a=t.getElementsByTagName(n)[0],a.parentNode.insertBefore(u,a))}(window,document,'script'); 公的保険や民間保険を個人の選択で選び加入する仕組みになっているためです。  アメリカの場合、個人にとってなくてはならないものという存在なので、公共性が高くなり多くの人の利用によって費用を下げることができます。 日本 ・・・ 公的国民皆保険制度 により、どこの病院でも全国県境をまたいでもどこでも一律3割負担で医療を受けることが出来る。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【新型コロナ】日本がいつまでも世界から批判される理由~マスコミの洗脳にかかるべからず~, 労働者に副収入が必要なわけ!! ~労働者と会社(雇用主)、労使の権利は50対50ですが、それは戦って初めて得るものです!~, 元海上自衛官の戦うFP。お金と労働力の二重搾取から目覚め、連鎖を断ち切り、楽しいセミリタイア、リタイア生活を目指す、平均年収を増やしたいサラリーマンのためのファイナンス・副収入研究所です。中には海上自衛隊に勤務したことによる目覚めや気づきもあるので知られざる海上自衛隊話も記します, のように水道水を飲める州もあるらしいですが、そこまでのクオリティはないようです。下水道は普及率は日本よりも高いですが、国土が広いため全ての家庭に下水道管を敷設したかどうかは確認できず。し尿は下水道処理するが、その他生活排水は川や湖に垂れ流しも多い。, 遊び人から賢者への道! ~社会の搾取に無知だった元海上自衛官が独学したFPの知識を活かして社畜、底辺からの脱却、~アーリーリタイヤを目指します~:楽天ブログ, 船乗りの浪漫はなんと言っても世界をただで旅して冒険出来ることに尽きます‼️これを読んであなたも大海原に冒険にでてみよう❕❕ | サラリーマンの年収アップのためのファイナンス・, 9月新入学・新学期をやらなかった2つ理由~いつまでも底辺層から抜け出せない理由~ | サラリーマンの年収アップのためのファイナンス・副収入研究所~元自衛官の戦うFP所長の戦闘. しかし、アメリカでは生命保険は無くてはならない存在となっております。 こうした日本とアメリカの生命保険の内容や費用が違うのは、公的保障の内容が大きく影響していると言えるでしょう。, こうした日本とアメリカの保険の違いもあり、アメリカの保険に入りたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 日本では国民皆保険制度が確立しており、無保険の人はいないことになっています。しかしこれは日本特有の制度で、米国では企業や個人で民間の医療保険に入るのが原則です。海外赴任の際には、日本の海外旅行保険を使うことも可能ですし、米国で民間医療保険に入ることもできます。, 日本は国民皆保険制度をとっており、国民全員が何らかの形で公的健康保険に加入しています。, 保険料は強制徴収であり、それゆえ、誰もが最大3割の自己負担で、保険診療が受けられます。, しかし、米国では、公的医療保険が適用されるのは、社会的弱者だけであり、その数は米国民全体の半数以下です。, およそ半数の米国民は、勤めている企業が団体加入する民間保険を利用するか、自分で民間医療保険に加入するかになります。, そのため、所得が低い場合は保険料が安くなり、支払えなくなるという事態は比較的防ぎやすい状況にあります。, 米国では、社会的弱者へは公的医療保険が適用されるため、公的医療保険が使える、米国民のおよそ半数は、保険料の支払いを気にすることなく医療が受けられます。, ただ、それ以外の米国民は、民間保険に加入することになるわけですが、所得に応じて保険料が増減するわけではなかったため、所得が比較的低くて保険料が支払えず、無保険の状態となる米国民が、少なからず存在することとなっていました。, メディケイドは、低所得者を対象とした、自治体レベルの福祉政策として行われている医療保険です。, 他に、連邦と州の公務員向けの医療保険もあり、これら3つが公的医療保険の代表的なものとなります。, 日本では全員が公的医療保険である健康保険に加入していますが、米国ではメディケアに加入できるのは、合法的に5年以上米国に住んでいる65歳以上の高齢者と障害者だけとなります。, 日本のような国民皆保険制度にしようとしても、反対が強く、到底不可能であったため、せめて無保険の国民ができるだけ少なくなるようにした制度です。, 民間の医療保険会社には、加入者の負担を減らすよう促し、無保険の米国民には、罰金を課すといった内容となっています。, 米国は医療先進国であり、高度に医療が発達しているためもあって、医療費は非常に高額です。, それを国庫が負担する割合を抑えやすいという長所はありますが、民間の医療保険に入れない人は無保険になるという大きな短所があります。, また、企業全体として、民間医療保険に団体加入しているのが通例ですので、ある程度大きな企業に勤めているなら、個人で民間医療保険に入る必要はありません。, 企業が加入している医療保険が使えない場合、例えば米国以外の企業に勤めている場合は、企業側で医療保険を用意するのが通例です。, フリーランスの場合は、既往症など個々の条件を踏まえて、より適した民間の医療保険を探すことになります。, これはもとは海外旅行保険として販売されている保険ですが、海外赴任の際も利用できます。, 基本的に海外旅行者向けとして設定された保険であるため、特約がない限り、歯科治療の場合は使えません。, また、既往症があった場合、初診日を含めて180日を越えてからの医療費については使えません。, 万全な内容とはいきませんが、海外での医療費は、帰国後に健康保険組合から還付されますので、現地での医療保険としては、かなり利用しやすいものとなっています。, 国民皆保険ではなく、公的な医療保険は社会的弱者にしか適用されないため、企業が民間医療保険に団体加入するのが通例です。, 海外赴任で企業側が医療保険を用意していない場合は、日本の海外旅行保険を使うことも可能ですが、現地で米国の民間医療保険に加入することもできます。, 米国の医療保険の長所は、医療費の国庫負担が際限なく増えるということが防ぎやすい点です。, 米国に海外赴任する場合は、医療保険は企業側で用意するのが通例ですが、例外的に個人で手配することになった場合は、個々の健康状態に合わせて、より良い条件で入れる米国の民間保険を探すことになります。, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。. アメリカには日本と異なった生活スタイルや法律が多くあります。銃社会や保険システムなども大きな違いといえるでしょう。ここではアメリカについて知りたい方のために、さまざまな視点からの情報をご紹介していきたいと思います。 「アメリカに移住」や「留学」するときに心配になること。それは何といっても医療や保険のことではないでしょうか?「備えあれば患なし!」日本と違うアメリカ医療&保険事情をアメリカ国際看護師目線で紹介。アメリカで賢く生活するヒント・方法を読者へお届け。 【比較】日本とアメリカ 新型コロナを考察する 保険医療制度の違い. 日本に比べアメリカの生命保険は自由度が高いといえるでしょう。 日本では全国民強制加入で3割負担で統一されています。 しかし、アメリカでは現段階では保険への加入は任意。 事実、約4800万人のアメリカ人がが医療保険に加入出来ていません。 twq('track','PageView'); アメリカで生活したいと考えたとき、まずどのようなことが日本と違うかを知ることが重要です。銃の所持や法律、生活の違いなど多くの点で違いが存在しており、生活するにあたって本当に大丈夫なのか、安全なのかといったことをしっかりと検討しましょう。, 実際、アメリカの犯罪率や銃が絡む問題など見受けられますが、人口が多ければこれらの問題も日本よりは多くなるでしょう。こういった情報を事前に知っておくことで危険から身を守ることができるかもしれません。ここではアメリカの生活情報やトラブルの対処法をご紹介していきたいと思います。, アメリカの生活や習慣は日本と比べると大きな違いが多数あります。たとえば、土足で室内に入ったりチップ制度があったりとこれらのことは有名ですよね。ほかには、トイレやお風呂の未使用時にはドアを開けておくというルールがあります。アメリカでは喫煙者への風当たりが強く、州の半数以上での屋内喫煙は禁止されています。, またお酒に関しては公共の場での飲酒が原則禁止されています。特別な許可やルールがないと飲酒をすることはできません。しかしすべての州が飲酒をできないというわけではないので、事前に調べておくことをおすすめします。知らずに飲んでしまうと警察沙汰になるかもしれないので注意しましょう。, 素晴らしい習慣として、アメリカはチャレンジ精神が豊富で前向きに挑戦することはいいこととして認識されています。年齢についての偏見がなく周りの人たちも応援してくれるといったことが挙げられます。, こういったポジティブな考え方は、何か新しいことを始めたい方には大変ありがたく心強いものではないでしょうか。日本人には驚くことが多くあると思いますが国が違えばルールも変わってくるということがわかったのではないでしょうか。, アメリカは日本とは違い銃が合法で手に入る社会です。また犯罪率も高いため他の国と比べ銃犯罪が多いといえるでしょう。トラブルに巻き込まれないためには事前に対策を打っておく必要があります。ここではアメリカ生活時での生活対策方法をご紹介していきたいと思います。, アメリカは州にもよりますが危険なところが多くあります。身の危険を守る一番の方法はあらかじめ危険なエリアを調べておき、その場所に踏み入らないのがベストでしょう。しかし、どれだけ注意を払っても日本とは違いスリや暴力事件がよくあるので観光時には大きめのカバンは持ち歩かないなどの対策をした方がいいでしょう。, あらかじめトラブルから身を守る対策としてはいくつかあります。たとえば、留学・観光時にはクレジットカードや現金は人前でさらさないこと、夜などに一人でできるだけ行動しない、といったことが挙げられます。現金を人前でさらしてしまうと金目当ての人に狙いを定められる可能性が増えるでしょう。, また日本にいるときは長財布をズボンからはみ出していたり、リュックのチャックが開いていてもほとんどの場合問題ないでしょうが、アメリカにいるときは細かいところまで注意が必要になってくるでしょう。, 日本は海外と比べると安全なため、海外生活を始めたころは自身の管理がおろそかになるかもしれません。あらかじめどういった犯罪が多く、何をしない方がいいのかはリサーチすることで身の危険を回避することに繋がります。, アメリカ人は病院にはあまり行かず薬を飲んで治すといわれますがそれには誤解があるようです。日本では何か病気にかかった場合、病院に行って診察してもらうのが普通ですがアメリカではそうはいきません。なぜならアメリカの医療費は高額だからです。, もし資金が潤沢にあるなら話は別ですが、普通の家庭、またそれ以下の家庭では病院に行かないのではなく、行けないということが現実だそうです。アメリカでは個人で保険に加入していない場合すべて実費で保険料を払わなければなりません。そのため病気やケガをした場合、病院に行かず自力で直す方が多いそうです。, 高額な医療費が必要な病院よりも、薬局で薬を購入する方が安価で解決できるためでしょう。これらの面では日本は恵まれているのかもしれませんね。しかし、なぜこれほどまでに医療費が高額なのでしょうか?その理由は、医療保険のシステムにあります。, 日本の病院で何か治療するときは国民健康保険が適用されますがアメリカではそうはいきません。アメリカにはそもそも日本のような健康保険の制度がなく、ほとんどの保険が民間企業によって成り立っています。, アメリカの公的医療保険として65歳以上の高齢者または65歳以下の身体障害者を対象にした保険と一定の収入以下の人に対する医療保険があります(州によって異なる)。しかし日本のように保険証1つでさまざまな治療を受けられるのとは違い、アメリカの医療保険は万能でないため各家庭で保険を契約することが基本になっているのでしょう。, 民間の保険企業で契約する場合さまざまなプランがあるようですが、金額によっても保険サービスが変わってくるようです。多くのアメリカ人が利用している安い保険サービスは安価なため、決まった医者を選択する必要があります。日本のようにどこの医者でもいいというわけではありません。, もし、アメリカのどの医療機関でも診療ができるプランに入ると高額になるため、ほとんどのアメリカ人は安価なプランを選択する傾向にあるようです。日本のように一定のプランを利用すればどれくらい降りるというわけではなく、アメリカでの治療費は保険会社との交渉で決まるそうです。, アメリカで歯の治療をする方は高額の医療請求を覚悟した方がいいでしょう。先にも述べましたが、日本のような国民保険制度がなく、治療を受けたい人は個々で医療保険に加入しなければなりません。そのため治療費が莫大な金額になってきます。もし現時点で歯に何らかの問題があり、施術が必要な場合は、日本で治療を行ってからアメリカに渡航しましょう。, 日本で保険に入っていると、大抵の金額は保険会社が代わりに払ってくれるかもしれません。しかしアメリカでの歯の治療には例外があります。アメリカでは歯の治療が保険に適用されていないことが多いそうです。そのためアメリカで保険に入っているから大丈夫と考え治療し、その後高額な請求をされると高額医療費を払う必要があるかもしれません。, 歯科治療費だけが高額でなく、眼科での治療や出産の費用も高額になってきます。眼科の場合、眼鏡またはコンタクトレンズの視力矯正や購入などは眼科の保険プランに入っていないと高額になってきます。歯や目に何か問題がある方はそれに応じた保険を日本で加入しておくか渡航後にアメリカで契約するかした方がいいでしょう。, アメリカで生活または渡航する前に日本で契約した保険がアメリカでの歯科治療に適用されるか確認しましょう。また、完治させることで歯科治療の不安がなくなるということも大変重要になってくるでしょう。あらかじめ歯の治療や医療関係についてのリサーチは必須です。, 日本では法律は一律同じですが、アメリカではそうではないようです。ここではアメリカの法律が州ごとで違うことをご紹介していきたいと思います。, 日本には消費税があり商品購入者には税が課せられます。一方、アメリカでは消費税はなく売上税というものが課せられます。この売上税は商品を販売したものが商品を最後に消費したものから受けとる税金のことで製造業者または販売を目的で受注した商品には税金がかけられません。この売上税が州によって違うため、生活費も州によって変わってしまうという特徴があげられます。, 日本での消費税はすべての県で同じように設定されていますが、アメリカでは税金が州によって違うということが特徴といえるでしょう。たとえば2つの州があるとして、1つの州では500円だったものがもう1つの州では550円だったという具合に変化が生じる場合があります。, そのため留学や観光、または移住を考えている方は自身が住む州をあらかじめリサーチしておくことが必要になってくるでしょう。また買い物時にお得にアメリカで生活していくことができるかもしれません。, 日本では大麻は危険なもので、絶対に使用または入手してはいけないものとして教育をうけます。しかし、アメリカでは州ごとによって大麻を使用できる州とできない州があるようです。, 2019年5月時点でおもに大麻が使用可能な州として10州ありワシントンDC、バーモント州、アラスカ州、ワシントン州、オレゴン州、コロラド州、メイン州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ネバダ州が挙げられます。しかしこれらすべての州が同じように大麻を使用しているわけではなく、目的によって使用方法が変わります。, 上記の州では嗜好品として大麻が合法化されましたが医療用として大麻が利用されている場所もあります。州によっては大麻の使用や量も変わっています。カリフォルニア州では1996年に初めて医療用大麻が合法化されましたが2016年以降一定の規定量であれば大麻の所持を処方箋なくできるようになったそうです。, メイン州では大量の大麻の所持が容認されています。日本で同じ量の大麻を所持、服用した場合、重い罰が課せられるので国の違いがわかるのではないでしょうか。合法化されているため、留学やアメリカでの生活時に使用できる機会があるかもしれませんが、興味本位や遊び感覚での使用は絶対に避けてください。, アメリカでは合法で危険ではないという風に謳われているかもしれません。しかし、実際によくない影響も多数あるという風に報告されています。自身の一生を台無しにしてしまう可能性もあるので安易に手を出さない方がいいでしょう。また日本人がアメリカで大麻を吸うことは違法なので気をつけましょう。, アメリカの食事と日本の食事では根本的に違うものが多く挙げられます。ここではアメリカでの食事についてご紹介していきたいと思います。, アメリカでスーパーに行った際に驚くことは基本的にすべてのものが大きいことでしょう。たとえば、カートは日本の2倍ほどあり大量の商品を入れることが可能です。さらに売り場面積や通り道などもすべてが大きいです。, 買い物客が大きいカートを押していても、混むことなくスムーズに買い物ができるでしょう。またジュースや牛乳は基本的に日本のものと比べ大きいです。日本で飲料を購入する場合リットルが基本単位ですが、アメリカではガロンという単位で売られており4リットル近く入っています。, 日本から出てアメリカで生活する場合、最初のうちは大変驚くことが多いでしょう。アメリカでの代表的な食事としてハンバーガーやピザ、シリアル、スープ、ステーキ、パスタ、マッシュポテトなどが挙げられます。, 日本人の食事は健康を意識したものが多いですが、アメリカでは食事はおなかを満たすことができればいいという考えがあるようです。さらにあまり料理に時間をとることを好まず、そのため自然とファーストフード店の利用が増えるようです。アメリカと日本のファーストフードの値段を比べると大きさ、値段共に日本より安くさらに大きいのが特徴といえるでしょう。, そのためファーストフード店の利用が日本人よりも多いのでしょう。さらにアメリカ人は食事の量も違うので自然と高カロリーな食生活を送っているのでしょう。アメリカではファーストフードは安価で購入することが可能でありさらに量が多いため肥満の方が多いのかもしれませんね。, 健康意識が高い人ももちろんいるのですべての人がよく食べているということはないでしょう。アメリカでの食事のとり過ぎには注意してくださいね。, アメリカでも日本の食材を購入することは可能です。アメリカで展開している日系スーパーとしてミツワ、マルカイ、ニジヤなどが挙げられます。これらのスーパーでは日本と変わらず日本の食材を手に入れることが可能です。アメリカのスーパーでは買うことができない日本の冷凍食品や日本の魚、コメから調味料まで購入することができます。, しかし、田舎の州ではわざわざ長距離を走り購入しに行かなくてはならない場合もあります。そこでネットでの購入も検討してみてはいかがでしょうか。食品のオンラインショップとしてマルカイeストア、amazon.com International Foods、 Asian Food Grocerなどがあります。, それぞれのオンラインショップに重量や送料が記載されているのでぜひ参照してみてください。これらのサービスはアメリカでの生活で大変役に立つかもしれませんね。, アメリカで生活をする場合しておいた方がいいことが多くあります。日本とアメリカでは生活習慣や社会事情の違いがあり公共の場での飲酒や屋内での禁煙などがあります。アメリカと日本の大きな違いとして銃社会ということも挙げることができるでしょう。, アメリカですべての地域が危険というわけではありませんが、危険エリアの侵入や現金などを公の場で見せない方がいいでしょう。ほかにもアメリカでの医療費は高額で、特に歯の治療には多額の金額が必要になってきます。渡航前にしっかりと適用される保険の加入をおすすめします。, アメリカの法律は日本のようにすべて一律ではなく、州ごとによって違いがあります。週によっては税金の違いがあり、少し複雑になっています。また大麻を合法的に利用できる州もあるので十分なリサーチと自身の安全管理が必要になってくるでしょう。アメリカのスーパーは日本のものよりも基本的にすべてが大きいでしょう。, そのためカート、食材の量、店内まで大きさが規格外です。またアメリカ人は高カロリーな食事が好きで、代表的な食品としてハンバーガーやピザなどの高カロリーな食品を好んで摂取します。これはアメリカ人が家庭での料理をあまり好まないため手軽ですぐに食べることのできるファーストフード店の利用が多いためでしょう。, アメリカで生活することになった場合食べ過ぎないようにしっかりと体調管理をしなければならないかもしれませんね。日本の食材をアメリカで購入したい場合日系のスーパーか、またはオンラインショップでの購入が可能なので日本食が恋しくなった場合も安心でしょう。すべてにおいてしっかりとした情報収集は必要になってくるでしょう。, 日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。, お電話での受付時間は、平日 11:00-14:00/15:00-19:00 土日祝 11:00-14:00/15:00-17:00 【水曜定休】, 量産型女子だったわたしが、ヨーロッパ留学への挑戦で自分軸で生きれるようになった理由. こうした日本とアメリカでは、個人に対する公的保障が大きく異なり、人々の民間保険会社への価値観も大きく異なってきます。 アメリカにおける健康保険と医療事情. 日本において生命保険というのは無くても困るものではありません。 日本のように公的医療への加入義務はアメリカにはありません。 アメリカ看護留学:長期語学留学:結婚予定者は必見!!, 【国際看護師】アメリカ看護師免許を日本看護師免許を活かし取る方法|手続き・留学・疑問解決まとめ. 日本では全国民強制加入で3割負担で統一されています。 しかし、アメリカでは現段階では保険への加入は任意。 事実、約4800万人のアメリカ人がが医療保険に加入出来ていません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 最近、高齢者の車の運転による交通事故が増えているとニュースで聞いたことがある人は、「え?そうなの?」と思った人もいるかもしれませんね。, では、試しに日本の国土交通省が調査した海外の交通事故による死者数をみてみましょう。, アメリカは10万人あたり10.2人と、日本の約2.5倍で一番多いことがわかりますね。, これはあくまで交通事故による「死者数」なので、実際に起こっている交通事故はさらに多いと考えられます。, 海外留学に人気な国であるカナダ、オーストラリア、ニュージーランドと比較しても、日本よりも交通事故による死亡数が多いですね。, 一方で、アメリカやイギリスなど欧米では、10代や20代の低年齢層による車の事故が多いという傾向です。, 2015年の国連の調べによると、人口10万人あたりの殺人事件の被害者数が、日本は0.3人の発生率に対してイギリスでは0.9人、アメリカでは4.9人であることがわかりました。, ちなみに、アメリカで銃によって死亡する事件数は、交通事故での死亡数とほぼ同じという結果です。, 海外旅行や留学中にあなたも何かの事故や事件に巻き込まれる確率は、日本にいるよりずっと高いことがわかりますね。, 海外へ渡航する場合は、海外向けの保険や海外の医療について事前に知っておくと、いろいろ心づもりもできるてより安心です。, そして、それぞれの医療保険制度は、組合や協会、自治体など地域によって運営されています。, 海外の公的医療制度については、日本と似たような仕組みのものあれば、そうでないものもあり、保険の内容も千差万別。, つまり、日本では国民全員が公的な医療保険に加入することが義務付けられていて、多くの人が医療費3割の自己負担になっていますが、海外ではそうではないということです。, まず、医療制度の種類ですが、日本のような仕組みの「公的医療保険型」と「国民保健サービス型」、そして「民間保健主導型」と3つのタイプがありますね。, イギリスが代表的な「国民保健サービス型」は、国が運営している公的医療制度になります。, アメリカとオランダは同じ「民間保険主導型」ですが、それぞれの違いは「制度の対象が国民全員かそうでないか」という点。, オランダの場合はどこかの民間会社の医療保険に入ることを国民みんなに義務付けていて、一定の医療費や薬代の補助がでます。, 一方で、アメリカの場合は、低所得者と高齢者対象に公的医療保険(メディケアとメディケイド)はありますが、国民全員を対象した公的医療制度がないという訳です。, 実は、先進国と呼ばれている国で、全国民を対象とした公的な医療保険制度がないのは、アメリカだけ。, ほとんどの国では、国民全員を対象とした国民皆保険の医療制度を実施していることがわかりますよね。, アメリカでは、実際なにも医療保険に加入してない国民が約15%もいて、長年アメリカの社会問題の一つになっています。, なので、短期留学や旅行中に海外でもし医療機関にかかったときは、原則、医療費は全額自己負担になるので注意してください。, 国や地域、ビザの種類や留学期間によっては、渡航して手続きをふめば加入可能な現地の医療制度があることも。まずはチェックしてみましょう。, 日本は国として抱えている医療費の負担が、高齢化社会や少子化が原因で、急速に増えていっているとニュースなどで言われているのを聞いたことがあるかもしれませんね。, ですが、個人一人ひとりの医療費負担をみてみると、今後はどうなるかわかりませんが、世界の国に比べてまだまだ少ないようです。, アメリカの医療費が高くなっている1つ目の理由は、やはり全国民を対象とした公的な医療保険制度がないということです。, そのために医療保険に未加入の人が多くいて、そういう人が実際に高い医療費を払うことができずに踏み倒してしまうこともめずらしくありません。, だから、こういった回収できない医療費を、払える人からなるべく補填しようと医療費を高めに設定しているということもあります。, それは、国が全国で統一して定めている診療報酬制度や薬事法によって、医療費や薬代が決まっているからです。, しかし、アメリカには全国民を対象の国レベルで統一した制度がなく、病院や診療所ごとに決めることができます。, これにより、実際に病院を利用すると思いもよらない高額な医療費を請求されることもあります。, 渡航中に事故で怪我や病気にあった場合、高額な医療費が請求されるのは決してめずらしいことではないのです。, 2つ目の理由は、アメリカは日本と比べてお医者さんになるまで時間がかかり、学費がとても高いことです。, アメリカで医師になるには、まずどこかの大学を卒業して、その後にアメリカの医学部にあたる4年制のメディカル・スクールに入学しなければいけません。, 日本では大学の医学部を6年間で卒業すれば、最短で24歳で医師になれますが、アメリカでは早くても約8年間はかかるということに。, そして、その間にかかるトータルの学費は、アメリカで一番安く医者になる方法の公立州立大学の場合でも約1,600万円かかるそうです。, この高い学費のために、多くのアメリカの医学部生は、平均で約1,200万円という多額のローンを組んでいるとも言われています。, つまり、まず一人前の医師になったら、学生時代の高いローンを返さなければならないということ。, アメリカでは、日本では信じられないことでよく訴訟裁判になることが多いのは知っている人もいるかもしれませんね。, 有名な話でいうと、マクドナルドのコーヒーをこぼして火傷したため訴えられた件や、マクドナルドのハンバーガーのせいで肥満になったと訴えられた件。, このように日本ではあり得ないような訴訟裁判が、アメリカの医療でも多く起こっています。, 実際、アメリカの医療訴訟裁判は年間で約10万件と言われていて、これは日本の約100倍以上という多さです。, もともとの資本主義を重視してきた国の歴史やこのような理由から、アメリカの医療サービスは日本と比べてよりビジネスライクと言えます。, アメリカでは、お金が沢山あればよりよい病院で診てもらえ、よりよい医療サービスが受けられるでしょう。, でも、逆に十分なお金がないと病院にも行けなくなってしまう、満足した治療が受けられないかもしれないとも言えるかもしれませんね。, イギリスやデンマークなどは医療費の外来での窓口負担がゼロなので、3割自己負担の日本人にとっては羨ましい話のように思いますよね。, ちなみに、イギリスの医療費無料の制度は、第二次世界大戦後の「ゆりかごから墓場まで」という国の医療福祉に対する政策方針がもとになったものです。, つまり、生まれてから死ぬまでの一生を国が守って保障する仕組みを作ろう、という政策だった訳です。, 医療費の自己負担がないということは、国民にとって嬉しいことだと思いますが、その反面やはりデメリットも。, イギリスやアメリカなど、日本以外の多くの国では「ホームドクター制」という医療システムになっています。, 日本だと病気や怪我をしたら、患者さんの医師で開業医がいる病院、総合病院、大学病院のどれにかかるかは、自分の意思で選ぶことができますよね。, しかし、ホームドクター制の場合は、まずは地域のかかりつけ医に診てもらわなければいけないという仕組みです。, 日本も最近では、まず地域の開業医をかかりつけ医として診てもらうというように推奨はされていますが、義務付けられている訳ではありません。, 以下は、医療費無料のイギリスのホームドクター制と日本のフリーアクセス制を図で表したものです。, 上の図をみると、ホームドクター制の国では風邪を引いたり体調を崩したら、病院でなくまず薬局に行くのがわかりますね。, イギリスや北欧では、薬局でだしてもらった薬でも治らなかったら、次は看護師さんに診てもらいます。, この看護師さんは「ナース・プラクショナー(上級看護師)」という資格を持っていて、医師の許可なしにある一定の診断や薬の処方ができる看護師さんです。, 看護師さんに診てもらっても治らなかったら、次は地域のかかりつけ医(総合医)に診てもらって、必要に応じて大学病院や専門医を紹介してもらう流れになっています。, 前項でわかったように、イギリスなどの欧米でホームドクター制を取り入れている国では、段階を踏んでからしか、お医者さんに診てもらうことができないのはわかりましたよね。, ホームドクター制を導入している国、とくにイギリスやオランダ、デンマークなどではかかりつけ医(総合医)の登録がすでに国民に義務づけられています。, なので、ホームドクター制度を徹底することでムダな医療費を抑えようとしている訳です。, かかりつけ医(総合医)も、国によって一定の地域ごとに一人ずつしか配置されないルールになっていています。, また、医療費を抑えるために、日本では保険適用で受けられる治療がイギリスでは適用外になっていたりと、日本と比べて保険医療に対する制限が多いというデメリットも。, 実際、イギリスの富裕層では、インドなど海外へ医療ツアーで治療を受けることも珍しくないようです。, このような日本にはない制限のもとで、イギリスやデンマークでは専門医に診てもらうまでに、待機期間が1ヶ月や2ヶ月ということが普通になっています。, 「なにか悪い病気だったら…できれば、すぐに専門医に診てもらいたい」と思っているのに、1ヶ月、2ヶ月待つのは心配ですよね。, ようやく大学病院で診てもらえることになっても、患者さんが集中しているので、診察までの待ち時間が5時間なんてことも珍しくありません。, 最近では日本の大学病院でも、2時間待たせれて診察は2分だったとか患者さんの不満があるようですが、5時間待ちのイギリスと比べるとまだまだというところなのでしょうか。, ちなみに、デンマークでは、2007年にこの待機問題の解消のために、4週間以内に専門医に診てもらえない場合、県外や国外で治療を保険適用で受けてもいいようになりました。, イギリスでもすぐに大きな病院で診てもらうことはできますが、その場合は基本的に医療費が自己負担になるようです。, 長い時間待たされても、やっぱり医療費が無料というメリットが強いのか、そんなに大きな不満はないようです。, 100%無料ではないものの、他の国に比べて医療費の負担が少ないのがドイツの特徴です。, また、「もしヨーロッパで病気になるなら、ドイツかフランスで病気になりなさい」とよく言われます。, ドイツ人は、日本人と似ていて真面目な性格だと言われており、外国の病院に行くのが怖いという日本人でも利用しやすいのです。, ドイツの医療システムは、ホームドクター制ですが、かかりつけ医の登録はイギリスのように義務化されておらず任意です。, しかし、外国人は保険に加入していなければ医療費は全額負担となりますので、旅行の際は海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。, フランスは、日本と同じフリーアクセス制なので、日本で病院にかかる感覚と近いかもしれませんね。, ただし、ヨーロッパ、とくにフランスでは、夏休みに医師が長期休暇をとることがめずらしくありません。, フランス人の夏休みのバカンスは、医師に限らずフランス人の国民的慣習になっているからです。, 日本では長期休暇といってもせいぜい1週間程度ですが、フランスでは1ヶ月ということも。, そうですね。 ニューヨークでは150ドル〜300ドルはかかります。(保険会社調べ), 心臓バイパス手術や脊椎固定術の料金は、10年目ICU看護師の年収ほどになっています。, アメリカの医療は日本のように治療によってポイントで決まっているわけではありません。, たとえば、ある患者さんが手術をして、その後の回復期は集中治療室(ICU)で行われたとします。でも別の患者の回復期は回復室で行われた場合、2人の患者さんの手術が類似していても、費用は数千ドルは変動する可能性があります。, 治療や手術では、不測の事態(合併症など) 日本の生命保険は他の先進国などと比べても、保険料が高いというのも特徴です。 日本の公的保障は内容仕組みともしっかりしており、全ての人々が安心して暮らせる環境があるとも言えるのではないでしょうか。 日本の生命保険は高いとも言われていますが、実際アメリカの生命保険と比べてどのような違いがあるのでしょうか。, 日本とアメリカでは生命保険に大きな違いがあります。日本の生命保険に比べて、アメリカの生命保険の保険料は日本の生命保険の保険料に比べて、3割から5割程度安くなっています。, 実際に支払われる保険金の額も日本とは違いアメリカは、数十億から数百億まで設定することができます。 非常識なアメリカの医療システム5選 その1 健康保険への加入は任意. アメリカは医療格差社会. アメリカの公的医療保険は、65歳以上の高齢者と障害者などを対象とする「メディケア」と、低所得者を対象とする「メディケイド」のみ。この2つでカバーされない現役世代は民間医療保険が中心です。 日本とくらべてアメリカの医療費は高額だと想像される方が多いのではないでしょうか。旅行先で体調を崩し救急受診したら、とんでもない高額請求が来たというのは本当の話です。どうして高額なのか?医療保険制度と医 日本は公的保険に加入義務がありますが、そのおかげで病院代や薬代の自己負担は3割になりますが、アメリカでは個人個人加入している保険が違い、もちろん保険内容も違うため自己負担割合も異なり、費用も異なります。アメリカでは公的保険、民間保険問わず保障について自由競争になっているので、各保険会社はあらゆる魅力的な保険商品を販売しています。日本に比べアメリカはユーザーのニーズに敏感で、柔軟なサービスや対応を行っているといえるでしょう。 「もし海外で思わぬ事故が原因で怪我をしたり、病気になったりしたら、海外ではどんな医療が受けられるのかな…?日本の医療制度とは違うのかな…?」, だから、日本の病院に行くのと同じ感覚で海外の病院へ行くと、びっくりすることもあるかもしれません。, 海外旅行や留学中に現地の病院へ行くことになって、「日本ではこうだったのに…」と困らないためにも、ぜひ参考にしてください。. 日本人がアメリカの保険に入るには、アメリカに居住しなければ入ることができない様です。 アメリカの公的保険は1世帯で年間に80万円程度かかってしまう場合もあり、日本のように誰しもが気軽に加入できるようなものではありません。 非常識なアメリカの医療システム5選 その1 健康保険への加入は任意. そしてアメリカの場合は、日本よりも圧倒的に人口が多いので保険の運用面でもスケールが大きいと言えるでしょう。 Powered by Cloudeffects LLC. アメリカは医療格差社会. 日本では国民皆保険制度を導入しているが、アメリカでは受給資格がある人のみ公的医療保険制度に加入できる。 主な公的医療保険制度として、メディケア(Medicare)とメディケイド(Medicaid)がある。 そしてアメリカの保険会社は日本の保険会社と比べ、資産運用面にも力を入れています。よってアメリカでは、保険の保障内容だけでなく、資産運用面や相続税対策などの目的で生命保険を利用する人々が多いのも特徴です。 // Insert Twitter Pixel ID and Standard Event data below 日本にとって保険とは、あったら安心なものという存在で、アメリカにとっては、なくてはならないものという存在なのです。 最終的には自己責任で、自身にふさわしい保険を選択するのが良いのではないでしょうか。. All rights reserved. なぜこれほどアメリカの生命保険は自由度が高いのかと言いますと、そもそもアメリカには日本の国民健康保険や社会保険のような健康保険への加入義務はありません。 したがってアメリカでは、民会企業の保険に高いニーズがあるのです。 アメリカに住むには保険考えないと危ないなって気づいてもらうためのページです。 日本とアメリカの医療制度の最大の違いは 国が医療保険のを提供しているか民間が医療保険を提供しているかです。日本だったらみんな健康保険証を持ってますよね? 確かにアメリカの保険の保障内容やその自由度、費用面など魅力はありますが、それだけで必ずしもアメリカに居住してアメリカの保険に入ることがお得とは言えません。 !function(e,t,n,s,u,a){e.twq||(s=e.twq=function(){s.exe?s.exe.apply(s,arguments):s.queue.push(arguments); © Copyright 2020 一般社団法人マネー総合研究所(Money Research Institute). 日本に比べると、アメリカの生命保険の方が自由度が高くお得なように感じてしまうのですが、日本の公的保証などを含め比較すると、一概にどちらの方がお得で優れているとはいえません。, 日本の生命保険の場合、高額療養費制度など社会的に死亡や病気などに対して、保障が存在しています。日本の生命保険は公的保証からはみ出している部分に対する、リスクヘッジのような意味合いの存在と考えていいでしょう。 プライバシーポリシーご利用規約, SNSの投稿でビザ申請却下の悲劇! },s.version='1.1',s.queue=[],u=t.createElement(n),u.async=!0,u.src='//static.ads-twitter.com/uwt.js', 不安がありましたらご相談ください。, お子さんや既往症がある方は、お薬手帳や母子手帳を確認され、手帳のコピーをとっていただき、英訳した文書を用意しておくと安心です。, 手術をされたことがある方、アレルギーがある方も、米国医師が読めるよう英訳して備えておくと、いざといったときに役にたちます。, 医療健康保険を利用して、病院にかかると、保険会社から請求が届きますが、よく確認の上で、支払いを済ませるようにしてください。払うべきなのは「最終」の請求書のみです。, やってもらっていない検査の費用が書かれていたり、給付金と請求額が見にくい場合もあります。, オンラインが発達しているので、ほとんどの保険会社で、ご自身のアカウント内をチェックすることもできる保険会社が多くなっています。, 受けた医療行為の記録が反映されますので、身に覚えのない、受けていない医療行為が加算されている場合は、保険会社へクレームを提出します。, 驚くことや、腑に落ちない請求額がある場合は、何千ドルと費用が違ってくることもあるので、必ず保険会社にクレームしてくださいね。, EOBには、給付金の小切手が添付されている場合もあります。しかし、保険会社が病院などの医療提供者に直接支払いを行うのが一般的です。, EOBは請求書ではありませんが、患者さんが支払うべき、またはすでに支払った可能性のある料金が説明しています。通常、医療を受けたときの自己負担の形で記入されています。, 保険会社のEOBと病院からの請求書を照らし合わせ、仮の清算や間違いがないか、よく確認しましょう。, キャッシュレス社会アメリカには、クレジットスコアという「信用の得点制度」があります。, 毎月のローンの支払いや医療費の滞納などがある場合は、クレジットスコアの「信用度」の点が下がります。, 家や車など大きな買い物をする際に「得点は低い」とわかると、ローンを組む際の利率が上り、消費する者にとって不利になります。, 電気・ガスの契約時やアパート・家の入居審査の際にもクレジットヒストリーは調べられます。クレジットスコアが悪いと、信用がないとみなされ、多額のデポジット(保証金)を要求されたり、契約ができなかったり、物件を借りられなかったりすることもあるのです。, 雇用主は、医師、ナースプラクティショナー、看護師、准看護師、看護助手の従業員に医療過誤保険を提供する責任があります。, そのため、アメリカで働く看護師は、医療過誤保険会社の対象となっています。しかし、雇用先が大規模な病院チェーン, 医療ネットワーク ( ヘルスケアシステム ) ではない。小規模の病院、クリニック、美容外科などに雇用される場合は、雇用契約書を確認することが大切です。, よく、日本の看護師のから、「就職面接でいろいろ聞くなどできない」と聞きます。アメリカのHRの方に聞きいたところ, 雇用される州、病院規模、配属される部署などに合わせて、確認ポイントも変わってくるかと思います。雇用先に確認や相談をし、対象外の看護師は、自分が大切にしている個人と自分自身を守るため、医療過誤保険に入るように検討する。または、個人での加入をすすめられます。, 上級看護師であるナースプラクティショナー、麻酔科看護師、助産師は、医療過誤保険の掛け金は、看護師より高額になります。, 病院で処方薬がきられました。看護師(RN)は、各薬について医師からの指示を確認し、患者に薬を投与する責任があります。, RNとして、患者が悪い反応を示したり、薬を過剰摂取したりした後、医療過誤訴訟で名前を挙げられる可能性があります。, 安全性チェックを行ったという文書がない場合、または薬局や医師からの処方指示に従わなかった場合、患者が被った損害について責任を負う可能性があります。, アメリカ看護師になるためのテスト(NCLEX-RN)の勉強の際、医療過誤についての内容がたくさん盛り込まれています。, 「アメリカに移住」や「留学」自分が大切にしている家族や友人、そして自分自身を守るための制度やプランがあります。, アメリカの医療保険保険システムは、日本と比べ、まだまだボロボロです.....ですが....保険とはいざというときの高額なアメリカの医療費をカバーするに役に立つものです。わからないことがあるときは、保険の専門家に相談されと安心ですね。, 保証内容を吟味され、備えあれば患なし!( そなえあればうれいなし)健康第一・アメリカでの生活を楽しんでくださいね。, 著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師、1級ネイリスト カメナース, 「SNS:ソーシャルメディアに関係すること」をまとめてみました。非常に重要なことなので、これからアメリカで看護師を目指そうという方は必読です。また、看護師以外の方で、将来はアメリカで働きたいと思っている方も当てはまる内容となっています。, アメリカは、日本とは違う「医療システム・保険システム」になっています。初めてアメリカの医療機関にかかるときの方法を紹介。留学、駐在員、また長期アメリカ移住になるかもしれない!すでに住んでいるけど病院での診察の経験がない方々向けの内容となっています。, アメリカへ移住したい世界中の看護師が「ざわついて」います。アメリカ合衆国連邦議会に提出されたある法案に注目が集まっているからです。新型コロナウイルスへの対応のため、海外の医師・看護師を対象に、アメリカへ優先的に移住できるようにする法案です。, アメリカの生理用品・ナプキンにかぶれてしまった経験はありますか?私かぶれることがあったのでアメリカにいても日本の生理用品や他の生理用品を使っています。そこで、アメリカのナプキンは日本のナプキンとどのように違うか?実験してみました。, 北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しく運営情報ページへどうぞ。, Copyright © 2020 kamenurse.com All rights reserved. アメリカと日本では公的健康保険制度が大きく異なる。日本では国民皆保険制度を導入しているが、アメリカでは受給資格がある人のみ公的医療保険制度に加入できる。 他より2倍〜3倍かかると言われています。, 少し具合悪いときの初診でさえ、 アメリカの公的医療保険は、65歳以上の高齢者と障害者などを対象とする「メディケア」と、低所得者を対象とする「メディケイド」のみ。この2つでカバーされない現役世代は民間医療保険が中心です。 日本では国民皆保険制度が確立しており、無保険の人はいないことになっています。しかしこれは日本特有の制度で、米国では企業や個人で民間の医療保険に入るのが原則です。海外赴任の際には、日本の海外旅行保険を使うことも可能ですし、米国で民間医療保険に入ることもできます。 日本とアメリカでは生命保険に大きな違いがあります。日本の生命保険に比べて、アメリカの生命保険の保険料は日本の生命保険の保険料に比べて、3割から5割程度安くなっています。 実際に支払われる保険金の額も日本とは違いアメリカは、数十億から数百億まで設定することができます。 日本に比べアメリカの生命保険は自由度が高いといえるでしょう。 なぜこれほどアメリカの生命保険は自由度が高いのかと言いますと、 … これはあくまで交通事故による「死者数」なので、実際に起こっている交通事故はさらに多いと考えられます。 twq('init','nvirz'); そのため何の保険にも加入していなければ、医療費の自己負担は10割になります。 日本では国民皆保険制度が確立しており、無保険の人はいないことになっています。しかしこれは日本特有の制度で、米国では企業や個人で民間の医療保険に入るのが原則です。海外赴任の際には、日本の海外旅行保険を使うことも可能ですし、米国で民間医療保険に入ることもできます。