[blogcard url=”https://chiba-chiba.com/wakaru-zionism/”] しかし、実際には日本の発電やら何やらの主たるエネルギー源の石油は、サウジアラビアやアラブ首長国連邦といった中東各国から輸入されています。, しかも石油の全輸入量の8割が中東からのものですから、日本の産業やらインフラやらとにかく様々な面で中東に依存していると言えるのですね〜。, そこで今回は訳のわからないまま血みどろの戦争をしまっくっていると思われがちな中東が、どうしてこんな状況になったのかを説明していこうと思います。, さて、中東地域ですが基本的には預言者ムハンマドによって普及されたイスラーム教をベースに帝国が成立しやがては滅んで、新王朝が成立したりというサイクル歴史が展開してきました。, で、現在のめちゃくちゃな中東情勢に直接つながってくるのはイスラーム教スンニ派を国の基礎とするオスマン帝国が末期に西洋と結んだ関係なんです!, それ以前にもヨーロッパ世界とイスラーム世界には十字軍も含め様々な交流がありましたが、現在の中東情勢につながっていくのは間違い無くオスマン帝国末期からなのです。, 帝国は自らヨーロッパ世界に与えてきたカピチュレーションという制度を利用されて治外法権だ、関税自主権だと不平等条約を押し付けられていました。, これはヨーロッパが産業革命によって跳ね上がった軍事力を背景に不平等条約が課されてしまったのですね。, この不平等条約のおかげでヨーロッパはオスマン帝国との貿易でかな〜り有利な立場に立つことができました。日本が幕末に結んだ不平等条約をイメージすると条約の中身がわかりやすいかな〜なんて思います。, (この不平等条約は経済的なものでした。ただオスマン帝国が弱体化する以前はヨーロッパは束になっても帝国に勝ち目なんてほとんどありませんでした、でのでオスマン帝国が押し付けられた不平等条約はヨーロッパが今まで負けてきた仕返しという面もあったのかな〜なんて想像してしまったり…。), で、ヨーロッパによってボロボロにされたオスマン帝国は国威回復のために最悪な手段を選んでしまうのです。, ドイツは最終的に帝政が崩壊し、戦争にも敗北することとなった。 それはオスマン帝国も同じだった。, 結果、オスマン帝国は敗戦し帝国内ではケマルによる革命が起こり現在のトルコ共和国が成立することのなります。, そして、この第一次世界大戦中に現在のめちゃくちゃな中東情勢の種をイギリスが蒔いていくのです。, これによってオスマン帝国によって支配されてきたため存在しなかった国境が引かれたり、現地情勢を無視してヨーロッパにいるユダヤ人を中東地域に送りこんでくるのです。 は一定の義務と引き換えにユダヤ人は共存を認められていた。 当初,unhcrの難民問題への取組は,第二次世界大戦によって生じた難民を念頭においたものでした。しかしその後も,イデオロギーや民族・宗教などに起因する紛争が世界各地で勃発し,難民問題は大規模化しました。 ドクター総合支援センターの近藤隆二です。新型コロナウィルスの広がりで、医療の現場では様々なご苦労があることと思います。現状を注意深く把握されながら対応されていることと思いますが、くれぐれもご自身の健康を保たれますよう、お気をつけください。 送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。, 10月25日クリニック経営基礎講座 Zoom開講【患者さんに選ばれ続けるクリニックになる】, 医療法人の分院の院長先生が退職をすることになりました。管理者が不在でも他の医師がいれば診療をすることは可能でしょうか?, 医療法人の理事長が事故などで急に不在になった時にはどのような対応が必要なのでしょうか?. Copyright © 株式会社ドクター総合支援センター All Rights Reserved. 現状を注意深く把握されながら対応されていることと思いますが、くれぐれもご自身の健康を保たれますよう、お気をつけください。, 今回のウィルスの問題が発生したのち、これまでにないほど真剣に様々な情報を見たり聞いたりしました。, そこで感じたことは、国やマスコミが発信している情報はわかりにくく、まとまりがないため全体像がつかめないということでした。, そのような状況の中で助けられたのが、インターネットを中心に発信されている心ある医療者の方々の情報でした。, 医療の素人にもわかりやすく、専門用語を使わずに、まんべんなく網羅された情報に触れることで、自分なりに頭の整理ができ、今後どう行動すれば良いのかが明確になったのです。, そして、大切な情報をこんなにわかりやすく伝えてくれるお医者さんに感謝の気持ちが起こり、この方なら信頼できるな・・・, 現在は新型コロナウィルスに関心が集中していますが、それ以外の病気で症状があり体調が悪くなっている方はこれまで通り大勢います。, そして、それらの方々にとって自分の病気、症状に関する情報は新型コロナウィルスに関する情報以上に必要とされるものです。, それが地元のクリニックの顔が見える先生であれば、困った時にはその先生に診ていただきたいと思うでしょう。, 患者さんのためになる情報をわかりやすく伝え続けることで、結果としてクリニックの経営にも良い影響が出る。, ぜひ、様々なツールを使って、患者さんに向けて大切な情報をわかりやすく伝え続けていただければと思います。, 医業経営コンサルタント なので帝国内で生活するユダヤ人は三枚舌外交が行われる以前から存在しました。), 第一次世界大戦後になるとイギリスから王国をもらえると約束された有力なアラブ人はそれが履行されずイライラしますし、普通のアラブ人にとっては今までなかった国境のせいで不便を感じてイライラします。, (結果、イギリスは有力者をなだめるために彼らをヨルダンとイラクの国王に即位させます。現ヨルダン王家はこの末裔ですね), かつてユダヤ人の王国があった土地をすべて自分たちのものにしたいユダヤ人は、イギリスがそれを許可しなかったことや、パレスチナに移住するユダヤ人の数を制限していたことに不満を持っていました。, (さすがにイギリスも現地人を追い出して、ユダヤ人に土地を与えたら非常にやばいことになると考えていたのでしょうね。), 人数制限の解除を求めるユダヤ人の中には、今のイスラエルに駐留していた当時のイギリス軍にテロ活動を行って自分たちの主張を認めさせようとする過激なグループがあったりしました。 カシミール地方とカシミール問題(紛争)をそれぞれ解説していきます。インド、パキスタン、中国が関わる地域と、そこで起こる領土問題に関して詳しく見ていきましょう。 雪に覆われたヒマラヤとカラコルム山脈に囲まれた場所には、カシミール... アメリカの領土にはどのような地域が含まれるのでしょうか?主な50州と特別な連邦政府直轄地、そして14の海外領土からなるアメリカの領土について見ていきましょう。 アメリカ合衆国は現在の国際情勢において世界最大の経済大国であり、世... インド経済の成長について見ていきます。特に、今後の成長に影響を与えるであろう国内経済の特徴を中心に、理解を深めていきましょう。 南アジアに位置する大国インドは、中国に次いで第2位の人口規模を誇ると同時に、2018年現在では世界... 独裁者を一覧として19人ピックアップしていきます。歴史上で独裁者として知られる人物や、現在の世界で独裁者として君臨する人物を集めてみました。 絶対的な力を持つと人間は、自らの権力をさらに高めようとする独裁者になってしまうことが... 「恒例」と表現されるほど、タイはクーデターが過去に何回も起こっています。なぜ、タイではクーデターが頻発するのでしょうか?その理由を探っていきます。 人々に愛される王室を持つタイは、活気があり東南アジアで最も経済発展著しい国の一... ブラジルとアルゼンチンの関係について、歴史を追いながら見ていきます。隣国のライバルとして競いあい相互不信を抱えていた両国の関係は、近年、かつてないほどに良好なものとなっています。 ブラジルとアルゼンチンの両国は、国土面積でも経... スペインに移住・住むための11の知識|食事・住宅・スペイン人など生活する上で知っておきたいこと, (当時はユーゴスラビア末期で、モンテネグロ共和国とセルビア共和国のみから成る連邦共和国だった), スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア), (※セルビア系のテレビ局本社が爆破されたり、民間人も命を落としいることから、物議を醸し出した), コソボ紛争|原因などをわかりやすく解説!多くの難民や死傷者が出た悲惨な紛争のまとめ, シリア内戦とは?原因や難民状況を追っていく。シリア騒乱と呼ばれる未曾有の紛争について, コソボの独立を求めるアルバニア人の武装勢力「コソボ解放軍(KLA)」とユーゴスラビア軍, ユーゴスラビア軍とアルバニア人勢力の戦いに加えて、NATOが空爆でアルバニア人勢力を支援したアライド・フォース作戦。セルビア系が狙う民族浄化などの不正・残虐行為を阻止するために行われた. 難民問題の「今」と国際社会の挑戦. イギリスの三枚舌外交の原因を探っていこうと思います!, ノーベル賞受賞者のの少なくとも20%を占めていたり、国際的な大企業の創業者だったりして何かと話題になるユダヤ人。歴史的に見ると関係性が薄そうなユダヤ人と日本ですが…。実は怪しい共通点があるのです!その共通点とは何か。その怪しい共通点を探っていこうかと…。, 日本人人質を殺害したり、ヨーロッパでテロを起こしたりして世界中を騒がせる武装勢力“イスラム国”(ISとか呼称も色々とありますよね~)。ぶっちゃけ、彼らがどうして歴史の表舞台に出てこれたとか、目的とかがいまいち分からない。 [blogcard url=”https://chiba-chiba.com/palestine-problem/”] 詳しいプロフィールはこちらから, お気軽にお問い合わせください。03-6272-5565受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ], 株式会社ドクター総合支援センター〒102-0072東京都千代田区飯田橋2-9-6 東西館ビル本館2F03-6272-5565info@doctor-dock.jp. 少子高齢化は現在ニュース等で様々に問題点が上げられているように、注視すべき社会問題です。特に人口不足から引きおこる医療的、社会的問題の数々は現状表面化しています。多くの項目は政府が重要課題としており、社会全体で考える必要があると言えます。 でも、もちろん難民問題は「同じ地球」で実際に起こっていることです。 いくら日本が難民受け入れに消極的だからといって「そんなの関係ない」で済まされる問題ではありません! ということで、今回はこの「難民問題」の現状をわかりやすく解説します! [blogcard url=”https://chiba-chiba.com/ussr-afghan/”] また、元からいたアラブ人と後からやってきたユダヤ人は互いに争うようになるのでもう手がつけられない。, こんな感じにイギリスは第一次世界大戦から第二次世界大戦が終わるまでの間、自分たちが撒いた厄介な種をどうにかしようと右往左往していました。, 第二次世界大戦が終わるまではイギリスはどうにか中東地域に対して絶大な影響力を保持していました。, しかし、戦後になると戦争のダメージが相当なものでしたので中東なんかに構っていられなくなりす。, そこで、イギリスは自らが作り出した中東問題をできたてほやほやの国際連合にぶん投げるのですね。, で、厄介な問題をぶん投げられてしまった国連は、ユダヤ人が入植を始めていたパレスチナ地域をアラブ人とユダヤ人に土地が大体半分ずつなるような形で国家を作ることを提案しました。, アラブ人にとっては、ヨーロッパからやってきた訳のわからないユダヤ人に土地の半分を与えるのは癪ですし、ユダヤ人にとっては神に与えられたことになっているパレスチナの地をすべて自国の領土にできなかったことを不満に思うわけです。, 結果、ユダヤ人国家たるイスラエルが1948年5月に建国を宣言すると間髪おかずにアラブ諸国がイスラエルに攻め入ってくるのです。, この戦争の結果、イスラエルは国連に提案された以上の領土を回収することになります。逆にアラブ人は国土を縮小せざるをえなくなるのです。, つまり、中東問題の大きな一角を占めるパレスチナ問題は土地問題から始まったと言えます。 コソボ紛争をわかりやすく解説してきます。原因や歴史的な経過を追うと同時に、いつくかの抑えておきたい知識までを見ていきましょう。1998年から1999年にかけて旧ユーゴスラビアの一地域「コソボ」を巡って起きたコソボ紛争は、同地域に住んでいた人 中東での争いは宗教のせいだと言われたりしますが、実際には土地の権利といった俗世的なことが主な原因なのですね〜。, 中東問題は第一次中東戦争の開戦から表面化していくのですが、四回にわたる中東戦争、イラン・イラク戦争、そしてソ連によるアフガニスタン侵攻には共通する基盤があるのです。, 冷戦時アメリカとソ連は自分たちの影響力を増やすためにヨーロッパからの植民地支配から独立した国々に様々な支援を行っていました。, ただ、米ソはともに中東地域での戦争が拡大し直接自分たちが戦うようになるはめにならないよう、ある意味中東地域での戦争を管理していました。 モンティホール問題は勘違いが起きやすい条件付き確率の代表例です。確率は半々ではなく、箱をチェンジした方がチェンジしない場合よりも当たる確率が2倍高くなります。どんなに母体数が多くてもハズレが除外され当たりとハズレの箱が1対1になるところが重要です。 なぜイギリス後々に面倒くさい事態になるであろう外交をしたのでしょうか? 日本学術会議とは何で、任命拒否の何が問題なのか、さっぱりわからなかったので時間をかけて調べて勉強しました。 日本学術会議とはどんな組織なのか、任命拒否の問題点をわかりやすく簡単に理解できるようにまとめました。 [blogcard url=”https://chiba-chiba.com/three-pieces/”] 中東問題は第一次中東戦争の開戦から表面化していくのですが、四回にわたる中東戦争、イラン・イラク戦争、そしてソ連によるアフガニスタン侵攻には共通する基盤があるのです。 それは冷戦なんですね … つまり冷戦が終わるまでの中東地域での戦争は米ソが用意した舞台で行われていたとも言えてしまうのですね〜。, そのため、アメリカは9.11後のアフガニスタン侵攻やイラク戦争で好き勝手に振る舞うことができたのです。, アメリカが好き勝手やった結果、強権的な中東各国の政府は破壊されその政府によって管理されていた地域の秩序が失われることになったのですね。, つまり、中東問題はなんだかんだ言って宗教問題というよりは、歴史的には政治問題に深く根ざしていると言えるのですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大学生のc.mが気になっていること(主に中東のことやコーヒー、読んだ本について)を書いているブログです。, パレスチナ問題の原因として語られることの多い、イギリスの三枚舌外交。 近藤隆二 1957年 愛媛県今治市生まれ (ただ、注意しなければいけないのですがオスマン帝国時代にも同じイスラーム教ですがシーア派を信奉するイランとの間には国の区別がありましたし、オスマン帝国内で そこで、その理由とかを探っていきますね。. コソボ紛争をわかりやすく解説してきます。原因や歴史的な経過を追うと同時に、いつくかの抑えておきたい知識までを見ていきましょう。, 1998年から1999年にかけて旧ユーゴスラビアの一地域「コソボ」を巡って起きたコソボ紛争は、同地域に住んでいた人の多くが命を起こし、また生き残った人間も難民になるなど、短期間にも関わらず、凄惨な結果を招いた戦争でした。, また、北大西洋条約機構(NATO)が介入することで、1999年には日本でも各局がテレビ中継するなど、他国の一般市民からも大きな注目を集めることになりました。, 紛争が起こってしまった原因を歴史的な流れを追いながら確認し、いくつかのポイントを抑えていきながら、この悲惨な紛争について理解を深めていきましょう。, コソボ紛争とは、1998年2月後半から1999年6月11日まで、ヨーロッパ南東部バルカン半島のコソボで起こった武力衝突のこと。, 旧ユーゴスラビアにおいて元々、自治州で最貧国地域であったコソボの独立を巡って起こった紛争で、同期間の中には以下2つの衝突が含まれます。, コソボ紛争が起こった原因を中心に、コソボ独立までの動きを以下にわかりやすく解説していきたいと思います。, まず、コソボ紛争の舞台となったコソボについて、その場所やユーゴスラビア内での立ち位置を確認していくことから始めていきましょう。, コソボは地図上で見ると分かる通り、最盛期には六カ国(スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア)から構成された旧ユーゴスラビアの南部にある地域。, 西暦6~7世紀頃にスラブ人の入植が始まり、それ以降この一体は南スラブ人が居住する地域となっていましたが、17世紀から18世紀頃に当時の政治的な理由から、オスマン帝国によってアルバニア人がコソボに当たる地域に入植させられます。, そして、1912年にアルバニアが独立を宣言した時には、一時コソボも南に隣接するアルバニアの国土に含まれましたが、当時のヨーロッパ列強の介入により、1913年の国境画定で北に隣接するセルビア王国に組み込まれてしまったのです。, そのため、南スラブ人国家が集まってユーゴスラビアが構成された時も、コソボに住む90%近くの人間はアルバニア系でした。, 加えて、コソボの人々の多くはイスラム教を信仰している反面、セルビア人はそのほとんどがキリスト教の正教徒です。, 結果、コソボでは他のスラブ系住民達の地域とは違う文化や宗教が深く根付いており、同じ国にありながらも、コソボのアルバニア人とセルビア人は全く異なる人々だと言って良い状況でした。, このような状況の中で1974年に、コソボは一旦はユーゴスラビアの中で自治権が認められますが、セルビア共和国憲法が1989年に修正された際、コソボの自治権が剥奪されてしまったのです。, これは主に、セルビアはコソボを古くから自らの土地と捉えており、そこに住むアルバニア系イスラム教徒を、数世紀前にオスマン帝国が統治していた頃の名残だとしか考えていなかったからです。, 1974年に自治権が認められてから短期的には、セルビアの一部でありながらもコソボとセルビアの間に大きな問題は起こりませんでした。, これは、1963年にユーゴスラビアの終身大統領となったヨシップ・ブロズ・チトーが生きている間であり、その理由というのも、コソボへ自治権を持たせることを決めたのはチトー本人だったから。, しかし、1980年にチトーが亡くなると、セルビア系の国粋主義者スロボダン・ミロシェヴィッチがユーゴスラビアの統治者として台頭し、同時にクロアチアやボスニアなどの共和国も独立を宣言し始めたことで、1981年にはアルバニア系住民の暴動が発生します。, 結果、一旦は静かになっていたアルバニア人とセルビア人の対立が深まり、1989年のミロシェビッチによるコソボの自治権剥奪に繋がっていくのです。, コソボが自治権を剥奪されてから1998年にコソボ紛争が起こるまで、コソボ側はミロシェヴィッチと交渉をしてなんとか自治権を回復しようと努力しますが、一向に状況は変わりませんでした。, 結果、コソボ側(アルバニア系住民達)は、独立を目的として武力組織「コソボ解放軍(KLA)」を立ち上げ、活動を活発にしていきます。, そんな中で、セルビア側はKLAを一掃するための掃討作戦を1998年2月後半に開始、ここにいわゆる「コソボ紛争」が開始されることになったのです。, コソボ解放軍(KLA)がコソボ独立のための行動を起こし始め、セルビア軍との衝突が増えていくと、コソボ市民も犠牲になり始め、セルビアは西欧諸国から批判されます。, しかし、セルビア側はその批判にも関わらず、アルバニア系コソボ人25万人を初冬の凍える森に追放します。, これはコソボ戦争における最初の民族浄化と考えられており、その後も止まることを知りませんでした。, その結果、同地域周辺に配備されていたNATOの航空部隊司令官たちは、コソボを支援するための空爆指示を受け、NATOによるアルバニア人勢力の支援が始まります。, 数ヶ月の間、NATOによる空爆、セルビア軍パイロットとのドッグファイト、軍事基地への爆撃などが行われました(※セルビア系のテレビ局本社が爆破されたり、民間人も命を落としいることから、物議を醸し出した)。, 加えて、同じ時期、当時のイギリス首相トニー・ブレアは、NATOの地上部隊を動員すること、NATOが拒否した場合は、英国陸軍の大部分を平和維持軍としてコソボに送り込むことを表明しました。, これは平和維持軍に被害が及んだ場合、NATOの条項にある自衛権を発動して武力介入し、最終的にスロボダン・ミロシェヴィッチを排除することを意味していたのです。, これによってミロシェヴィッチは、コソボ人との交渉を行うことを表明。クマノヴォ合意(Kumanovo Agreement)が締結され、1999年6月に戦争が終結したのです。, ちなみに、西欧諸国が動くとなれば必ずその動きに反発するように行動を起こすロシアは、実は当時も動いていました。, セルビアとの歴史的な結びつきを重視する立場を取っており、また、セルビア軍に志願したロシア兵もいるほどでした。, しかし、当時のロシアはソ連解体後に行った政策によって、経済や社会が不安定な時期であり、西欧諸国に喧嘩を売るようなことになれば、それ以上は支持しないと裏でセルビア側へ伝え、また、ロシア政府はミロセヴィッチの強行路線を変えさせようとしていたと言われています。, コソボ紛争が起きた原因から、コソボ独立までの流れをわかりやすくダイジェストで見てきましたが、ここからは、この紛争についてさらに理解するためにも、抑えておきたいいくつかの知識を紹介していきます。, 上でコソボ紛争が起こった原因に関して歴史的な流れで見てきましたが、実は、コソボ紛争の原因の一つとして他にも抑えておきたいのが、コソボはセルビア人にとって「聖地」であるという点。, コソボ紛争以前には、中世に建てられた由緒ある聖堂や修道院など、セルビア正教徒にとっては大切な文化的遺産が数多く存在しており、セルビア正教の聖地だったことが、セルビア側がコソボを諦めきれない理由の一つだったのです。, ちなみに、セルビア正教にとって大切な文化遺産の多くは、コソボ紛争の時に破壊されてしまったとされます。, 国際社会は当初、アルバニア人とセルビア人の緊張関係がエスカレートしている事実に対して、何も対策を取りませんでした。, コソボのアルバニア系住民はコソボ解放軍(KLA)を1990年代初頭に組織した後、セルビアの警察、政治家を襲撃し始め、1998年までの間、全面的な暴動を起こし、結果として悲惨な戦争へと発展してしまったのです。, ユーゴスラビア軍とセルビア軍は、コソボ紛争の期間中、民族浄化運動を継続的に行っていました。, ユーゴスラビア政府は村々を破壊し、人々に家から立ち退くよう圧力をかけるだけでなく、女性へのレイプや大虐殺を行ったのです。, その結果、1999年5月末までにおよそ100万人弱の人々が家を追われ、難民となってしまいました。, また、その難民達の姿が当時のメディアで映し出されたことが、西欧諸国によるコソボ紛争への介入を決める大きな動機になったとも言われます。, 1999年にフランスに於いて、コソボとセルビアの代表者による和平交渉(ランブイエ和平交渉)が始まりました。, それに応戦する形で、NATOは政府の建物やインフラ施設の破壊を主なターゲットとした、セルビアに対する空爆が始まったわけですが、その中では民間人の死亡や、難民のような形で近隣諸国へセルビア人が流出するようなことも起こってしまいました。, 1999年6月にNATOとユーゴスラビアは、コソボ紛争を終結させる為の和平協定を結びます。, しかし残念なことに、コソボにアルバニア系住民が戻った後、民族間の緊張状態は21世紀になっても続き、例えば2004年3月、コソボ地域全体で反セルビア勢による暴動が起こった結果、20人が死亡、4000人以上のセルビア人とその他の少数民族達が避難する事態になっています。, コソボが独立を宣言した後、ほとんどのヨーロッパ諸国はコソボを独立国として認知しましたが、セルビアの一地方が反乱を起こしていると捉え続けた国々も多かったのです。, 特に中国とロシアは、コソボを国として認識することを拒否しており、加えてセルビア人たちは、未だにコソボを独立国として認知しておらず、代わりにセルビアの完全なる自治区として、コソボ政府が地方自治を行なっているとしています。, コソボ紛争について、歴史を追いながら、その原因や流れまでをわかりやすく見てきました。, 総じてコソボ紛争とは、ヨーロッパに於ける最も混沌とした紛争の一つであり、その地域に住む人にとって、忘れる事の出来ない痕跡を残しました。, この紛争は「大虐殺(ジェノサイド)」や「人道に対する罪」と言った言葉を造り出しただけではなく、NATOによる介入や空爆など、大きな論争を引き起こす原因となった事件だったのです。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.