それでも、運命に従って旧家を守っていくというストイックな役でしたので、監督の指導に応えようと必死でやりました。 ウルトラマン雑談, 帰ってきた新ウルトラマンジャック2世兄さんも奥さんいるって設定あったし、 のキャッチコピーめっちゃ最高では。#ウルトラマンタイガ pic.twitter.com/6SzQ39kDc8, ウルトラマンタイガはタロウの息子だという事を知った時、この画像の意味がわかった気がする#ウルトラマンタイガ pic.twitter.com/RStxWWa61a, — 刹那(ウルトラマンが大好きな学生) (@stag_beetle_s) 2019年4月18日, 俺はタイガ!ウルトラマンタイガ!タロウの息子だ!#ウルトラマンタイガ pic.twitter.com/ABB5qbc9UJ, タロウ、ジョーニアス、オーブやルーブの要素入れてくれるのいいわ~ pic.twitter.com/YdvhmTmRdl, — Poêle OFuransu (@KUUGA2000130) 2019年4月18日, トレギアがタロウの親友だったから、これはどういう過去があったか期待 #ウルトラマンタイガ pic.twitter.com/la0GHIeuGo, — ハヤトFセイエイ真オメガリバイブ疾風 (@Fseiei1202geed) 2019年4月18日, いや真面目にウルトラマンタイガ、色々と大変な作品になりそうじゃないか? アンヌを差し置いてこれかよ!?って声もね, ぼかしてても問題ないかもだけど、初の実子という設定を使ってきたタロウだけに 岸田森さん、田村亮さん、東野英心さん、内田良平さん、共演者は皆さん楽しんで演じていました。 湯の町事件簿5〜能登・輪島の伝統に忍び寄る黒い影(2004年) - 戸田耕造, 風と大地と梨の木と 第1章〜第4章(1997年 - 2002年、オフィス・ヒューマンヒル) -, 想い出のチェーホフ(2020年、劇団民藝) 新型コロナウイルスの流行による緊急事態宣言の影響で公演中止。. “そして「タイガ」がここにいる!” ついに、1971年、主演映画「高校生心中・純愛」が大ヒットとなるも、所属会社の「大映」が倒産してしまった、篠田三郎(しのだ さぶろう)さん。しかし、この後、さらにチャンスを掴みます。 「篠田三郎の若い頃は大映ニューフェイス!高橋惠子と共演で・・・ テレビドラマ『シルバー仮面』『ウルトラマンタロウ』『天下堂々』『TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿』『水色の時』『花神』『草燃える』『新・部長刑事アーバンポリス24』『ピュア・ラブ』, 映画『金閣寺』『大日本帝国』『ゴジラvsモスラ』『ゴジラvsデストロイア』『さくら』, 篠田 三郎(しのだ さぶろう、1948年12月5日[1][2][3][4] - )は、日本の俳優。本名は、大塚 晴生(おおつか はるお)[2][3][4]。, 東京都港区麻布出身[2][3]。日本大学第二高等学校中退[2][3][4]。劇団民藝青山事務所所属。, サラリーマンの父と母の長男で、弟が2人いる[3]。豊島区立道和中学校を経て1964年に日本大学第二高校に進学するが、翌年に大映第18期ニューフェースに合格したことを機に高校を中退する[2][3]。将来の目標というのはあまりなかったが映画への憧れはあり、東宝と大映のニューフェイスを受けたところ、東宝には落ちて運良く大映に受かったという[5]。学業も続けようと思ったが、学校の方針で受け入れてもらえなかった[5]。実家が小さな工場を経営しており、「役者で上手くいかなくとも家業を継げばいいか、という考えはあった」と述べている[5]。, 養成所期間を経て大映東京撮影所に入社し、1966年に映画『雁』でデビュー[2][3]。その後は大部屋に配属され、主に通行人などで出演を続けることになる[5]。この時期には、ガメラシリーズ『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』(1968年)にも端役で顔を出している[6]。, 1970年、帯盛迪彦監督の『高校生番長』で初主演を果たして以降、全4作までつくられたシリーズに男優のエースとして出演[3]。1971年、関根恵子(現・高橋惠子)と共演した『高校生心中・純愛』のヒットによって『樹氷哀歌』『成熟』と関根とのコンビ作が続くが、この年末に大映は倒産してしまう[3][7]。, 活躍の場をテレビに移し、TBSのプロデューサー・橋本洋二からの誘いによる『ガッツジュン』で初レギュラーを得て、彼がプロデューサーを務めた『シルバー仮面』にも春日兄妹の三男・光三役でレギュラー出演した[8]。1973年のウルトラシリーズ『ウルトラマンタロウ』 (TBS) では、主人公・東光太郎役を演じる[3]。同年の『天下堂々』 (NHK) でも主演し、幅広いお茶の間の支持を得た[3]。1974年の『若い!先生』では教師・海堂健太役を演じ、テレビスターとしての地位を確立する[6][9]。, 1975年、大映テレビ制作の刑事ドラマ『TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿』に主演[9]。夜10時台のドラマとしては高視聴率を獲得したことから、1976年には続編『新・二人の事件簿 暁に駆ける!』も制作された[9]。この間、映画でも複数の作品に助演したのち、高林陽一監督の『金閣寺』で主人公・溝口を演じている[3]。1977年には大河ドラマ『花神』でさらに広範な人気を得て、1978年にはドラマ人間模様『夫婦』でも忘れがたい印象を残す[3]。同年から1979年にかけては『やあ!カモメ』『一発逆転』など、民放のゴールデンタイムのテレビドラマでも主演を務めた。, 以後は活動の中心をテレビに置きながら映画や舞台にも出演し、さわやかな個性で人気を得ている[3][10]。1990年には、長寿ドラマ『部長刑事』シリーズの『新・部長刑事アーバンポリス24』に主演[11]。2000年代に入ってからは、映画『忘れられぬ人々』などで悪役も積極的に演じている[11]。端正なマスクと口跡は貴人役も得意とし、映画『ヤマトタケル』大王役、大河ドラマ『草燃える』源実朝役、銀河テレビ小説『復活』伯爵役などが挙げられる。また、『ピュア・ラブ』シリーズや、野島伸司脚本の『ゴールデンボウル』などで印象的な役柄を演じた[11]。, 趣味はゴルフ[12]と旅行[4]、特技は乗馬[13][12]とボクシング[13]。, 『二人の事件簿』以降も、刑事ドラマ『兄弟刑事』『Gメン'82』にレギュラー出演したが、いずれも短命に終わってしまった[11]。『Gメン'82』に関しては、番組の知名度の低さから出演していたこと自体を疑問視されたことがあるという[11]。, 『番組対抗スターお年玉大会』(日本テレビ系・1986年1月5日)に『妻たちの課外授業』チームで出演した時、『タロウ』に登場する宇宙科学警備隊ZATの隊員服を白いマフラーなしで着用し、タロウの変身ポーズを披露したことがある[要出典]。, 他の昭和ウルトラシリーズの主演俳優と異なり、後のシリーズに客演していない。その理由については、『スポーツ報知』の「円谷プロ創立50周年記念特別号(2013年7月10日発売)内の『タロウ』40周年記念インタビューで「東光太郎は自分の中での青春の良き思い出としてとっておきたい」と話している[注 1][注 2]。, ただし、『タロウ』を嫌っておらず、特撮誌などのインタビューでも撮影当時のエピソードを披露することは多い。「1年間も主役を演じられるから張り切っていたのを思い出す」「『タロウ』は自分にとって財産」「撮影することも撮影所に通うことも楽しかった」「演じるに当たって特別に意識したり心がけたことはなく、役の一環として捉えていた」などと語っている[要出典]。, 本編以外の行動に関しては、インタビュー以外にも積極的な姿勢を見せている。東日本大震災を受けて開設された「ウルトラマン基金」にも、「タロウからウルトラの父やウルトラの母への願い」としてメッセージを寄せている。また、『極上空間』(BS朝日)の2013年8月10日放送分では、変身ポーズの披露、主題歌の歌唱、同行した真夏とともに『レオ』第7話のブーメラン特訓の再現といったことを行なったほか、『タロウ』が「ウルトラマンジャック」や「ウルトラマンスター」といったタイトルで企画が進められていたことを話した[23]。, 2019年には、タロウの息子・ウルトラマンタイガが活躍する『ウルトラマンタイガ』のBlu-ray BOXの発売決定に際し、応援コメントを寄せている[24]。, 黒部進(初代マン) - 森次晃嗣(セブン) - 団時朗(ジャック) - 高峰圭二・星光子(A) - 篠田三郎(タロウ) - 真夏竜(レオ) - 長谷川初範(80), 長野博(ティガ) - つるの剛士(ダイナ) - 吉岡毅志(ガイア) - 杉浦太陽(コスモス) - 川久保拓司(ネクサス) - 青山草太(マックス) - 五十嵐隼士(メビウス) - 根岸拓哉・宇治清高(ギンガ&ギンガS) - 高橋健介(X) - 石黒英雄(オーブ) - 濱田龍臣(ジード) - 平田雄也・小池亮介(R/B), 関口正晴(ゼアス) - 山﨑勝之(平成セブン) - 宮坂ひろし(ナイス) - 高槻純(ネオス) - 別所哲也(ULTRAMAN) - 小柳友(ゼロ) - DAIGO(サーガ) - 斎藤工(シン), マイケル・レムベック・チャット・エレベット・エイドリアン・バーボー(USA) - ドーレ・クラウス(G) - ケイン・コスギ(パワード), 富山敬・伊武雅刀(ザ☆マン) - 古谷徹・小川真司・鶴ひろみ(USA) - 京本政樹(G) - 森川智之(パワード), その際、平成ウルトラ映画(作品名は話していない)で光太郎役での出演を依頼されたが、時間が経過したことやそれを伝えて辞退したこと、そして今後もそれは変わらないとも話していた。, 『タロウ』のDVD第2巻(デジタルウルトラプロジェクト版)の特典映像「篠田三郎 青春のヒーロー」より。, 「ウルトラマン」“タロウ”俳優・篠田三郎、息子“タイガ”への想い語る 「息子が活躍する時が来るなんて」 アニメ!アニメ!, http://www.live-net.co.jp/hayabusa-movie/, http://www.youtube.com/watch?v=6tr2__Tv2I4&feature=player_em, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=篠田三郎&oldid=80344159, 篠田三郎が演じた春日光三は、5人兄妹の中でも一番無鉄砲で血の気の多い役柄であり、監督の, 撮影所には電車で通っていたが、いつの間にか眠って目を覚ますとファンの子供たちが集まっており、真剣な眼差しで自分を見つめていた, 最終回(第53話)で東光太郎が人間として生きることを選んで雑踏に消えていくラストについては、驚いたと同時に考えもしなかった, 放送終了後には息子が生まれ、物心が付いたら観せてやろうと、恐らく再放送時に1本だけビデオに録画した。しかし、それが2話完結の前編でタロウが苦戦して次回に続く終わり方だった。これを観てからというもの、息子は『タロウ』をまったく観てくれないという, 温泉名物女将! しかしここで気になるのが、ウルトラマンタイガはタロウと誰の間に生まれた子供なのか?, ウルトラマンタイガの母親、つまりウルトラマンタロウの妻(嫁)が一体誰なのか気になる今日この頃。. タロウの嫁だからウルトラマンハナコかな 46: 2019/04/21 03:11:47 マン顔そのままかちょっと足す感じのモブが多いあたり本当によくある普通の顔なんだろう 『ウルトラマンタロウ』は、1973年4月6日から1974年4月5日までTBS系で毎週金曜19:00 - 19:30に全53話が放送された、TBSと円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組とその劇中に登場するヒーローの名前である。, ボクサー志望の青年・東光太郎(ひがし こうたろう)が、長い船旅の末に巨大タンカーで日本に帰国。, 港を襲った超獣オイルドリンカーを撃退した勇気と行動力を見込まれ、光太郎は宇宙科学警備隊ZAT(ザット)に入隊[注 1]。光太郎は、自分が埋めたチグリスフラワーの球根を媒体に出現した怪獣アストロモンスに対し、小型戦闘機スーパースワローに搭乗して立ち向かうが、アストロモンスの攻撃を受けて爆発の炎に包まれてしまった。, 光太郎は死線をさまよう[注 2]が、ウルトラ5兄弟によってウルトラの国に運び込まれ、彼らとウルトラの母に導かれてウルトラマンタロウと合体[注 3]。こうして、ウルトラ6番目の弟が誕生した。, 地球に帰還した光太郎は、左腕に装着したウルトラバッジを掲げてタロウに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。, 「ウルトラマンシリーズ」第5作目[注 4]にして、『帰ってきたウルトラマン(以下、帰マン)』や『ウルトラマンA』に続く第2期ウルトラシリーズ第3作目。『ファイヤーマン』(日本テレビ)や『ジャンボーグA』(毎日放送)同様、「円谷プロ創立10周年記念番組」として制作された。, 本作の大きな特徴として、それまでは神秘的存在として描かれていたウルトラマンに、親しみやすい印象を付加している点が挙げられる。その最たる例が、主人公の「タロウ」という名称である(詳細は後述)。それまでのウルトラマンシリーズに比べ、同じ円谷作品の『快獣ブースカ』(1966年・日本テレビ)で見られたようなおとぎ話[注 5]や寓話などを題材としたエンターテインメント性を重視したストーリーが多く見られる[2]。, 本作ではウルトラの母の存在が初めて明らかにされ、「ウルトラ兄弟」の概念に加えて文字通り「ウルトラファミリー」の構想を付加した結果、ホームドラマ的な作風が濃くなっている[注 6]。, 主題歌がそのまま特撮場面の挿入歌となっており、2クール以降はエレクトーン演奏を用いた主題歌のインストゥルメンタル版も使用されている[注 7]。, 前作の『A』同様、本編撮影は主に東京映画撮影所で撮影され、特撮は東宝撮影所で撮影されていたが、第3クールから最終話までは仙川スタジオで撮影された[2]。, 特撮作品としての本分もおざなりにされていない。躍動感のある戦闘アクション、当時としては精巧に制作された秘密基地や戦闘機などの各種プロップやミニチュアセット、光線技に見られる光学合成などは、円熟された特撮の妙味を醸し出している。, それまでのウルトラマンシリーズは、オープニング映像にキャラクターのシルエット映像が使用されていた。しかし、本作はZATのメカニック紹介映像(主にそれぞれが格納庫から現れて基地から発進する様子)となっている[注 8]。, 放送話数が全53話と昭和ウルトラマンシリーズの中では最多となっている[注 9]。また、第2期ウルトラシリーズの中で本作のみが4月に放送を終了したが、この理由には「次作『ウルトラマンレオ』の企画難航によって本作を1話分追加撮影した[3]」「4月から放送開始する他の特撮ヒーロー番組と競合する編成を避けるためだった[4]」という2説が存在する。, 本作の企画は、『A』放送中の1972年秋ごろからスタートしている[5]。TBS側からはウルトラマンシリーズは『A』で終了させようとの声もあった[6]。, 「ウルトラマンスター」「ウルトラジャック」「ウルトラマンジャック」の3冊の企画書が作成され(内容は同一)、タイトルは「ウルトラマンジャック」が選ばれた。しかし、「ジャック」が当時大きな問題となっていたハイジャックを連想させるという事情から取り止めとなった[7][注 10]。この「ジャック」が西洋のおとぎ話[注 5]の主人公の名前としてよく使用される名前だったことから、それに対応する日本の名称として「○○太郎」にちなむ「タロウ」と名付けられたという[注 11]。, 第8話以降、児童(東光太郎を兄のように慕う白鳥健一少年の友達や同級生)の抱えるエピソードに、奇怪な事件およびその主犯となる怪獣とZATの闘いが交差したものが多くなっていき、ZATの事件解決に終始している作品はほとんどない(終盤では光太郎や他の隊員たちはBパートに入ってから出番が増える回が存在する)。これは第2期ウルトラシリーズの特徴といえるが、本作で最も顕著に表れている。, メイン脚本家の田口は「皮膚感覚」を強く意識しており、ファンタジー色とファミリー性が強い作品世界となっている[2]。, 前半の敵は怪獣のみで、本作の怪獣は前作『A』の「超獣(怪獣を超える存在)」の設定を覆し、「超獣を超える怪獣」であると設定されていた。第1話では超獣オイルドリンカーが怪獣アストロモンスに捕食されるシーンが存在し、この「超獣よりもさらに強い怪獣」をアピールしていた。企画案では超常能力を持った宇宙怪獣の登場が想定されており[1]、初期に登場した怪獣にも反映されている。また、実在の生物をモチーフとした怪獣が多いのも初期の特色である。怪獣の生態が細かく設定されている回が多く、この点も本作のストーリーにおける特徴の1つとなっている。, 第27話でのメフィラス星人(二代目)の登場を皮切りに宇宙人も多く登場するようになり、終盤では独特で奇抜な怪獣が多く登場するようになった。なお、タロウやZATが怪獣、とりわけ人類と対立する意思を持たないものの生存権を尊重する描写も多く、回が進むごとに顕著になっている[注 12][注 13]。, 第29・30話に改造巨大ヤプールが登場するなど過去の人気怪獣が多く登場したが、これはTBSでは10月は翌春の新番組を決定させる時期のためだからである[2]。, 『A』や『ミラーマン』(1971年・フジテレビ)でブルマァクから発売された怪獣ソフトビニール人形が不振だったため、本作の怪獣はほとんど商品化されていない。しかし、『A』のタックファルコンや『ミラーマン』のジャンボフェニックスなどのメカ類は好調だったため、本作はメカ類を売り出すことに注力しており、前述のようなオープニングになった。さらに、オープニングのみの登場メカや本編未登場のメカなども商品化され、どれも子供受けする派手なデザインとなっていた。, また、「ウルトラ兄弟セット」や「ウルトラファミリーセット」などの形式で、過去のウルトラマンソフトビニール人形がセット売りされた。こうしたヒーローやメカ重視の潮流の中で怪獣のデザインは商品化を前提としないため、『帰マン』初期のように売れる怪獣をデザインするという縛りから解放され、自由なデザインの怪獣が生まれるようになった。, 他の第2期ウルトラシリーズとは異なり(各作品の路線変更については各記事を参照)、放映延長に当たっての番組強化に関する文書が作成されず、第19話でタロウがウルトラの母からキングブレスレットを授かったり、第27話から宇宙人が登場したり、レギュラー俳優の交代などはあったが、制作方針に関わるような路線変更がなかった。しかし、それまでのウルトラシリーズと異なり、コミカルなストーリーが多くなるなど作風に顕著な変化が見られたため[注 14]、旧作ファンには本作を否定する向きもあった[1]。, 『ファンタスティックコレクションNo.10 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンPARTII』(1978年・朝日ソノラマ)の27頁によると、児童雑誌の人気投票では常に首位になるほどの人気作だった。そして、同書は本作についてまっすぐな批判を行っているが、この部分が後に『ファンタスティックコレクション 不滅のヒーロー ウルトラマン白書』として採録され、重版の度に同じ文章が再掲載され続けてしまった。この時期のウルトラマン再評価ブームは、第1期ウルトラ原体験世代(本作を含めた第2期ウルトラの視聴を卒業していた)が担い、1979年の再編集劇場映画『ウルトラマン』がすべて後年の海外映画祭受賞などで名声を博した実相寺昭雄監督作品で統一されるなど、大人の映画ファンが見ても楽しめるという点に力点が置かれたこともあり、とりわけ手酷かったタロウ批判については後発世代からの反発も多い[要出典]。, 後発のウルトラマンシリーズ出演者が、幼少時に見ていた作品として本作を挙げている。萩原佐代子(『ウルトラマン80』の星涼子 / ユリアン役)はリアルタイムで[11]、原田隼人(『ウルトラマンX』の三日月マモル役)[12]と石黒英雄(『ウルトラマンオーブ』の主人公クレナイ・ガイ役)は再放送で本作を見ていた。また、杉浦太陽(『ウルトラマンコスモス』の主人公・春野ムサシ役)と宮野真守(映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』以降のウルトラマンゼロの声)[注 15]は、幼少時はタロウが好きだったと語っている(杉浦は七夕の短冊に「タロウになりたい」と書いたこともあると自身のブログで明かしている[13])。, 『ウルトラマンマックス』以降のシリーズに参加している脚本家・小林雄次は本作の第1話を評価しており、『マックス』第1話執筆時の参考にしている[14]。, ウルトラの父とウルトラの母の実子。ウルトラセブンの実母(故人)がウルトラの母の姉であるため、セブンとは従兄弟(セブンがタロウの従兄)だが、この設定は現在では使用されていない[17]。孤児でウルトラの父と母に養育されたウルトラマンエースは義兄[19]、ウルトラマンタイガは実子に当たる[20]。また、主題歌の歌詞では「ウルトラマンNo.6」と呼ばれている[注 18]。光の国では「タロウ」という名前は「勇気を持ち正義を愛する者」という意味が込められている(命名したウルトラの父は後に地球にも同じ名前があると知ったという[22])。企画書では「11の技を持つヒーロー」とされている[23][注 19]。, ウルトラ兄弟が集結した第33・34話で「兄に頼りがち」や「増長しやすい」と演出されているが、これは第33・34話のみのことである。, エースの後を受けて地球防衛の任務に就き、地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人と戦う。公式設定では「光太郎と合体した」とされているが、劇中の描写ではウルトラの母が光太郎にウルトラの命を授けたことで誕生(企画時からも光太郎がウルトラマンの力を得る設定だった[1][24][注 20])しており、光太郎の中にタロウがいるような描写は存在せず、変身後のセリフや掛け声も光太郎役の篠田三郎が担当している。空に飛び立つ時の掛け声が第22話までは短く低めだったが、第23話からやや長く高めになっている(第5話でセブンが空に飛び立つ時の掛け声の流用)。また、光太郎のボクサーとしての資質が変身後も引き継がれている。, 他のウルトラマンとは異なり、必殺技の名前を呼びながら使用し[注 21]、戦闘時は無言で戦うことが多い。, 胸のタロウプロテクターは、セブンのプロテクター同様にあらゆる攻撃から身を守る。また、セブンのような真紅の体はスーパーボディと呼ばれ、全身にストリウムエネルギーが流れている。, 頭部のウルトラホーンは超戦士の証と言われ[注 22]、それを証明するかのように他のウルトラ兄弟を超えた能力を誇る。例を挙げると以下の通り。, 第53話でウルトラバッジをウルトラの母に返し[注 26]、光太郎としてバルキー星人を倒した後、光太郎の姿のまま旅立っていった[注 27]。, 後の『ウルトラマンメビウス』で、物語開始(メビウスが地球防衛に就く)20年前=1986年に光の国に帰還し、現在は宇宙警備隊の筆頭教官として後進の指導に当たっており、メビウスも教え子の1人であると新たに設定された。, 光太郎がタロウと合体前、緑のおばさんの姿に変身したウルトラの母からお守りとして授けられた変身アイテム。普段は光太郎が隊員服の左袖側面に装着している。企画段階では「ウルトラの心臓を守る」という意味も込め、光太郎の左胸のちょうど心臓の真上の部分に装着することになっていた[28][注 20]が、篠田が実際に着用したところ、バッジがかなり大きくて演技の立ち振る舞いに不便であると指摘したために変更された[要出典]。, 持ち歩かずに隊員服に装着しているため、変身は常に隊員服姿で行われており、私服での変身は第40話での1回だけであった。, ウルトラスチール製のこのバッジには、中央にウルトラルビーや光波エネルギー吸収装置が備わっている。物語前半ではエースのウルトラリング同様、変身のタイミングが訪れるとウルトラルビーが一瞬光って光太郎に変身を促していたが、物語後半ではこのプロセスが見られなくなった。, 前述の通り、光太郎は第53話でウルトラバッジを空の彼方に投げてウルトラの母に返している[注 26][注 28]。, ウルトラバッジを右手に持ち、両腕を左右に広げ、眼前[注 29]から頭上にかざして「タロウー!」と叫んで変身する[注 30]。このパターンが基本だが、変身ポーズを省略したことも何度かあった。また、第43話ではモットクレロンが飛ばしてきたと思われる大根を左手に持ち、そのままバッジを持った右手と頭上でクロスするという珍妙な変身場面もあった。, デザインは井口昭彦[1]。セブンの姿をベースとし[注 40]、セブン同様、額のビームランプと大きな突起を持つ。ウルトラホーンはウルトラの父の角が好評であったことから取り入れられた[1]。デザイン画では、耳の後ろから後頭部にかけて段差が存在し、最初期に作られたスーツには画稿どおりの段差があったが、以降の造型では省略されている[70]。胸にはカラータイマーを備えている。, マスクの原型は、『ゴジラ』などの石膏班スタッフだった照井栄が開米プロの依頼を受けて製作した。照井によれば「頭(マスク)が大きいので170センチ以上あるスーツアクターを入れてほしい」とプロデューサーの熊谷に伝えたとのこと[71]。, 姿が似ていることから俳優・京本政樹が、本作の第40話と『レオ』第1話のセブンの着ぐるみは、タロウの着ぐるみを改造して使用されたため、その名残で耳が付いていないと著書『京本政樹のHERO考証学』(1992年、バンダイ)で述べている。だが、昭和末期に発行された円谷プロファンクラブ会報誌に「アトラクション用セブンに電飾をした物」と記述されている。, 『メビウス』での「宇宙警備隊の筆頭教官として後進の指導に当たっている」「ウルトラ6兄弟の1人にカウントされている」という設定が、以下の作品に継承されている。, ZAT(ザット)とは、"Zariba of All Territory"[注 51][注 52]の略で、地球外からの脅威に立ち向かう特殊編成部隊である。, 本部はニューヨークの国連本部内に存在し、支部はアメリカ、アルゼンチン(南米)、フランス(フランス)、南アフリカ連邦(アフリカ)、日本(極東)、北極の6ヵ所にある。, 後述のようにアットホームな雰囲気を見せ、ユーモラスな作戦を展開するが、戦闘力と知力を兼ね備えた精鋭であり、コスモリキッド、再生前のデッパラス、シェルター、ムルロア、ベムスター(改造)、ベロクロン二世(改造)、ドロボン、バルキー星人といった強敵を撃破する実績をあげている。単独の巨大怪獣撃破数は、ウルトラシリーズの歴代防衛チームの中で科学特捜隊(10体)に次ぐ戦果を挙げている。また、他の防衛チームでしばしば見られた隊員同士の対立の構図がほとんどなく、基地の司令室で飲食したり、将棋を指しているところが描かれたり、市民と草野球やバレーボールに興じたりと、明るくアットホームな雰囲気が貫かれた。, 極東支部も各国と連携をとりながら、作戦行動を行っている。宇宙ステーションも複数存在する。, 既述の通り、隊員の交代が多いが、同時に劇中の世界がこれまでのウルトラシリーズに比べて広がっている。第13話でZATが九州で演習を行う時、宇宙ステーションに転勤した西田隊員が連絡係として再登場。さらに第27話では、マンダリン草を探すために世界各地のZAT隊員が登場、航空機ドラゴンには通常のZAT制服とは異なる隊員が搭乗していたり、ZAT基地にも森山隊員の他に多くの女性隊員が勤務していた。さらに、第40話では木星にも宇宙ステーションが確認されている。放映開始時における一般男性隊員の苗字は、主人公である東を始め、西田・南原・北島と方角にちなんで命名されている。, また、第5話には地球警備隊が登場しているが、ZATとの詳しい関係性は不明。劇中では極東支部所属の戦力として、空母を含む艦隊が登場した。また、キングトータスとクイントータスが棲息していたオロン島を管理下[注 53]に置いている。, ZAT極東支部の一番の特徴は豊富な作戦である。個々の怪獣の特性を見極め、それぞれに対応する作戦を編み出して遂行していく。失敗も多いが、発想は実に柔軟である。, 他の防衛チームにはウルトラマンとの関係(「ウルトラマンがいつも怪獣を倒すのだから、自分たちは必要ないのではないか?」というジレンマ)に苦悩する隊員が少なからずいるなかで、ZATの隊員達はウルトラマンタロウとも信頼関係で結ばれており、自分達の存在意義を疑わずに互いに助け合って敵と戦う。タロウ登場後に荒垣副隊長が「タロウを援護する」と発破をかけたり、逆にタロウがZATの作戦を援護する場面がシリーズ中多数見られる。, 前述のように本作は防衛隊メカを売り出すことに注力している上、『ウルトラマン』の時代にはなかったヘルメットやガンなどの防衛隊装備の関連商品が充実しており、商業的に見るとZATは十分な存在意義を持っていた。, ZATが使う戦闘機や車輌などの装備は、ウルトラシリーズきっての奇抜なデザインで知られている。『ウルトラ超兵器大図鑑』では、独自のSF的考証(本書注意書きより)でそれらの兵器はヤプール大戦中のTACの時代に盛んに行われた異星の技術研究から生まれたものであり、コンドル1号やスーパースワローの穴の開いた両翼は「重力制御コイル」という装備が搭載されているためと解説されている。, 隊員たちは半年に一度、体力テストで審査される。これは科学的知識はもちろん、常に隊員達が強靭な肉体を要求されるためである。ただし、隊長と副隊長は体力よりも指揮能力が問われるため、この審査は免除されている。, 『A』までの防衛チームのユニフォームは男女同じだった[注 54]が、ZAT極東支部の女性隊員のユニフォームは色遣いは男性用と同様ながら意匠が異なり、下半身はミニスカートになっている。ブーツは男女とも同じである。女性隊員のユニフォームがスカートなのは、本作と次作『レオ』の2作のみ[注 55]で、『80』以降は再び男女同じユニフォームに戻っている。また、『ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンマックス』、『メビウス』では女性隊員のユニフォームはズボンとスカートの2種類がある。, 歴代の昭和ウルトラマンシリーズで唯一、防衛チームのテーマソングが作曲されていない。, 企画書では名称が宇宙科学警備隊としか記載されておらず、3番目の企画書「ウルトラマンジャック」では「JAC」のロゴが掲載されている[注 20]。, ZAT極東支部の所在地は、東京都千代田区霞ヶ関1丁目1番地1号にある[注 56]。, 円盤状の基地本体部と、地下に置かれた各メカの格納庫、本体部と格納庫を繋ぐシャフト状のタワー部で構成されている。本体部には、隊員たちの司令室をはじめ、コンピューター制御室、応接室、兵器開発区、居住区、情報区、発進ゲートなどがあり、各航空戦力はタワー内部の回転式エレベーターで本体部までリフトアップされる。緊急事態の際は、本体部が底面からジェット噴射を行い空飛ぶ円盤として機能し、危機を回避することが可能(下部タワー部分は地下へ格納される)。この機能は本来、地下格納庫から直接発進するアンドロメダの打ち上げを妨げないためのものと思われるが[82]、第1話と第10話で怪獣に襲われた際にのみ使用された。, 一般市民による本部の見学は可能だが、その際には1週間前までには申し出て怪獣や宇宙人が変身・憑依していないかのチェックを受けなければならない。, ZATの装備品(航空機、車両、隊員服、武器など)には、曲線、曲面を多用したラインと、先端部に設けられた球状の突起といったデザイン上の一貫した特徴がある。, 赤と青の明るいイメージの配色のユニフォームで、上下のつなぎ式。高い耐久・耐熱・耐寒性を持つが、光太郎の隊員服は激戦でボロボロになることが何度もあった。また、女性隊員の隊員服は赤と青だけでなく、白も取り入れたミニスカートのワンピースタイプである。朝日奈隊長の物のみ、腹のラインが黒となっている。, 娯楽作品であることを強調するために玩具的なイメージでデザインされたが、機能性がやや希薄になってしまった[83]。また、布地には硬めのジャージが使用された[83]。, 以下は独自の作戦の例である。日用品などをモチーフとしたユーモラスな印象の作戦が多く、ZATの特色を出している。, 光太郎役に篠田が起用されたのは、彼が新たなウルトラマンシリーズの主役にふさわしいと考えたプロデューサー・橋本洋二の意向であり、撮影現場の雰囲気を知ってもらうための措置として『A』第20話に篠田一郎役でゲスト出演させている。篠田はオーディションで選ばれたが、松平健も光太郎役のオーディションを受けていた[92]。本作への出演が決定した篠田は『A』第20話出演時に北斗星司役の高峰圭二が白いマフラーを巻いているのを見て自分も使用したくなり、本作の撮影でもマフラーを使用することになった[30][29]。本作の本放送時にはNHKの『天下堂々』でも主演を務めたため、終盤は出番の少ない回が存在する。, 名古屋は『帰マン』でナレーションを担当。名古屋も多忙だったため、最初から「毎回は出演できないと思うがそれで良ければ」という契約で、第1 - 8、10、35、51、53話(最終回)の計12回しか登場していない。第51話以降はナレーションも担当している。また名古屋は他のインタビューでは「私の子供が、ヒーローものを見ている世代だったので、子供に喜んでもらおうと、いわば、プレゼントみたいな気持ちで、引き受けました」とも語っている[93]。, 東野は第50話の撮影終了後にスキーで脚を骨折して入院したため[94]、三谷が新登場(三谷も『帰マン』第22話でゲスト出演している)。東野は第49話や第50話でのアフレコにも参加しておらず、代わりに沢が声を担当。, 三ツ木は主演作『白獅子仮面』の撮影がクランクアップした後に本作に臨んだものの、『だいこんの花』『国盗り物語』のレギュラーが入ったため、スケジュール調整が不可能になり降板。, 西島は所属事務所の方針で歌手に転向し、同じTBSの『ぎんざNOW』にレギュラー出演が決定したため[95]、第35話を最後に降板。, あさかは本作がデビュー作だが、当時の事務所との契約に従い第16話で降板したため[96]、第20話から小野に交代。, 瑳川は『A』で竜隊長を演じた。急病のために事実上降板し、第51話の予告から名古屋が代理を務めた[注 59]。当初の台本(第2話)のスタッフ欄には、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』でナレーションを務めた浦野光の名が記載されていた[97]。, タロウのスーツアクターの長沢寛は、長身のスーツアクターを起用したいという要望から、同時期『ファイヤーマン』に扮していた西条満が、同じ事務所に所属していた長沢を推薦した。西条は、激しいアクションシーンなど一部のシーンでタロウに扮している[98]。, いずれも「ウルトラマンスター」「ウルトラジャック」「ウルトラマンジャック」の企画書に掲載されている[注 20]。, 東京レコード(AMONレーベル、ディスコメイトの前身・販売元はビクター音楽産業)からEPが発売。初版約30万枚という当時としては高い売り上げを残した。, 『東宝チャンピオンまつり』にてテレビ版を劇場用にブローアップした作品が3シーズンにわたって公開された。なお次作『ウルトラマンレオ』は『チャンピオンまつり』では公開されなかったので、『ウルトラシリーズ』が同企画で公開されるのはこれが最後、さらに円谷プロ作品が同企画で公開されるのもこれが最後である。, 小学館が権利を持っており、学年誌や『週刊少年サンデー』に掲載された。高学年向けの学年誌には特撮の解説が掲載された。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト. 1: 無念 2019/07/17 17:07:52 俺の奥さんは誰なんだろう… 30: 無念 2019/07/17 17:59:48 >俺の奥さんは誰なんだろう…幼馴染みのコメットさんでしょ? 2: 無念 20 All Rights Reserved. タロウの嫁だからウルトラマンハナコかな 46: 2019/04/21 03:11:47 マン顔そのままかちょっと足す感じのモブが多いあたり本当によくある普通の顔なんだろう Fighting Evolution - バトルコレクション - コンパチ - 大怪獣ラッシュ - フュージョンファイト! MafRakutenWidgetParam=function() { return{ size:'600x200',design:'slide',recommend:'on',auto_mode:'on',a_id:'1404059', border:'off'};}; テレビ東京系で2019年7月6日(土)朝9時スタートということで、今から楽しみですね!, タイガ、タイタス、フーマのルックスも明らかになり、かっこいい?それともダサい?かっこ悪い?, 1人で3体のウルトラマンに変身。 そして子供の時からウルトラマンが好きで応援してくださるファンの皆様の存在があってこそです。そんな沢山の子供達の夢を心に刻んで、『ウルトラマンタイガ』が何時までも愛され続けられますことを願っています。. 俳優の篠田三郎さんといえば特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」で一躍子供たちの人気者となった名俳優さんです。そんな篠田三郎さんですが現在は病気との噂もあります。真相はどうなのでしょうか?また篠田さんの奥さんや息子さんのことについても触れて行きます。, 俳優の篠田三郎さんは特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」を演じて子供たちの憧れとなりました。そんな篠田三郎さんですが現在では結婚されて息子さんもいらっしゃるようです。, それでは篠田三郎さんの奥さんはどのような方なのでしょうか?一般人?2人の馴れ初めは?子供たちは?また息子さんは何をしている人なのかについて篠田三郎さんのプロフィールと合わせて紹介します。, 俳優の篠田三郎さんは1948年12月5日に東京都港区麻布でサラリーマン夫婦の長男として生まれます。身長178cmで血液型はO型。現在50歳です。, 「篠田三郎」という名前は芸名で、本名は大塚晴生さんといいます。所属事務所は田上事務所。人気特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」で主演・東光太郎役を演じて子供たちのヒーローになりました。, 篠田三郎さんは1975年に現在の奥さんと結婚されていますが、相手がどういう女性なのかということについては一切公表されていません。そのため同じ芸能人ではなく一般の女性と考えられます。, 2人の馴れ初めについても公表されていません。ですが若い頃の篠田三郎さんは爽やかで甘いマスクが印象的な俳優さんでしたから、女性にかなりモテたことが想像できます。, 篠田三郎さんは1975年に結婚された奥さんとの間に長男と長女の2人の子供がいるということですが、奥さんと同様に一般人らしく詳しい情報は一切公表されていません。画像もありません。, また一部ネット上では篠田三郎さんの息子さんがアメリカ・カリフォルニア州のバークレー大学に入学したとの情報が出回っていますが、根拠は見つかっていません。, 篠田さんの息子さんとバークレー大学がどのように結びついたのか噂の出どころが曖昧なためガセネタの可能性が高いです。, さらにネット上では篠田三郎さんの息子さんは同じく俳優の篠田光亮さんではないかとの噂が出回っていますが、どうやらこれもガセネタのようです。, というのも、篠田さんは長男と長女の2人の子供たちがいることを公表しているのですが、篠田光亮さんには弟さんがいらっしゃるので、篠田三郎さんと篠田光亮さんは無関係ということになります。, 2015年5月11日にテレビ朝日で放送された「徹子の部屋」にゲスト出演された篠田三郎さん。そこで篠田さんは結婚する娘とバージンロードを歩いて感動したことを明かしています。, またバージンロードを歩きながら、孫の誕生を嫁みていたことも合わせて明かしていました。その後娘さんが孫を産んだことは公表されていませんが、篠田さんの夢は叶ったのでしょうか?, 俳優として数々のドラマで活躍中の篠田三郎さんですが、篠田さんは病気ではないかとの噂が出回っているようです。果たして真相はどうなのでしょうか?, また篠田三郎さんにまつわるネット上の話題では、篠田さんのブログタイトルがユニークで面白いといった情報も流れています。篠田さんの面白いブログタイトルとは?最新の更新記事と合わせて紹介します。, 現在でも紳士的で優しそうな印象の篠田三郎さんですが、若い頃から大映のニューフェースで受かるくらいイケメンだったことが分かります。, その爽やかで甘いマスクによって数々の話題作に出演していきます。当時の若い女性たちのハートもキャッチしていたのかもしれませんね。, ネットで「篠田三郎」と検索すると「病気」や「ガン」といった二語キーワードが出てきます。このことからネット上には篠田三郎さんが現在病気なのではないかといった噂が出回っているようです。, しかしこれは事実ではありません。ガセネタというより篠田さんに関係のある別人の情報と混同されて、あたかも篠田さんがガンであるかのような誤った情報が拡散してしまったようです。, 篠田三郎さんが病気というより、同じ俳優でウルトラマン仲間の真夏竜さんがガンの診断を受けた時、篠田さんが治療できる病院を探したというのが真相のようです。, 2018年1月に放送されたBSジャパンの深夜ドラマ「最後の晩ごはん」。篠田三郎さんはロイド役で出演しています。毎回常連客が幽霊という一風変わった人間模様が見どころの連続ドラマ。, 原作は椹野道流さんの同名漫画でシリーズ累計60万部の人気作品。このドラマで篠田さん演じるロイドは喪服神という特殊な役どころを好演されていました。, 2019年明治座で上演された「由紀さおり50周年記念公演」下町のヘップバーンにも篠田三郎さんは出演されています。, 共演した渡辺正行さんの役者としての魅力や出番終了後の由紀さおりさんのショーに魅了されたことを自身の公式ブログで明かしています。, その篠田三郎さんの公式ブログですが、タイトルがあまりにもユニーク過ぎるとファンの間で話題になっています。その名も「もぅ~いいかい?まぁ~だだよ!」。, かくれんぼですかね?篠田さんがなぜこのようなブログタイトルにしたのか理由は不明ですが、日々の活動内容や最新情報について触れています。, また更新頻度は多くありませんが、寒い季節などファンの体調を気遣う優しいコメントを書き込まれることもあるなど、篠田さんの優しい人柄が伝わってくる内容となっています。, 以下は2018年12月11日に更新された「下町のヘップバーン」出演情報に関するブログの一部です。, 深夜頃から雪になるかもとか。寒さがましてきました。風邪などに気を付けて下さい。と言う私が鼻をグズグズさせてます。, 俳優・篠田三郎さんといえば現在では2時間ドラマや時代劇などで名脇役として活躍されている印象が強いですが、かつてはウルトラマンタロウの東光太郎として子供たちの人気者でした。, ここからは、そんな篠田三郎さんと「ウルトラマンタロウ」にまつわるエピソードを紹介していきます。篠田三郎さんらしい心温まるエピソードも。, 篠田三郎さんが主人公・東光太郎役で出演した「ウルトラマンタロウ」は1973年にTBSで放送され子供たちに絶大な人気を博しました。視聴率は21.7%を叩き出しています。, このドラマの出演以来、篠田三郎さんは一躍人気俳優の仲間入りを果たし、以来数々のドラマに出演していきます。, 篠田三郎さんは「ウルトラマンタロウ」に出演する前に、一度だけ「ウルトラマンA」に出演したことがありました。第20話だけのゲスト出演で船乗りを目指す青年という役どころでした。, これには理由があり、プロデューサーの橋本洋二さんが篠田さんを見込んで次のウルトラマン役に決めていた時、篠田さんに現場の雰囲気を知ってもらうためのキャスティングだったといいます。, プロデューサーに見込まれるだけあって、篠田さんは外見内面ともにヒーローとしての素質を併せ持っていたということなのでしょうか?, こちらが「ウルトラマンタロウ」時代に東光太郎役を熱演されていた篠田三郎さんです。プロデューサーの橋本洋二さんに見込まれていただけのことはあって、端正で爽やかな印象です。, この爽やかで甘いマスクとカッコいいスタイルが当時の子供たちには大ウケ!「ウルトラマンタロウ」に出演以降、街で子供たちから声をかけられることも増えたといいます。, また篠田三郎さんは「ウルトラマンタロウ」当時、東光太郎役を子供のように楽しんで演じていたそうです。ただ篠田さんは「ウルトラマンタロウ」に限らず、すべての役を楽しんでいたとか。, そもそも篠田さんは「ウルトラマン」シリーズが子供たちに絶大な人気を誇っていることすら知らなかったといいます。とにかく役を演じることが楽しくて夢中だったとのことです。, 篠田三郎さん演じる東光太郎のトレードマークといえばマフラーでした。これは篠田さんが「ウルトラマンA」にゲスト出演した際、主人公・北斗星司役の高峰圭二さんがやっていたもの。, 高峰さんのマフラー姿を見て、篠田さんも「あれをやりたい」と思いついたのだとか。自分から提案するなんて、篠田さんが撮影現場を心の底から楽しんでいる様子がうかがえますね。, そんな篠田三郎さんですが、「ウルトラマンタロウ」終了後のウルトラマンシリーズには再出演していません。通常、ウルトラマン役を演じた俳優さんはその後も特別出演という形で出演するもの。, ですが篠田さん曰く「東光太郎役は自分の青春そのもの」だそうで、若い頃のまま取っておきたかったと語っています。おじさんになった東光太郎を見せたくなかったのでしょうね。, また篠田さんは決して東光太郎役を嫌っているわけではなく、度々昔を懐かしんでは自身が出演した番組内で当時の変身ポーズをするなどしています。50歳になっても素敵な魅力は変わっていません。, 篠田三郎さんといえば、同じく「ウルトラマンレオ」で人気となった真夏竜さんとのエピソードもファンの間で有名です。篠田さんと真夏さんはウルトラマン終了後も家族ぐるみの付き合いだとか。, そんな真夏さんに2004年胃がんが見つかります。余命半年。しかし適切に治療できる病院が見つからないと相談を受けます。真夏さんを救ったのは篠田さんでした。, 篠田さんは病院を見つけてくれただけでなく、病院で篠田さんが待っていてくれたそう。その後真夏さんは回復。篠田さんがいなければ助からなかったそう。私生活でもヒーローだったんですね。, 2011年3月11日に東日本を襲った大震災の際には、ウルトラマン基金に対して「タロウからウルトラの父や母への願い」と題して復興を願うメッセージを送っています。, 篠田三郎さんの人柄の良さは芸能界やファンの間でも有名で、特に親交の深い真夏竜さんをガンから救ったエピソードや東日本大震災の際のメッセージなど、篠田さんは私生活でもヒーローです。, また世間に注目されないところでも、例えばブログなどでファンに対して体調を気遣う書き込みをされていたり、ベテランになっても共演者や周りに対する気配りを忘れていません。, 家庭においても娘の結婚式でバージンロードを歩きながら感動するなど人として父親として素敵な篠田三郎さんのイメージはまさに「ウルトラマンタロウ」の東光太郎そのものです。, そんな篠田さんですが、自身が出演した「ウルトラマンタロウ」を息子さんに見せようと思い、当時のビデオを見せたところ、息子さんの反応はあまり芳しいものではなかったといいます。, というのも、篠田さんが録画したのは前編後編に分割されたものの前編の方で、ウルトラマンタロウが敵に苦戦を強いられるというエピソード。そこで物語が終了して次回に続くという流れでした。, 敵との戦いに苦戦して終わる……。子供心としてはそんなウルトラマンって見たくありませんよね?これは痛恨でした。それ以来、息子さんは「ウルトラマンタロウ」を見てくれなくなったそうです。, 俳優として、一人の男性として公私ともに順風満帆な篠田三郎さんですが、「ウルトラマンタロウ」で東光太郎役を勝ち取るまでにどのような道程を歩んできたのでしょうか?, また現在はどのような活動をされているのでしょうか?篠田さんの過去を振り返ってみましょう。, 篠田三郎さんは、日本大学第二高校に在学中の1965年、大映と東宝の両方に応募します。東宝は落選しますが、大映第18期ニューフェースには見事合格。俳優としての一歩を踏み出します。, ところが在学していた日本大学第二高校の方針では、俳優活動と学業の両立は認められないとの理由で篠田さんは高校を中退。芸能活動一本でやっていく方針を固めます。, 俳優として成功する保証は何一つありませんが、もしうまくいかなくなっても実家の工場を継げば生活は何とかやっていけるだろうという短絡的な思考で芸能界という荒波に乗り出します。, 大映ニューフェースとしてスタートを切った篠田三郎さんは1966年公開の映画「雁」でスクリーンデビューを果たします。しかし当時はまだ無名の頃。鳴かず飛ばずの状態がしばらく続きます。.