 259 0 obj <>stream )/V 4>> endobj 233 0 obj /Metadata 46 0 R/Pages 45 0 R/StructTreeRoot 48 0 R/Type/Catalog>> endobj 234 0 obj <>/MediaBox[0 0 595.32 841.92]/Parent 45 0 R/Resources<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI]>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 235 0 obj <> endobj 236 0 obj <> endobj 237 0 obj [250 0 0 0 0 0 0 0 333 333 0 0 250 333 0 0 500 500 500 500 500 500 500 500 500 500 0 0 0 0 0 0 0 722 667 667 722 611 0 722 722 333 0 0 611 889 722 722 556 0 667 556 611 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 444 500 444 500 444 333 500 500 278 0 500 278 778 500 500 500 0 333 389 278 500 0 0 0 500] endobj 238 0 obj <>stream そのほとんどは、国際市場価格や国政府の定める価格で取引され、生産者の声が届くことはありません。カカオ農家の多くは、日々暮らしていくために十分な収入が得られず、子供たちは学校に行かずに農家の手伝いをして過ごしています。 0000005402 00000 n 0000007199 00000 n Ⅱ.ガーナ共和国における調査 第1 ガーナ共和国の概況 (基本データ) 面積:23万9千㎢(日本の約3分の2) 人口:2,380万人(2009年:UNFPA) 民族:アカン族、ガ族、エベ族、ダゴンバ族、マンプルシ族他 言語:英語(公用語)、その他部族語 国際フェアトレード基準では、児童労働や強制労働を禁止しているため、フェアトレードのチョコレートに使われているカカオ豆が子供たちによって栽培されていることはありません。また、同地域で児童労働に携わっていた子供たちの受け入れ先として、学校や児童館などの施設の建設を進めています。, ポイント②フェアトレード最低価格の保証  初対面の人に丸一日かかる通訳の仕事をタダで頼めちゃうのもガーナ。, そうそう、それは同僚から聞いていた。 子供たちが学校に行くことができなければ、大人になっても読み書きができず、農家を引き継いでも仲買人や商社の言いなりになって売らざるを得ません。こうして貧困のサイクルが続いていきます。, 2018年7月に発表されたGlobal Slavery Indexによると、依然として西アフリカだけでも210万人以上の子どもたちが児童労働に従事していることが分かりました。そのうち150万人がカカオ豆生産量トップのコートジボワールとガーナの10~17歳の子供たちです。ガーナでは、708,000人の児童労働のうち668,000人がカカオ生産に従事しています。, 国際フェアトレード機構が2018年4月に発表した調査では、コートジボワールのカカオ農家の58%が、依然として貧困線以下の暮らしをしていることが判明しました。国際フェアトレード機構は、カカオ農家が生産コストを賄いながら生活していくためには、1日当たり2.51ドルの収入が必要だとしていますが、実際は平均して1日0.78ドルしか得ることができていませんでした。, このような、生産者を苦しめるカカオが世界中で流通しているということを、チョコレート消費国で暮らす私たちは、知る必要があります。何気なく手に取ったチョコレート、児童労働によって栽培されたカカオが使われていた、ということも、もしかしたらあるかもしれません。, フェアトレードの取り組みは、こうした貧困の状況を変え、農家が暮らしていくのに十分な収入を得て、地域全体が発展し、人々の自立により貧困から抜け出すことができる仕組みを作るために行われています。, ポイント①児童労働の禁止 0 :(03)5226-6660から6663(代表), Copyright © Japan International Cooperation Agency, 広報誌・パンフレット・マンガ. 0000001351 00000 n しかし、カカオ農家を悩ませているのは、こうした倫理的で持続可能な生産支援制度下で支払われるプレミアムが低下していることだ。 森林破壊 Memawoakye!!(メマヲマーチ!