シリア内戦(シリアないせん)は、シリアで起きたアラブの春から続く、シリア政府軍とシリアの反体制派及びそれらの同盟組織などによる内戦である。 バッシャール・アサド政権とロシアが停戦違反を続けるシリアのイドリブ地域行っている攻撃で、過去1か月間に民間人25人が死亡した。 09.11.2020 ~ 09.11.2020 . トルコ、アサド政権、ロシアがいま目論んでいること . 実際、2000年に父・アサドが亡くなるまでの間は長期安定政権だったという評価がされています。 しかし、父・アサドが亡くなった後、現在のバッシャール・アル=アサドが大統領になると事態は大きく変わっていきます。 1524127 . トルコ、アサド政権、ロシアがいま目論んでいること . アサド政権は、シリアの社会のなかでは少数派であるアラウィー派(*1)の政権であり、これを打倒して人口的な多数派であるスンナ派の者が政権に就くことが「民主化」、「民主的である」とのプロパガンダは、1970年代のムスリム同胞団をはじめ、アサド政権に対する反体制運動の常套句である。 黒井 文太郎 [軍事ジャーナリスト] Oct. 16, 2019, 05:15 AM Politics; 6,851; 10月15日、爆煙が立ちのぼるシリアの国境近くの町、アルアイン。 REUTERS/Stoyan Nenov. 複雑なシリア内戦の原因と理由、アサド政権問題をすごく分かりやすく解説します。ロシア、アメリカ、イスラム国の関係と思惑とは?アサド政権の何が問題なのか。これからどうなっていくのかも考察し … 複雑なシリア内戦の原因と理由、アサド政権問題をすごく分かりやすく解説します。ロシア、アメリカ、イスラム国の関係と思惑とは?アサド政権の何が問題なのか。これからどうなっていくのかも考察し … シリアの内戦は後述するアラブの春を契機とし、独裁政権から脱し民主化を訴える運動を起こしたことがそもそもの始まりだとされています。 シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていました。国民の不満は既にかなり溜まっており、中東に広がっていたアラブの春の動きを受け、民主化運動への契機が高まっていきます。 黒井 文太郎 [軍事ジャーナリスト] Oct. 16, 2019, 05:15 AM Politics; 6,851; 10月15日、爆煙が立ちのぼるシリアの国境近くの町、アルアイン。 REUTERS/Stoyan Nenov. ただ皮肉にも自国でアサド政権抗議デモが発生し、現在の状態になってしまいました^^; シリア内戦をわかりやすく解説 |反政府組織って? シリア内戦の現状は、アサド政権vs反政府組織という構図ですが…この反政府組織はちょっと複雑なのです^^;