1997年のオリックス・ブルーウェーブ(1997ねんのオリックス・ブルーウェーブ)では、1997年のオリックス・ブルーウェーブにおける動向をまとめる。, 3度目のパ・リーグ3連覇が期待されたシーズンだったが、4月・5月はそれぞれ貯金1で2位で終了。6月に入ると貯金13を稼いで西武を突き放したが、8月以降黒星が目立つと西武に突き放され3年ぶりの2位で終了した。長谷川滋利の退団した投手陣はベテラン星野伸之が11年連続の2ケタ勝利をあげ、野田浩司もまずまずの成績を残したがそれ以外の投手が不調に終わり、2連覇の立役者だった平井正史や鈴木平が後半戦以降息切れしたのが響いた。打撃陣では円熟期のイチローがこの年も打撃絶好調で、4年連続の首位打者を獲得し田口壮・大島公一もそれなりの成績を残したが、若返りのため馬場敏史がシーズン途中にヤクルトへ、阪急時代以来長く強肩の外野手として活躍した本西厚博が阪神へ移籍するなど世代交代の兆しが見え始めた。カード別成績は優勝の西武をはじめ、全球団に勝ち越しを決めたが最大貯金は日本ハム戦のみで、それ以外はわずかしか勝ち越せずBクラスへの取りこぼしも目立った。, 1936年から1946年までは「阪急軍」(1945年は戦況悪化のため、公式戦を休止。合同チームによる非公式戦のみ開催。), オリックス・バファローズ Legend Of Bs2013 Miracle!夢が叶ったあの時, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1997年のオリックス・ブルーウェーブ&oldid=78345583. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 ョップ, 2001å¹´ 新人選手選択会議(ドラフト会議), 一般社団法人日本野球機構について. オリックス時代 1990年度プロ野球ドラフト会議 で近鉄とオリックスが野村の3位指名で競合し、抽選の結果 オリックス・ブルーウェーブ に入団した。 1997年のオリックス・ブルーウェーブ(1997ねんのオリックス・ブルーウェーブ)では、1997年のオリックス・ブルーウェーブにおける動向をまとめる。 この年のオリックス・ブルーウェーブは、仰木彬監督の4年目のシーズンである。 プロ野球・オリックス・バファローズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供しま …