オバマケアについて、いかがでしたでしょうか。 オバマケア施行前は、無保険状態の人が4900万人くらいいた; 施行により、低所得者の加入者が増え、加入しない人には罰金を設けたことにより2900万人にま … というのが正しい変更内容です。無保険でも罰金が掛からず、罰金免除の申請は必要がなくな … . 在米日本人は(2)に当てはまり、オバマケアの加入が義務づけられている。ただし、収入がないためにタックス・リターンをしない者や非居住外国人としてタックス・リターンをしている者は免除される。 オバマケアの無保険であることに対する手数料(罰金)は、2019年度から 連邦レベル で$0に引き下げられた。 . オバマケアでは、決められた基準を満たす健康保険に加入することが個人の義務となり、その義務を果たさないとタックス・ペナルティ/Tax Penalty、つまり罰金を負うことになります。 オバマケアの罰則規定 いよいよ来月の1日から医療保険未加入者に対して罰則金が発生・加算されますが、今月は罰則規定の概要とその算出方法について話をしたいと思います。 そのオバマケアの概要はこのようなものです。 アメリカ国民(永住権を持っている外国人、労働ビザがある外国人も含む)に、一定の基準を満たした医療保険への加入を義務づけ、加入しない場合は罰金を課す; 低所得者向け公的保険の加入対象者を拡大する 足をけがして手術代700万円? 日本では考えられないが、アメリカで実際に起きている問題だ。 日本と異なり、国民皆保険制度が導入されていないためだ。 背景には「国に依存しない」という根強い考え方がある。 国民は基本的に、民間の保険に加入している。 ただ、保険料を払えないことなどを理由に、一時最大でおよそ5000万人、国民の実に6人に1人が無保険の状態にあったと言われている。 こうした医療保険の在り方は、共和・民主両党の間で長年、論争になってきた。 トランプ大統領がオバマケアは廃止すると言い始めてもうすぐ2年。トランプ政権の新案に反対するデモなどもよくニュースになっていましたが、その後あまりにいろんなことが起こるトランプ政権、オバマケアが今後どなるかの報道もあまり見なくなくなりました。 オバマケア対象者・罰金免除者. .