アメリカンコーヒーとは、コーヒー豆を浅めに焙煎して淹れたものです。 コーヒーの 焙煎とは、コーヒー豆を乾煎りすること です。 焙煎のことをローストとも言います。 ?【ブレンドとアメリカンの違い】【インスタントとレギュラーコーヒーの違い】は. 僕も今でこそ、それら飲み方の違いはわかりますが、大学生の時はどっちもホットコーヒーでしょぐらいの感覚でした。, ※そういったイメージが先行して、今では普通のコーヒーにお湯を追加して薄めて提供しているところもあります。, お湯で割っているので、こちらも薄いというイメージが先行していますが、そうとは限りません。, ※ちなみにアメリカーノをお店の通常のホットコーヒーとして出しているカフェも珍しくありません。, 定義どおり「アメリカンコーヒー=浅煎りコーヒー」「アメリカーノ=エスプレッソのお湯割り」とすると、, アメリカンコーヒーは酸味があり、全体的にさっぱり・すっきりした味わいです。苦味はありません。, アメリカーノは、豆の種類がコレと言って決まっていなく、エスプレッソの味わいに左右されます。, 個人的にアメリカーノは大好きな飲み方なので、ひいき目入ってるかもしれませんが、飲んだことない方は試してみてください。, この2つの他にもよく出てくる名前で、「ブレンドコーヒー」「レギュラーコーヒー」なんかがあります。, 使ってる豆によってこう呼ぶんですが、ブラジル、グアテマラ、インドネシアとか国名や産地の名前のコーヒーではなく、, さて、コーヒーにも色んな入れ方・飲み方があって迷うかもしれませんが、ぜひ色々試して楽しんで下さいませ!, コーヒーを通した学びのコミュニティ「Coffee Community frank」も覗いてみてね→https://coffeestandfrank.com/college/, パーソナルセミナーになるので、知識だけじゃなくしっかり技術も身につけていただけるセミナーとなっております。, 神戸元町Coffee LABO frank...のオーナー 効果と違いを徹底実験比較!【東京ガス都市生活研究所】, 【検証】自宅で美味しいピザを焼くには「魚焼きグリル」が最適!?【東京ガス都市生活研究所】. 美味しいコーヒーを追求し広める事が僕の仕事です。 〇ブレンドコーヒー いろんな(2種類以上)コーヒー豆を混ぜたもの 〇アメリカンコーヒー コーヒー豆の焙煎が浅いもの というのが違いになります。それぞれについて詳しくみていきましょう。 」コーヒー豆の選び方と分かりやすい違い, 半身浴vs全身浴どっちが良い? コーヒー豆は焙煎が浅いほど苦味が弱く、酸味が強くなるので、 アメリカンコーヒーは酸味が強く、苦味がなくて飲みやすいのが特徴 です。 All rights reserved. 定義どおり「アメリカンコーヒー=浅煎りコーヒー」「アメリカーノ=エスプレッソのお湯割り」とすると、 アメリカンコーヒーは 酸味があり、全体的にさっぱり・すっきりした味わいです。 今回は【ブレンドとアメリカンの違い】や【インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違い】についてご紹介します。, ※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。, ブレンド方法は店舗やメーカーにより異なります。ブレンドした人の好みが出るため、その店の個性がわかると言えそうですね。, アメリカンコーヒーは、味も見た目も薄いので、「お湯の分量が多い・味が薄いコーヒー」と認識している人も多いかもしれません。, アメリカ大陸で開拓を進めていたヨーロッパの人々が、高度な機械(ドリップマシーン)がなくコーヒーの焙煎がじっくりできなかったことから生まれたと言われています。, 挽いたコーヒー豆を使ってドリップ式で抽出するコーヒーのこと。インスタントコーヒーと区別するために生まれた和製語。, レギュラーコーヒーを抽出し、乾燥させ水分を除去した粉末で、お湯に溶かすだけで飲めるようにしたもの。, いかがでしたか? ブレンドコーヒーやアメリカンコーヒーの違い、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いをご紹介しました。違いを知ると、自分で淹れる際も、お店で選ぶのも楽しくなりそうですね。ぜひ参考にしてみてください。, (※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。), 「焙煎度合や産地でコーヒー豆はこんなに違う! ・バリスタ/ロースター/トレーナー 本来のアメリカンコーヒーは、 浅く焙煎した豆を使って淹れたコーヒーのことを指します。 アメリカンコーヒーの豆は、浅く焙煎するため、 アメリカンコーヒーとはそもそも浅煎りのコーヒーのことを指していた和製英語です。 すっきりと酸味のあるコーヒーについて「アメリカン」と呼び始めたのが最初のようですが、そこから派生して 薄いコーヒー に対してもアメリカンコーヒーと呼ばれるようになってしまったようです。 火水木曜日にバリスタとして店舗に立っています アメリカンコーヒー=薄いコーヒー、というイメージを持っている人も多いと思いますが、どうしてアメリカンは薄いのか?味は普通のコーヒーと何か違うのか?, アメリカンコーヒーはお湯で薄めたコーヒーだと思われていることもありますが、それは間違い。正しくは、アメリカンコーヒーとは焙煎が浅いコーヒー豆で淹れたコーヒーのこと。, コーヒー豆は焙煎が浅いほど苦味が弱く、酸味が強くなるので、アメリカンコーヒーは酸味が強く、苦味がなくて飲みやすいのが特徴です。, コーヒー豆は深煎りするほど色が濃くなるので、浅煎りのアメリカンコーヒーは色が薄め。, そのため、アメリカンコーヒーは色も味も薄いのです。決して、お湯を混ぜているわけではなく、コーヒー豆の焙煎の違いだったんですね。, アメリカンコーヒーは飲みやすいので、大きなカップにたっぷりと注いで、ブラックでゴクゴク飲むのが一般的です。, 実はこのアメリカンコーヒーという言葉、アメリカでは通じません。アメリカンコーヒーは日本だけで使われている、いわゆる和製英語のひとつです。, 戦後、アメリカ人のコーヒーの飲み方を見た日本人がその飲み方を真似したことから、アメリカンコーヒーという名称になりました。, アメリカで薄いコーヒーを飲みたい時には、weak coffee (ウィークコーヒー)と言わなければ、伝わりません。, アメリカは、もともとイギリスからの移民が作った国であることはご存知ですね。18世紀後半、まだイギリスの植民地であったアメリカは、イギリス本国からの重税に苦しんでいました。, そして1773年、とうとうその不満が爆発!ボストンの商品たちが「ボストン港をティーポットにしてやる!」と叫びながら、イギリスからの輸入品である342個もの紅茶箱を海に投げ捨てるという事件が起きます。, この事件以来、アメリカでは今まで主流だった紅茶の代わりに、紅茶に似せた薄く淹れたコーヒーを飲むようになりました。イギリスは紅茶、アメリカはコーヒーという文化は、この事件がきっかけになっていたんですね。, 1つは、アメリカの水質と深煎りコーヒーの相性がよくなかったこと。アメリカの水はアルカリ性が強く、これでコーヒーを淹れて飲むと、胃腸へ大きな負担がありました。, 2つ目は、コーヒー豆が当時まだ高価だったこと。少量の豆でたっぷりコーヒーを飲むなら、浅煎りのほうが適していたのです。. コーヒーをフランクに!コーヒーでフランクに!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アメリカでは今まで主流だった紅茶の代わりに、紅茶に似せた薄く淹れたコーヒーを飲むようになりました。. 普段コーヒーショップなどで何気なく飲んでいるコーヒー。「ブレンド」や「アメリカン」などの種類がありますね。それぞれの違いってご存知ですか? 結果、当時のアメリカでは浅煎りコーヒーが広がり、その飲み方を当時の日本では浅煎りコーヒー=アメリカスタイルのコーヒーという意味で「アメリカンコーヒー」と呼ぶようになったという説です。 アメリカンコーヒーとは、「浅煎りで焙煎したコーヒー豆でいれたコーヒー」のことです。 「浅煎り豆を多めのお湯でいれたコーヒー」または、抽出したコーヒーを「お湯で薄めたコーヒー」のことを指す場合もあります。 © Copyright 2020 コーヒーコラム〜コーヒーをフランクに!〜. 濃さの違いでない! アメリカンコーヒーとは「浅く焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒー」のこと。 薄い味と誤解されやすいのは、焙煎が浅い豆を使っているため、抽出されるコーヒーの色味も薄くなるからだと思われます。 スポンサーリンク 1987/4/3鹿児島県鹿児島市生まれ、兵庫県神戸市育ち アメリカンコーヒーの反対語として使う人もいますが、これは大間違い。様々なコーヒー豆を混ぜたコーヒーのことです。 例えば、産地が違う、種類が違う、焙煎が違うなどがあります。そのため、一口にブレンドと言っても店ごとで味が全く違います。