大統領制. 世界に影響力があるアメリカ合衆国大統領ですが、その選出方法は複雑で分かりにくいですね!ニュースを見てても分からない事ばかりです。そこで、今回はちょっと複雑なアメリカ合衆国大統領選挙を分かり易く解説します! 大人向け【超基本】国会?内閣?日本の政治の仕組みを分かりやすく説明します. dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, 波乱のアメリカ大統領選挙。連日、「スッキリ」でも特集を組んできましたが、難しいアメリカ政治について、いつもわかりやすく解説してくれるのが、上智大学の前嶋和弘教授です。「スッキリ」に限らず、様々な報道・情報番組に引っ張りだこです。・・・でも、一体どんな方なんでしょう?そこで、放送直後の前嶋先生を直撃!いろーんな話を聞いちゃいました。, Q.そもそもアメリカ政治に興味を持ったきっかけは前嶋教授「大学生の時、1988年の大統領選挙に衝撃を受けたんです。ジョージ・H・W・ブッシュ候補が、相手のマイケル・デュカキス候補について、ひどいねつ造のようなネガティブキャンペーンやCMを繰り返して形勢が逆転していく・・・。民主主義ってどうなっていくんだろう?と興味がわいてハマっちゃったんです」時代は違いますが、SNSでフェイクニュースを乱発していく今の大統領選に通じるものがありますね。それからというもの、前嶋教授は本や雑誌、新聞を読みあさって、「政治とメディア」の世界にのめりこんでいったそうです。Q.「スッキリ」の印象は前嶋教授「実は初めて出演したテレビ番組が『スッキリ』。2017年まではテレビ出演を断っていたんです」えーっ!!今、こんなにたくさん出ていらっしゃるのに!?前嶋教授「政治とメディアを研究する身として、メディアの中に入っていいんだろうかと戸惑いがあったので。今は、伝えないといけないかなという“使命感"でやっているところがあります。『スッキリ』は連日、高校の学園祭のような雰囲気があってうれしい。中からメディアを知ることは、研究にも直結していて面白い」Q.加藤浩次のこと、どう思いますか前嶋教授「よく勉強されていますね。勉強というのは、細かなことを覚えるわけじゃなくて、大枠を整理していく勉強。だから、どこにいっても何を話しても対応できる方。大統領選挙にしても、芸能スキャンダルにしても、どこがポイントで関心があるかがわかっている。一緒にスタジオにたっていて勉強になります」Q.失礼ですが、ご年齢は・・・前嶋教授「55歳です」お若い!!40代くらいかと思っていました。, 最後にうかがいたかったのが・・・先日、オンエア中にトランプ大統領の会見が急に生中継で入ってきました。そのとき、その場で「同時通訳」対応していただいたのが非常に印象的でした。なので、こちらの質問。Q.英語の上達法ってありますか前嶋教授「興味のあることをやればいいんじゃないですかね。自分が興味があって、『こういうこと書いてるのかな』ってわかっていれば、言葉がわかってくるんです」映画でも音楽でもなんでもいいので、好きなものと関連づけて英語に触れるのが一番だそうです。話を聞けば聞くほど、"魅力的な人だな〜と感じました。前嶋先生、これからもよろしくお願いいたします。. アメリカの大統領制は、大統領が行政府のトップとして省庁の長官などの指名、大統領命令の発令、米軍の最高指揮官といった権限を持つ仕組みで、日本と異なる二元代表制です。この記事では大統領制を詳しく解説します。 アメリカ大統領の選び方や決め方を教えて!任期や条件は?選挙の仕組みは?スケジュールは?その疑問、解消します!日本とは大きく違うアメリカ大統領選挙のシステム、知っておきたいキーワード、アメリカ大統領の権限も含めて、わかりやすくお伝えします。 アメリカの政治体制は厳格な三権分立を取っており、大統領は議会に対して発言する権利がありません。 そのため、議会が提出した法案を拒否したり、議会に自分の考えを伝える教書という権利があります。 アメリカにおける行政のリーダーといえば大統領ですが、日本の場は大統領ではなく首相、つまり内閣総理大臣になります。それは大統領制と議院内閣制という制度の違いによるものですが、この二人の選ばれ方にはどのような違いがあるのでしょう。というわけで、 【ホンシェルジュ】 政治体制のひとつである「大統領制」。三権のうち、「行政」と「立法」が厳格に分離されているという特徴があります。この記事では、「議院内閣制」との違い、アメリカや韓国の制度の特性、メリットとデメリットをわかりやすく解説していきます。 アメリカ政治のスペシャリスト!前嶋和弘教授って、どんな人?(日テレtopics) 波乱のアメリカ大統領選挙。連日、「スッキリ」でも特集を組んできましたが、難しいアメリカ政治について、いつもわかりやすく … 政治・経済 2018.12.23. 多数決・選挙で勝つ選択肢を数学的に導き出したことで有名なこの定理を簡単に解説していきます!. アメリカは2大政党制です。 共和党 (保守的・白人主義的) 民主党 (リベラル・格差是正) アメリカの大統領選挙の 初めの方は、みんな好き勝手な意見をぶつけ合う傾向にあります 。立候補者は、まず自分の政党の中で勝つ必要があります。 アメリカの政治体制は厳格な三権分立を取っており、大統領は議会に対して発言する権利がありません。 そのため、議会が提出した法案を拒否したり、議会に自分の考えを伝える教書という権利があります。 アメリカ大統領の選び方や決め方を教えて!任期や条件は?選挙の仕組みは?スケジュールは?その疑問、解消します!日本とは大きく違うアメリカ大統領選挙のシステム、知っておきたいキーワード、アメリカ大統領の権限も含めて、わかりやすくお伝えします。 さて、アメリカ大統領選挙について説明をしてきましたが、そもそもアメリカには民主党と共和党の二つの政党しかないのでしょうか? 結論を言えば、アメリカには小さな政党はありますが大統領選挙を戦い抜けるほどの大きな政党は二党しかないため、実質、二大政党制となっています。 大統領制とは「行政権」を行使できる大統領を、国民が直接選ぶ政治制度のことです。 行政権とは、政治を行う権利のことです。例えば、国の予算を何にどれだけ使うかを決定したり、他の国と条約を結んだりすることなどです。 ただし、行政の定義は非常に難しく、一般的には司法と立法を除いた国の業務と定義されています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 選択肢のなかでも、中央値(中位数)にあたる意見を持つ投票者に好まれる選択肢が多数決では選ばれるという定理。, 中央値は、データを小さい順に並べたとき中央に位置する値のこと。さきほどの例だと、350万円・350万円・・・1億円と並べると、真ん中にあるのが350万円です (データが偶数なので2つ中央値がありますが、その時は足して÷2すればOK)。, つまり「中央投票者の定理」は、中央値(中位数)にあたる多数決参加者の心をおさえれば、勝つことが出来るという考えなのです。, この時、中央値にあたる年収350万の人たちは、カップラーメン案に賛成します。⇒「中位投票者の定理」から、この案が勝ちます。, 年収350万円の人からすれば「カップラーメン」も「カップ焼きそば」もどっちでもいいと思ったとします。, 「中位投票者の定理」が機能するためには「同率1位の意見が乱立していてはダメ」という事です。, さらに、ここに「所得税を安くするぞ!」という新しい敵が出てくると、消費税に所得税に論点がたくさん別れてしまいます。, さて「中位投票者の定理」について分かったところで、「アメリカ大統領選挙」を例にして、現実世界に応用してみましょう!, アメリカ大統領選挙は、最後の方になると「中位投票者の定理」を意識した動きが見れるので良い例として扱われます。, アメリカの大統領選挙の初めの方は、みんな好き勝手な意見をぶつけ合う傾向にあります。立候補者は、まず自分の政党の中で勝つ必要があります。, 選挙の終盤になると段々と強い意見が無くなっていき、どちらも似たことを言い始めます。, 共和党なのに格差是正のための提案をしたり、民主党なのに保守層に受けそうな意見を言ったり。, 選挙の最初の方では、自分の政党を支持してくれる人たちに受ければいいので、その政党に合った力強い意見を言えます。, しかし、選挙の終盤となると、全てのアメリカ国民に対して受け入れられる候補者となる必要があります。, 世の中、極端な意見を持っている人は限られているので、大体は中道的な意見を持っている人が大半です。, 選挙の最初の方は、自分の政党を支持している人に受ければいいのですが、最後の一騎打ちとなると、真ん中の人10人が中位投票者です。, つまり「中位投票者の定理」から分かる通り、選挙終盤では彼らの心をつかまないと選挙には勝てないのがわかります。, アメリカの大統領選挙に限らずに、2大政党制の選挙の最後の方は、どちらの政党も中位投票者を取り込もうと、政党の色が消えた似たり寄ったりの意見を言い出す。, その専門家が「中位投票者の定理」を知っているのは当たり前で、中央値(中位数)にあたる投票者を取り込もうとするのは自然の流れなのです。, 「中位投票者の定理」を考えれば、政治家は中央値(中位数)にあたる、50歳超の人たちに向けた政策を掲げると勝つことが出来ます。(シルバー民主主義), 選挙を例にすれば、アメリカの大統領選挙も日本の選挙も、当選のために「中位数(中位数)にあたる投票者」にうける政策を掲げるのが分かります。, 晩ご飯に「麺類」と「ご飯とみそ汁系の和食」のどちらにするかを多数決で決める事になりました。, 仮にあなたが「若者向けの政策」を実現しようとしていた場合、まともに勝負すると負けてしまいます。, 選挙の争点を、将来の街づくりとかにしてしまって、さきほどの50歳超という中央値(中位)の影響を弱めます。, 将来の街づくりのが争点ならば、子どもがたくさんいる町とか、バリアフリーとかの論点が重視されます。, そうすれば同じ50歳でも、子持ち(もしくは孫もち)かそうじゃないか、健康体かそうじゃないか、で意見が割れます。, 単純な闘いをすれば、ただ中央値(中位数)を追って、50歳にうける政策が並びますが、全体の論点を変えさせて戦えば、勝算が生まれます。, そこに「若者向けの政策」をねじ込めれば、タダ負けるよりも全然いい結果になるでしょう。, モラルに反しない中でやる分には私は良いと思っているので、人生の中で、そうした場面に遭遇したら参考にしてみてください!. 4年に1度、オリンピックイヤーに行われるアメリカ大統領選挙。 2016年もその時がやってきた。 ・・・と、アメリカ大統領選挙って、「 予備選挙 」だの「 選挙人 」だのと、あまり聞いたことがない言葉が出てくるので、日本の選挙を例に理解しようとすると却って分からなくなってしまうもの。 政党 2018.07.12. 大統領は、行政府の首長であり、軍の最高司令官です。 大統領選挙(間接選挙)によって選ばれます。 アメリカの大統領 は ... わかりやすく説明します . たくさんの人の意見をどうやってまとめるか?ルールの決め方は? 学校や会社でも問題になる「決め方の経済学」 そんな近頃話題 ... さっきの例なら、所得が350万円くらいの人が喜ぶ案を提案すれば多数決でも勝てるってわけだね!, 間違って平均値の1950万円の所得の人が喜ぶ案を出しても負けるだけだから注意してね。, ここに「所得税を安くするぞ!」という新しい敵が出てくると、消費税に所得税に論点がたくさん別れてしまいます, 自分の政党を支持してくれる人たちに受ければいいので、その政党に合った力強い意見を言えます, 政治家は中央値(中位数)にあたる、50歳超の人たちに向けた政策を掲げると勝つことが出来ます, 選挙の争点を、将来の街づくりとかにしてしまって、さきほどの50歳超という中央値(中位)の影響を弱めます. こんにちは。Jewelです。アメリカ大統領選挙もそろそろ終盤ですが、最後に誰がアメリカ大統領に選ばれるのか、最大の肝となるのが「選挙人」の存在です。この選挙人の仕組みを知らない方も多いのではないでしょうか。アメリカ大統領選挙の大きな特徴は、